人に言えない「生理前・生理中のつらい・しんどい」が楽になる♪めぐみの簡単おうちケア

看護師・保健師のめぐみが生理前・生理中の吐き気・眠気・だるさ・落ち込み・イライラ・生理痛などの症状を
自分で簡単にやわらげるおうちケアを紹介!
月間アクセス87万達成!
あなたの体が少しでも楽になってハッピーな気持ちで過ごせるようになりますように


テーマ:
保健師のめぐみです。



本日2つ目のお返事です。



40代前半の女性から


「生理が終わった2日後、
下腹部痛が起こりました。


激痛まではいかないけれど、痛みで眠れない、食事もあまりできない状態で、痛みは持続的です。

お尻の方に突き抜けるような痛みもありました。


痛みが続いて治まらないので、婦人科へ行きこれといったものがなく、原因がわからないようで、
先生からは、ロキソニンで対応して様子を見てといわれました。」



というメッセージをいただきました。



『めぐみ先生こんにちは。色々調べていてたまたま辿り着きました。

現在4●歳、これまで婦人科系疾患はありません。


生理周期はだいたい26~29日です。


7/●現在、生理1日目。
生理痛は、昔はひどく薬を飲まないと生活できませんでしたが、
ここ数年は、薬を使わず過ごせることが多くなっていました。


ところが、前々回(5/●ー5日間)の生理が終わった2日後、
5/●ー5日間に下腹部痛が起こりました。


激痛まではいかないけれど、痛みで眠れない、食事もあまりできない状態で、痛みは持続的です。

お尻の方に突き抜けるような痛みもありました。


痛みが続いて治まらないので、5/●に婦人科へ行きました。
内診、エコー、尿検査、検便をしましたが、
これといったものがなく、原因がわからないようで、
先生からは、ロキソニンで対応して様子を見てといわれました。


話の最中先生から出たそれらしい言葉は、
「子宮が多少前屈気味」「子宮内膜症の様なのも見えはするけど」の二つだけです。


前回の生理(6/●ー5日間)の時は、
前か後か忘れてしまいましたが、
膀胱炎の時のような違和感はありましたが、ロキソニンを使うほどの痛みはありませんでした。


そして今回の生理(7/●~)の3日前から毎日下腹部に激痛がしています。

痛みは持続的で、10代の頃の生理痛のような、
痛いと叫びながらのたうちまわりたくなるような痛みです。


ロキソニンの効きも悪く、飲んでも効くのは数時間後です。

痛みで全く仕事に集中できません。


そして、今回はハッキリ排尿痛があります。

「生理前、下腹部痛、排尿痛」で検索をして、先生の悩み相談のひとつに辿り着きました。


その方(中学生)は軽度のようですが、私もその方と同じ状態なのでしょうか?


もう一度別な婦人科を受診すべきでしょうか?


お返事お待ちしております。
宜しくお願いします。』



生理が終わったあとに


「激痛まではいかないけれど、痛みで眠れない、食事もあまりできない状態で、痛みは持続的
お尻の方に突き抜けるような痛み」


が5日も続いたのはびっくりしたでしょう。


メッセージを読んでいて
痛々しさが伝わってきました。



7月の生理のときも激痛で排尿痛もあれば
病院で原因がわからないといわれただけに心配ですよね。




お返事が遅くなってしまいましたが、
その後、痛みはどうですか?



