1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-10-30

ゼミ会に逝ってきた

テーマ:日記とかもろもろ

大学院のゼミ会に西麻布まで逝ってきた。

ゼミのOGがプロデュースに関わっているサロンが10月にopenしたので、場違いと知りつつ場所を拝借。普段は養老の滝が関の山なのにねぇ。


SALON272


雰囲気もいいし、夜景もきれいなので、ちょっとした集まりに使うのにはいいかもしれない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-29

お手並み拝見

テーマ:ニュースに脊髄反射

前「ユニクロ」社長玉塚氏、キアコン沢田氏と企業再生の専門会社

 ユニクロを運営するファーストリテイリングの玉塚元一・前社長と、同社の元副社長で流通業特化型再生ファンド、キアコンの沢田貴司社長は共同で、企業再生専門会社を設立した。短期の利益配分を追求せず、オーナー会社や大企業の子会社などの再生を人的・資金的に支援する。元ユニクロの盟友がタッグを組み、企業再生の新ビジネスモデル構築を目指す。

 新会社の設立に伴い、沢田氏はキアコンの活動を停止。すでに出資者への資金返還や継続事業の整理などを終え、事実上廃業するという。現在、進行中の一部事業は新会社が受け継ぐ。

[10月28日/日本経済新聞 朝刊]

 

沢田氏については、以前日経ビジネスにインスパイアされて、エントリー を書いたことがある。ちょうどダイエーのスポンサーに漏れてがっかりしている頃。

 

沢田氏は事業家、経営者としてのセンスには恵まれていたのかも知れないが、投資ファンドの運営者としてのセンスがあったのかは分からない。漏れ聞くところによると、出資者の要求が高く、なかなか彼の思うような投資が行えなかったようだ。さしたる投資実績も残せず、ファンドとしては、期待はずれに終わったと総括せざるをえないだろう。進行中の一部事業もアイスクリーム屋のFCだけだし。

 

今後は、出資者の制約から離れて、事業家・沢田としての真価が問われることになる。企業再生の新ビジネスモデル構築を果たすことができるか、非常に楽しみ。頑張ってほしい。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-28

理想と現実の間

テーマ:徒然なるままに

昼下がりに銀行時代の上司のH氏から電話がかかってきた。来週の予定をキャンセルして、今晩、飲みに行けないか、というのだ。やけに急いで会いたいと言っていたから、転職の話かなぁと邪推しながら、彼の申し出を受け入れた。


彼とは来週、銀行の施設で会食をすることになっていた。バブル期に建てられたその施設は、取引先の接待用に使われていて、料理やお酒も贅がつくされている。「しゃぶしゃぶでも食べようか」の一言に、抵抗できる者がいるだろうか。私は万難を排してスケジュールを空けていたのだ。


私は受話器を置くと、取引先に提示する提案書の作成に取り掛かった。しゃぶしゃぶを食べ逃した口惜しさからか、しばらく作業は捗らなかった・・・。


8時を過ぎた高田馬場は、相変わらずの混雑振りだった。学生時代からの習性で、この界隈には極力足を踏み入れないよう生きてきたのだが、今日ばかりは致し方ない。西武新宿線沿線に生息しているH氏を気遣えば、他の場所は思い当たらなかった。


彼のお薦めの居酒屋で串焼きを頬張りながら、私たちは思い出話に花を咲かせた。現在の仕事のあらましや、互いの共通の知人の消息、統合を控えた銀行内の動向など、話の種は尽きなかった。が、彼が私に会いたがった本当の理由は他にあるはずだった。生ビールのお代わりを注文し終えると、私は話を切り出した。


「統合後の身の振り方は決められましたか?」


堰を切るように、彼の口から言葉が溢れ出した。前回の統合によって不遇をかこっていること、現在の体制では自身が不当に低く評価されていること、今回の統合で処遇が改善されるとは思えないこと、年齢を考えると私のように転職に踏み切る決断ができないこと、・・・。


重い空気を破るように、店員が生ビールを運んできた。彼は軽く口をつけると、私にとって意外な言葉を口にした。


先日、彼は某資格の試験を受け、現在は二次試験の結果待ちだという。仕事をしながら一年ほどスクールに通っていたようだ。それを聞いて、彼が私と会いたがったことが理解できた。私も銀行に入って2年目にその資格の一次試験に合格していた。一緒に働いていた頃、彼からその資格についていろいろ質問されたことを思い出した。当時と試験制度が異なるとはいえ、彼にとって私は彼の苦労を理解できる数少ない人間であった。


