染まってしまう。

テーマ:

なんていうんだろう。やっぱり駄目だ。

心からの悪意で、
人の悪口を言ってる人と関わると凄く苦しい。


何なんだろう。
誰かに対する悪口を言えば、
自分自身に必ず返ってくるんだもの。


愚痴と悪口って言うのは全然違う。

こっちが聞いてて、

あ~この人は疲れてるなぁ・・・辛そうだなぁ・・・。
って思える人と、

この人、凄く憎悪にまみれてる。
って感じの人と・・・。


私も、凄く気の置けない友達には軽く、
「あんた一回死ねば良いのに」とか言うけどね。
「アホだね~バカだね~」とか言うけどね。
私も同じように言い返されるしな・・・ww

それとこれとは全然違う。
発言の深さが違いすぎる。


ホントに解る。


本当に、悪意のある人と関わってると、
私が凄く落ち込んでしまうし。
本当に、優しい人と関わってると、
私も凄くリラックスできる。


なんだろうな。
人のことを悪くどうこう言ってる時間があるなら・・・。
私はそれを「自分を磨く時間」にしたい。


憎悪にまみれてしまうよりかは。
優しい気持ちでいたい。


だってそう。
本当にもったいない。
本当にもったいないよ。


と言っても。
それを表に出さないように努めてます。
だけど距離は置くようにしてたり。

その子が嫌いだから~とかじゃなくって。
私がすぐにマイナス思考に陥ってしまうから(涙)

もっと私が頑丈なら良いんだけどね・・・。


この記事を読んでるそこの貴方様。
貴方様は絶対に違うから安心しなさいよww(誰を名指しよ)


AD

夜中は辛いよ。

テーマ:

ううん。まだ大丈夫。まだ大丈夫だよ。
そうやって言い聞かせると、本当はどうなのか解らなくなる。
もしかしたら本当に平気なのかもしれないし、
もしかしたら崖っぷちでぶら下がってる感じなのかもしれない。


夜中は苦しいよ。



朝や昼にテンションを上げてがんばってると、
ちょうど家に帰ってくる真夜中ごろから辛くなってくるよ。



本当は(あなたと)誰かと一緒に話したいのにさぁ。
本当は(あなたに)誰かに抱きしめられたいのにさぁ。



・・・。このときの私は、冷静な判断力を失って。

さっき、大好きな人に・・・

一方的だけど愛してる大切な方に喧嘩を売るようなメールを送ってしまった。


返事なんか来なくて良いのに、律儀にくるものだから、
「空元気なメール送ってくんな」って言ってしまったよ。


明日、普通に話せるかなぁ。 
話せなかったらそれはそれでしょうがないよ。
私が悪いんだからさ。


でもさ。でもさ。
・・・。ふざけるなって殴られたいよ。
誰かに私の目を覚ましてほしいよ。



なんで気遣いで距離を置かれるのかな。
何で怒ってくれないのかな。
ねぇ、怒ってくれれば良いのに。 
そんな感情をぶつけてくれればよいのにさ。


ねー。 明日は普通にすごせるかなぁ・・・?
そして・・・。それはいつまで持つのかなぁ・・・?


AD

過去の鬱手紙。

テーマ:

掃除してたら出てきたの。
鬱病の発端になった当時15歳の6月に書いてた手紙。
まだ高校一年の時。

養護の先生にノートに書いて、
読んで貰った私が書いた先生達への手紙。


H15.6.24だなんて日付まで書いてあった(笑)

授業に出れなくなって1ヶ月は経ってたのかな。

その内容って言うのがね。 
・・・ホントに長い手紙で(爆)
どれ書いたら良いのか解らないけども・・・。


「先生達に本当に申し訳ないので、早く早く立ち直りたいと考えて・・・。でも焦ったらまた体調を崩してしまって。なので、先生方には悪いんですけど、『焦らず焦って』いこうと思います。 早く頑張れますように。」

だって。 ・・・。
まぁ、その過去の私に現在の私がやりたい事っていうのが。


バーカ、アーホ!!!」って言って殴ってやりたい(爆)


もうね、凄く必死なのね。その手紙の内容が。
「生き急いでる」みたいな感じ。

ね。私、まだ15歳だったのに(笑)


でもなんだろう。 
「過去の私の方が明らかに大人っぽい。」
っていうか。
「背伸びしすぎ」って感じなのかしら。



「『何かを得て、それを引き換えに何かを失う』ということを、身を持って知った気がします。」

とかね。

「『孤独が嫌だと思ってしまいますが、1人の時にしか見つけられない事だっていっぱいあると思うので、それを見つけていきたい」』

とか。

「誰かを『嫌う』と言うことは、『相手を否定する事』だと思うので、そうしてしまったら『相手の良い部分』も否定してしまう事になってしまう。 だから嫌うことは出来ません。」

