まずはこちらを見てください。ネットで沢山出て来ている101歳まで生きたロックフェラーの100年間の学びです。



シンプルですが「そうなんだろうな〜」と思います。


中でも

「オフィスの外に出ること!」

ここは出来てない人が大半かと思います。


要は

ガンガン外に出て様々な場所で様々な人に会いなさい!

ということです。

会ってどうするのか??


いつも同じような「言語」カテゴリの人とばかりではなく、他の「言語」カテゴリの人と会い、話して知識や見識を深め、ビジネス脳でも人間性でも幅を広げて懐を大きくしなさい!

ということかと思います。


これは自身の体験を通してもそうだと言えます。


人は変化を嫌います。


だから同じ「池」に居たがります。

そうなると料簡の狭い人間にしかなりません。肝も座りません。


口舌の徒になります。

自分に都合の良い理論のみ。


日本人は海外に出ない人種です。150万人しか海外に出ていません。

だから海外に出ている人間達でも「村思考」の人達ばかり。


お隣のkoreaは1000万人も外に出ています。


好き嫌いは別にしてです。


10年前や20年前のネットか普及しきらない段階においては情報量が段違いに少なかった。


現在ではネットを通じて様沢な事実が明るみに出るなど情報量がそれらの時代と比べて格段に多い!!


50年前なら尚更


そうなると、普通に生きている人達は自分の処理能力で捌ける(要は簡単かつ経験があり判断し易い情報)のみ取得してゆく傾向になります。


知識が身についたものが見識です。


見識を基にして情報を取捨選択、判断してゆく以上はこの見識を広げ、深めないことには成長せずに退化することは避けられません。お金の多寡とは別に。


この見識のないショッボイ馬鹿が増えているのもそのせいでしょう。


これを言い換えると「リテラシー」とも言えます。


膨大な情報から本物の情報を見極め、取捨選択してゆく力です。


これは沢山「外」に出てチャレンジし続ける以外にありません。


是非、沢山「外」に出て様沢な経験を自分のカラダにさせてあげてください。



AD