1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-04-27

一罰百戒というやつか

テーマ:ニュースに脊髄反射

株式会社三井住友銀行に対する行政処分について (金融庁)

ニュースリリース (三井住友銀行)



思ったより厳しい処分が出た。三井住友の件。他の銀行も五十歩百歩なだけに肝が冷えたろうな。


半年も金利系デリバティブの販売ができないとなると、収益に与えるインパクトは結構大きい。せっかく金利が上昇しかけてて、金利上昇リスクヘッジが必要な環境が整いつつあるのに・・・。当面、通貨系デリバティブを死ぬほど売ることになるのだろうなぁ。


どうでもいいけど、優越的地位の濫用にあたる件数が意外に少ないね。

調査対象が取引先のアンケートで一次スクリーニングされてるからなのかな。本当に銀行の圧力を感じている企業はおいそれとアンケートに答えられるわけないからねぇ。

<過去記事ご参照>

本気?

本気?(2)



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-04-27

嗤えばいいと思うよ

テーマ:ニュースに脊髄反射

堀江前社長の保釈認める 3億円納付


 ライブドアによる証券取引法違反事件で、東京地裁は4月26日、同社前社長の堀江貴文被告の保釈を認める決定をした。堀江被告は保釈保証金3億円を納付した。

 堀江被告は1月23日に逮捕され、拘置が続いていた。弁護人は3月までに2回保釈請求していたが認められず、4月10日に再度請求した。堀江被告とともに逮捕されていた宮内亮二被告ら4人はすでに保釈されている。

(IT media News)



お帰りなさい。なんか人相変わっちゃったね。


今更だけどこんな替え歌を発見。生存報告 さんのとこから。

最初はなんとも思わなかったけど、ジワジワきた・・・。


アルエの替え歌でホリエ Part1

アルエの替え歌でホリエ Part2

アルエの替え歌でホリエ Part3

アルエの替え歌でホリエ Part4

アルエの替え歌でホリエ Part5

アルエの替え歌でホリエ Part6


ちなみに元歌はBUMP OF CHICKENのアルエ 。この歌がエヴァンゲリオンの綾波レイをイメージして作られたことは結構知られている話。で、六本木ヒルズでホリエモンがクローン培養されているイメージが浮かんできて・・・。人相が変わったのも合点がいったりして。


検察 「決算を粉飾してまで、投資家をだまそうとしたんじゃないか。君が・・・。」

堀江 「そう・・・。粉飾したの・・・。」

検察 「・・・。覚えてないの?」

堀江 「いえ、知らないの。たぶん私は三人目だと思うから・・・。」


こんなやりとりが空耳で聞こえてきたり・・・。そういえば双子の芸人がホリエモンのモノマネをしてたけど、あれもクローンかもなぁ。


おまけ

新世紀ホリエゲリオン(音出ます)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-26

ちょっと効率が上がった気がする

テーマ:ブログのこととか

今は読む時間がないけど、後でゆっくり読みたいと思うWebサイトに出くわしたときに使えるツールを発見。


その名も「あとで読む 」。


今まではお気に入りに入れておいたり、リンクをメールに送ったりして管理していたけど、結局読まなかったり、読もうと思ったらリンク切れになってたり・・・。未読と既読の管理も出来ないし。


「あとで読む」は、読みたいと思ったサイトのコピーをメールで送ってくれるツール。メーラーで未読・既読の管理をするのは、普段から普通にやっている作業なので、面倒くさがりの私にも簡単に管理ができる。メーラーにページのコピーがあるわけだから、リンク切れの心配もない。


こういうシンプルなツールは好き。

考えた人はエライ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-26

磯崎さん、ありがとうございました

テーマ:ブログのこととか
今週発売の「アエラ」で磯崎さん が推奨ブログに名前を挙げてくださいました。ありがたいやら、恥ずかしいやら・・・。全身の毛穴から妙なものが吹き出しそうです。本当にありがとうございました。
ちなみに以下のブログを挙げておられますが、いずれも著名なブログばかりで、私のブログが載っているのはおこがましいというか・・・。私のブログは、アエラ読者の方には得るものは少ないかも知れませんが、どうかごゆるりと。
 
ふぉーりん・あとにーの憂鬱
本石町日記
はぐれバンカーの呟き ~人生マルチンゲール~


こうして並べてみると、どうみても力不足です。ご紹介いただいた磯崎さんの顔に泥を塗っては申し訳ないので、気合を入れ直してエントリーしていく決意表明。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-04-23

