岡田健志(おかだけんじ)のアゴブロ

福井県坂井市三国町をこよなく愛する男、岡田健志(おかだけんじ)の何気ない日常を綴ったブログです。


テーマ:

TPP以来の政治経済ネタです。。。


国の借金1200兆円 国民一人当たり約940万円 日本は財政破綻する



こんなことをテレビのニュースなんかでよく聞きます。
これがもし本当ならさっさと脱出したいところです。(脱出するお金もないですがw)

借金って、じゃあ誰に借金してるんだよ!アメリカ?中国?
国=国家が借金をしている、ということであるならば、そういうことですよね?
でもそんな借金などない。

なんでだろう…?


海外から借り入れていないのであれば、国の借金という書き方はそもそもおかしい。

国家とは、政府も含めた官民、国民領土、すべてを含めたものです。

つまり、1200兆円は国家の借金ではなく、政府の負債(赤字国債の累積)を指しているのです。


うん、、、で、政府は誰に借りてるの??

国債の95%は、海外ではなく日本国内で買われています。
銀行・民間企業・国民が1200兆円の国債を政府から買ったのです。
つまり、日本国内でお金が動いているだけ、右のポケットから左のポケットに動いただけなのです。


ですから、国の借金1200兆円ではなく、
政府の負債1200兆円が正しいのです。

国民一人当たり940万円の借金ではなく、

国民一人当たり940万円の貸付となるわけですね。
むしろ国にお金返してくださいよ~という立場ですね笑


しかもその95%の国債はすべて円建てで買われています。

ん?どういうこと??
その前に財政破綻したギリシャのお話も合わせてしましょう。
ギリシャも国債を発行しましたが、国債を買った人(債権者)の7割が外国人(特にドイツ人、フランス人)でした。
日本と違うところですね。

そしてギリシャはEU加盟国です。EU加盟国であるギリシャの政府が、同じく加盟国のドイツやフランスからお金を借りるのわけですから、当然通貨はユーロ建てとなります。

ここが肝心です。

日本は円建てで買われているわけですから、いざとなったら政府は日銀に命令をして円を刷って国債を返却するという手段があるのです。←え、そんなことできるの?できるんです!


ギリシャにはそれができません。何せ共通通貨のユーロですから、お金を刷ることが出来ないのですね。結果財政破綻することになってしまいました。


ちなみに正確な国の海外からの借金額は、330兆円です。
なんだ、借金あるのかよ~~~。
しかし、日本が海外に貸し付けているお金は574兆円もあります。
貸し付けている金額の方が244兆円も多いのですから、財政破綻などあり得ないわけですね。



でも安心はできません。長引くデフレ、就職率の低下、失業率の増加、、、様々な問題が山積しております。また書きます~。

PR
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード