2005-11-05

三洋電機の明日が見えるか?

テーマ:経営のお話

三洋電機、自己放電を抑制した充電用ニッケル水素電池 (NIKKEI.NET)


三洋電機が新製品の第一弾として充電池eneloop を発表。地味に見えるけど、三洋電機の強みを考えれば、妥当なところ。評価してもいいように思う。


三洋電機は消費者向けの製品では、すべからく2番手以下を墨守するという謙虚さが売り。大ヒット商品の一つぐらい出しても良さそうなものだけど、あまり思い浮かばない。FMチューナー付の携帯電話とか洗剤ゼロの洗濯機とか時々話題を呼ぶ製品を出すのだけど、たとえばシャープの液晶TVとか松下のプラズマTV、かつてのソニーにおける携帯プレーヤーのように、企業の代名詞となるような製品が三洋電機にはない。家電のフルラインを擁しているのに、消費者に訴求する製品がないために、軒並みビックカメラで叩き売られてしまう羽目になる。


一方、デバイスに目を向けると様相が異なる。半導体やDVDの光ピックアップ、二次電池、太陽電池など、三洋電機が高い競争力を保持するデバイスは意外に多い。前期は新潟震災の影響で半導体の売上高が減少したため苦戦したが、前々期までの三洋電機の営業利益の過半はこれらの部門が稼いでいる。三洋電機を立て直すためには、デバイス事業がキャッシュカウとして確立することが大前提である。しかしながら、半導体や光ピックアップがいくら成長したところで、対外的には三洋電機の復活を印象付けられない。これらは、最終メーカーの製品に組み込まれ、最終メーカーのブランドで販売されるからである。


そこで、電池である。あらゆる電化製品に用いられるキーデバイスであり、単体で消費者の目に触れる。家電製品に比べて、製品サイクルが長く、かつ一度購入されると以後の購買行動が固定化される充電池は、なかなか目の付け所が良いのではないかと。三洋電機らしさを端的にあらわす商品だしね。

 

ただ、残念ながら、三洋電機のおかれている状況は極めて厳しい。9回裏2アウトで5点差くらいで負けてるので、シングルヒット1本では手放しで喜べない。三洋電機の明日が見えるか否かは、今後連続して特長のある製品を出していけるか、そして不採算事業や人員のリストラを断行できるかにかかっており、依然として予断を許さないといえよう。


とりあえず、eneloop買ってみようかな。エコロジーがどうとかこうとかは、肩に力が入っている気がして失笑するけど。なりふり構ってる状況じゃないし・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-07

三洋電機の明日が見えない・・・。(2)

テーマ:経営のお話

三洋電機副社長が辞任 経営方針めぐり対立


以前のエントリー でも触れたように、今、三洋電機が面白い(笑)。


銀行筋から派遣された副社長が前会長の意向を受けてリストラに邁進。同じく前会長の意向を受けているおばさん&Jr.と対立という構図。


諸悪の根源は前会長にあるなぁと思いがちだけど、前会長の御旗に立てなければ求心力を保てないおばさんにも問題が多いのではないかと。ま、そんなこといえば、そもそもおばさんを選んだ前会長の責任は免れないしな。


引き続き火事場見物続行。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-30

三洋電機の明日が見えない・・・。

テーマ:経営のお話

三洋電機 追加リストラ策 社員1万人前倒し減  (フジサンケイビジネスアイ)


なんというか、3年ぐらい世間から遅れたリストラ計画ですね。

ほかの上場企業はとっくにリストラのフェイズを終えて、景気回復とあいまって最高益を享受しているというのに・・・。三洋電機がようやくリストラ終わった頃には、また景気が下降してたりして(お気の毒)。

 

リストラやるからって下方修正しておいて、さらに赤字幅が拡大しそうな勢いだから笑える。ソース忘れたけど、希望退職がらみで600億円くらい赤字積み増しになりそうなのを、今回は盛り込まなかったとか。下方修正発表日に、すでに再下方修正必至(笑)。投資家を馬鹿にしているとしか思えない(馬鹿じゃない証拠に株価はちゃんと下がってるけど)。


プレゼン資料(Sanyo Evoluation Project(笑) )見ても、何を目指しているのかよく分からない・・・。

何かコア事業に経営資源を集中したら大幅な増収増益になるって理屈が分かるようで分からない。単品経営の会社は毎期増収増益なのかよ。成長分野なら競合も激化するだろうから、得意の利益なき繁忙に陥る懸念もあるしね。売上構成の将来像が「Only One企業」っていうのもわけ分からん。Number Oneにならなくてもいい~♪って意味なのか?

