1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2008-01-26

映 画 化 決 定 ?

テーマ:ニュースに脊髄反射

仏ソシエテ、不正取引で7600億円損失・個人で過去最大規模


 【パリ=野見山祐史】フランスの銀行大手ソシエテ・ジェネラルは24日、同行のディーラーによる株価指数先物の不正取引で49億ユーロ(約7600億円)の巨額損失が発生したと発表した。個人による不正としては過去最大規模の不祥事。最近の世界的な株安を背景に不正が発覚した格好だ。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題が深刻化するなかで、大手銀行の市場部門のリスク管理が甘くなっていた実態が浮かび上がった。

 このほかサブプライムローンなどに関連して20億5000万ユーロ(約3200億円)の有価証券評価損を出しており、2007年10―12月期に計上する損失は総額69億5000万ユーロ(約1兆800億円)にのぼる。

 ソシエテ・ジェネラルは資本不足で経営が悪化する事態を回避するため、米モルガン・スタンレーとJPモルガンを引受先とする55億ユーロ(約8500億円)の増資を実施する。ブトン会長兼最高経営責任者(CEO)は辞任を表明したものの、23日の取締役会で否決された。フランス銀行(中央銀行)は不正取引について調査に乗り出した。(01:17)

(NIKKEI NET)

--------------------------------------------------------------


ついにあのニック・リーソン を超える男が現れたねぇ(どうでもいいけど、ニック・リーソンの公式サイトがあるとは!?)。


1995年にベアリングスが破綻したときは、ちょうど春から銀行に入行する直前だったから、銀行って意外にあっけなく潰れるんだなぁ、と唖然とした記憶が・・・。


同じ1995年には大和銀行のニューヨーク事件もあったし、内部管理の杜撰さが不正取引隠蔽の温床になったからって、その後金融機関の内部管理体制は強化されてるんじゃなかったっけ。


一握りの天才(不正)トレーダーには、いかに厳重だろうと内部管理の網を突破するのは簡単なのかも知れんね。王貞治が広島の王シフトを破ったように。


史上最高の損失額を出したジェローム・ケルビエルに驚くべきか、それだけの損失を出しても自力で資本強化を図ることができるソシエテジェネラルを褒めるべきか。


ケルビエルは罪を償った後は、先輩を見習って本でも書いたらいいよ。

タイトルは『私はソシエテジェネラルをつぶせなかった』で。


ニック リーソン, Nick Leeson, 戸田 裕之
私がベアリングズ銀行をつぶした
クロックワークス
マネートレーダ/銀行崩壊
井口 俊英
告白 (文春文庫)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-10-23

世に物欲の種は尽きまじ

テーマ:ニュースに脊髄反射

ソフトバンク、シャア専用など携帯電話'07年秋冬モデル (AV Watch)

プレスリリース (Soft Bank)


シャア専用と聞くと瞬時に反応する30代としては、「何? 何が通常の3倍なの?」とスペックを確認せざるを得ないあたり、ソフトバンクの意図にまんまとはまっているとしか思えない・・・。どうでもいいけど、待受画面はズゴックなんだな。


確かに、欲しいよ。


欲しいけど、使えないよね。仕事で。


組織人としていかがなものか?と思いを馳せてしまうわけよ。


シャアだよ、シャア。


上司も寝首かかれたくないだろうし・・・。


手柄譲ってもらって喜んだ途端、裏切られる同僚も迷惑だろうし。


それに、出張に行くときに、この充電器は邪魔でしょうがないしね。


せめてSIMの取り外しができればなぁ、休日専用で使えるのに。

バンダイが気を利かせてwilcomで出さないかしらん。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-09-26

親中派の面目躍如か?