彼の年齢で目標を持って勉強を続けてきたことに敬意を表したい。しかしながら、この資格では、彼の境遇を変えるには至らないだろう。私が一次試験合格までで勉強をとどめたのも、実用性が低いと判断したからだ。彼の努力の方向性は少しずれているように思われた。


誰しも、理想と現実の間にはギャップがあるものだ。このギャップを埋めるために何をするのかによって、その後の人生は変わってくる。残念なことに、彼がギャップを埋めるために選んだ切り札は、彼が考えるほどの力を発揮してはくれないだろう。


彼は、資格に合格したら、それを梃に転職をしたいという。「合格しなければ、不本意でも銀行員を続けるさ」と串の先を見つめながらつぶやく。今やこの資格が逆境に喘ぐ彼の心の支えになっていた。いずれ彼も現実に気づくかもしれない。だが、今ここで彼の夢を砕く権利を私は持っていなかった。

 

「Hさんなら大丈夫ですよ。合格したらお祝いしましょう。」


私はありふれた言葉を口にすると、ジョッキを持ち上げ、軽く乾杯の仕草をした。喉に流した液体は、いつもより少しほろ苦かった。このまま酔いから醒めなければいい。今後、彼が味わうだろう失望を思うと、そう願わざるを得なかった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-28

How much is my blog worth?

テーマ:ブログのこととか

こんなん出ました。Richstyles! さん経由。



My blog is worth $15,242.58.
How much is your blog worth?


How Much Is My Blog Worth?


なんというか、微妙・・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-27

リアルドラゴン桜

テーマ:ニュースに脊髄反射
2005-10-26

ロッテ4連勝!!

テーマ:日記とかもろもろ

圧倒的じゃないか。ロッテ。4連勝で日本一。


村上氏に対する嫌がら(ry


冗談抜きで、星野SDあたりが「この大事なときに買収騒動をおこしてくれたせいで選手の緊張の糸が切れてしまったじゃないか(怒)!」とかぶちまけてくれれば、怒り狂った阪神ファンが六本木ヒルズに突入しそう。


それはともかく、ロッテの日本一は素直に嬉しい。大学時代は川崎市に住んでいたので、川崎球場によく行ったものだ。ロッテVS南海戦で外野スタンドのカップルを観戦するのが楽しかったなぁ。当時の主力選手はいまだに覚えているなあ。水上とか上川とか愛甲とか袴田とか小川(逮捕)とか・・・。当時のロッテと今のロッテはまったく別物になって、かつてのロッテの匂いがするのは初芝くらいか。でも引退しちゃうんだな。一つの時代が終わったということか。今回は初芝のための日本シリーズといっても過言じゃないな。


とくに言いたいこともなく、おしまい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-25

高潔な市場?

テーマ:投資の話とか

今朝の日経の一目均衡(19面)を読んで違和感を感じたのでメモ。「」は引用部分。


タイトルは「また出るお手盛り投信」。お手盛り投信とは、イー・トレード証券が販売するソフトバンクグループ株式ファンド(以下SBF)のこと。ファンドには、ソフトバンクグループの株式を時価総額に応じて組み込むという。販売はイー・トレード証券、運用はSBIアセットマネジメント、組み入れる銘柄はソフトバンクグループと、「頭からしっぽまでソフトバンクグループ」。


「こんなお手盛りファンドが法的に許されるのだろうか。」と疑問を呈している。


法的に許されるだろ。普通に。勝手に脳内で立法するなよ。


投資対象をこれだけ明確にしているのだから、ソフトバンクグループに投資したくない人ははじめから買わないだろ。お前だって「投信の専門家は『投資家に目論見書を事前に配布し、よく内容を理解してもらってから買うのだから、あとは買う側の自己責任だ』という」って書いてんじゃん。納得してないのかよ。


「ダメと言えないのは、先輩格のグループ株投信があるからだ。」とトヨタグループ株式ファンド(TGF)を引き合いに出す。本当はダメだけど、トヨタが認められてるんじゃ仕方がない。嫌々SBFも認めざるを得ないというスタンス。


