1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年11月28日(月)

金太郎飴

テーマ:HORIO

 

この世にゴルフバカと呼ばれる人は沢山いると思いますが、

 

ボクが知る一番のゴルフバカさんと先日数年ぶりに会食をしました。

 

この人は、ボクが独立をするきっかけを作ってくれた恩人でもあり、

 

ゴルフビジネス界の先輩でもあり、

 

とてもボクの事を理解してくれる兄の様な存在の人です。

 

 

 

 

この人とはじめて会ったのは・・・、16年前の2000年。

 

ボクはまだ某アカデミーに勤務するゼロに等しいティーチングプロでした。

 

でも、この人は当時からボクの事をとても高く評価してくれて、

 

色々なチャンスを与えてくださったし、色々な事を教えてくれました。

 

言葉としても、行動としても。

 

 

 

 

16年前に「あなたは金太郎飴なのか? オリジナリティーはあるのか?」

 

と問い続けられて、独立という答えを出しました。

 

あれば無ければ、今の自分は無いと思うと・・・

 

怖いというか、

 

感謝というか、

 

感慨深いですね。。。

 

 

 

 

俺は金太郎飴なんかじゃない!

 

オリジナリティーだってある!

 

そんな思いのボクに、

 

「でも、それを他人にどう理解させるのか?」と、

 

とても論理的に話してくれました。

 

 

 

 

でも、この人は、どんな時も「こうしたらいいよ!」とは言いません。

 

ボクに自分で考えるスペースを与えてくれました。

 

そのことには本当に感謝しています。

 

 

 

 

自分で考えて、

 

仮の答えを見つけて、

 

努力して、

 

それが形になったときの

 

嬉しさと達成感は格別です。

 

 

 

 

もしも、誰かに解答を教えてもらって、

 

それで何かを達成したとしても、

 

嬉しさや達成感は感じられないはずです。

 

 

 

 

だから、ボクも自分のスタッフには、

 

「こうしたら良いよ。」とは言わない様にしています。

 

何故ならば、みんなにもボクと同じ嬉しさや達成感を感じて欲しいからです。

 

その親心は理解されていないかも知れませんが・・・。

 

 

 

 

とにかく先輩と久々に再会して、

 

これまでの自分の足取りを色々と思い返すことができました。

 

そして、あの時、自分の背中を押してくれた先輩と

 

自分が同じ年齢になったことを知り、

 

今度はボクが後輩の背中を押してやらなければいけないなぁと

 

心の底から思っています。

 

 

 

 

そして、自分は先輩に頼ってばかりいるのではなく、

 

先輩のライバルの様な存在になれるように頑張りたいと思ってます。

 

また、数年後に先輩との再会が自分のターニングポイントになったと

 

話せる日が来ることを願って。

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月21日(月)

パターのライ角

テーマ:吉田栄太

 

みなさん、こんにちは。

 

KHGAコーチの吉田です。

 

今回はパターのライ角について書きたいと思います。

 

みなさんはパターのライ角を調整したことがありますか?

 

 

 

ライ角調整とっ聞いて、思いつくのはアイアンだと思います。

 

アイアンは調整やフィッティングで

 

自分に適したクラブを使っている人が多いと思いますが、

 

パターはどうでしょうか?

 

 

 

見た目や打感、音などもパター選びの上で重要な要素ですが、

 

ライ角も他のクラブ同様、重要になってきます。

 

僕自身、最近、パターの調子が悪く、

 

昔使っていたパターを久しぶりに使ってみたのですが、

 

いままでの不調がウソのように入ってくれるのです!!

 

 

 

ヘッドの形状も違いますが、一番の違いはライ角でした。

 

構えに迷いがなく、スムーズなストロークができるのです。

 

よくよく考えてみたら、構えの悩みがストロークの歪みになり、

 

不調の原因となっていたのかもしれません。

 

 

 

パターの打ち方で重要なポイントは何でしょうか?

