2010-04-29 20:59:32

2010年第1回タカラガイ拾い

テーマ:日記
Slow Music Life-100429_1132~01.jpg

今年も春の大干潮の季節がやってきた。
本日は長者ヶ崎へ。

天気予報はビミョーだったが、いい感じに晴れ間が!
意気揚々と海岸に降りたが・・・・


なんとまあ、猛烈な強風。

磯場まで進むのに、悪戦苦闘。

足場の悪い岩礁地帯で、少しバランスを崩すと

風で上半身を持っていかれそうになる。

それどころか、一瞬体全体がふわっと宙に浮くかの感覚に襲われる。


ひーひーいいながら、ようやく磯場へ。

しかし、想像どおり、

風で波が上がっているため、思うように潮がひいていない。

そして、雲行きがまた怪しくなった末、

雨がぱらぱらと。(こうなると水面下がよく見えない)


残念な条件にはなってしまったが

本日の成果。

Slow Music Life-100430_1247~010001.jpg

左上より

・ホシキヌタ(磨耗)     ×1

・オミナエシダカラ(磨耗) ×1

・シボリダカラ(磨耗)    ×1

・チャイロキヌタ(磨耗)   ×1

・カミスジダカラ(磨耗)   ×1

左下より

・ハナマルユキダカラ    ×7


綺麗なのは、ハナマルユキの数個体だけー。

あとは表面が磨耗して、鑑賞には適しません・・・(-_-;

ハナマルのほとんどは、タイドプールの中、

ムラサキウニやバフンウニが、体にくっつけていたものだ。

長者ヶ崎ではこれを探すのが簡単。


特筆することとしては、

ようやくホシキヌタの殻壊れてないバージョンに会えたこと。

サイズは37mmとそう大きくないが、今後の採集に弾みがつく。


それから、個人的新種がひとつ。

カミスジダカラだ。

チャイロキヌタだと思って拾ったが、どうもぼんやり横スジが見える。

家に帰ってしっかりと見たら、確かにスジがある。キズではない。

三浦の個体はチャイロキヌタと似ているとのことで、同定。

次は綺麗な個体に会いたいものだ!


このGWは、もう一回チャレンジすることにした!

次回は5月2日。

城ヶ島まで行ったるー。


【参考資料】

葉山しおさい博物館「三浦半島のタカラガイ(1), (2)」


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

爺さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。