僕が学び得たものの中で


「海外投資、ビジネスにおいて最も意識しておかねばならないこと」


について話してみます。


何だと思います?


・注意深く手続きを進めること?


・簡単に人を信用しないこと?


・マーケティング?


・現地ルールを把握すること?


どれもそうだと思います。


しかしながらもっともっと×100倍くらい意識しておかねばならないことがあります。


海外投資やビジネスに手を出している人達のプログや投稿見ていてもっともらしいけど違和感を感じる点があります。



つまり、「自分が学んだものが正しいと思わないこと」


です。


ルールではそうかもしれない。法律もそうかもしれない。でも違うかもしれない。



本当に本当の意味で「日本人の考え方」では生きて行けません。


何度現地に足を運ぼうが、あるイレギュラーなことで全てがひっくり返る場合があります。本当はその兆候があるのですが、「自分の判断が正しい」と思っていると見逃します。



現場を注視してその流れを読まないといけません。


先人のアドバイスには柔軟に対応しなければなりません。


そのアドバイスが破綻しても何とかできるプランB、プランCは必要です。


僕は常にバックアッププランに助けられています。



僕の周りでも悪いことしてる人達もいて、僕にバレないと思っている人達もいます。


バレるから


必ず。


海外ではハングリーかつ強かに。かつ、粘り強く「やり切る」ことが必要です。



誰かが、「こうだ!」と言っても念の為調べておく。


その誰かが「抜いている」可能性も常にありますから。


言葉ではなく、事実で物事を進めてゆく。



自分の認識を即改めることが出来ない人達は生き残れません。


6/4に無料セミナーやります。絶対に負けない資産形成スキームとフィリピン不動産の実態について


ブログランキング参加中!


サイパンの破壊された慰霊碑補修プロジェクト参加はこちらから


AD