とか。そんな事書いて、

先生方に読んで貰ってたのよ。
今になってみれば、


もーちょっと子供らしくしろよ。


みたいな感じよ(笑)
でも、あんな背伸びして書いていたことが、
かえって子供っぽかったのかも知れないなー。



「歳の割にしっかりしすぎじゃない?」とか
「もっと肩の力抜いてみていいのよ」とか
先輩とか、先生方から言われてた事・・・。 

あー。覚えてる。 
あー。何かつじつま合っちゃうわ(涙)


ぬぉーーーーー。
過去の私を崖から突き落としてやりたい!!!(をい)

恥ずかしい!!!私恥ずかしいわ!!!



過去の私へ。


おかげさまで、今の私はとても元気です。
現在の私より、昔のあなたの方がずっと大人っぽいです。
この未来に何が待ち受けているかは解りませんが、
多分どうにか切り抜けられるんじゃないかと思います。
昔のあなたが若い内に沢山苦しんでくれたおかげで、
私は現在と言う時間を、昔のあなたよりずっとノビノビと生きることが出来ています。
どうか安心してください。 

昔のあなたが絶望していた未来は
案外捨てたモノではありませんでした。

どうか現在の私が、

昔の私が
背負っていた、感じていた痛みや悲しみを
忘れてしまうことが無いように祈っていてください。
どうか、昔の私が現在の私へと培ってくれたモノを失うことがありませんように。

AD

突然襲ってくる焦燥感。

テーマ:

私の弱い部分って言うか。どうしようもない部分って言うか。

実は、ほぼ毎日「突然焦燥感に駆られる時間」がある。


もうね、ホントにどうやっても避けられない。何故だか解らないけど、

私はただその時間が耐えるのを待つしかない。


自分がまだまだ自分を上手くコントロール出来てないのが原因かも知れないし、

もしかしたら人間の誰しもが抱く些細な生理現象なのかも知れない。


ただ笑ってるだけなのに、それが嘲笑に見えてしょうがない時があるし、

誰かがイライラしているのを見ると、私のせいなんじゃないかって思ってしまう。


そう、ただの思い込みなの。被害妄想なんだって解ってるけど、

それでも、マイナスに思ってしまう自分がどうしようもなく嫌になる。


でも、私はこうやって生きているし、素敵な人達に囲まれているし。

コレは私のプライドの問題なのかも知れないけど。


「自分に負けそうになる自分は、愚かでしょうがない人間だ」

って思ってしまう。


本当は毎日、鬱が私に手招きしてるし、

その引力がとんでもなく強い日もある。


でもね。だけどね。

私は負けないの。


未来の歓びを見たいから。


でも、やっぱり鬱が手招きしている時間が辛くないって言ったら嘘になる。


ちょっと今日は、

「とんでもなく嬉しい時間」と、「とんでもなく苦しい時間」が同居してて。


どっちなんだろう。どっちなんだろうって感じ。

でも大丈夫。 大丈夫だって思わないとやっていけない。

鬱の部分だ。鬱の部分だ。コレは私の鬱の部分。 だけど、受け止めてあげなきゃ。

私は成長してるのよ。





みんな踊り出す時間だ

待ちきれず今夜 

隠れてた願いがうずきます

みんな盛り上がる時間だ

どうしてだろうか

少しだけ不安が残ります


宇多田ヒカル

traveling





わたしたちはただのきっかけ。

テーマ:

