フレンチブルドッグと一緒にダイエットをする方法

少しずつ体力の低下を感じるフレンチブルドッグ愛好家に送る無理のない運動やダイエット方法、
食生活からサプリメントまで気楽に思いつくまま綴るブログです。
人と犬両方が健康でこそはじめて幸せな関係になります。

こんにちは、「ダイエット中のレッド」です。

レッドというのは初めて飼ったフレンチブルドッグがレッドフォーン(フォーンのやや赤みがかった色)で、もう亡くなりましたが哀悼の意味もあって私のネームにしました。

子供のころから常に身近に犬がいました。雑種から始まって和犬、洋犬いろいろ飼いましたが、フレンチブルドッグの虜になってからは一途で、多少の増減がありましたが今は、ブリンドル、パイド、フォーン2頭の計4頭に収まっています。


今まで皆さん何回もダイエットに挑戦されてうまくいきましたか?ほとんどの人は途中で挫折したり、一時的にうまくいってもリバウンドでもとよりひどくなったり・・・と思います。



diet



わたしはそんな皆さんを笑うことはできません。なぜなら私自身が失敗の連続を経験してきたからです。

ダイエットは独りでやると挫折しやすいです。自分との戦いは本当につらいものです。他人に今ダイエットでがんばってる、なんて言えません。失敗がばれたら笑い者です。

私がダイエットに挑戦してまがりなりにも結果を出せたのは、途中何度もくじけましたが、一緒に応援してくれる、実際にはそう思い込んだけですが、相棒がいたからです。

それが我が家のフレブルカルテットです。どんな時も彼らは応援してくれました、はずです。邪魔はしませんでした、はずです。

今日やったこと、明日からの予定、くじけそうになった理由、泣き言・・・何でも彼らに話しかけました。何でも聞いてくれた、と思ってます。

フレブルと相談しながら取り組んでいくうちに新しい気持ちが湧いてきました。それは、ただ痩せることだけを目標とするのではなく、いやそれ以上に大切なこと、「健康であり続けること」にウエイトが変わって行ったんです。



four2



健康でないとブヒ(フレブル)と散歩もできません。もし私に何かあったら誰がこの子たちの面倒を見るのか・・・不安はつのります。

フレブルの飼い主ならご存知のとおり、フレブルは顔に似合わず非常にデリケートで、ちょっとしたことですぐ体調を崩します。獣医通いは常です。

フレブルもあまり太ると腰や関節に負担がかかり故障や病気のもとです。

つまり私かフレブルか、どちらか一方が体調を崩すと、一転して我が家の生活は暗黒の道を歩むことになるのです。

そこでこのブログを立ち上げることにしました。

飼い主である人間と、フレンチブルドッグの両方がいつまでも元気で、適度にシェイプアップが出来るにはどんな食生活をして、どんなサプリメントを取って、どんな運動をすればいいか、気持ちよく散歩するにはどうすればいいか、などなど思いついたままに書いていこうと思います。

どうぞよろしくお願いします。

ダイエットサプリメントはこちらから

フレンチブルドッグ用サプリメントはこちらから

ダイエット生活リズムはこちらから

季節ものはこちらから

テーマ:

ペットの老々介護問題を考える②。今のうちにやっておくこと。 の続き

 

お久しぶりです。

 

春になり、絶好の散歩日和が続いていますね。

 

月日の経つのは早いものです。

 

ほんのちょっと前まで我が家のブヒどもに服を着せて出てたのに、今では散歩の途中で水を欲しがり、帰ると冷えた床を探して、べたーと腹を冷やしています。

 

気が付いたら、フレブルにとって「魔の季節」と呼ばれる、湿度が高くて暑くなる梅雨から夏が迫ってきています。

 

アリとキリギリスの話じゃありませんが、スムーズなブヒ飼いのコツは、早め早めの季節対策ですね。

 

 

ブヒと楽しく散歩をするために

 

もちろん散歩は犬のためだけではありません。

 

新緑の季節、美味しい空気を吸いながら、飼い主も散歩を楽しみましょう。

 

愛犬と歩くのは、朝の通勤で歩くのとは気分が違います。

 

私は空気の匂いを感じながら歩きます。

 