テーマ:ニュースに脊髄反射

ドラえもんのお陰?「のび太首相」に中国ブロガー大喜び (Yahoo ニュース)


「ドラえもんのお陰?」「のび太が首相に」……。福田康夫氏が25日、国会で首相に指名されたことで、日記風のホームページ、ブログを営む中国のブロガーらが興奮しつつ「のび太首相」の誕生を祝っている。中国でもドラえもんは大人気だが、野比のび太の中国語名は「野比康夫」。福田氏の顔もどことなく「のび太」に似ているとの不謹慎(?)な指摘もある。

 札幌市の中国人ブロガーは「ドラえもんのお陰で、のび太が71歳の高齢になって、首相に当選した。おめでとう」と喜びを隠せない様子。中国本土のブロガーは「日本はドラえもんの時代に入った。それにしても、のび太はもう71歳。首相になるまで時間が掛かったものだ」と慨嘆している。
 
 中国本土の電子掲示板も「のび太首相」の登場に大喜び。「それしてものび太そっくり」とのび太と福田氏の写真を並べてアップする例も。「ドラえもんは見る目があった」、「官房長官はドラえもんに決まり」、「静香ちゃんもファースト・レディだね」など、思い思いの書き込みで賑わっている。

 ブロガーらの多くは若者が多く、ドラえもんに親しんで育った世代。中国のネットの世界では「のび太首相」の誕生は歓迎ムードが広がっており、「のび太首相は親中派だそうだね」となどの書き込みも見られる。福田氏が中国で立候補しても議員当選は間違いなさそうだ。(編集担当:井上雄介)

-----------------------------------------------------


むぅ。隣国の人々に親しみを感じてもらうのは素晴しいことなのかも知れないけど、なんかちょっと違う。のび太呼ばわりじゃ、まるでリスペクトが感じられない・・・。


ジャイアニズムを地でいく某国に何か物申そうものなら、「生意気だぞっ!のび太のくせに!」とか、あらぬ反発を招きそう。もっとも、島の領有権は主張されるわ、ガスはチューチュー吸われるわで、すでに「のび太のものは俺のもの。俺のものも俺のもの。」状態なんだけどね。


国内に目を移せば、見た目がジャイアンな某党首に、「やぃ、のび太!総理の座をよこせ!」とか言われる始末だし。


確かにドラえもんの助けも借りたくなるわな。

これ以上モリえもんの助けを借りると支持率下がりそうだしね。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-09-25

新聞という媒体の終わりの始まり

テーマ:ニュースに脊髄反射

新聞より早く速報を出す--MSと産経グループが組んだ「MSN産経ニュース」 (CNET Japan)


新聞社が本気でweb媒体に力を入れたら、もっといろんなサービスが提供できるだろうね。

記事の掲載期間が延びます、だけじゃなくてね(それも大事だけど)。


発行部数が少ないからこそ思い切った方針転換ができるんだろう。

成長する媒体にシフトしていくのは戦略的に正しい。


こういうのは、紙媒体世界一を誇る某新聞社にはなかなかできない話。旧来の環境に適応しすぎると、新しい環境に適応するのは容易じゃないからね。


何十年後かに振り返って、「ああ、あれが分岐点だったか」と思うときがくるかも知れない。猿と人間の進化の分岐点だって、森にとどまったか、木から下りたかの些細な違いに起因してるしね。些細なきっかけでも、将来の勢力図を変えるには十分。


こういう前向きな取り組みには素直に反応。

今後、記事のリンク先はなるべくMSN産経ニュースにしていく所存。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-09-18

これもある意味、崖っぷち犬

テーマ:ニュースに脊髄反射

高知球団の経営者を公募=経営難が背景、現状なら休止も-四国独立リーグ (時事通信)


四国アイランドリーグの高知ファイティングドッグスが引き受け先を探している模様。

リーグ優勝チームなのに哀愁を誘う・・・。


経費が1億円かかるのに対して、収入が3000万円程度じゃ、経営が苦しいのもむべなるかな。90試合あるからホームが45試合とすると、1試合あたり67万円程度。興行ってレベルじゃないね。泣き言の一つも言いたくなるだろうけど、闘犬は鳴いたら負けらしいしね・・・。


地元企業のサポートって言っても、大した地元企業なさそうだしなぁ。

カメラのキタムラぐらいしか知らね。


これはやっぱり球団経営のセオリーに従って、新聞社が引き取るべきじゃね?

