身体からのサイン

テーマ:
おはようございます。
今日は久しぶりの雨のようですね。
昨日はジメジメしてましたからね。
暑さも一休み。
身体も一休みです。

こういう日はリラックスできる神経が
良く働きます。
「何かボーとしたい」とか
「本でも読みたい」
「映画に行きたい」
など身体や脳を休ませるためのサインがでます。
その時はそのサインに答えて上げてください。

明日からまた元気に過ごせますよ
AD

休日

テーマ:
昨日は下呂までひまわりを見にドライブ



ひまわりの中で妻が作ったおにぎりを食べようと
したのですが、運転途中で子供が寝てしまい
車中でお食事

帰り道は「平成」という道の駅で
子供の食事タイムを兼ねて休憩。

道を挟むと川がありますが
水遊びができる良い場所がありました。

早速子供を水の中へ入れると
喜ぶかと思いきや嫌がります。
何回挑戦しても嫌がるので断念。
どうやら冷たいものに慣れてないみたい・・・

でも水遊びに良い所を見つけました。
近いし、空いてるし、トイレも近いし
食事もできるし、もちろんかき氷もあります

AD

ストレッチの正しい考え方

テーマ:
少しづつですが
良くなってきている方に
私 「ちゃんとストレッチしてる?」
来院者「えっ、痛い時にするものではないんですか?
私「それじゃ、これ以上良くならないよ!
来院者「確かに・・・
とびっくりした答えが返ってきました。

痛い時だけでは、良くなっては悪くなるの
繰り返しです。
痛みを出さない身体をつくらねば本当の回復では
ありません。
その為にも痛みが少ない時こそ回数を増やしたり
痛くて出来なかったストレッチが出来るのであれば
痛みが少なくなって出来る今こそ行いましょう
がんばって続けてね~

AD
ヘルニアは痛み・シビレを伴うことが多いです。
中にはどちらかだけ、という人もみえます。
一番痛い動作や体勢は立つ、歩くでしょうか。
ずっと立っていられない、5分と歩いていられない、
という人は多いと感じています。

皆さんは痛いのが嫌ですね。
よっぽどのMでない限り痛みをこらえきれず
痛みどめを服用します。
そして動きます。仕事します。家事をします。遊びます。

これ、実はとても危険なんです。
ヘルニアはとても単純で
痛い=椎間板が神経を圧迫してる=椎間板が潰されてる
と考える事ができます。

ヘルニアの回復には、第一に安静です。
なぜなら動くと痛いからです。
そして第二に椎間板を広げる事をします。

ほとんどの人は施術中、椎間板を広げてあげると
「気持ち良い~」とか「軽い~」と連呼します。
牽引する圧力で神経を圧迫している椎間板が
形を変えます。その時に神経圧迫から解放され
とても楽な状態になるわけです。

ヘルニアを回復させるには
椎間板を潰してはいけません。
潰すと痛いはずです。
でも皆さんは、やたらと痛み止めやブロック注射で
痛みをごまかして動きます。
身体の防御反応を殺してしまってます。
身体は痛みという感覚をつかって
「もう動かないで!」と必死に叫んでいます。

私が皆さんにお伝えしていることは
昼間は痛みどめを極力服用しないでほしい。
そして、痛くない姿勢や動作を心がける。
夜寝る時には薬を服用してぐっすり安心して休んでください。
これが椎間板を早く回復させるコツのひとつです。








根を張る

テーマ:
「根を張る」を辞書で調べると
【深く広がって、動かしがたいものになる。】とあるけど
僕の今の状況は少し違う。
どちらかというと
「腰を落ち着ける」に近い。
【ある場所に落ち着く。安住する。】
でも、こんな一休み的な気持ちではなく
これからがスタートであり、家族を守っていかなきゃいけない。

そう、新しい土地に芽が生えたように
そしてこの芽がどんどん成長していき
やがて大きな立派な樹木になるような
そんなイメージが今の私にはある。


「芽」の画像検索結果

根をしっかりと張って大地を
掴み家族を支えていきます。


今年10月頃には新しい「みのかも快福堂」が
できます。みなさん宜しくお願いします。