皆さん、こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


こちらのブログは以下に移転・統合いたしましたのでお知らせいたします。



英語は、’にほんじん’に習う。

http://ameblo.jp/ken-elt/  




今後はこちらのブログへのご訪問お待ちしております!



英語教師になる方法@KEN-ELT







AD

無料カウンセリングはこちら



皆さん、こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


さて、前回は、


上智入試の模様


をお伝えしましたが・・・


結果はというと・・・「合格」でした!


ただ・・・二次試験があったのです。。。


上智では、主に外国語学部で実施されるものです。


ということで、今回は、


「二次試験」


の模様をお伝えいたします。



・英作文


まずは、


「英作文」


です。


これは、ある時事的なテーマから、ひとつ選び、与えられた用紙に、英文で・・・「自分の意見」を記述していくものです。


何かの話題について・・・


「自分の意見」


を持つことは・・・英語を使う上で、非常に大切なことです。


ただ・・・当時、何について書いたかは、覚えておりません(笑)。。。


私の場合・・・高校や予備校では、特に、英作文はやっていなかったので・・・


正直不安でした。。。


この当時を振り返ると・・・


私の「英語発信力(書く力)」


は・・・高くはなかったと思います。。。


言い換えれば・・・


私は、


典型的な日本人英語学習者


だったのです。



・リスニング


リスニングですね。


これも正直あまり得意ではありませんでした。。。


形式は、TOEFL(留学向けの試験)式でしたが・・・あまり、聞き取れなかったと思いますね。。。


第一、TOEFLはとても高校卒業レベルで対応できる試験ではありません。


TOEFLは最低でも、上智の英語学科の学生が3年以上、”本格的”に「実用英語」に取り組んで・・・高得点にいたります。


なので、上智での交換留学の際に提出するTOEFLは・・・大学3年になるまでに受けます。


当時の私はというと・・・


NHKのラジオ講座で英語を聞いていた程度


でしたので・・・


高いリスニング力


はなかったと思います。。。


ここからも、


私が、


典型的な日本人英語学習者


だったことがわかると思います。




・インタビュー(面接)


聞くところによると・・・この「面接」がかなり重要だそうです。


これは、日本人の先生と外国人の先生のペアで行われました。


まず、日本人の先生からは・・・


「高校時代の様子について」


「上智英語学科を志望した理由」


など。


そして、外国人(アメリカ人)の先生からは・・・


「膨大な宿題をこなす自信があるか」


など。


この、「宿題」についてですが・・・英語学科に入学するとわかることですが・・・週単位のプロジェクトがあるので・・・最初は、かなり戸惑われることでしょう。


「大学=入れば、ラクして卒業


の図式見事に壊してくれます(笑)。


インタビューは、まあまあ上手くいったと思います。


この二次試験を通して、感じたことは・・・


高校までの学校教育で行われていた英語の・・・


「限界」


についてでした。


つまり・・・私の場合、必死に英語の授業に取り組んでいたにもかかわらず・・・


「英作文」もできなければ、


「リスニング」も不安を感じていた


わけです。


これは、


日本の学校英語教育、


受験英語教育


が・・・いかに、


「文法知識」


「訳読(訳して終わり。。)」


に偏っているか


を示しているといえます。。。


ただ・・・この二次試験のおかげで・・・


私は、大学で、英語の何を学べばよいかはっきりしたわけでした。



York, England(UK)



英語は、’にほんじん’に習う。大田区の英語学習専門校(英会話学校) KEN-ELT



無料カウンセリングはこちら







AD

私と英語⑦:上智の入試

テーマ:

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


さあ、いよいよ、上智の入試の日を迎えたのですが・・・


前日はよく眠れ、不思議と、緊張はありませんでした。


入試当日まで、高校3年間でやれることだけはやってきたので・・・特に、不安はありませんでした。


ただ・・・志望が「英語学科」なので・・・大学入試で差がつくといわれる「英語」については・・・


英語ができる人だけが来る


のでプレッシャーはありましたね。


大学の方は、事前に下見に行っていたので・・・無事、四谷までたどりつきました。(笑)


大体、うち(京急大森町)から50分ぐらいですね。


受験者は結構いましたね。


何しろ、日本で外国語というと・・・まず、「英語」ですからね。


外国語学部でも・・・他の学科の志望者は少なめです。


さて、いよいよ入試が始まりました。



・英語


例年と変わりなく・・・分量が半端ではありませんでした。。。


必死になって終わらせるのに精一杯。。。


上智の英語学科の入試問題は・・・どちらかというと・・・


「TOEFL(北米の大学留学のための英語試験)」


に似ていました。


ということは・・・何より、


”スピード”


が求められるのです。


そのために「速読」を習っていたので・・・効果はありました!


最後の方は、時間ぎりぎりでしたが・・・何とか”感覚”で終わらせました。


というより、この「感覚」がなければ・・・実質、全てを終わらせることはできなかったと思います。


*ここで言う”感覚”とは、「語感」のことです。ネイテイブはこの「語感」を持っています。これを手に入れるには、「語感」に優れた教師に習う必要があります。

初心者の方には、日本人講師が最適です。私の場合は、「速読」の先生に鍛えられました。



・世界史


次は、


「世界史」


です。


以前お話しましたが・・・世界史は好きでした。


世界史で得た歴史の流れは・・・今、世界を旅する際にも役立っています!


これから旅行なり、留学される方へ・・・


行く国の歴史を学んでいくと、面白さが違います。


ぜひ、おススメいたします。


上智の世界史はというと・・・選択問題で、ひっかけは多いのですが・・・訓練を積んでいたので・・・確かな「感触」がありました。



・国語


さて、一番苦手だった、


「現代文」


ですが・・・幸い、知っている話題についてだったので(「言語」について)・・・ラッキーでした。(笑)


「古文」


は以前お話しましたが・・・


英語と同じもうひとつの「語学」


なので・・・問題はありませんでした。


さて、そんなこんなで、第一志望の入試が終了したわけですが・・・正直、不安でいっぱいでした。


というのも・・・私は、


「英語学科」


を目指していたので・・・上智あるいは、他大学の「英文科」には行きたくなかったのです。


でも、受ける必要があったので・・・他大学へも、”重い”足を運びました。


ただ・・・ずっと、上智の英語学科の入試のできが心配でした。。。


英語は、それなりに感触がありましたが・・・果たして最後に「語感」で解いたところはできているのか?


自分が得意だった「英語」に悩まされている自分がいました。



Chester, England(UK)


英語は、’にほんじん’に習う。大田区の英語学習専門校(英会話学校) KEN-ELT


無料カウンセリングはこちら








AD