日経マネー投資力検定

テーマ:投資の話とか

各所で取り上げられている日経マネー投資力検定にチャレンジ。

チャートの見方とか知らないけど、選択肢を読んでて何となく推測。

意外に成績よくて少し嬉しい。基礎力で2問落としたのはいただけないけど。



日経マネー投資力検定の成績
http://www.toushikentei.jp/

●受験日 2006年4月23日
●点数 87点/100点(平均65.8点) ●偏差値 63.8
●マネー検定1級
●かなり知識レベルの高い投資家です。経験を積んで、より完璧な知識を身に付けてください。
●得意な分野は 全ての分野
●不得意な分野は ありません
●分野別得点
 ニュース力:18 基礎力:16 銘柄力:20 チャート力:15 感応力:18


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-04-21

ビール三昧

テーマ:日記とかもろもろ

いやぁー、盛り上がってきましたね、ドイツW杯(棒読み)。

ま、4年前は自国(と隣国)開催だったので、比べるべくもないけど・・・。

私が知らないだけで、実は水面下で激しく盛り上がってるのかしらん?と素朴な疑問を胸に近場のドイツ料理屋に潜入調査してきましたよ。というのは冗談で、昔ドイツに留学してた友人をもてなすのに適当なお店だっただけ。

フランツィスカーナー御茶ノ水店

金曜日だから結構混んでたけど、W杯は関係なさそう(当たり前)。


とりあえず、手当たり次第にビールを飲み干す。あと、白ワインも。どれも美味しい。

料理も結構頼んだけど、軒並みポテトが付属していてくどい。やべぇ、ジャーマンポテトも頼んでるのに・・・。


例によって、へべれけになりつつ帰宅。

土日は仕事しなきゃなんないのに自覚なし・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-20

TOBルール変更

テーマ:M&A関連

TOB義務条件、期間や取得率明示・金融庁検討


企業買収の手法の一つのTOB(株式公開買い付け)制度について、金融庁が検討している新ルールが明らかになった。取引期間と買い増す株の量などで、新たにTOBを義務付ける条件を明示。市場内外での取引を組み合わせ、突然支配権を左右する大株主となるような買収者に一定の歯止めをかけるとともに、一般投資家などから見えにくい買収案件をTOBへと導く流れが強まりそうだ。

 具体的にはTOBの最長期間となる60営業日とほぼ同じ3カ月間以内の株売買を一連の取引とみなす方針。この間に市場外で企業の発行済み株数の5%超を取得し、市場内と合わせて10%超を買い集め、保有割合が3分の1を超える場合にはTOBを義務付けることなどが柱だ。今国会で審議中の金融商品取引法案が成立後、政令で正式決定する。

(NIKKEI NET)


村上ファンドやドンキホーテの件を受けて、早速ルールの穴を埋めにきたね。最近、金融庁の対応が早くなってきた気がする。


今のルールでは市場で買う場合はTOBの対象外になっているので、1/3スレスレのところまで相対で取得して、あと少しを市場で買い増せば、1/3超を取得する場合もTOBを避けられた。この盲点をついたのが阪神株を取得したときの村上ファンド。(ちなみに、ドンキホーテはTOBに失敗した後、市場で買い増すことで1/3の絶対境界線を突破した。過去の相対取引とあわせて一連の取引か否かが争点になった。)


TOBを回避しつつ1/3超の株を取得しようと思ったら今のうちってことか。どさくさまぎれの相対売買が増えそうな予感・・・。


ということでよろしくお願いします。 > 某クライアント

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-19

揚げ足取りだけど(2)

テーマ:徒然なるままに

あいかわらず日経BPの記事は面白いなぁ。今度は日下公人氏。

タイトルもずばり、『「コンプライアンス」をありがたがる風潮はもう終わり』。

時代の流れに真っ向から立ち向かう男気にまず涙。



世界の中で日本は「関数」から「変数」に変わった


関数 とか変数 を持ち出す理由はあまりないけど、ここでは、影響を受ける側から与える側に変わったぐらいの意味。私の知らん間に日本も出世したもんだと感心しながら読み進めていくと、どうも違うらしい。 意外に早くそうなると思うとか書いてある。じゃあ、まだ関数のままじゃん・・・。なんか、全体に時制がおかしいというか。氏のいうところの底力の3段階で、日本がどこにいるのかよく分からない。私に読解力がないのか・・・。