 

Jr.もなかなか指導力を発揮できないみたいだし(おばさんは言うに及ばず)、リストラもきちんと進むのかわからんね。前会長の意を受けた人物が複数いて、それぞれ言うことが違うとか違わないとか、アホな噂も流れてるみたいだし・・・。社内の人間も誰の言うことを聞いて動けば分からなくて機能停止しているとか。


リストラについても、どこぞの外資系銀行が先走って切り売りの話を触れ回ってるらしいし・・・。ある意味祭り状態。


本当に大丈夫かねぇ。


(関連エントリー)

関西人が会社を張って笑いを取っている件について




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-15

社会的に存在意義のない企業を上場させるべきでない件について

テーマ:経営のお話

カネボウの粉飾 の報道を聞いて開いた口が塞がらなくなったのは私だけではあるまい。おかげで通常よりたくさん花粉を吸い込んでしまったので、非常に仕事に差し障る。どうにかしてほしい。

 

「実は9年間債務超過でした~!」なんて今頃言われても困る。株式市場に上場するということは適切な情報開示を行う義務が生じるということを意味する。某再生機構も上場していることが再生に必要とか馬鹿な理屈でごり押ししたり、政治家を使って裏から東証に手を回したりせずに、清々と市場から退場させるべきである。


そもそも再生機構は対象企業に投資する段階で、もの凄い金を使って(某ファンドの人間に言わせると、“弁護士と会計士を儲けさせるだけの著しく無駄な金”、とのこと。)デューデリジェンスを行っている。粉飾の事実は当然その時点で掴んでいるはずである。もし掴んでいないのであれば、自らの杜撰な投資プロセスを恥じ入るべきだし、掴んでいて公表していなかったのであれば、情報開示の点から疑問が残る。

 

過去の経営陣に損害を請求するのもいいけど、再生機構自体の投資経緯に問題はなかったのか。大規模案件の実績をつけるがために、無理やり投資した経緯は忘れたのか。そもそもカネボウに関しては、再生機構が企業再生に関与する必然性はなかったと以前のエントリー で述べたことがある。民業の圧迫に他ならない(と、まだ怒りは収まっていない)。

 

カネボウを上場させておく必要はあるのか?上場に値しない企業を再生機構が関与しているという”だけ”の理由で上場させておくのは市場の透明性を大きく損なう恐れがある。カネボウが再生できなくても1企業の破綻に終わるだけだが、カネボウの上場を維持した結果、東証に対する投資家の信頼を損ねたら、すべての上場企業に損失を与える。

 

ここは鼎の軽重が問われる局面である。

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-04-09

関西人が会社を張って笑いをとっている件について

テーマ:経営のお話

いやぁ、人事の季節になりましたね。

新聞の人事欄と訃報欄をこよなく愛読している私にとっては、シーズン到来!といった趣ですが、関係している方にとっては、悲喜こもごもなんでしょうね。

 

最近はサプライズ人事なんてのが流行っているようです。してやったり顔の前トップや喜びを噛み殺している新トップは置いておくとして、本命視されていながら外されてしまった方の心中を察したり、察しなかったり・・・。

 

本当はここで、若手の抜擢人事と、能力がありながら抜擢人事のあおりを喰らって面白くない実力者(年功序列愛好者)について、MBOで暖簾分けって手段もあるぜよってエントリーを書こうかと思っていたのですが、降って沸いたように面白いニュースが飛び込んできたので急遽変更。まじで悪い冗談だと思った。

 

 

三洋電CEOに野中ともよ氏、社長に井植敏雅副社長

 

 

私は野中女史の人格や識見、能力についてどうこう言う資格はない。

経営者としての経験はゼロだが、ジャーナリストとしてはそれなりに優秀なのだろうなと思う。家電の分野にはまったくの素人だが、金融やその他の分野ではそれなりに知識を積んでいるはずである。

 

それでも、今回の人事を聞いて、三洋電機の真意を測りかねるというのが偽らざる心境である。今の三洋電機は経営危機に陥っている。本来ならば、危機に対応した経営のプロが就任するのが筋であろう。何が悲しくて、難破しかけた船の舵取りを料理評論家に委ねるのか?何が嬉しくて、2死満塁、一打逆転サヨナラのピンチにサッカー解説者をマウンドに送るのか?適材適所というものがあるだろうに。

 

