2012年07月02日

無酸素運動と有酸素運動、両方やるなら順番はどちらが先が良いか?

テーマ:運動療法

スポーツジムに行き、まずジョギングマシーンで汗を流してから筋トレをやるか、筋トレをやってからジョギングマシーンへ行くか。どちらが良いだろうか。


もし健康な人や2型糖尿病の人が体重の減量を目的としてやるなら、筋トレ→有酸素運動が良いようだ。

筋トレをやると血中GHレベルが上昇する。無酸素運動→乳酸生成→GH分泌促進→筋肉生成・脂肪分解へ。GHレベルが高いとブドウ糖より先に脂肪が消費されやすくなる(文献1)。その状態で有酸素運動をやるとより効率よく脂肪が燃焼する。


1型糖尿病でも、先に筋トレをやった方が運動後の低血糖が減り良いようだ。12人の1型DM(平均年齢32歳)の方に、45分ずつレジスタンス運動と有酸素運動をしてもらう。やる順番が血糖値に与える影響を調べた。すると、運動後の低血糖の持続時間や重症度は有酸素運動を先にやった方が大きかった(文献2)。考察には、GH以外にカテコラミン関与の可能性が書かれていた。


文献1:Med Sci Sports Exerc 39:308-315, 2007


文献2:Diabetes Care 35:669-675, 2012

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年11月27日

無酸素運動は高齢糖尿病にお勧め、若い人には?

テーマ:運動療法

糖尿病の運動療法には有酸素運動と無酸素運動がある。


1日1万歩あるきましょうという指導などは有酸素運動を推奨しているわけだが、無酸素運動(筋トレ)はどうなのだろうか。


加齢に伴う筋萎縮防止のために、無酸素運動は高齢者では推奨されている(文献1、2、3)。

文献1、2は日本の運動療法の第一人者である佐藤祐造先生の教室から日本老年医学会の英文誌に報告されたもの。


比較的若い世代における無酸素運動の有用性はどうなのだろうか。


1) Effects of aerobic and resistance exercise training on insulin action in the elderly. Kitamura I et al. Geriatr Gerontol Int 3:50-55, 2003

2) Effects of home-based combined resistance training and walking on metabolic profiles in elderly Japanese. Tokudome M et al. Geriatr Gerantol Int 4:157-162, 2004

3) Effects of exercise modality on insulin resistance and functional limitation in older adults: A randomized controlled trial. Davidson LE et al. Arch Intern Med 169:122-131, 2009

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月17日

運動療法は歩行で十分か

テーマ:運動療法
 アメリカで閉経後の女性約7万人を約3年間追跡したところ、心筋梗塞や脳卒中などの動脈硬化性疾患に対する予防効果は、歩行でも激しい運動でも同程度だったとする報告があります。やや早足程度でのウォーキングを毎日20分間、あるいはそれに相当する運動量を、日常の生活動作に加えて毎日実行すると、糖尿病患者では心筋梗塞のリスクが30%減るという報告もあります。勿論激しい運動でも動脈硬化を予防する効果はあるのですが、歩行でも十分な効果が得られるようです。

論文;Manson JE, et al. Walking Compared with Vigorous Exercise for the Prevention of Cardiovascular Events in Women. N Engl J Med 2002; 347
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。