執筆者が、グループ株投信に否定的なのは、①リスク分散ができないこと、②敵対的買収者が現れたときにグループの利害を優先して、高い価格を提示した買収者に売却できない恐れがある、③取締役選任議案に独自の基準で反対を表明できるのか、等の懸念があることを列挙している。「運用者と投資先企業との間に健全な緊張関係を構築できない」ことが問題らしい。


①については、そもそもファンドの方針として分散投資を前提にしていないわけだから、的はずれな指摘では。分散投資したい輩はインデックスファンドを買ってるから心配しなくても大丈夫。多分。


②、③については、別にSBFやTGFに限らず、上場企業の関連運用会社にはつきものではなかろうかと。野村アセットマネジメントは野村グループの株を組み入れていないのか?そこはコンプライアンスを徹底できるかどうかが問われるべきであって、グループ株投信が必然的にぐだぐだなわけじゃなかろうに。


このあたりから、論旨が飛躍する。


「トヨタを認めれば、ソフトバンクも認めざるを得ない。楽天ファンドやライブドアファンドが出るのは時間の問題かも知れない。『違法でない限り何をしてもいい』という証券市場の土壌はこんなところから生まれるのだろう。」


楽天やライブドアに悪意を持っていますか、そうですか。違法でない限り何をしてもいいという証券市場の土壌って・・・偏見ありますか?


「そろそろ高潔な市場とは何かという議論を始めてもいいのではないだろうか。ライブドアや村上ファンドに市場を正しく利用してもらうためにも・・・。」


高潔な市場って何だよ。武士や僧侶が運用するのか。アービトラージの機会を発見しても、『いやいや、ここで儲けては拙者の沽券にかかわる』とか言ってやせ我慢するのか。それは市場の効率性が保たれないだろ。逆説的かもしれないけど、違法でない限り、何をしてもいいからこそ、市場は効率的に運用されているのじゃなかったっけ。せっかく高潔な市場について触れてるのだから、もう少し具体的に論じてほしかったなぁ。


蛇足ながら、ライブドアや村上ファンドが市場を正しく利用してないみたいに書くのはどうかと思うぞ。テレビ東京買い増しされちゃうぞ。ニヤリ。


(眠くなってきたので、ここらで終了。読み返してみておかしかったら修正するかも)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-21

TBSの防衛策は株主の利益を毀損するか?

テーマ:M&A関連

備忘のため。反論不要。


仮に今日、TBSが評判の悪い買収防衛策を発動させたとする。TBSの過去6ヶ月(4/21~10/20)の平均株価2,115円の90%である1,903円が新株予約権の行使価格となる。この行使価格は、TBSが買収防衛策を公表した2005年5月18日終値1,803円を上回っている。もうしばらくすると、最近の株価を反映して、さらに行使価格は高くなる。


TBSの買われっぷり


欽ちゃんやミッキーが株主価値を毀損するとかぬけぬけと言い放って司法の場に持ち込んだとする。


1)欽ちゃんやミッキーは、TBSが買収防衛策を公表してから株式を買っているのだから、そもそも買収防衛策が発動されるリスクを承知して買っているはず。自己責任の範囲内では?ニッポン放送が新株予約権の交付を公表したときには、事後に買った株主が横浜地裁(だっけ)に差し止め請求をしたけど、門前払いだったはず(うろ覚え)。


2)TBSの買収防衛策公表以前に株を取得した株主にとっても、少なくとも公表時点における発行条件は有利発行ではなかったし、今、行使された場合においても、以前に取得した株主にとって、著しい損失が発生するとはいえない(大損する可能性があるのは、最近買った株主)。また、TBSの買収防衛策に異議を申し立てる時間も十分あったわけで。


TBSが負けるかねぇ。どうだろう。


ちなみに、発動後は、日興プリンシパルインベストメントが18%程度の筆頭株主になるわけで、他の安定株主40%と合わせれば、一部で話題になっているジェットストリームアタック(*)も難しそう。楽天としては身動きが取れなくなりそうな気がするが。