コレはわたしが、深い鬱に悩む女の子に書いたモノだけど、

コレはわたしに向けて書いたモノでもあるし、 

コレを読んでくれたどなたかが 少しでも何かが変わってくれるきっかけになるのなら、

わたしはコレを書いて本当に良かったと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




わたし、もの凄く厳しいことを言うかも知れないけどゴメンナサイ。


わたしは貴方の助けになりたい。 本当になりたい。

わたしがあなたの近くにいるのなら、

わたしはあなたの所へ行き、

救いたいあまりに顔を平手打ちするかもしれない。


でもきっとあなたが変わることが無いのなら、

わたしたちが何を言っても、何をやっても変わらないのでしょう。


わたしは色んな手段を考えてみるけど、

どれもコレも結局は何も変わらないことばかり。


それでもあなたに伝えてみて、

ほんの少しでも何かが変わってくれたのなら 

わたしたちから出来る、それ以上の助けは無いのだと思う。


わたしがあなたが心に描いているような救いを提供することは無理だと思う。

たとえわたしがそれを提供出来たとしても、それは嘘で作り上げられたモノ。

結局は新たな苦しみを導くことになる。


でもわたしたちはあなたの何かが変わってくれる『きっかけ』は作ることが出来ると思う。

0%じゃない限り、どんなに確率が低くても、それが不可能じゃないって信じているから。


でも「きっかけ」は作れても、 「それを掴むかどうか」はあなた次第なの。




だから、誰かに助けてもらおうじゃなくって、自分で自分を救ってあげてください。 

あなたが本当に望む幸せを本当に心から救えるとしたら、あなただけ。あなた自身なの。


幸せの尺度をはかるのはあなた。 苦しみの尺度をはかるのもあなた。


変な表現だけど

わたしたちが「石炭」だとしたら、あなたは「車掌」であり「機関車」なの。

レールを作って何処を進んでいくかもあなた次第なの。


わたしたちはただの「石炭」で、 もしかしたらただの何者でもないかもしれない。

だって本当は、あなたは「自分の足で歩けること」が出来るのだから。そしたら私達は何者でもなくなる。



今は「あなたの足」が「杖」が無いと歩くのが難しいんだったら 


わたしたちが「杖」になる。


でも、「杖」を使っている間に、

「自分だけで歩ける」

って事に気付けたら そうしてほしい。

ずっと「杖」を使っていたら そこから先へはもう行けない気がするから。



だから自分だけで「歩ける力がみなぎったなら」 ぜひそうしてほしい。



気付くのはあなた。 本当にあなただけ。

あなたを救えるとしたらあなただけ。


上手く伝えられなくてごめんなさい。

早く気付いてほしいけど、 そんな急がなくても良い。

あなたのペースで気付けたら 


それがきっと「その時」なのでしょう。




わたしの声は あなたに届いてるでしょうか

今は届いていなくても

わたしは 0%じゃないって信じているから 


わたしはこの声を送り続けます。


勝手なわたしでゴメンなさい。 

でもね、ホントにあなたには幸せになって欲しい。

幸せになって貰わないと わたしはホントに悲しい。 悲しすぎるわ、そんなの。



それだけの苦しみを抱えていたのなら きっと喜びに出逢った時、

それは誰も体験したことのないモノになると思うの。 そう思うから。


どうかどうかあなたが 

自分自身の背中にある翼に気付くことができますように



精神的酷使。

テーマ:

今日ね、私、突然息が出来なくなったの。

学校のLHRが終わって、次の授業が始まる前かな。


グワッて心臓を掴まれた感じでさ。 

そしたら呼吸の仕方が解らなくなって。


でも私落ち着いてた(笑)

恐怖感とかの前に、まずはいつもの席に座ろうって教室に向かってさ。


まぁ、何とか落ち着いて、呼吸出来たんだけどね。



それから、動悸と不整脈(コレって一緒?)が今も続いてる。





身体も心も疲れてる。

そう言うことだよね。


こうなってから気付いたよ。 ・・・情けない。



私は素敵な人達、素敵な仲間に囲まれてるから、

愛情不足だなんて事は無い。



でも、私は愛情不足。




それは何故か。



私自身が、私に愛情を注げていないから。



現在、私は私を虐げているから。

今の私自身が素敵だなんて思えないから。



ばかげてる。 この記事もばかげてる。



ただ、私に「無理するな」 

って言い聞かせるだけで良いのにさ。



ごめんなさい。

強制終了。

自分が「疲れている時」


そう言う時に眠っていると、

金縛りが必ず起きる。

夢なのか現実なのか解らなくて、冷や汗だらけでガバッって起きることが多い。

呼吸が出来なくなって夢が終わる。 気がついて夢だって気付く。 当然カラダはだるい。


ココ最近ずっと毎日金縛り起きてるの。 

辛いって認めたくなくて、それでもカラダは正直に悲鳴を上げている。


だから今は寝るのがたまらなく恐ろしい。 それでも寝るんだけど。


ココ一週間、立て続けに悪い事と良いことが交互に起きる。 

だから、良いことが悪いことに飲み込まれる。 自分がネガティブだって証拠。



勉強が出来ないって悩み出したところからが悪循環の始まりだったかも。


でもね、勉強出来ないって悩んでた時に、自分は職員室で先生に勉強の事を聞いてもらえた。

ブログに弱音書いてる時も、コメント。励まして頂いたし。

そして弱気になってる時に「なってぃ」と語れたし。 夜中にメールで話聴いてもらえるし。


しかも今、一気に3人の友達から長文の励ましのメールが・・・。しかもみんな接点無い人達・・・。

最近ね。ホントに一気に心配事がガツンって襲いかかってきたから、 

どうも対応出来なかったの。

・・・。

何か、この記事書き始めの時、

とてつもない絶望感があったのに、何か軽くなってるわ・・・。



あ。何か、+になってる。 あ。何かプラスになってる。



・・・・。




・・・・。



良かった・・・(涙)