私は医師ではないので
診察ができるわけではありませんから
病気かどうかの断定はできませんが、


私の実体験からお伝えすると、


生理中や生理後に眠れないほどの痛みが持続し、
お尻の方に突き抜けるような痛みが出るのは、


お腹を切る手術や子宮内膜症があると起きてくる
癒着があるとよく出る痛みだと私は思います。



お腹の手術をしたことがなければ、
軽度の子宮内膜症がお尻のあたりにできていて

生理と連動して癒着の痛みが出るパターンではないかなと思いました。



あなたが行った婦人科では


「話の最中先生から出たそれらしい言葉は、
「子宮が多少前屈気味」「子宮内膜症の様なのも見えはするけど」の二つだけ

これといったものがなく、原因がわからないようで、
先生からは、ロキソニンで対応して様子を見てといわれました。」


ということだったので、


「子宮内膜症のようなものが見えはする」


ということなら、



あなたの生理中や生理後の痛みは

40代という年齢的に老化と運動不足で腸が落ちてきていて、
子宮内膜症の部分を腸が圧迫しているためにおきている痛み



ではないかと思いました。



子宮内膜症は子宮の病気ではなく、

子宮の内膜に似た細胞が子宮以外の場所、

腸や卵巣、腹膜にできて
できた場所に癒着が起きやすくなる病気です。



私は20代の頃に子宮内膜症だと言われ、
そのときにすでに直腸のあたりと卵巣に子宮内膜症ができていて癒着もありました。




子宮内膜症といってもほんの小さなものだと
内診や超音波検査をしても見つけにくいので
どのお医者さんでも小さな子宮内膜症を見つけられるわけではないですから、

見落とすことがあります。




あなたが当たった先生の場合は

「子宮内膜症のようなものが見えはする」



というふうに、子宮内膜症かもしれないものを見つけてはいるので


私は、

その子宮内膜症の部分と運動不足による腸の落下
いきなり痛みが出るようになったのではないかと思いました。



これは、私も同じように腸の落下で
癒着の部分を圧迫し痛みが出ていた実体験からくる推測です。



ご質問の


「もう一度別な婦人科を受診すべきでしょうか?」


については、


子宮内膜症があるかどうかの診察は
ほかの病院でもしてもらったほうがいいと思いました。




ただ、病院では子宮内膜症があるかどうかの診察はできても、
子宮内膜症の癒着の部分を落下した腸が圧迫しているかどうかまではわからないでしょう。


MRIをとってもわかるかどうか…



なので、子宮内膜症があるとわかったとしても、
最初の病院のように

「これといった原因は見つからない」と言われてしまう可能性は高いですし、


先生ができることは痛み止めを出すくらいなので
それ以上のことをしてもらえる可能性は低いと思います。



私もあなたと同じ痛みで悩みましたが、
痛み止めを出す以外で
痛みをどうにかできるようなことをしてくれた病院はありませんでした。






運動不足になると腸が落下して子宮や卵巣を圧迫するって知っていますか?




腸が落下するイメージ







腸のレントレゲンをたくさん撮っている
腸の専門医である水上健先生の本には、


上の写真のように、
腸が下に落ちている人のレントゲンがたくさん載っていて、


水上先生のお話では、
日本人の80%は腸がねじれていたり下に落ちているのだそうです。



おへそをさわると骨がないですよね?



骨のイラストを見てもわかりますよね





胸には大事な心臓や肺を守る肋骨がありますが、
おへその下には骨がないため、

腸は骨で支えられていません。


腸を支えているのは骨ではなく、腹筋だって知っていましたか?





ところが、

運動不足で腹筋が弱っていると、腸を支えられないので
腸が下に落ちてしまいます。



あなたは昼間、座りっぱなし、立ちっぱなしなど同じ姿勢でいることが多いですか?






