KEN爺の小言(KKGT)

「スクランブルエッグ」Webサイトのスタッフとして、北は北海道から、南は沖縄まで全国を駆け巡っているKEN爺が、日頃の取材や趣味活動を通じて思うところを綴っていく日記です。

博多どんたくのアイドルステージは、博多どんたくスペシャル をご覧ください。

アクターズスクール広島(ASH)関連の記事は、ASH全般 をご覧ください。





2015年7月13日発売「まっぷる ご当地アイドル」巻末座談会に「KEN爺」として

参加させていただきました。



コメントはアメブロ会員でなくても入れられます。

すぐに反映されますが、他人への誹謗・中傷、なりすましなど、不適切なコメントは、

削除する場合があります。

読者、トラックバックは承認制です。
アメンバーにつきましては、現在募集していませんご了承ください。



ツイッターはこちら



NEW !
テーマ:

今週末(1月21日~22日)は、昨年に引き続き、バニラエアの成田-新千歳4往復回数券の4往復目〈ラスト〉を利用して北海道、札幌に足を運ぶ予定です。

メインはもちろん、「アクターズスタジオ スタジオライブ」。今回は1月21日に開催、筆者推しの坂田知恵子さん、安部なつ美さんも出るようなので楽しみです。

 

翌日1月22日はこちら足を運ぶ予定です。

 

らいぶのこくちっ 〈かまたんブログより、久しぶりの更新〉

 

札幌トヨペット月寒店内〈地下鉄東豊線福住駅前〉で開催されるライブイベント「KIKOKKA MUSIC BOX Vol.1」に、「ICE☆PASTEL」脱退後、活動を休止していたかまたんこと河本聖菜cが、かつて「りとるぺこ」で相方を務めたリヨcと、「かま×リヨ」というユニットを組んで出演するというものです。開演時間は12;00~ 「かま×リヨ」は一番最初の出番となるそうです。

 

本ブログでも「アクターズスタジオ」時代、「ほいっぷ☆Girls」時代と何度も取り上げてきたかまたん、「ICE☆PASTEL」を脱退してからはもう会えないと思っていたのですが、他のイベントの合間とは言え、こうして彼女がステージに立つ姿が見られるのは嬉しい限りです。とはいえ、年齢的なものや現在の生活状況から、今後ステージに立ち機会はほとんどなくなると話しており、筆者にとって本当に最後のステージ観戦になるかもしれません。「見届ける」という気持ちを持って臨みたいと思います。

 

今のところ、週末の北海道は大きく天候が荒れることはなく、無事にイベント・ライブを回すことができそうです。両イベントとも、写真撮影は可能ですので、いつものように速報版→本編の順でブログにUPしていきましょう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2017年に入っても、アイドルユニットの解散、メンバーの卒業、引退、脱退、契約解除〈解雇〉の情報は絶えることがありませんが、本ブログでは、さしあたって、記事にコンスタントに掲載したり、運営、メンバー、ファンに非常にお世話になったユニットをピックアップして取り上げることにいたします。

 

今回は、2011年夏の結成当時から掲載を続けている秋田ご当地アイドルの「pramo」(プラモ)、先日、1期生のMAYUさんが2月5日のライブをもってユニットを卒業することが発表されたばかりですが、本日、やはり1期生のKOMUGIさんが3月にユニットを卒業することが発表となりました。

KOMUGIについてのお知らせ

 

MAYUさんの卒業ライブの詳細はこちら。

2/5(日)『秋田ダイハツ presents 「exist -MAYU LAST LIVE-」』開催について

 

MAYUさん、KOMUGIさんの卒業で、pramoは、2011年夏に結成した当時のメンバー〈1期生〉がすべて卒業することになります。ちなみに、2人ともこの春で高校のほうも卒業、進路については不明ですが、あるいは次のステップを目指して何らかのアクションを起こす人もいるかもしれませんね。

 

寂しい気持ちの一方、5年半にわたって、pramoの看板を背負ってステージに立ってきた2人はご当地アイドルとしての「重責」を十分に果たしたと思います。本当に「お疲れ様」の言葉をかけてあげたい気持ちです。

 

なお、筆者は、1月28日~29日にかけて「大人の休日倶楽部パス」を使って東北方面に遠征に出かける予定で、1月29日は秋田駅前で開催されるイベントに足を運ぶつもりです。2人の最後のステージを見届けたいところです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

 

昨日は、ブログで告知した通り、イオンモール与野(JR埼京線北与野駅徒歩約12分)で開催された鈴木杏奈さんのミニライブに足を運んできました。

 

イベントは、「さいたま歌うま選手権2016 グランドチャンピオン大会」というカラオケ大会が開催され、杏奈さんはまずゲストとして出演して1曲披露、その後カラオケ大会終了後にミニライブとして6曲(うちアンコール1曲)したものです。

