キャラクターをヒットさせたい人のためのブログ

「ヒットキャラクターを出したい!」そんなキャラクター作家、イラストレーター、企業広報、宣伝部の人たち向けのブログです。


テーマ:
 
仕事柄キャラクター作家さんとお会いする事が多くあります。
 
一時期すごく多かった相談が「このキャラクター、自分のキャラクターのパクリだと思うんですが、どう対処したらいいですか?」「自分が描いたキャラクターが知らないところで使われているんですけど」など著作権に関する問題。
 
なんとなく皆さんキャラクター業界の知識があるのですが、詳細を突っ込んでいくと案外知らない事が多いと感じます。
 
そんな中一番危険なのが詳しい知識がないまま「知っている」と勘違いしトラブルになっているケースです。知識があればかなり前の段階で回避できるのですが、何かが起こってから相談されるケースが多いです。
 
併せて、キャラクターの知名度を高め、ライセンスにつなげるまでの活動、知識などセルフプロデュースに必要な情報も実は多くありますが、話してみるとほとんどのクリエイターさん達が詳しくは知らない事が多いです。
 
私も理事を務めていたキャラクターブランド・ライセンス協会で「クリエイターさん達のためのサポートが出来ないか」という事で今回「個人クリエイターのためのキャラクタービジネス基礎講座」を開設する事になりました。
 
聞きかじりだったあの言葉の本当の意味は?、ここでああ言っておけば問題にならなかったのに!、などなど、キャラクタービジネスで実践的に使える情報をご提供させていただきます。
 
ご興味ある方は私宛でも事務局宛てでも結構ですのでご連絡ください。
 
◆お問い合わせ
株式会社キャラクター・データバンク: info@charabiz.com 
マインドワークス・エンタテインメント
近藤: kondo@mindworks-ent.jp 
 
**********************************
法務からクリエイティブ、営業、売場まで個人で学ぶキャラクタービジネス
個人クリエイターのためのキャラクタービジネス基礎講座

本格的なインターネット社会を迎え、個人でも簡単にコンテンツの制作及び発信ができるようになり、LINEなどメッセンジャーアプリのスタンプからもヒットキャラクターが生まれるようになりました。今後もこうした傾向が強まることが予想され、“個人”の可能性は無限に広がっているといえるでしょう。

しかしながら、こうしたコンテンツ(キャラクター)を収益化するには、ある一定のルールやノウハウの習得が必要です。そこで本講座では、キャラクタービジネスを中心に、個人のクリエイターがどのようにキャラクターを守り、どのように収益化を行っていけばいいかを分かりやすく解説。さらに現在、クリエイターが抱える課題を気軽に相談できる場を設定しました。「明日から実務に活かせる内容」を目指します。
 

講座名    個人クリエイターのためのキャラクタービジネス基礎講座

講義の内容、講師の詳しいプロフィールはこちら > テーマ及び講師紹介

目的       1.個人にてライセンスができる基本的な知識を習得する

2.市場の構造や商習慣、マーケティングの知識を理解する

日時       2017年3月7日~4月11日 16時15分~17時45分 <週1回×全6回> 

60分講義+30分質疑応答(予定)

場所       アビタス八重洲・貸会議室 セミナールーム3

東京都中央区日本橋3-6-2 日本橋フロント4F

Tel : 03-3299-5335

定員       40名

(先着順。定員になり次第、締め切らせていただきます)

受講料    CBLA賛助会員:1万2000円(税抜き)

一般:3万円 (税抜き)

対象者    1.個人でキャラクタービジネスを始めたいという人

2.すでにキャラクタービジネスを始めているが基礎から学びたい人

企画・運営           株式会社キャラクター・データバンク

主催       一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会(CBLA)

お問合せ先           株式会社キャラクター・データバンク

TEL : 03-5776-2061

FAX : 03-5776-2062

E-mail : info@charabiz.com

受付時間 : 10:00~18:00(土日祝日を除く)

 
**********************************
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

去年の五輪の頃に「もし五輪&パラリンピックのマスコットキャラクターを作ることになったら?」というブログを書きました。

http://ameblo.jp/kensukee/entry-12191634741.html

 

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が「マスコット選考検討会議」を設置したニュースが出て、今週はまたこの話題がツイッターなどで話題になっています。

以前書いた内容にもありましたが、「五輪、パラリンピックのマスコットを作ることになったら」

という妄想をしつつ、もし一般公募になったら応募の際に注意しておきたいことをまとめてみました。

 

◆マスコットを作ることになったら注意しておきたいこと

1.むやみに作って応募前にSNSで公開しない

ツイッターで既にマスコットデザインをあげている方がいらっしゃいますが、本当に一般公募などでの選考をしましょう、と「マスコット選考検討会議」が決定した際に対象外となってしまうのでやめるのが賢明です。

 