ささやかな至福の時でもあります。

 

 

 

でも、どうしても克服できてないことがあります。

 

以前も書いたのですが、いまだに解決してない問題があります。

 

それは・・・

 

ブヒとの散歩ファッションです。

 

何度もトライしました。

 

生地や色は何がベストなのか、どう着こなせばブヒとのバランスがとれるのか。

 

そう、愛犬はブヒなのです。フレンチブルドッグなのです。

 

フレブルを飼う人は、フレブルそのものの魅力にひかれて飼う人がほとんどで、価格で飼っている人は少ないと思います。

 

でも本人はそう思ってなくても、世間では「セレブ犬」の仲間に入るようです。

 

私が買い始めたころも決して安くはなかったのですが、最近は一段と価格が高騰しているとも聞いています。

 

もっとも我が家では「買う」より「産んで」家族を増やす傾向にありますが。(⌒▽⌒)

 

そのフレブルのようなブサカワ系は、常に小ぎれいにしてやらないと、汚くしてると落ちるところまで落ちかねません。

 

飼い主が汚い恰好をしては、ブヒがかわいそうです。

 

 

 

ならばどうするか。

 

以前の記事でも、毛が付きにくくて、付いても目立たなくて、汚れも落としやすい服を探していました。

 

その後も情報の収集に余念がなく、つねにアンテナを張っています。

 

にもかかわらず、

 

どうしたものか・・・・

 

進歩がありません。

 

 

どうしてかというと、ネットで探す場合、インスタでもそうなんですけど、フォーカスは「愛犬」であり、犬しか写ってません。

 

室内で小型犬を抱いている写真はあっても、散歩となるとこれがなかなか。

 

みなさん、自分のファッションに自信がないのか、出たくないのか。

 

かく言う私も表には出ません。恥ずかしくてとんでもないです!(;^_^A

 

写真を撮っても、つま先がちょこっと写ってるだけで、問答無用にカットです。

 

完全に自意識過剰です。グラサン

 

 

「 B U H I 」に出てくる飼い主さんたちは上手に着こなしておられますね。

 

愛犬とのマッチングも見事です。

 

でも、それを自分に取り入れようとすると、したこともあるんですが、なかなかしっくりいかないことが多かったです。

 

 

ブヒ会に積極的に出てみるのもアリなのですが、距離が遠くてスケジュールがかみ合わないし。

 

それに服装より車に目が行ってしまうし。 *参考:フレブル多頭飼いの人向けのクルマ選び

 

 

犬そのもののファッションなら感覚はつかめます。

 

首輪からリード、雨具までイメージをつかめます。

 

それが飼い主になると。

 

 

一時、シャカシャカジャージ(ナイロン系で、着るとシャカシャカ音のするタイプ)の上下で散歩に出てました。

 

毛はつかないし、軽いし、気に入ってました。

 

ところがある日、プードルを連れたスキンヘッドで、サングラスをかけたおじさんとすれ違いました。

 

そのおじさんが着てたのが、同じ色のシャカシャカジャージでした。

 

その日以来、ブヒの散歩にシャカシャカジャージは着ていません。

 

そのおじさんは悪くありません(悪い人かどうかは知りませんが)。

 

そのおじさんに罪はありません(前がある人かどうか知りませんが)。

 

でも、私の頭の中で、シャカシャカジャージは完全にレッドカードとなりました。

 

 

ハリウッドスターが犬を連れて歩く写真を見ても、もとの体型と顔が違いすぎて参考にならず。

 

着ているものの価格も違うんでしょうし。

 

 

今年こそは、ブヒが映えるような、「絵になる」服装を身に付けようと誓ったのですが。

 

今日も、洗い立てのくせに毛が付いたソックスと、洗い立てのくせに毛が付いたズボンと、ソフランを多めに入れたのに匂いの取れない上着を着て散歩に出かけるのであります。

 

 

 

忘れてはいけません。

 

このブログのタイトルのように、まず服が似合うような体型をつくるべきなんです。

 

体型が悪ければ、どんな服を着ても、ブヒたちと歩いてる姿が様になりません。

 

これから薄着の季節が来る前に、心して生活していく所存であります。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。