フレンチブルドッグと一緒にダイエットをする方法

少しずつ体力の低下を感じるフレンチブルドッグ愛好家に送る無理のない運動やダイエット方法、
食生活からサプリメントまで気楽に思いつくまま綴るブログです。
人と犬両方が健康でこそはじめて幸せな関係になります。

こんにちは、「ダイエット中のレッド」です。

レッドというのは初めて飼ったフレンチブルドッグがレッドフォーン(フォーンのやや赤みがかった色)で、もう亡くなりましたが哀悼の意味もあって私のネームにしました。

子供のころから常に身近に犬がいました。雑種から始まって和犬、洋犬いろいろ飼いましたが、フレンチブルドッグの虜になってからは一途で、多少の増減がありましたが今は、ブリンドル、パイド、フォーン2頭の計4頭に収まっています。


今まで皆さん何回もダイエットに挑戦されてうまくいきましたか?ほとんどの人は途中で挫折したり、一時的にうまくいってもリバウンドでもとよりひどくなったり・・・と思います。



diet



わたしはそんな皆さんを笑うことはできません。なぜなら私自身が失敗の連続を経験してきたからです。

ダイエットは独りでやると挫折しやすいです。自分との戦いは本当につらいものです。他人に今ダイエットでがんばってる、なんて言えません。失敗がばれたら笑い者です。

私がダイエットに挑戦してまがりなりにも結果を出せたのは、途中何度もくじけましたが、一緒に応援してくれる、実際にはそう思い込んだけですが、相棒がいたからです。

それが我が家のフレブルカルテットです。どんな時も彼らは応援してくれました、はずです。邪魔はしませんでした、はずです。

今日やったこと、明日からの予定、くじけそうになった理由、泣き言・・・何でも彼らに話しかけました。何でも聞いてくれた、と思ってます。

フレブルと相談しながら取り組んでいくうちに新しい気持ちが湧いてきました。それは、ただ痩せることだけを目標とするのではなく、いやそれ以上に大切なこと、「健康であり続けること」にウエイトが変わって行ったんです。



four2



健康でないとブヒ(フレブル)と散歩もできません。もし私に何かあったら誰がこの子たちの面倒を見るのか・・・不安はつのります。

フレブルの飼い主ならご存知のとおり、フレブルは顔に似合わず非常にデリケートで、ちょっとしたことですぐ体調を崩します。獣医通いは常です。

フレブルもあまり太ると腰や関節に負担がかかり故障や病気のもとです。

つまり私かフレブルか、どちらか一方が体調を崩すと、一転して我が家の生活は暗黒の道を歩むことになるのです。

そこでこのブログを立ち上げることにしました。

飼い主である人間と、フレンチブルドッグの両方がいつまでも元気で、適度にシェイプアップが出来るにはどんな食生活をして、どんなサプリメントを取って、どんな運動をすればいいか、気持ちよく散歩するにはどうすればいいか、などなど思いついたままに書いていこうと思います。

どうぞよろしくお願いします。

ダイエットサプリメントはこちらから

フレンチブルドッグ用サプリメントはこちらから

ダイエット生活リズムはこちらから

季節ものはこちらから

テーマ:

フレンチブルドッグを飼う宿命か。新年早々に・・・ の続き

 

このサイトでも以前ペットの老老介護問題について書きました。

以前の記事はこちら

 

 

そんなことはずっと先のことだと思うのは簡単ですが、このままいけば、いつかやってきます。

 

「人生フレブル命」をモットーの私にはブヒと離れる生活など考えられず、死ぬまで横にはブヒのいる生活を間違いなくするでしょう。

 

すると、今は良いですが、今後、私の体は衰えていきます。

 

これは生きとし生けるものなら避けられない宿命です。

 

いつか来るんです。

 

足腰の立たなくなった犬を同じく足腰の立たなくなった飼い主が世話をするのは、想像しただけで鳥肌ものです。

 

そのとき愛犬を「老犬ホーム」に預けるだけの財力があればいいのですが、もしも人間が生きていくだけで精一杯の生活状態なら、悲惨です。

 

誰かに引き取ってもらったり、ましてや山に置いていくなんて、死んでもできません。

 

それぐらいなら、いっそのこと俺の体を食べて生き残ってくれ、と言うかも。

 

実際、タイで、飼い主(お坊さんだったような記憶です)が家で倒れて亡くなって、誰にも気づかれずに数日たった後、発見されたときには、頬っぺたのあたりの肉が無くなって骨が見えており、家の中にいた数匹の飼い犬は元気だったというニュースを見ました。

 

おそらく、倒れてすぐの間、犬たちは飼い主を心配してぺろぺろと顔を舐めていたと思います。

 

冷たくなった飼い主を心配するも、だんだんお腹が減ってきたのに餌がもらえないない状態が続きます。

 

腹は減る。でも飼い主は餌をくれない。困った。どうしよう。

 

もう一度飼い主の顔を舐めて起きてもらうか。ぺろぺろ。

 

おや、冷たくなった飼い主から生きてる時とは違った、何か熟成されたニオイがするぞ。

 

舐めてるうちにいい味もしてきた。

 

これはひょっとしていけるかも。みんなどう思う?

 

 

おそらくこんな感じで犬たちには、親愛なるご主人様が途中から飢えを癒してくれる対象に変わっていったのでしょう。

 

私の想像では、この亡くなった飼い主の方は、こういう形で飼い犬を救えて本望だったんじゃないかと思います。

 

飼い主の鏡ですね。ニコニコ

 

それはともかく、このケースはないに越したことはないわけで、そうならないためにも普段の心掛けが大切なのは言うまでもありません。

 

 

それは、できるだけ飼い主の老化スピードを遅らせることです。

 

これまでこのサイトではダイエットやシェイプアップ、理想のスタイルを追い求めることをメインにしてきました。

 

いいんですけど、それもこれもまず第一に健康であることです。

 

そして活動的であることです。

 

それでこそ美しく、きれいに見えるのです。

 

老いても若々しくいるためにはどうしたらいいか。

 

私が思うにそれは、非常にシンプルなことですが、姿勢です。

 

これが崩れているとあらゆるシェイプアップやダイエットも効果が少なくなります。

 

なぜなら姿勢は内臓の位置と活動に直結しているからです。

 

内臓の動きが良くないとエネルギーと栄養分の伝達が鈍くなります。

 

姿勢を維持するためには、正しい骨格柔軟性適度な筋力が必要です。

 

鏡を見てください。

 

前からと横からと。

 

20代と比べてどこか見劣りしますか?

 

背中が丸くなってませんか?

 

下を見てください。

 

つま先が見えていますか?

 

腹が邪魔してませんか?

 

最近ストレッチしてますか?

 

歳とともに厄介になるのが柔軟性です。

 

体は年々固くなっていきます。

 

ちょっとつまずいただけで骨折することも冗談ではなくなってきます。

 

硬くなると体を動かすのが億劫になります。

 

体を動かさないと筋力が衰えます。

 

瓶のふたを開けるのも一苦労になってきます。

 

男は(私がそうです)肉体的な危機感を感じるとすぐバーベルを持ちたがります。

 

いきなりやると体を壊すこともあります。

 

気を付けましょう。

 

あなただけの体ではないのです。

 

家族や、そばでじっとあなたを見つめている愛犬のためにも老化スピードを遅らせなくては。

 

愛犬にとってあなたは生命線であり命綱でもあります。

 

これを忘れないでください。

 

私も自分に言い聞かせています。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。