高知には幸い、板垣退助をルーツとする由緒正しい高知新聞社があることだし。


四国アイランドリーグの所属選手って薄給らしいから、新聞配達のアルバイトもさせれば、トレーニングにもなって一石二鳥だし。自分の活躍した翌日の新聞は、選手も気持ちよく配達できるだろうし。ナイター遠征の翌日は配達が遅れるかも知れないけど。


ファンサービスの一環で個別訪問すれば、新聞拡張だって余裕でできそう。


それはそれとして、リーグ自体の存在意義というか、ビジネスモデルをきちんと構築しておかないと、引き受け手が現れたところで、苦しい状況に変わりはないと思ったり。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-09-17

嘲りを怒りに変えて、立てよ国民!

テーマ:ニュースに脊髄反射

福田氏、過半数の勢い=麻生氏「派閥談合」と批判-自民総裁選、一騎打ち (時事通信)



テロ特措法を賭けた「坊や」総理の特攻失敗に捧ぐ。



イメージ動画(鳥肌実ver.)


-----------------------------------------------------

我々は一人の英雄を失った。

これは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ!


『派閥談合』に比べ我が為行会の勢力は30分の1以下である。にも関わらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か!諸君!我が為行会の政治路線が正しいからだ!


一握りの老人共が55年体制で膨れ上がった自由民主党を支配して50余年、小派閥に属する我々が自由を要求して、何度総裁選で踏みにじられたかを思い起こすがいい。麻生太郎の掲げる、『自由と繁栄の弧』実現のための戦いを、神が見捨てる訳は無い。


私の盟友、諸君らが愛してくれた晋三は(政治的に)死んだ、何故だ!


戦いはやや落着いた。諸君らはこの総裁選を対岸の火と見過ごしているのではないのか?しかし、それは重大な過ちである。


『派閥談合』は聖なる唯一の責任政党を汚して生き残ろうとしている。我々はその愚かしさを『派閥談合』の老人共に教えねばならんのだ。


晋三は、諸君らの甘い考えを目覚めさせるために、(政治的に)死んだ!


戦いはこれからである。我々の勢力はますます拡大しつつある。『派閥談合』とてこのままではあるまい。


諸君の父も兄も、『派閥談合』の無思慮な談合の前に死んでいったのだ。この悲しみも怒りも忘れてはならない!それを晋三は(政治的な)死を以って我々に示してくれたのだ!


我々は今、この怒りを結集し、『派閥談合』に叩きつけて初めて真の勝利を得ることが出来る。この勝利こそ、戦死者全てへの最大の慰めとなる。


国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!


麻生太郎は諸君等の力を欲しているのだ。


ジーク・麻生!!


-----------------------------------------------------

ちょっと無理があるが批判は受け付けない。

以上。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-09-06

鰯の頭も信心から

テーマ:ニュースに脊髄反射

ネパール航空、機体の不具合受けヤギ2匹をいけにえに  (ロイター)


[カトマンズ 4日 ロイター] 国営ロイヤル・ネパール航空は4日、保有するボーイング757型2機のうちの1機に技術的な不具合が出たことを受け、ヒンドゥー教の空の神をなだめるため、いけにえとしてヤギ2匹をささげたことを明らかにした。

 ロイヤル・ネパール航空は過去数週間、この不具合のために何便かを運航中止にしなければならない状況だった。

 当局者によると、ヤギは2日、同国唯一の国際空港であるカトマンズの空港で、問題の発生した機体の前で、ヒンドゥー教のしきたりにのっとっていけにえにされた。

 同航空会社の幹部は「機体の不具合は直り、運航を再開した」と語った。不具合の内容については説明しなかった。


----------------------------------------------------------


さすがロイヤルネパール航空。地形やら気候やらのせいで世界一着陸の難しいカトマンズ空港をベースにしてるだけのことはある。たしかに人智を超える部分は神にすがるしかないかもね。


中華航空もヤギを生贄にささげておけば、先日の事故はなかったってわけか?


