kentaの大冒険

普通のエステから回春エステまで、万年肩こり漢の癒され道中漫遊記。
その他気ままにブログを書いていきます。


テーマ:

年末年始と仕事が重なって、ようやく休みがとれたのがこの3連休のうちの土曜日。床屋に行った帰り、そのすぐそばに年末開店した「N楽」で新年初打ち。場所はかなり辺鄙で、あまり期待できなさそうだったけど、良さげな台がなければ撤収という心持ちだった。


お店は1階が1パチ専門になっていて、2階が20スロという2部構成。まずは20スロから。はっちゃけているアイジャグ(BIG15、REG2)がカチ盛り2箱、2台並びのランブルローズ2が1箱ずつ、マイジャグの1台が1箱。ジャグはBIG偏りで出てた感満載で、稼働も少ないので手出しする気にならず。


スロはお話になりそうにないので、1パチの島へ。箱不要のカウンター方式のため出玉感は不明だけど、持ち玉遊戯の人の持ち玉数は万発を超えている人が結構おり、海島以外の島は9割ぐらいの客付きという盛況ぶりでちょっと期待。


当日大当たり12回(うち確変7回)のAKBが28回転で捨てられていたので、ものは試しと着席。したらばこの台がよく回る。最初の200円で18回転。上ムラと考えても、このまま行けば1K90回転という良釘。1.2K投資でじゃんけん大会→勝利→決勝勝利→ミュージックラッシュという幸先良い展開に。


このミュージックラッシュは伸びなかったけど、3回スーパーミュージックボーナスを引いたので、都合6000発弱。ここからの伸びに期待したけど、単発3連、ラッシュ犬というヒキ弱で出玉が飲まれて残り1000発。


回転自体は変わらずに良かったので飲まれるまで続行。すると「プレミアム達成」のパチログが出た(何がプレミアムなのか全くわからず)後、無事にあたってミュージックラッシュ突入。スーパーも絡めて連チャンが伸び、12000発まで出玉が増える。


閉店までタコ粘りしてもも良かったけど、新年の初打ちで勝って終わらせるのも大事だったので、即座に終了。新年初打ちでプラス10Kという幸先の良いスタートでした。


○お店情報


・立地はお世辞にも良いとはいえない

・近隣はボッタ乱立なので染まらないことを祈る

・スロットは死亡遊戯

・1パチの客付きは良い

・AKBがここまで回ったのは意外

・交通の便がよければ、巡回店にいれるけど…

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

中学時代、バレーボール部に所属していたが、今思えばかなり酷い体罰を受けていた。よく3年間我慢していたと思う。当時部活顧問がいたが、顧問とは名ばかりで、実質的な監督兼任コーチは外部養護学校の先生だった。


養護学校の仕事が終わると、うちの中学校に来る。大体16:00前後だったが、車が来るか来ないかで戦々恐々だった。車が来なければ胸を撫で下ろし、車が来ると雰囲気がガラっと変わる。入部間もない1年生の頃は、車番(見張り)をするぐらいだった。


当時うちのバレー部は弱小のまた弱小で、地区大会予選落ち常連だったが、そのコーチが来て1年目に地区大会決勝進出、2年目に地区大会2位、3年目に地区大会優勝、その後数年して都大会、関東大会出場…と年を追うごとに強くなっていったので、指導者としての実力はあったのかもしれない。


ただしこの人の指導には体罰が伴うものであった。


1回ミスをすれば罵声が飛び、2回ミスをすればビンタが飛ぶ。1日2,3回程度のビンタであればまだ分かるが、それだけでは済まない日が多い。練習試合ともなれば、朝9:00から17:00ぐらいまで、お昼休みを除いてぶっ通しで試合が行われる。試合が行われる数が増えれば増えるほど、ビンタの数も増える。


体罰はビンタだけでなく、様々なバリエーションがあった。往復ビンタ、バスケットボールを投げつけられる、ローキックもどきの蹴り、ケツバット(さすがにプラスチックバットだった)、バレーボールシューズの底でビンタ。かろうじてグーパンチだけは無かったと記憶する。


これが日常。口の中を切る、鼻血出まくる、たまに頸動脈当たりをビンタされて呼吸が止まり、失禁するということもあった。そんな体罰に対して、誰も声を荒げないし、どの親もクレームを入れることがなかった。「躾」と捉えられていたのかもしれないし、昔の親にとっては「当然」と思っていたのかもしれない。


がしかし、今考えてみると常軌を逸している。あまりにも殴られるのが嫌になり、一時期仮病(当時セッターをしており、痛みで肩が上がらないと嘘をついた)をしたこともあった。その時は1年生が代理で1週間程度セッターを務めることとなったが、殴られているのを見るといたたまれない気分だった。


そんな状況であったにもかかわらず、辞める部員も少なく、3年間貫き通せたのは今考えると不思議だ。時折このコーチが見せる優しさ(サプライズで誕生日のケーキを買ってくれていたり、コーチの実家で御馳走を用意してくれていた等)があったかもしれない。


あたかも、DV男が時折見せる優しさに絆される女性のごとく。


中学卒業後は部活に関わることもなくなり、コーチとの接点もなくなったのでその後どうなったかはわからない。当時のコーチも、今ではもう50代前半から半ばになっていると思うが、お互い歳をとった今、会うことができたら当時と体罰について話を聞いてみたい。


3年間であれだけ殴られまくったにもかかわらず、不思議と恨みの念が無いのはなんでだろうか。当時の暴力を思い出し、トラウマに囚われるという恐怖感もない。体罰に飼い慣らされていたためだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。