どんなサプライズ人事であっても、その背景にはロジカルな判断根拠があるべきだと私は考える。同族企業といえども上場企業である以上、株主に説明責任を果たせないCEOを就任させるべきではない。(誤解があるのかも知れないが、CEOというのは取締役会を代表するポジションであり、株主の代理人であるべきである。実務を知っている必然性は必ずしもないが、株主利益を向上させうる人材が就任すべきであろう。)

 

野中女史に、三洋電機のCEOが務まらないとは言い切らないが、少なくとも野中女史が株主利益を向上させられる人物であると納得のいく説明をすべきではないか。

 

指名された本人が一番驚いていて、「ほな、あほな」とか言っているのには、呆れるのを通り越して、怒りすら覚える。自分がその任にないと考えるのであれば、就任を固辞すべきだ。自分が就任することで従業員が危機感を覚えることをポジティブに捉えているようだが、どうなんだよ。沈み行く船の舵取りを任されているという自覚がないのかね。

 

所詮は、井植家の個人商店なのかなぁ。世襲批判を避けるために、なんとなく女性だし、若返るし、見栄えはいいかどうか分からんけど、知名度はあるということで白羽の矢を立てたのだろうが、はっきりいって株主を愚弄しているように思えるのだが。CEOなんて御輿だから誰でもいいのかね。

 

三洋電機社員の心の声(アバオアクー支社勤務)

「あんなの、飾りです。偉い人にはそれが分からんのですよ。」

 

飾りでいいのだったらHONDAからアシモでもリースしておけ。世界初のロボットCEOなんて話題性十分なんじゃないの?院政も引きやすいしね。

 

あぁ、腹がたつ。

 

ちなみに、野中氏就任(井植氏退任)を受けて後場から三洋電機の株価は3円上昇。

(時価総額にして約56億円=約0.1イデイ=約1デシイデイ(補助単位)の上昇)

※なお、1イデイ(Idei)=約556億円。

 

三洋電機株価4/8

 

 

 

そら、あかんがな。三洋電機の株主もどうなのよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-03-27

三菱DNA(笑)健在

テーマ:経営のお話
三菱ふそう、リコール後も不具合25件・半年間公表せず

もうダイムラー・クライスラーの養子になったはずの三菱ふそう。
相変わらずのリコール隠しで笑いを振りまいている。

三つ子の魂百までとはよく言ったものだなと感心してしまう。

三菱自工がやたら強調したがる三菱DNAって、こういうことか?
そろそろこんな遺伝子は根絶やしにしてはどうか。
社会的に存在価値はないと思うが・・・。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-03-07

人間の器の大きさはやめた時に分かるものらしい

テーマ:経営のお話
約556億円。スケールがでかい。

誰のことかって?

今朝の日経一面に出てたソニーの出井氏のことですよ。
もちろん退職金の金額じゃない。出井氏が退任したことを市場が好感(笑)して上がったソニーの時価総額。

要は今までのソニーの時価総額には“出井ディスカウント”がついていたわけで、(私は大人なので出井氏がどうのこうの言うつもりはさらさらないが)今日の報道によって、そのディスカウントが剥げ落ちたということ。もちろん今日はTOPIXも上昇していたから、全てが出井効果によるものではない(このあたりイベントスタディすると面白そうだけど私の専門外なのでパス)。

トップが代わったときの株価の動きって、ある意味経営者としての評価を市場が下しているわけで、非常に興味深い。

そういえばHPもフィオリーナが退任して株価あがったよね。
このときは、時価総額が約40億USD(105円/USDとして約4,247億円)上昇した。


つまり、 1 フィオリーナ = 約7.6 出井 で換算できる。


出井氏の約7.6倍。きっともの凄い重石になっていたのだろう。HPの苦労が偲ばれてならない。


ちなみに33年振りに社長が交代した丸井の場合は、約77億円の時価総額上昇。
こちらは、 1 青井 = 約0.14 出井 に過ぎない。やはり小粒感は否めない。


偉大な経営者出井氏の功績を称えるため、今後このブログでは、経営者退任時の影響の大きさを測る単位として1出井=556億円 を使用したい。

そういうことで、ソニーは新経営陣のもとで頑張って欲しい。うちにソニー製品はないけどさ。


(3/8 追記)
3/8の時価総額の上昇はさらに凄い。約1,575億円(約2.8出井)。
累積3.8出井ということは、フィオリーナの丁度半分まで到達したか。素晴らしい。

前半の絶頂期で退任しておけば、きっと不世出の名経営者と呼ばれていたであろうに、残念でならない。ソニー・ショック後の評価はダメダメだからなぁ・・・。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。