1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-01-31 18:02:21

リンクの件

テーマ:お知らせ
リンクのページに,rieさんの「青いさんかく」 を追加させていただきました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-31 17:55:37

ボウラード(その1)

テーマ:ビリヤード
ボウラード。



それは,試練。

それは,ストイックな喜び。

棒一本で玉を穴に入れるという,ひたすらアナログな競技を,大胆にもデジタルに数値化してみようという勇気ある試み。



まず,ボウラードを知らない読者の方のために,その説明をせねばなるまい。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-01-31 17:51:08

ボウラード

テーマ:ビリヤード豆知識
簡単に言うと,
ビリヤードで,ボウリングのように点数をつけてみよう,ということである。

玉は10個使う。
何番からポケットしていっても良い。

ノーミスで10個ポケットできればストライク。
途中で1回ミスをし,残りの玉を2回目で全部ポケットすればスペアである。

つまり,
1回ミスるまでに落とした玉の数=ボウリングでいう1投目の点数。
2回ミスるまでに落とした玉の数=2投目の点数。
これが,ボウリングの1フレームに相当する。

そしてこれを,ボウリングと同じように10回(10フレーム)繰り返す。
点数のつけ方もボウリングと全く同じ。



点数となって数値化されるので,自分のビリヤードの実力のおよその目安となる。

ボウリングと違って,大勢でワイワイとやったりはしない。
どちらかというと個人練習用のものだ。

ビリヤードのプロテストの実技試験に採用されている。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-30 17:34:10

After Scratcho元年(その5)

テーマ:ビリヤード
で,話は戻ってscratchoさんの掲示板について。


初カキコはしたものの,私は掲示板の常連になった訳ではない。
私は慎重な性格だった。

たまーに書き込みするくらいだった。
特に技術的な質問をするのでもなく(どういうレベルの質問をしてよいかわからず恥ずかしかった),当り障りのない内容だった。


そして2ヶ月くらいたった頃,転機が訪れた。

私は偶然,掲示板で最近ボウラードに取り組み始めたということを書いた。

するとscratchoさんは,自分のサイトにscratchoさんのスコアと一緒に私のスコアも掲載しませんか?という提案をしてきたのである。


(え~?いくら何でもそれは)

というのが私の正直な感想だった。


しかしscratchoさんは言葉巧みに私を誘った。


「一緒に頑張りましょう。公開されてると思うとモチベーションにも違いがでますよ」


でも,スコアがスコアだし。



そこで。
この後の展開をお話しする前に,少し遡って私がボウラードを始めたことからお話しようと思う。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-01-29 04:20:54

After Scratcho元年(その4)

テーマ:ビリヤード
私はそれまで,パソコンで書き込みをしたことがなかった。


だから,初めてscratchoさんの掲示板に投稿したときは,ハンドルネームをもっていなかった。

では一生懸命考えたかというと,そうではない。


会社のパソコンのパスワードをそのまま使った。

だって,その後も継続して使うとはその時点では思わなかったからだ。


会社のパスワードが,なぜkenkenなのかというのも説明しなくてはならない。

私は面倒くさがりなので,ブラインドタッチで打てるパスワードにしたかった。

会社のパソコンでは,まずIDをタイプし,次にパスワードをタイプする。
(Cookieはセキュリティー上のポリシーから,どちらも意図的に使用不可となっている)

IDは本名と決まっているので,最後に打つのはファーストネーム,つまり「ken」だ。

私は「ken」をパスワードにしようと思った。
ところが,「半角英数字5文字以上にして下さい」などと,しゃらくさいメッセージが出るではないか。


う~ん,思い浮かばん。いいや,「kenken」と2回打てば。


会社のパソコンは,私が出張しているときなど,上司がごそごそファイルを探したりするので,部内では全員のパスワードを控えている。


いつか上司がぼそっと言ったことがある。


「可愛らしいパスワードだな」


私は曖昧に頷いただけであったが,あえて「僕のキュートな仕事ぶりを表現してみました」とは言わなかった。



あ,あとね。
kenken9というのは,アメーバブログ内だけで使っているハンドルネームである。

アメーバブログには,既に「kenkenさん」がいらっしゃったからである。

「kenkenさん」のブログタイトルは,「いけない恋?」。
サブタイトルは,「不倫は?いけないの?」。

・・・そそりますね。

でもね,記事をひとつも書いていないぞ,「kenkenさん」

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-01-28 00:16:13

After Scratcho元年(その3)

テーマ:ビリヤード
最初は,こんな感じの書き込みだったと思う。


「scratchoさん,はじめまして。サイトをいろいろ拝見させて頂きました。私はビリヤードを始めたばかりのものです。ビリコンテンツは面白いし,ためになります。兎のすくらっち君も可愛いですね…」


scratchoさんは,すぐにレスをくれた。

scratchoさんは,今でこそネットビリヤード界では有名な存在だが,当時は,ここだけの話,それほどでもなかった。
だが大御所級になった今でも,この「すぐレスをくれる」という点は変わっていない。

偉ぶったところ,警戒したところが全くなく,レスを貰って私はすっかり嬉しくなった。
だって勇気をだして初カキコをしたのだ。


パソコンを毎日あける習慣のなかった私は,Scratcho掲示板を見るのが楽しみになった。




そうそう,私のハンドルネームは,このとき決まったのだった。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006-01-26 19:21:26

After Scratcho元年(その2)

テーマ:ビリヤード
ネットでは相手が見えない。


でもscratchoさんのサイトを見ると,ちょっとだがその人柄が想像できるような気がした。


scratchoさんは自分のことを「おいら」と呼んでいた。

プライベートなこと,例えば,海外に新婚旅行にいった先でもビリヤードをしたなどという話が載っていた。
scratcho家では兎の「すくらっち君」を飼っていることも載っていた。
「すくらっち君」専用のHPがあり,新居の壁をかじられた,などということが書いてあった。


そして,ここ大事なトコだが,scratchoさんのサイトには,ビリヤードが楽しくて楽しくて仕方がないという雰囲気が,どのコンテンツにもあふれていた。

この人はビリヤードが大好きなんだ,ということが私にも伝わったのである。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-01-26 19:15:12

リンクの件

テーマ:お知らせ

リンクのページに,すくらっち君専用HP を追加させて頂きました。

いろいろ齧ってます。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006-01-25 19:39:47

再開です。

テーマ:お知らせ

scratchoさん,見てる~?再開したよ。

あ,あとですね,トラックバックは禁止にしました。

私が削除するのが面倒くさいのと,読んでる皆さんが不快にならないようにと。

今までビリヤード関連のトラバくれた方々申し訳ありません…

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-01-25 19:31:59

After Scratcho元年(その1)

テーマ:ビリヤード
便宜上,私がscratchoさんに出会う以前の時代をB.S.= ”Before Scratcho”,それ以降を A.S.=”After Scratcho”と呼ぶことにする。
ここからは,scratchoさんとの出会いをB.S.視点から綴ってみたいと思う。



多くのビリヤードサイトを巡回するうちに,ある日,私はふと,とあるビリヤード掲示板に書き込もうという気になった。


それまで,ビリヤードに限らず,どこの掲示板にも一度も書き込みをしたことのない私が,である。


何故かは分からない。

しいてあげれば,そのscratchoさんという人が運営するサイトにはアットホームさがあったから,ということになろうか。


もしビリヤードの技術のことばかりの内容であったのなら,私は熱心に読みこそすれ,決して自分からはコミュニケーションを図ろうとは思わなかったであろう。

私は元来無口なほうで,ネットではなおさら臆病であった。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。