2011年03月26日

IELTS Writing 使わないほうがいい表現

テーマ:IELTS Writing
IELTSを勉強中のKennyです。


IELTSライティングで使わないほうがいい表現、というのがたくさんあります。これはIELTSに使わないほうがいいのではなく、アカデミック・ライティングに使わないほうがいいという意味です。


簡単なところで、例えばこれ↓


A lot of people think that XXX

It is said that XXX

It is believed that XXX


アカデミック・ライティングでは客観的(tentative)であることが重視されるので、上記のような表現は使わないほうがいいそうです。


一般的に言われていることや、これは常識として扱ってもいいだろう、ということは、こういう表現でまとめてみるとよいそうです。


It is widely believed that XXX

The notion is widely believed that XXX

It is generally recognised that XXX


などなど。


正直、何が違うのかあんまりはっきりしない気もするけど、そういうことだそうです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Kennyさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「IELTS Writing」 の記事

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。