ペタしてね



羽田空港 flightradar24




alanのFaceBook


alanのavexサイト


alanの公式ブログ


 ケンの alan 応援サイト http://alansupport.web.fc2.com/
alan阿兰 - 唱给天空听 Official MV

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-23

家電の修理 ・ 林部智史  - あいたい

テーマ:修理
ブックオフ、ヤフオクで買ったテレビの修理中だが、原因が特定できそう

そのことは後にして

経験上、家電製品特にデジタル家電の修理で必要、便利な工具を挙げて見る



1.分解(後に組み立て)するために

プラスドライバー、マイナスドライバー、精密ドライバー、ラジオペンチ

基本工具は分解、組み立てに必要

☆形などの特殊なネジを使っている製品には、対応するドライバーが必要

適当なマイナスドライバーのサイズが合えば、代用になることも



2. 診断するために

アナログテスター、デジタルマルチメーター

主に電源や信号の電圧を見る

デジタルマルチメーターで、測定電圧が安定しないときは波形が乱れている可能性あり

なおアナログテスターは実効値を示し、低周波(10Hz程度か?)以上には追従しない


波形観測にはオシロスコープ

これはケンが中古で仕入れたTektronix製デジタルオシロスコープ



セルフパスはしているのだけれど、2CHが動作しないようだ 残念

治せるかな?


マルチメーターには、トランジスターチェッカー、ダイオードチェッカー、容量計も兼ね備えるものははずした部品が正常かどうかの確認に便利

電流を測定するには、線をはずしてマルチメーターを直列に接続すればいいのだが、線をはずすのは面倒

そこで、計測する配線を挟むだけですむクランプメータがあれば便利だが、ケンはまだ持っていない


電気回路は温度に影響されることが多い

そこで、役立つのが、温めるヒートガン、冷たくする急冷剤




ヒートガンはドライヤーと同じ構造で、なければヘアードライヤーでも代用できることも多い

ヒートガンはより強力で、特定の狭い部分に短時間で熱を与えることができる

急冷剤は用途が限定されるので、特殊品

その時に表面温度がわかると便利だが、その時に役立つのが、放射(レーザー、赤外線)温度計とかサーモグラフ

放射温度計はただ今、注文中


テレビ、モニターなどの検査にはカガミに映像を写せると便利

奥や裏側を見るには、カガミやライトはいい

基板の目視検査には10倍程度のループも必須



3. 修理作業のために

ハンダ付けに必要な工具、具体的には

ハンダこて、ハンダ、フラックス、ハンダ吸い取り器、絶縁テープなど


前述のヒートガンは、基板内に広がる微小ハンダを溶かし、ハンダクラック改善にも使える

また、大きなIC,LSI,狭ピッチ部品の取り外しもできる

ケンはヒートガンは購入したばかりで、部品はずしの経験がないので、ジャンクの基板で経験を積まねば

------------------

工具ではないが、部品、モジュールのデータシートが公開されていれば、回路動作の理解にとても役立つ

多くは英語記述だが

------------------

液晶テレビの修理はこれらのツールを利用して原因を特定できそうだ


=====================
Music is my life -- alan
Music is my happiness -- ken

林部智史 / 「あいたい」Music Video
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-19