同じ姿勢で過ごしていることが多いと、
腹筋が動かないので腸を支えられずに下に落ちてしまい、

軽い子宮内膜症しかなくても、
癒着の部分を圧迫してしまって


◎生理中や生理後にかけて眠れないくらいの痛みが出る
◎排尿痛が出る
◎排便痛が出る


といった症状が出やすいです。



私は30代になったらこれらの症状が
生理3日目から排卵が終わるまで10日間近くも出るようになり、


「痛くて眠れない…」

というのが1週間も続くのでノイローゼになりそうでした…



でも、病院に行っても
「とくに悪いところはない」


と言われてしまうのです…



癒着の痛みには痛み止めをのんでもほとんど効かないので
生理がくるたびに、癒着の痛みで眠れない日々が続き、
夜中に痛すぎてよく泣いていました。


痛みがだんだんひどくなり、
辛くてしょうがないので、

保険がきかない高い漢方をのんだり、
サプリメントを試したり、

マッサージや気功や整体など、
いろんなところに通いましたが、

施術をしてもらっているその場では
痛みがよくなっても、

何日かするとまた癒着の痛みが出て眠れない…


ということを繰り返すだけで、
お金はかかるけれども根本的に癒着の痛みを治すことができずにいました。



「このまま一生、癒着の痛みでねむれない日々を繰り返すのかな…」


と思ったら、自分の人生の未来がすごくくすんで
希望がないように思えました…





そんなとき、


2万人以上の女性の整体をしてきて
雑誌にもよくとりあげられている

整体トレーナーの奥谷まゆみ先生が主催する
「きらくかん」(東京)へ行きました。

クローバーきらくかん

http://www.kiraku-kan.com/top.html



きらくかんは、
体の観察をして、

悩んでいる症状が出ないようにするための
体操などを教えてくれるところです。


自分で痛みを治すための体操や姿勢などを教えてくれます。


東京へ行けそうなら、
「きらくかん」に行くことをおすすめします。



奥谷まゆみ先生に
私の体をみてもらったところ、


お腹の筋力が落ちてて、
腸がゴッソリ下の方に落ちちゃっているね。


癒着の部分を下に落ちた腸が
つぶして圧迫している状態だから痛みが出ているんだと思うよ。

腸が上に上がるように
腸を支えている筋力をつけていきましょう!」


と、教えてくださいました。


私はまさか35才で
腸がゴッソリ下に落ちているなんて思っていなかったので

めちゃくちゃショックでした…


腸が下に落ちるイメージ






思えば、

私はデスクワークで座ってばかり、
通勤も車で座っていて歩きません…

もともと運動ギライで、
休みの日もイスに座ってダラダラ…


まったく運動していなかったのですから、
お腹の筋力が育つわけがなかったのです…


しかも猫背でかかと浮く姿勢だったので
さらに癒着を圧迫するようなことしていました。


「こんな生活してたら、お腹の筋力も落ちて癒着の部分も圧迫されちゃうよね。

私の体さん、ごめんね」


と、体にあやまりたくなりました。





そして、きらくかんでお腹の筋力をつける体操と
癒着を圧迫しないための姿勢を教わっていたら…


きらくかんで

体操をしている最中から

癒着の痛みがスーっと消えてびっくりしました。


お腹をあたためても
痛み止めをのんでもまったく変わらなかったのに

15分くらい体操をしただけで痛みが消えるなんてすごい!!



お腹の筋力が弱らないように体操するってすっごく大事なんだ!!


と、とても感動しました。



あなたはどう思いますか?



癒着の痛みは一時的にやわらげてくれるような
整体などもあります。


ですが、ふだんの自分の生活が癒着の痛みをひどくしやすい姿勢や運動不足だと、

また癒着の痛みはぶり返してしまって、

いつまでも痛みに苦しむことになります。



私は7年以上もお金をつぎこみながら、
自分の生活を見直すこともなく、何度も痛みをぶり返したので、

いかに生活の仕方を変えることが大事か骨身にしみました。


もう一度聞きます。



あなたは学生のころより運動不足なっていませんか?




あなたは、ふだんの姿勢で背中がまるまっていたり、かかとが浮いていたりしますか?




心当たりがあれば、その生活を見直すことが

癒着の痛みをよくする近道です。



私が教わった、お腹の筋力をつける体操と、

しびれが出ている左足の血流をよくする為の体操をお伝えしますので、


本気で「痛みから解放されたい!!」

という気持ちがあればやってみてください。



クローバーイスに座ってねじりのびのび~

(1)イスに座って、足の裏が床につくように座り、膝は手のこぶし大くらい開いておく


あまり後ろに腰掛けない方が足の裏はぴったりつきます。



(2)両手を頭の後ろで組んで、肘をなるべく高くしてうしろにおもいきり開く





(3)肘が開いたままをキープしながら、足の位置はズレないよう、頭と胸の位置が同じになるように、ゆっくり右側に上半身だけひねる



ポイントは、足の位置は変えないようにすることと、

ひねるときに、頭だけおもいきりひねらないように、
胸と頭の位置が一直線をキープしながら
ひねります。

こうすると、ひねるといっても、あまりおもいきりひねることはできませんが、それでOKです。

頭だけおもいきりひねると、
胸まわりをひねっていない
ため、

頭と胸が一直線の状態をキープしながらゆっくりひねりましょう。

ひねられるところまでひねったら、ゆっくり正面に戻ります。

(4)左側も同じように、足の位置はズレないよう、頭と胸の位置が同じになるように、ゆっくり上半身だけひねる




戻るときはゆっくり戻りましょう。

(5)(3)と(4)を3~5回繰り返す




これだけです。

座ったままできるので簡単ですよね。


やってみると意外とキツイ動きで、
お腹まわりをひねって動かしているなぁという感じがいます。


ちょっとした合間に、1・2回でもできますから、1日何回でもやってみましょう。


私は電子レンジを1分待つ間に座りながらやったりすることもありますし、パソコンが起動する合間にやったりもします。

やっておくと、腸が冷えずに、お腹がパンパンにならないので、うれしくてやっています。



癒着の痛みが楽になるための座り方については、

奥谷先生が出している座り方の本がとっても役立ちます。

Dr.クロワッサン 座り方を変えるだけで、不調は治る! (マガジンハウスムック Dr.クロワッサン)/マガジンハウス

¥810
Amazon.co.jp




あなたの痛みが楽になって気持ちよく過ごせますように。







めぐみ





メッセージについては、ブログのトップページに案内を書いていますので、注意事項と一緒に確認してください。


メッセージをいただいた場合は、注意事項等もお読みいただいたものとしてブログで取り上げます。


メッセージの数が多いため、毎日最新のコメントをチェックしていませんから、「今日すぐに返事がほしい」とあっても、すぐにはお返事できないことをご了承ください。


どうしても心配なときはあなた自身が「すぐに」行動して病院に行ってくださいね







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

生理のお悩みアドバイザーめぐみ(看護師・保健師)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。