 

セットリスト

(カラオケ大会ゲスト)

恋心

 

(ミニライブ)

十戒(1984)

月のしずく

白いパラソル(「THE カラオケ★バトル」企画アルバムに本人の歌唱が収録)

未来予想図Ⅱ

ら・ら・ら

 

(アンコール)

Over and Over ~夢は終わらない(THE カラオケ★バトルオリジナル曲)

 

ステージの模様

 

 

カラオケ大会のゲストも含めて7曲、十分に堪能することが出来ました。

 

最初のカラオケ大会も、ショッピングモールとしては多くのお客さんが集まっていましたが、杏奈cのライブでも相当数のお客さん残って観戦。「THE カラオケ★バトル」の番組としての人気の根強さを感じることができました。

 

杏奈cも、歌はもちろん、トークにも磨きがかかっており、今後のイベント展開も楽しみです。アイドル、演歌歌手、ボーカル系… 色々なジャンルのアーチストとコラボを組めそうですので、番組のパワーにうまく乗って成長していってほしいですね。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ウダウダしているうちにいつの間にか金曜日の夜を迎えてしまいました。

 

今週末は遠征はせずに、首都圏近郊で目ぼしいイベントを物色しているところですが、さしあたって明日はこちらに足を運ぶ予定です。

 

THEカラオケ★バトル 『U-18四天王』5冠 鈴木杏奈ミニライブ

(16:30~ atイオンモール与野 JR埼京線北与野駅徒歩約12分)

 

鈴木杏奈cは、表題のように「THE カラオケ★バトル」(TX系にて放送中)でU-18世代の5冠を達成し、それを記念する形で、番組企画のCDが12月21日にリリース、本人の歌唱が収録(松田聖子さんの「白いパラソル」のカバー)されるということで、CDのリリースイベントが組まれているようです。杏奈cを生で見るのは、一昨年12月の「ORC200 歌姫ライヴ」以来、歌、そして本人自身ががどのように成長しているか楽しみです。

 

なお、杏奈cは「さいたま歌うま選手権2016 グランドチャンピオン大会」のスペシャルゲストとして出演するとのことで、大会のほうは14時から開催、こちらのほうもチェックしたいところです。

 

なお、大丈夫かとは思いますが、ステージの模様は撮影できたら本ブログでUPします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3連休最後の1月9日は、KOTOBUKIさんが運営を担当されている沼津アイドルユニット「pixie」が、東京・渋谷のライブハウスで開催される「Kids Idol Festival~未成人式」に出演するということで、足を運んできました。(atクラブキャメロット、JR渋谷駅ハチ公口徒歩約6分)

 

さっそく、ステージの模様を。

 

注:画像は。pixie運営さん、KIFスタッフさんより承諾を得て関係者スペースより撮影を行いました。

 

左:さちc、右:ゆうなc

 

 

東京でライブを行うときは、ステージ左側に立っているさちcソロの出演が多く、2人フルメンバーで見るのは筆者自身も久しぶりで、本来の意味での「pixie」のパフォーマンス十分に堪能することが出来ました。

前回のKIF(at クラブチッタ川崎)と比較すると、特にMCの成長ぶりに驚きましたね。楽曲もKOTOBUKIさんをはじめ、小林清美さんという強力なプロデュース陣もつきましたので、イメージ通りのドリーミーな楽曲がこれから増えていくものと思います。特に80年代~90年代のアイドル、歌謡曲に造詣の深い人は注目です。

 

ところで、今回のKIF,は、別料金(1.500円)で撮影券が限定発行されたのですが、撮影スペースは、2つのステージとも客席遥か後方に設置されており、出演者が文字通りキッズ系であることを考えると、とても満足に撮影できる状況ではなく、撮影券を購入して入ったお客さんからは「金返せ!」という主旨の不満の声がツイッターに飛び交っていました。

今回は、pixieに限って特別に承諾をいただきましたが(コンデジとスマホで撮影)、仮に撮影券を購入して入場したなら、温厚な筆者でも同様のつぶやきを行っていたかもしれません。

次回は、8月15日にクラブチッタ川崎で開催されることが決定したようですが、今回の会場よりははるかに余裕のあるクラブチッタですから、少なくとも同様の措置を取るのであれば、撮影スペースに関しては改善してほしいところです。

 

ということで、記事の半分以上は不満の表明になってしましましたが、キッズ中心のライブというコンセプトは素晴らしいですので、pixieをはじめ、まだまだ埋もれているキッズ系のソロ・ユニットの登竜門的ライブとして定着することを願います。

 

 

ゆうなc(左)、だいぶ背が伸びたかな。(今年4月で中学生になります)

 

SEE YOU AGAIN!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。