まずは


◇ 健康的な生活

朝5時起床

体操 運動 ジョギング

昼食用のお弁当を作る
 
6時 朝食 抜くのもOK

7時 出勤 仕事の準備

8時 始業

   仕事

12時 昼食 自然食品が多く野菜中心の低カロリー食

13時 午後の仕事


17時 終業

18時 帰宅

食事準備

18時30分 夕食 和食 低カロリーな玄米菜食

家事炊事(掃除、洗濯、料理)

20時 入浴

21時 運動

22時 趣味 娯楽

23時 睡眠


休日は週休2日制

家族サービスで旅行や遊園地で遊んでリフレッシュ






もう1日は友人仲間と釣りやゴルフで楽しむ


こんな生活ができれば健康に生活できそうです。





しかし現実は


◆ 不健康な生活


朝7時00分 ギリギリまで寝て起床

      朝食抜き

朝8時 寝ぼけながら出勤 しばしば遅刻

12時30分 仕事がずれ込んで外食 ファーストフード、油もの、味の濃いもの 

     30分以内で食事を済ます、もしくは昼食抜き 

     食後の休憩もなしで仕事

    休憩なしでひたすら残業

22時  終業 ※遅ければ24時 最悪は徹夜

23時  帰宅

    家事(洗濯) コンビニ弁当もしくは24時間スーパーの惣菜弁当

24時  時間に余裕があれば入浴 ※ほとんどシャワー 最悪は無し

1時から2時 睡眠


休みは週休1日 ※求人など対外的には週休2日

その休日も月末と新年から年度末は出勤が多い

半日出勤や全日出勤


やっと取れた休日は接待や上司のお供で運転手と荷物持ちのゴルフや釣り

完全休日が取れても疲れが溜まって1日中寝ているかダラダラ過ごす。


後者はほぼ確実に体を壊します。

ちなみに後者は私が約20年前に難病 UC・潰瘍性大腸炎を発病した時の状況です。


掃除、洗濯が不完全で家もホコリまみれでした。

また食生活は最悪で外食かお弁当です。


特にお弁当は夕方4時ぐらいに作られた保存料、添加物、化学調味料まみれで

酸化した高カロリーなフライもの弁当ばかり。


ストレスからよくケーキ、チョコレート、お菓子も食べていました。


今、思い出しても最悪な生活習慣でした。


21歳から営業畑の仕事ばかりして約10年間不健康な生活を続けていた結果が

潰瘍性大腸炎発病でした。


21歳から30歳は若くて一番元気な時だったので潰瘍性大腸炎で

すんだのでしょう。


40歳以上でこの生活なら三大成人病:「ガン」「心臓疾患“心筋梗塞”」「脳血管疾患“脳梗塞”」や生活習慣病:糖尿病、高血圧、脳卒中、心臓病、脂質異常症、肥満“メタボリック症候群”で重症化ってところです。


30歳前半で健康管理に気付けたのも不幸中の幸い 

ある意味、運が良かったと思っています。


今現在、潰瘍性大腸炎は全く症状もなく治療もしていない根治 完治状態なので

ある意味、健康オタクで健康体になれたキッカケであり感謝してもいいかも知れません。





本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
AD