フレンチブルドッグと一緒にダイエットをする方法

少しずつ体力の低下を感じるフレンチブルドッグ愛好家に送る無理のない運動やダイエット方法、
食生活からサプリメントまで気楽に思いつくまま綴るブログです。
人と犬両方が健康でこそはじめて幸せな関係になります。

こんにちは、「ダイエット中のレッド」です。

レッドというのは初めて飼ったフレンチブルドッグがレッドフォーン(フォーンのやや赤みがかった色)で、もう亡くなりましたが哀悼の意味もあって私のネームにしました。

子供のころから常に身近に犬がいました。雑種から始まって和犬、洋犬いろいろ飼いましたが、フレンチブルドッグの虜になってからは一途で、多少の増減がありましたが今は、ブリンドル、パイド、フォーン2頭の計4頭に収まっています。


今まで皆さん何回もダイエットに挑戦されてうまくいきましたか?ほとんどの人は途中で挫折したり、一時的にうまくいってもリバウンドでもとよりひどくなったり・・・と思います。



diet



わたしはそんな皆さんを笑うことはできません。なぜなら私自身が失敗の連続を経験してきたからです。

ダイエットは独りでやると挫折しやすいです。自分との戦いは本当につらいものです。他人に今ダイエットでがんばってる、なんて言えません。失敗がばれたら笑い者です。

私がダイエットに挑戦してまがりなりにも結果を出せたのは、途中何度もくじけましたが、一緒に応援してくれる、実際にはそう思い込んだけですが、相棒がいたからです。

それが我が家のフレブルカルテットです。どんな時も彼らは応援してくれました、はずです。邪魔はしませんでした、はずです。

今日やったこと、明日からの予定、くじけそうになった理由、泣き言・・・何でも彼らに話しかけました。何でも聞いてくれた、と思ってます。

フレブルと相談しながら取り組んでいくうちに新しい気持ちが湧いてきました。それは、ただ痩せることだけを目標とするのではなく、いやそれ以上に大切なこと、「健康であり続けること」にウエイトが変わって行ったんです。



four2



健康でないとブヒ(フレブル)と散歩もできません。もし私に何かあったら誰がこの子たちの面倒を見るのか・・・不安はつのります。

フレブルの飼い主ならご存知のとおり、フレブルは顔に似合わず非常にデリケートで、ちょっとしたことですぐ体調を崩します。獣医通いは常です。

フレブルもあまり太ると腰や関節に負担がかかり故障や病気のもとです。

つまり私かフレブルか、どちらか一方が体調を崩すと、一転して我が家の生活は暗黒の道を歩むことになるのです。

そこでこのブログを立ち上げることにしました。

飼い主である人間と、フレンチブルドッグの両方がいつまでも元気で、適度にシェイプアップが出来るにはどんな食生活をして、どんなサプリメントを取って、どんな運動をすればいいか、気持ちよく散歩するにはどうすればいいか、などなど思いついたままに書いていこうと思います。

どうぞよろしくお願いします。

ダイエットサプリメントはこちらから

フレンチブルドッグ用サプリメントはこちらから

ダイエット生活リズムはこちらから

季節ものはこちらから

テーマ:

この時期だからこそ思う犬飼い用のファッション の続き

 

今までダイエットに関して今までたくさんのビデオや本を買いました。

 

その結果、今の自分があります。

 

どんな自分かって?

 

ご想像にお任せします。

 

 

もうすぐ夏です。

 

毎年この時期になると焦ります。

 

人一倍「他人からどう見られているか」を気にする性格の私としては、薄着の季節がプレッシャーとなって迫ってきます。

 

 

最近はこの類の本を買うこともめっきり減ったんですが、1冊だけ目を引くものがありました。

 

それがこれです。

 

 

 

一言で言えばこの作者は、売れる本を作るのがうまい人だな、ということ。

 

日々忙しい現代人が1日2食と5分の筋トレで痩せれるといううたい文句です。

 

これなら自分にもできるかも、と思う人は多いと思います。

 

 

 

「痩せて何を手に入れたの?」

 

「自信ですね」

 

グサッときました。

 

今の自分になくて、最も欲しいものが書いてあるんじゃないですか!・・・・「自信」

 

カスタマーレビューを見ても、絶賛1色ならまゆつば物かもと疑いますが、がっかりした感想もあり、

 

まあまかなと思いました。

 

 

私が注目したのは、作者のインタビューを見たとき、

 

結局、健康は遺伝なんですよね

 

の一言が、私の心の琴線に触れました。

 

 

ここなんです。なんと意味深い言葉か。

 

今後おそらく私のダイエット生活に大きく影響を与える言葉に出会いましたね。ニコニコ

 

我々人間は思ってる以上にかなりの部分を遺伝子で受け継いでいます。

 

体の大きさや身長、骨格から筋肉の質、内臓の強弱、高血圧、糖尿病からハゲ、アルコール耐性まで多岐にわたります。

 

もちろん太りやすい体質か、痩せ体質か、など。

 

体質だけではありません。

 

子供の時に食べた食事から、知らないうちに味付けの濃い、薄いから、甘党、辛党の舌まで受け継ぐのです。

 

子供の時の夕ご飯の時間は大人になっても頭に残っています。

 

夕方5時か6時に食べた家もあれば、8時か9時に食べた家もあったでしょう。

 

それだけでも消化時間を考えると太りやすくなったりします。

 

家の食卓に毎晩お酒が付いていた家庭もあったでしょう。

 

父親は仕事帰りに必ず寄り道して真っ赤な顔をして帰ってきた家庭もあったでしょう。

 

自分が真似をするかしないかは別にして、子供の時に目にした家庭や親の姿は、何かと影響を与えるものです。

 

 

これだけでも今の私たちのようにダイエットに苦労しているのか、全くそんなこと考えなくてもいい体なのかに分かれてきます。

 

 

 

 

それに加えて、付き合う人のタイプまで遺伝することがあります。

 

どういうことかというと、

 

これもインタビューで出ていた言葉ですが、

 

太っている人はだいたい友達も太っている

 

この言葉を聞いて、私以外にもグサッと刺さった人は100人を下らないのでは。(⌒▽⌒)

 

だいたい友達になる人って気が合う人なんです。

 

気が合うということは、考え方やライフスタイルが近いからなんです。

 

その中には当然、食事の好みも入ってきます。

 

「類は友を呼ぶ」の言葉通り、「デブはデブを呼び」、そのあたりの温度は2~3度上がります。

 

 

これらは人間だけに当てはまることではありません。

 

そう、犬にも当てはまります。

 

うちのフレンチブルドッグたちも、持って生まれたものが原因じゃないかと思われる病気や故障が多いんです。

 

うまれつき喉の通りが悪くて吐き癖のあるフォーンの子ブヒも、生まれつき背骨のある部分が無くて生まれてきたパイドもいます。

 

同じ育て方をしても、おとなしい子もいればテンション高めの子もいます。

 

その時は、ふとそれぞれの親の顔が目に浮かびます。

 

 

少なくとも人間は、すべてを遺伝任せにしてはいけません。

 

本人の考えと努力でいくらでも道は開けます。

 

そう信じています。

 

でも、医療業界も今や遺伝子花盛りの状態です。

 

ひょっとしたら未来の私たちの肥満調整は遺伝子治療で出来る時代が来るかもしれません。

 

そうなったらこのサイトは不要になりそうですが。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。