(*)詳しくはガンオタに確認のこと

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-10-20

本日の気になる物件

テーマ:日記とかもろもろ

ウィルコム、機能が「パソコン並み」のPHS端末・OSは携帯版ウィンドウズ


W-ZERO3



私は、前世紀からウィルコム(旧DDIポケット)ユーザーで、現在は京ぽん を愛用しています。永年マイノリティを続けているため、いまさら携帯に移る気はさらさらないのですが、最近の携帯の技術革新にはかなりのビハインドを感じたりもします。いや別におサイフ携帯とか必要ないし、バーコードリーダーも要らないし、音楽もIpodで聴くから関係ないし・・・・・・、アアウラヤマシイ。


正直、携帯向けのサービスを使っていないことで、ある種のもどかしさを感じることもあります。たとえば、ITベンチャーの方とお話しするときに、「携帯向けのこういうサービスをやってます」、とか「携帯向けソフトを作ってます」とか言われても、あんまり理解できていなかったりして、ふむふむと聞き流してしまうことがあるわけです。関係者の方ごめんなさい。


それはさておき、ウィルコムがKDDIの傘下を離れたことで、新たなサービスが打ち出されたり、新機種が発売されたりと、ユーザーにとっては、非常に好ましい状況ではあります。利用者も増加しているみたいだし。


今回、発売される新機種には、少し気を惹かれています。今使っている京ぽんはPCメールの受発信ができるので、外出先でも重宝していますが、添付ファイルが開けないため、結局会社や自宅に戻って作業せざるを得ない場合があります。W-ZERO3は、エクセルやワードの文書も開けるし、キーボードもついているので、とりあえず簡単な修正等はその場で出来そう。使い勝手は分からないけど。


サイズがでかいのと、値段が高そうなのはネックですが、機種変更を検討しようかしらん?

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-10-17

楽天に関しては放置推奨

テーマ:M&A関連

楽天に匕首をのど元につきつけられたTBS。


一応、買収防衛策を導入していたにもかかわらず、今のところ防衛策が発動するトリガーに達していないので、機能していない。TBSが馬鹿だアホだというのは容易いので、ここはTBS側の視点であれこれ考えてみる。


冷静に考えると、案外、楽天の攻め口が少ないような気がする。楽天のアキレス腱は多分、自社の名声と兵糧。


楽天はライブドアの件から学習しており、世論を味方につけないと今回の件はうまくいかないと認識しているはず。また、財界での地位にこだわりを見せていることから、財界各社の反感を買う敵対的買収を仕掛ける可能性はかなり低い。


したがって、まずTBSと時間をかけて交渉し、20%未満の株式取得にとどめ、かつ経営統合の申し入れを行うというように、段階を踏んできている。某Tシャツの会社ではありえない気の遣いようである。


TBSに敵対的買収とみなされた場合、楽天が積み重ねてきた努力を無にしかねないため、正面からの突破にこだわりを見せるのではないか。一度経営統合を申し入れした以上、その交渉がなされないまま、TOBに入ることはしないだろう。これは彼らが自分で勝手に設定したルールなので、利用しない手はない。


また、楽天は、800億円以上にもなる今回のTBS株式の取得資金を銀行借り入れにより調達している。楽天がTBSの経営権を握るまでには、まだ相当の資金が必要であるが、今のままでの資金調達には当然限界がある。金利負担も楽天にとって軽いものではないため、時間をかければあせるのは楽天。なんかKOEIのシミュレーションゲーム で、兵糧がないのに城攻めしてるような印象。


つらつら考えてみるに、TBSとしては、楽天からの経営統合の提案を“熟慮”しているだけで、逆に楽天が追い込まれていくものと思われる。のらりくらりと経営統合を検討しているうちに、楽天があせってTOBを仕掛ければ、彼らの築き上げた名声が崩れる(=ホリエモンと同じ烙印)だけだし、この場合は堂々と防衛策を発動させればよい。また、経営統合を検討した結果、楽天との統合はTBSの企業価値を高める効果がないと結論づければ、それ以上楽天は手出しができない。多分。


時間稼ぎをしている間に、TBSにも対抗策を講じる余地がでてくる。どんな策かは企業秘密。


そういうわけで、楽天はほっとけ。


(10/19追記)

あ、TBSの防衛策は株主総会の決議を採っていないのか。うーん。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。