テレビの修理/スズキ ・ amazarashi - エンディングテーマ

テーマ:自動車
今の修理中は、テレビ付きデスクトップパソコンと28インチテレビ

どこが悪いか、大きくはマザーボードを変えてみて、試してみるのは
もう一台そろえば、簡単だが、

ケンとしては、一台でも原因を突き止めてみたい

その東芝製テレビは、映りがおかしい

サムスンの液晶パネルはよさそうだ

どうもマザーボード内の映像処理プロセッサが悪そうだ


今持っているオシロスコープでは、最近のLSIの速度に追いついていけない

そこで、500MHz 4chの中古オシロスコープを手ごろな価格で手に入れた

液晶パネルへの画像信号(LVDS)のクロックに対するタイミングを見て、判断しようと思う

---------------------


浜松とか湖西あたりは時々通るのだが、スズキの車が積載されているトラックをよく見る

でも、大きな国土沿いにはスズキの工場は見ない


先日、天竜川から御前崎まで海岸沿いに沿うサイクリングロードを走った


静岡御前崎自転車道 竜洋海洋公園(天竜川) ~ 御前崎 1/2



走ってしばらくすると、高く長いフェンスが直線状に続く

後でわかったのだが、中がよく見えないフェンスの内側はスズキの竜洋コースだった

こんなわかりづらいところにスズキの施設があるのか


燃費不正問題で、海に近く風の影響がどうのこうのと話していたが、説得性がない

外でのテストコースに風の影響はつきもの

そもそも、燃費計測は環境が管理できる室内のダイナモで計測しなければ、環境の影響なのか、エンジンの燃費性能なのか、識別ができないはず


日本の会社の不正、品質問題のケースが目立つようになった

他にも最近記憶に残るところで

ホンダ、タカタ、三菱、日産、東芝、富士通、大井電気、日立ハイテクノロジーズ、三井不動産、ベネッセ、マクドナルド


=====================
Music is my life -- alan
Music is my happiness -- ken

amazarashi 『エンディングテーマ』Real Time Face Mapping Music Video
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-15

エルグランド ファンベルトの張り調整 ・ 赤い公園 - おやすみ

テーマ:自動車
エルグランドの右側ドアミラーを交換した

バッテリも弱っていたので、一度エンジンを止めて時間を置くとやばかった

なんとかエンジンをかけて、止めないようにして自宅まで持ってきた


ネットで韓国製の価格が手頃な新品バッテリを購入した

75AHの容量だから、ちょっと大きめ

SUV車はエンジンを止めた状態での、消費電力がつい大きくなるから


エーモン社のバッテリ取り付け金具を買った(オートバックスにもイエローハットにもこれしかなかった)が、ネジが長いので、金ノコでカット

----------------

問題はエンジン

作動はするのだが、エンジンがかかった直後にキュルキュルと大きい異音が数秒続いて、止まる

それからはエンジンを止めても、さほど気にならないほどの音の長さ

一日ほど間を置くと、また長い異音が発生

ファンベルトがすべっているのは容易に想像できた


ネットで調べると、E51 VQ35DE エンジンは”ファンベルト鳴き”とでも言おうか、この現象を起こしやすいとか

一般的な修理方法は
ファンベルトを強めに張る、
滑り止めのスプレーを使用する、
プーリーを交換する、
ベルトを交換する

前回の点検内容を見ると、ファンベルトは半年前、約6万キロで交換済みと書いてある

ファンベルトのたわみもOKのチェックマークが一応ついている

ということで、たぶんファンベルトの張りが弱いとみて、調整を試みる

記憶では、約10kgで押して、たわみが3mm程度らしいけれど、実際指で押してみても、数値的にはどれだけなのか捕らえづらい



かなり強く張るとかネットであったので、それから考えるとたわみがやはり大きそうだ

写真の通り、上側から見ると調整するネジが見当たらない

ネットの例では、上から見えるオールタネーター(発電機)の取り付け部辺りにあるらしいが、、、

そこで、下を除くと、ファンベルトの真下に エンジンへの泥はね防止か、整流板の役目かカバーがある

はずしやすいように車をジャッキアップ、輪止めもタイヤ部に置いた

新聞紙を床に敷いて、仰向けに寝転び、下から覗く

最悪の事故(通行人や犬、猫がジャッキにぶつかって、車が動いてしまうとか)は起こしたくないので、車からできるだけ離れるようにして、ネジを緩ませ、カバーをはずす




右側に銅線が巻いてあるように見えるのがオールタネーター

その左横に、プーリーらしきものが見える




調整ネジのようなものがテンショナー・プーリ-の辺りにあった

赤色矢印の部分



左側のネジがかなりきつく締まっていて、寝転んだ上体では力が入らず、簡単には回りそうにない

右側の張り調整と思われるネジはすぐに一方方向(反時計回り、CCW)だけは回った

このネジを許容トルクを気にしながら、ちょっと時計回り(CW)方向に締めてみた


張りが幾分強くなったようだ

何度かエンジンをかけてみたところ、異音がピタッと止まった

深夜、早朝に出かけることはほとんどないが、これで、少しでも周辺の住民に迷惑をかけずに車で出かけられる

次の点検まではこの状態で走ってみることにする

-------------

とりあえず、エルグランドの大きな問題はなくなった

後は、シビックの助手席側(運転の助手役をしてもらった経験はほとんどないが)のワイパーのゴムを換えるだけだが、
特殊な仕様らしく、アフターマーケット品では規格品は見つかっていない