あと、国民の認識は5年も遅れているらしい。だって新聞やテレビや学者が遅れているから。だから最新のニュースを見てても、どうしても遅れてしまうらしい。5年も(笑)。



日本式出世は「功労に報いる」システム

正規雇用が増えてきたという事実にもとづき、日本型雇用関係(終身雇用のことか)礼賛が続く。


あげく、『日本では上役は功労者なのだ。日本における出世は“功労に報いる”というシステムで、そうすると部下はそれを見て仕事に励むわけだ。「おれも偉くなったら料亭に行って、ゴルフをしてもいいらしい。それを楽しみに頑張ろう」ということだ。』と続く。認識が5年遅れている私にはさっぱりわからない。


役人にもご褒美が必要な時代が来る

これは官庁でいえば天下りシステムと一緒。→ 日本の役人が世界一よく働くのは、天下りが楽しみだから。→ 天下りをなくすと官僚システムが崩壊する。→ したがって役人にご褒美が必要な時代が来る。


と、役人に擦り寄って外郭団体の役員にでもしてもらう魂胆なのかしらと邪推したくなるような極めて明快な論理展開。これ以上褒美が必要なのかと小一時間(ry。



対等な相手に「コンプライアンス」とは言わない

ここでおもむろに「コンプライアンス」が登場。今までの文脈完全無視。

コンプライアンスの訳には「従順」とか「卑屈」とかいう意味があるから、対等な相手に使うのはけしからんとえらく噛み付いてる。なにか英語にコンプレックス(強迫観念、固定概念、複合体、複雑な)でもあるのかしらん。


結局何が言いたかったのかよく分からない。

5年経てば分かるようになるのか・・・。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-04-12

企業買収防衛戦略Ⅱ

テーマ:本のお薦め
仕事柄、最近とくに相談の多い買収防衛策。誰のために買収防衛策を導入するんだと不愉快になる相談もまれにあるけど、経営者の意識が高くなったのは事実で、ある意味某社とか某ファンドとかの功績なんだろうなぁ。
 
この分野をまじめに勉強するのなら(&脚注の嵐に耐えられるなら)一番お薦めしたいのは『企業買収防衛戦略 』。このたび第二弾が出たので、こちらもあわせて手に入れておくと、買収防衛策の何たるかをそれらしくクライアントに語れること請け合い。それでフィーが取れるなら4,620円ぐらいすぐに元が取れる。
 
武井 一浩, 中山 龍太郎
企業買収防衛戦略〈2〉

もう少し早く出てたら、先日上梓した某書の買収防衛の項を執筆するときに参考にできたのになぁ・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-10

揚げ足取りだけどさぁ

テーマ:ブログのこととか

以下のリンク先の日経BPのコラムで花岡信昭 氏がブログ社会の未成熟さを嘆いておられる。氏によればブログの世界で大騒ぎになった事件らしいけど、私はまったく認識がない。ブログを日常的にのぞく習慣はあるのになぁ。


「これでいいのか?ブログ世界の理不尽な未成熟さ」

ブログ社会の熱気を身をもって体験した筆者

噂が噂を呼ぶブログ社会

事実を元に議論しあう基本的態度を



ま、言いたいことは分からんでもないしさ、一部のブロガーの発言や記事がお気に召さないのも分かるけどさ、十把一絡げにして切り捨てなくてもいいじゃない。花岡氏がいったいブログ世界のどれほどを知っているというのさ?自分の身近で起きた不快な事象を捉えて、全体の水準を推し量るのはいかがなものかと。サンプリングが明らかに偏っていると思わんかねぇ。


挙句の果てに、『ブログはいわゆる「ネット・オタク」に占領されているのではないか。これを大人の世界にも通用するレベルに持ち上げないといけない。そのための方策を考えないと、成熟したネット社会は到来しない』と結論づけているけど、余計なお世話。持ち上げてもらわなくて結構。なんかこう、上から見下ろす書きぶりが癪に障る。花岡氏のあずかり知らないところで、十分大人の世界に通用するレベルのブログもあるわさ。ここ とか、ここ とかさ。

 

ちなみに発端となった花岡氏のブログ を見ても、せいぜい二桁のコメントだし、荒れたというほどの印象はないけど。祭りになったブログをいくつも見たことがあるけど、もっと凄まじかったような・・・。



ブログは陰湿で・・・、


低次元で・・・、


ときにお粗末きわまりない・・・。


それでも私は信じている。


ブログのチカラを。


ブロガー宣言。はぐれバンカー。

(copyright朝○新聞)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。