以前も書きましたが、一般公募のコンテストは、「未発表の作品」が審査対象になると予測されます。一度発表されたものでいいキャラクターであれば、まねをする人も出てきます。著作権をIOCが持つ為、一旦公表されたものやそれに類似するものは選定の対象からはずすでしょう。さらに著作権登録が義務付けられている国の悪い人がその国で登録してしまったらメモも当てられません。そのようなキャラクターが公募をする前の段階で、話題になってしまったら確実に対象外となってしまいますので、作品が大事なのであれば、そのような事はやめる事をお勧めします。

 

2.誰もが考えそうなアイデアを使わない

日本をテーマとしたものですと似たような案が出てきてしまいます。一般公募となった場合に審査員は数多くの作品の中から選定します。似たような作品が多く出てきた場合には「またか」となっていまいますので、ありきたりのモチーフを利用したとしても、そこにひとつふたつ

オリジナルなアイデアが加わっているといいと思います。

 

3.東京五輪のテーマをしっかり把握しコンセプト、世界観を作る

キャラクターを作るときはコンセプト設定とその表現が大切です。これはオリンピック&パラリンピックのマスコットを作る時でなくても変わらないことです。東京2020オリンピック・パラリンピックは人種、文化を超え、そして2020年の東京で開催されます。そういった意味で純粋に「見目にかわいいキャラクター」を作るのではなく、しっかり大会のこと、過去の大会のこと、未来の大会への想いなどを織り込んでコンセプトメイクをする必要があると思います。公式サイトを見るとそのヒントが隠れているかもしれません。

https://tokyo2020.jp/jp/games/vision/

 

4.ネーミング

リオ五輪では著名なミュージシャン二人の名前が採用されました。商標登録の関係でネーミングにもオリジナリティが要求されます。

これは一般的にもキャラクターを作るときに使えるのですが、特許庁の商標検索サービスを使い、思いついたネーミングが事前登録をされていないかのチェックをしてみてください。

特許・実用新案、意匠、商標の簡易検索

→ https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

 

5.世界中に受け入れられる

キャラクターを制作する際にはどうしても自国を見て制作してしまいますが、制作時に世界に視点を移してみると言いと思います。五輪、パラリンピックは、世界中からさまざまな文化、民族の違う選手が集まります。特定の人たちだけにアピールするものではなく、世界中の人たちに受け入れられるものがふさわしいでしょう。

 

ほかにも注意することは多いですが5つ挙げてみました。

 

今回は一般公募にはならないかもしれませんが、五輪、パラリンピックに限らずキャラクターの一般公募の際にも役立てていただければと思います。

 

最後に、既存の著名人気キャラクターをマスコットに推す声が多いですが、IOCにその権利を譲渡する会社は少ないでしょう。そしてファンが愛すべき日本のコンテンツの権利を移行させることを推すことは、個人的にはあまりいいこととは思いません。

また、個々のキャラクターはアニメの世界観を表現するものや、商品を企画するために作られたものなど、当たり前ですが「東京2020五輪&パラリンピック」のために作られたものではありません。今回のキャラクター選定は人気投票ではなく、人種、文化を超えたその固有の大会の理念を表現したその大会のために作られたものこそふさわしいと思います。

 

過去の五輪を見てみると、シンプルで商品化に向いているキャラクターはあまり見受けられません。ありがちなものだとどこかで似てしまうからかも知れず、オリジナリティあふれる作品が採用されているようです。

 

賛否あるものが誕生するかもしれませんが、商標、著作権の問題をクリアし且つ大会の理念を表現するものになるのでありきたりのものにはならない事が予測されます。

そういった関係者の苦労の末に生まれたマスコットキャラクターは掛け値なしに応援したいと思っています。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

本日、天神ロフトで開催されていたクリエイター雑貨のイベント「POP BOX」が

終了しました。

 

今回のイベントでは、POP BOXに参加している常連のアーティスト、イラストレーターさんに交じり、「目が笑ってない着ぐるみたち」のポテ豆さんも参加していただきました。

そして、今日はサイン会もあり、多くのお客さんにご来場いただきました。

 

POP BOXは、雑貨、アートの分野で活躍するアーティストさんのイベントでそこにLINEクリエイターズスタンプの作家さんが参入した形で、言わばアウェーの展開です。

そんな中、「目が笑ってない着ぐるみたち」はLINEクリエイターの今後の可能性を十分証明する結果を見せてくれました。

 

以前も書いたと思いますが、「LINEスタンプ」はレターセットに変わるある意味現代の文房具だと考えます。日本では「文房具」が大ヒットキャラクターを生む世界では唯一の国です。

キティ、リラックマなどサンリオ、サンエックスなどの文具メーカーが国内のキャラクター市場を席巻してきました。

 

今回イベントを開催したLOFTではカナヘイさんやうさまるのキャラクター商品が展開されています。今後間違いなくLINEクリエイターズスタンプで人気のキャラクターが雑貨流通に入ると思います。

 

しかし、キャラクター市場はLINEクリエイターズスタンプで活躍したからと言って簡単に入れるものではありません。餅は餅屋の世界です。

 