ただ、ワイバーの替えゴムは幅と長さが合えば、使えることが多いようなので、またこの次に

=====================
Music is my life -- alan
Music is my happiness -- ken

赤い公園アルバム「純情ランドセル」全曲試聴映像
「おやすみ」から、スタート


歌い出し ”蛍光灯が切れた 真っ暗な部屋は お帰りを呟いた”
コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-15

バッテリーチャージャー修理 ・ ふわふわ - フワフワ Sugar Love」

テーマ:修理
実家にあったユアサ製のバッテリーチャージャー

20年以上前のモノので、作りはしっかりしている



ただ、バッテリーにつなぐ充電ケーブルはもうぼろぼろで 中の銅線が見え、本体の根元は切れそうだった

危険な状態

田舎は農家で車も、農機も多く、バッテリは多用するので、充電器は重宝する

車のバッテリが上がっていて、試しにショートしないよう十分に注意し、チャージャーを利用してみたのだが、うまく充電できない

別の車からブースターケーブルを使って、セルを回そうと思ったが、ケーブルが届く位置まで車を持ってこれない(よくあること)

そこで、上がったバッテリーを取り出し、正常な車のところまで持って行き、バッテリーに接続、暫くエンジンをかけたままで充電し、事なきを得た

---------------

修理すれば、使えそうなので、チャージャーを持ち帰った

実験用のAC/DCコンバータ(安定化電源)のように、安定した直流電圧を出力していると思った

出力電圧をデジタルマルチメーターで見たのだが、上がったり、下がったりで落ち着かない

それが原因かなと思った

(後で思ったことだが、デジタル測定器はサンプリングして測定いるから安定しない電圧に対しては、一定の実行電圧を表示しにくい
アナログテスターを使用すれば、実行値がわかった)


ケースを開けて、中を見ると実にシンプル






トランス、切り替えスイッチ、オンオフのスイッチ2個(ACとDC)、(ショットキー?)ダイオードが2個

回路を追いかけてゆく

トランス内の接続は想像ですが、基本回路がわかった



クリックして、大きい画像へジャンプ




オシロスコープで出力波形を見た



1スケール X:5V, Y:10mS

波形が切れているのは、デジカメの露出時間(約60mS,1/16)の精でしょう

トランスのセンタータップを利用した全波整流で出力は全く直流的に安定化されていないため、デジタルマルチメーターで安定した電圧を表示しないことがわかった


なるほど、バッテリの電圧を超えたところのみで、間欠充電ということか

充電時間の1サイクルは10mSくらいだから、デューティー比 50%


半分の時間はバッテリより低い電圧を出力し、その時間はダイオードに逆電圧が加わり、電流が流れないようになっている

この方式は回路が簡単なため、壊れることが少ないメリットがある

デメリットは、トランスが特別仕様なため、これが壊れるとやっかいなこと

重量がある



内部の清掃、接続部のチェック(抜き差し)、DIY店でブースターケーブル用として売られていたケーブルに交換した

うまく充電できなかった原因はわからなかったが、安全に充電できるようになった



充電電流を見るとき、波形を気にせず測定できる、シンプルなアナログメーターが実効値を示していい

---------------

なお、充電電流(出力電圧)は3段階で変えられるが、バッテリの容量の1/10(つまり10時間放電率に従う)となる設定にするとのこと

40AHなら4Aで、フル充電に近づくにつれ、そのままの設定なら、段々充電電流は減少していく


=====================
Music is my life -- alan
Music is my happiness -- ken

ふわふわ / 「フワフワSugar Love」Music Video
コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。