あの頃の私は見えなくなる

テーマ:

Duty

3rd 「Duty」   ayumi hamasaki



自分の心に生まれていた闇と対峙する時に良く聴いていたアルバム。


なんてかっこよく言ってみるけど(笑)


もう消えちゃいたい消えちゃいたいって、自分が鬱病だって病気だと言うことも自認出来なかった頃。

自分でどうすることも出来なかった、心の底からやばかった精神状態の時。

自分の部屋に閉じこもって、部屋のカーテンも閉め切って、

毛布にくるまって大音量で聴いていたアルバム。



自分で、親や周りに「辛くてどうしようもないんです」って気持ち。

そんな気持ちがあったのね。 でもそれも伝える気力も失ってたから。


このアルバムに代弁してもらってたの。 


辛いです。苦しいです。って。 


そんなん不器用すぎるメッセージだったから、家族は誰も理解出来てないだろうね(苦笑)


この浜崎あゆみの「Duty」 自分かなりお世話になりました。SEASONSが入ってるよ。


アユって普通のアルバムで16.17曲入ってるんだけど、 このアルバムは12曲しか入ってないの。

でもね、その1曲1曲が濃いんだよね。 一曲目の歌無しのインストでさえコーラスが頭から離れない。


この頃のアユってどんな感じだったんだろう。本当に知りたい。

多分、途方もなく辛かったんじゃないかなーって思ってるんだけど。(実際そうだったらしいけど)

え、アユってこんなきついこと歌ってたのか!?って思う曲ばっかり。



歌声も、綺麗な声に聞こえて、ズタボロに声を痛めてるの。 ボロボロのアユの歌声。

悲痛なアルバムなの。 悲愴。 何かそんな言葉が似合う感じ。


12曲ある内の最初の半分の曲が全部マイナー調。 



でも7曲目のSURREALから境にどんどん立ち直っていくってストーリー性があるんだよね。

この曲すっごい好きだよ。アユの曲の中でトップに立つよ。 声は枯れてるけど(苦笑)




アユの新曲聴いて。 あー。今はアユそんなに悩んでないのかなって思った。

ソレが良いんだけど。 少し寂しい。(笑) でも良かった。(爆)



あ、このアルバム今聴き返してたら涙腺ゆるんできた(笑)


あー。自分ホントにこの頃辛かったんだな・・・。

 

鬱じゃない・・・×50

テーマ:

あれだよね、連続した文章って気持ち悪いよね。

だから「×50」とかで自分なりに補正かけてみたんだけど、


アホか自分とか思ってん。



自分の中にある、

この怠惰感、ゆるゆる感が嫌で嫌で嫌で。 

くそう。この記事自体クソなんじゃ(あー言葉が悪い)


あーら私ったら今日は少しご機嫌斜めなのかしらオホホホホ (痛いよ私)



という事であらゆる意味で苦しんでる状態です。 

風呂とか入ってみたけどダメだった。


晴れ着をずっと着てるみたいだ・・・。

人は皆優しさに慣れていく。

テーマ:

って歌ってた歌があったんだけど。 思い出せない。

思い出せ~ないよ~♪思い出せ~ないよ~~♪ (BY 椎名林檎 やっつけ仕事)



今日は、ゲイの若者が集うサイトの、お悩み相談掲示板を見ていた。

ココって、某巨大掲示板(自分もそう言うようになったか)の煽りとか~荒らしとかより、

純粋で恐ろしい子達が集まってると思う。 


いや、恐ろしいってわけじゃないや、「黒いところがマジマジと見れる」んだよね。人間のさ。


だから、中傷とかが凄いの。 すっげー恐ろしい。

でも、その中で、真剣に答えてくれる方達もいるから、良かったって思う。


最近、「鬱なんじゃないか」と悩んでいる方がいて、 

結構まいってた様子。


でも、やっぱり鬱ってまだ偏見の固まりが解けてないんだよね。 


凄かった。甘えだとか、ウザい消えろとか。 まぁ意味解らないのだけど(笑)


それでも、やっぱり悪意ある言葉っていうのは傷つくよね。うん。 自分が言われてる訳じゃないのに胃が痛くなった(毒気に当てられてるとでも言うのか。)


凄くきつそうだったから(その方自身がきっとキツイって言うことに気付いてないと思う)


自分も意見を書いてみました。 あのレスは、凄く甘いのかもしれないけど。

自分のレスが少しでもその人の考えの糧になってくれてるなら、ソレが凄く良いかな。


自分だったら、辛い時は、優しい言葉をかけてもらいたい。

そして、その言葉に応えて元気になれる自分になりたい。


少しは近づいてるかな~・・・。


その、鬱病の方が心配です。 はい。 何か、自分に似てるな~って思い込みで・・・(笑)