ライセンスの知識や人脈、お付き合いするメーカーさんが得意な販路や商品と自分のキャラクターが適合するかどうかなど様々なノウハウが存在します。

 

その「知識や経験があれば」LINEクリエイターさん達に雑貨流通で成功する可能性を十分感じます。

 

LINEスタンプが売れたら様々な会社からの問い合わせがありますが、その会社と付き合っていいのか、なかなか判断が付かないと思います。

そんな時は、我々のようなエージェントに相談したり、キャラクターブランド・ライセンス協会のような団体に入ったり、セミナーに参加したり、基礎的な知識や情報を身につけるのがいいでしょう。

 

ネットには、素人の人たちが憶測や少ない経験値をベースとした「間違った情報」が多く見受けられます。

 

弊社にもよく著作権に関して質問が来るのですが、どこで聞いたのか結構間違った知識が先入観として植え付けられている人が多いです。

 

LINEスタンプクリエイターさん達は今後のキャラクター市場の担い手として期待されます。

ですのでしっかりとした知識を身につけて参入して欲しいと思います。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ロフト、ヴィレッジヴァンガード、ハンズビー、キデイランドなど日本にはキャラクターを扱う雑貨店が数多くあります。

 

キャラクターが子供ターゲットの諸外国とは違い、日本では大人がキャラクター商品を買う市場なので、大人が行く雑貨店にキャラクターコーナーがあります。

 

最近では、そういった雑貨店でクリエイターさんのハンドメイド雑貨を扱ったり、クリエイターさんの商品を集めたイベントを開催する事も少なくありません。

 

現在、弊社でライセンスしているLINEスタンプの人気キャラクター「目が笑ってない着ぐるみたち」が、作者ポテ豆さんのおひざ元である福岡天神ロフトで開催されているクリエイター雑貨イベント、「POP BOX」に参加しています。

 

雑貨店でのクリエイター商品はグラフィックを最大限に生かしたもの(ミニ額画、ハンドメイドキーホルダー、ポストカードなど)やフィギュアなどの立体商品、ハンドメイド雑貨など作品的なものが多く見受けられます。

 

キャラクターをプロデュースされている方の中にもハンドメイド雑貨を企画製造販売している作家さんがいらっしゃると思います。

 

LINEスタンプとは異なる市場が雑貨にはあります。

 

キャラクターのライセンスをして私は16年なのですが、LINEスタンプの中にも商品に向いている作品と出会う事があります。

 

2017年以降は、デジタルで活躍している作家さんの作品がリアルの雑貨市場でも活躍されると思われます。ユーチューバーも同様の事が起こるでしょう。

各ライセンシーメーカーさん達が1社1社問い合わせする形でクリエイターさんの商品が出ていますが、1社だと単品が売場に並ぶだけなので、訴求力が落ちてしまいます。

やはり売場では面を取ってキャラクターを打ち出せるプロデュースが必要になると思います。やはり餅は餅屋の世界です。

 

逆もしかりで、リアルな雑貨クリエイターさんの中でもデジタルで活躍する方が出てくると思いますが、LINEスタンプで活躍しているクリエイターさんにはデジタル市場でのヒットのさせ方には一日の長があると思います。

 

お互いの市場を知る事で、クリエイターさんが雑貨市場で活躍を始めると、ビッグコンテンツ主導の売場に新しい風が吹くと思います。

 

デジタルで活躍されているクリエイターさんにも、ぜひ今年は一般雑貨市場で活躍してもらいたいと考えています。

 

今回は福岡開催ですが、ぜひPOP BOXのなど一般雑貨店でのイベントも見ていただく事をお勧めします。

 

ヒットキャラクターを目指して、今年はぜひ活動の幅を広げてみてください。

POPBOX FUKUOKA 2017 in天神ロフト
12/27 〜 1/15
天神ロフト 1階 ロフトマーケット
福岡市中央区渡辺通4-9-25
<参加アーティスト>
いわさきゆうし/カナヘイ/杏チアキ/グレ/こなつ/小林さゆり/こよ/紺野真弓/Sun-Min+David/末吉陽子/zucco./0313/田中寛崇/tama/DAN/土屋みよ/ナガキパーマ/ナナカワ/nanika/HALKA/深町なか/BRIDGE SHIP HOUSE/ポテ豆/miii/mizuka/Mujiha/村田なつか

●ポテ豆 イラストサイン会
1月15日(日)午後1時~3時
開催当日、「目が笑ってない着ぐるみたち」商品を税込1,080円以上お買上げ先着20名さまにサイン会参加整理券をお配りいたします。

POP BOX(天神ロフトHPとTwitter)

http://www.loft.co.jp/shop_list/detail.php?shop_id=29

https://twitter.com/loft_tenjin

POP BOXを企画している会社のHPとTwitter

http://fewmany.shop-pro.jp/?mode=f6

https://twitter.com/popspace_shop

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。