朝の目覚め

 

朝、スッキリ目が覚めなくて1日中ダルい…
午前中の仕事や勉強がはかどらない…
という方、現代人には多いかと思います。

20~50代のであれば7~8時間ほどの睡眠は必須。
それから朝日をしっかりと浴びて体内時計の調整をすることも大事です。
 

あとは栄養不足で起きられないということもあります。
体の中にミネラルがたっぷりとある人は

朝もスッキリと目覚めることが出来ますよ。

こんなレビューもあります。
朝の目覚めのあまりの違いにビックリです

 

 

■陰陽五行に基づいた栄養学をお伝えしています■

・現在、体調が優れない方

・家族に調子の悪い方いる方

・将来の健康に不安がある方

・いつまでも若く健康で長生きしたい方

古来より広く親しまれている
『陰陽五行の栄養学』を身につけて
病気から身を守ってくださいね!

陰陽五行の栄養学

 

 

AD

認知症予防にカレー?

テーマ:

 

たけしの家庭の医学で認知症予防に
“カレー”に含まれるターメリックが効果が高いと紹介されていました。

ボケないためには、適度に刺激が必用なのでしょうか。

辛いものが苦手な人には、プラズマローゲンというサプリがオススメですね。

プラズマローゲンにもターメリックと同じようにアミロイドβタンパク質沈着抑制が期待出来ますからね。

しっかりとした栄養と適度な運動をすることで、認知症になりにくい体を作ることが出来るはずです。

 

 

■陰陽五行に基づいた栄養学をお伝えしています■

・現在、体調が優れない方

・家族に調子の悪い方いる方

・将来の健康に不安がある方

・いつまでも若く健康で長生きしたい方

古来より広く親しまれている
『陰陽五行の栄養学』を身につけて
病気から身を守ってくださいね!

陰陽五行の栄養学

 

 

AD

 

太りやすい人と痩せてる人の大きな違いは腸内環境の差だそうです。

腸内に“痩せ菌”が多い方はスリムな体型を維持出来ているので
ダイエットのコツは腸内環境の改善が鍵となっています。

痩せ菌を増やすコツは、まずは腸内細菌のエサになる食物繊維を
たくさん取ること。
それには「らっきょう」がオススメ。

それから「なめこ」にも水溶性食物繊維が多く含まれているので
これもオススメです。

詳しくはこちらから
腸内細菌をコントロールしてやせ菌を増やす方法

 

 

■陰陽五行に基づいた栄養学をお伝えしています■

・現在、体調が優れない方

・家族に調子の悪い方いる方

・将来の健康に不安がある方

・いつまでも若く健康で長生きしたい方

古来より広く親しまれている
『陰陽五行の栄養学』を身につけて
病気から身を守ってくださいね!

陰陽五行の栄養学

 

 

AD