 

それはフェースの芯とボールの芯をコンタクトさせることです。

 

(他のショットも同様ですが…)

 

パターで自分にあったライ角を使わなければ、

 

通常のショットと同様、芯を外しやすく安定しません。

 

 

 

ただ、パターのライ角調整はとても繊細です。

 

簡単に調整できる材質あれば、できない材質もあります。

 

ピン型のクランクネックはネック部分を曲げる方法がありますが、

 

マレットなどで使われるベントネックはシャフト自体を曲げるという

 

荒技?が必要になってきます。

 

以前、トーナメント会場でスタート直前にU字溝にヘッドを引っ掛けて

 

シャフトを曲げているプロもいました。

 

転戦している間に宅配便などで

 

ライ角が変わってしまったというプロもいました…。

 

 

 

ライ角を変えるという作業は、力の入れ方を間違えてしまうと

 

シャフトやネックが折れてしまうので、とても繊細なのです。

 

熟練のクラフトマンでもいやがる作業のひとつです。

 

 

 

シャフトとヘッドを解体してシャフトの入れ方を変える方法もありますが、

 

わずかな調整しかできない可能性があります。

 

また、長さを変えることでライ角を変更することもできますが、

 

こちらも変化がわずかであまり効果的ではありませんし、

 

バランスが変化するというデメリットもあります。

 

 

 

できれば、購入時に自分にあったライ角のものを選びましょう。

 

そうすれば、調整する必要はありません。

 

見た目の好みだけでなく、ライ角もパター選びの基準にして下さい。

 

パターの調子の悪い人は心当たりがあるかもしれませんね。

 

 

 

道具選びはゴルフの楽しみの一つですが、

 

それ以上に上達への鍵となる重要な要素です。

 

パターで悩んでいる人は、是非ライ角を見直してみて下さい。

 

以上、吉田栄太でした。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年11月19日(土)

ビームスゴルフカップ2016

テーマ:HORIO

 

先日、ビームスゴルフカップ2016が開催されました。

 

ビームスゴルフの取引先の方や、

 

ビームスゴルフファンの皆さんが集まり、

 

とても楽しいコンペでした!

 

その時のレポートがパーゴルフに掲載されるそうなので、

 

是非そちらもチェックしてくださいね。

 

 

 

 

このコンペの企画にボクも参加していて、

 

「普通のコンペじゃない、楽しい会にしよう!」

 

というコンセプトの元、色々な企画を盛り込みました。

 

 

 

 

まずは通称“ドラ直”。

 

ドラコンは飛ばすゲームだけど、

 

このホールはフェアウェーセンターに引いた線に近い人が勝ちというゲーム。

 

考案者は堀尾です。

 

いつもコンペで思うのですが、ドラコンは全員対象のゲームではないので、

 

とても不公平な気がするのです。

 

でも、このドラ直ならば、全員に公平にチャンスがあります。

 

凄く盛り上がって、優勝は2センチ!!

 

実は2人いたのです。

 

凄いでしょ。

 

 

 

 

次に2グリーンの両方にピンを立てて、

 

どちらでも好きなホールを狙うゲーム。

 

スライサーは左グリーンを狙っておいて、

 

もし、スライスして隣の右グリーンに乗れば、

 

そちらを狙うという、ふざけたゲーム。

 

これもゴルフの楽しさを思い出すための工夫です!

 

 

 

 

次にバーディーを取りやすくするために、

 

ショートホールに3つのカップを切りました。

 

乗った位置から近いカップを狙えば、

 

バーディーが普段取れない人でも取れるかなと。

 

そんなに簡単ではないですけどね。

 

 

 

 

最後に・・・

 

元賞金女王の古閑美帆プロとニアピン対決!

 

これは最高でしょ!

 

プロに勝てば、サイン入りキャップがもらえる!

 

さらに勝てなくても写真が取れる!

 

これはホントにボクも参加したかったぐらい。

 

 

 

 

賞品も豪華だったし、本当に参加者の皆さんは

 

楽しんで頂けたと思います。

 

将来的には全国で地区大会、

 

そして全国大会ができると良いなぁなんて思ってます。

 

興味を持った方は、ビームスゴルフのファンになって頂いて、

 

来年はビームスゴルフカップに参加してくださいね!

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。