その子のタイミング!

こんばんは!
広島市東区牛田の少年柔道の道場
賢心舘牛田新町道場の山口です!


Facebookのある投稿に、
コメントをさせてもらいました。


本人の本当の気持ちはわかりませんが、
親として見てて、

・・・・(^-^;


という状態で、、、。



そんな投稿に対するコメントでしたが、


写真に写ってたそのお子さん、
帯がちゃんと最後まで結べてない状態でした。



ま、無意識にほどけてしまってたんだろうと思いますが、


その事で、

「帯やズボンの紐を気にするようになると、
変わってきてると思いますよ」

とコメントしました。



帯が出来てなくてだらしない!
と指摘したかった訳ではなく、

柔道に向き合う気持ちや、
心の中での「柔道」の価値観が、
人それぞれであるわけで、、


その子はその子の価値観で柔道に関わり、
柔道に向き合ってるわけです。


それをいくら親でも、
その気持ちを変えることは難しく・・


その子がその子のタイミングで、
柔道に対するスイッチが入るときが来るのを待つしかありません。。。


とはいえ、
指導者や親が何も言うなということではありません。




服装や礼法を指導するのは当たり前のことという前提で、

だから言い続けるというのも間違いではないということも前提として、、、




だからと言って、
出来てない子に対してしつこく言い続ける・・のは違うと思ってて、


全体的にそういう指導をするなかで、
その子の気づくタイミングを待つということ。。。





たとえば、、、
暖かくなると桜が咲きます。

だからと言って、
無理やり自然を暖かくする事は出来ません。


自然は自然に時期が来ると暖かくなります。



ということは、
逆を言うと、

桜が咲く頃は暖かくなってる・・ということが言えますね。


桜を無理矢理早く花咲かせようとしても、人の手で自然は暖かくする事は出来ません。




服装や礼法を気にするくらいになれてたとき、
それ相応の成長をしている・・。




それを、
その成長した段階に早くしようと人の手を加えても、、、

その子のタイミングになければ、
なかなか変わることは難しいということ。




伝わってますかね。。。




だからと言って、
放任しっぱなし・・ではなく、
全体として伝えることを常に伝え続ける。


仮に暖かくなってきたとしても、

早く咲く桜の花もあれば、
遅めに咲く桜の花もありますからね。。。




やる気もその子のタイミング!

そのタイミングは、
誰にもコントロールはできません。。。



コントロールしようとするから、
言うこと聞かないと腹が立つ。




コントロールではなく、
気づくタイミングを引き出そうとすること。



そのためには、
指導者としては、
常日頃から大切だと思うことは言い続けなければならないかなと思います。。。



AD