いや、ヒンドゥー教じゃないと駄目なのかも。仏教や儒教、道教じゃ、飛行機飛ばすにはいかにも力不足な感じだし。というか、むしろ成仏しそうだし(笑)。


大学の卒業旅行でネパールに行ったときに、ロイヤルネパール航空を使ったのだけど、まさか神頼みで飛んでるとは思いもよらなかったなぁ。一応ナショナルフラッグだから大丈夫なんじゃね?とか思ってたけど、意外に根拠がなかったんだな。


飛行機が空を飛ぶのは物理学に基づいているってのは私の思い込みだったのか・・・。飛行機嫌いの人が聞いたら卒倒しそうなニュースだ・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-24

騙されるほうも悪い

テーマ:ニュースに脊髄反射

真珠商法の社長逮捕…出資法違反の疑い  (FujiSankei Business i)


いや、いつものことながら、こういうのにどうして引っかかるのか凄い不思議。

豊田商事にしても、近未来通信にしても、ジーオーにしても、なんで同じような話に引っかかるかねぇ・・・。


人間誰しも危険を回避する本能があるわけでさ。


私が車道で昼寝をしないのも、それ系の人に絡まないのも、台風の日にバーベキューに行かないのも、アール○バンの人についていかないのも、猛暑日に会社に行きたくないのも、みんなそう。なんか危険を感じるから。そういう本能が働いている(ような気がする)。


儲け話になると、なんでか知らないけど、危険を察知する本能よりも欲望が上回っちゃうのかねぇ。ふぅ。


それならそれなりに、自衛の手段は講じて起きたいもの。孫子を紐解くまでも無く、相手の手口を知ることが、まずはその第一歩。私が今まで読んだ中では、圧倒的に以下の本がおススメ。


ロバート・B・チャルディーニ, 社会行動研究会
影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか

もう、これは古典といってもいいと思うけど、訪問販売や広告の手口から、どのように人がOKを出してしまうのか、その心理を明らかにしてくれる名著。もう少し平易な冊子にして、高校の授業で教えればいいのに。


騙す側の人間は、いわば騙しのプロなわけで、当然騙しのテクニックについては凄い勉強してるわけ。騙される側の人間だって、真剣に勉強しないと失礼だと思う。騙される人は気の毒だとは思うけど、自業自得でもあるよ。


(追記)今度、第二版が出るみたい。値段も安くなって、なんかお得な気がする。これも買わされる手口なのかしらん。

ロバート・B・チャルディーニ, 社会行動研究会
影響力の武器[第二版]
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-21

FBI壊滅フラグ

テーマ:ニュースに脊髄反射

米俳優セガール氏、沈黙せず FBIに謝罪要求


 米映画「沈黙の戦艦」などで知られるハリウッドのアクション俳優スティーブン・セガール氏(56)が、連邦捜査局(FBI)の見込み捜査が原因で「キャリアを台無しにされた」としてFBIに謝罪を求め、話題になっている。

 ロサンゼルス・タイムズ紙によると02年6月、同紙の契約記者の車に死んだ魚が置かれていたのが発端。マフィアが脅しに使う手で、FBIはセガール氏が私立探偵を雇い、取材をやめさせるため記者を脅したという見立てで捜査。その捜査資料がマスコミに漏れ、報道が相次いだ。

 しかし、同氏の関与を示す証拠は見つからず、逆に探偵が大勢の大物俳優を盗聴していた容疑が浮上、探偵は逮捕された。セガール氏が探偵と敵対していたことも明らかになった。

 セガール氏側は、捜査への協力を申し出たのに断られたのは「容疑に根拠がないことを(FBIが)知っていたからだ」と批判している。

(Asahi.com)


ご愁傷様。


敵対する探偵との争いのさなか、FBIの陰謀に巻き込まれた伝説のコックが死んだ魚を武器に無敵モードで活躍する映画がComing Soonな予感。見たいような見たくないような・・・。


ワーナー・ホーム・ビデオ
沈黙の戦艦
ワーナー・ホーム・ビデオ
暴走特急
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-20

どうでもいいけど

テーマ:ニュースに脊髄反射

欽ちゃん24時間テレビ瞬間最高43・9%  (日刊スポーツ)


くそ暑い中、年寄りにマラソンさせてどうする。老人虐待じゃないの。

それをみんなしてクーラー効いた部屋で見て、涙流してるんだからメデタイ話だよ。


欽ちゃんも熱中症で人生のゴールを切って、クダラナイ企画を中止に追い込んでくれるのかと思ってたのに、案外体力あるんだな。来年に期待。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。