花川病院のブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

みなさんこんにちは照れ

今回もお馴染みのボランティアさんに生けていただきました爆  笑

可愛らしくてうっとりしますねチュー

最初のお花は

ペパーミント

花言葉は「心の暖かさ・美徳」

ペパーミントの葉の効果に鎮静作用があるためこのような意味になったそうです爆  笑

心が穏やかな優しい人に贈られてはいかがでしょうかウインク

次は

グラジオラス

花言葉は「密会・用心・思い出・忘却・勝利」

このグラジオラスは初めて見かけましたびっくり

色んな品種があるのですねキラキラ

最後は

デンファレ

花言葉は「お似合いの二人・わがままな美人・誘惑・有能・美人」

お似合いは、円満なカップルや夫婦に贈るのにピッタリの花言葉びっくり

とても喜ばれるとても良い意味の言葉です。

また、有能という花言葉もデンファレ固有の花言葉らしいです!!

主に上司や部下など仕事関係者に贈りたい花言葉ですね。「いつも仕事を助けてくれてありがとう。本当に有能で助かるよ。」といったような言葉と共に、「有能」という花言葉を贈るのが無難ですニヤリ

デンファレの花言葉と言えば、基本的には「お似合い」と「有能」の2語がメインみたいですよ乙女のトキメキ

 

それではまたグラサン

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

  みなさん こんにちはニコ


 薬局より、毎月院内向けに発行している「花川病院DIニュース6月号」をブログでご紹介しますニコニコ内容は、嚥下障害に関係する薬剤、また新薬について説明していますニコ 

 

飲み込みやすい薬には、小さな錠剤にしたタイプ水分を含むと速やかに崩壊するタイプなど、飲みやすく工夫された剤形の薬が発売されていますその中でも、水分を含むと速やかに崩壊するタイプの3つの薬剤(湿製錠、口腔内崩壊錠、口腔内崩壊フィルム)について、紹介しています 

 

 お薬の飲み込みを補助する製品として、ゼリー状オブラート(商品名:らくらく服薬ゼリーやおくすり飲めたねなど)があります薬やサプリメントをゼリーで包み込むことによって、複数の薬でも一度に、つるんとスムーズに胃まで届けることができますさらに、飲みやすさを考慮していろいろな味があり、またチアパックや携帯に便利なスティックタイプもありますので、お悩みの方はぜひ試してみて下さいね

 

 

 何か気になる点がございましたら、お気軽に花川病院薬剤師にお尋ね下さいね(や)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんこんにちはキラキラ

暖かい日が続いて気持ちも晴々しますね!!

今回はボランティアさんに生けていただきました爆  笑

ありがとうございます音譜

こじんまりとして可愛いですねラブ

私はこんなに可愛らしく生けられないのでとても感激しています照れ

最初のお花はこちら

アルストロメリア

花言葉は「持続」

何か特定のものに持続して打ち込んでいる人に贈ると良い花言葉ですねキラキラ

継続は力なりという意味合いで用いると良いかもしれませんね爆  笑

次は

トルコキキョウ

花言葉は「優美」

トルコキキョウの花言葉の由来は、花姿から由来しているといわれ、ドレスのような花びらを見立ててつけられたといわれます爆  笑

確かにドレスのような花びらみたいですね爆  笑

最後は

オンシジュウム

花言葉は「可憐・一緒に踊って」

一緒に踊ってなんて言われてみたいですねニヤニヤ

 

お陰様で花言葉のブログを始めてから、やっとお花の名称、花言葉を覚えることが出来ていますあせる

これからもよろしくお願いいたします。 (し)

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回の薬局勉強会は、医薬品メーカーの武田薬品さんをお招きして、タケキャブ錠の特徴などを中心にご説明頂きましたニコ勉強

 

 

 

 

 

消化性潰瘍や逆流性食道炎の治療には、プロトンポンプ阻害薬やH2受容体拮抗薬を使用し、胃酸の分泌を抑える事で治療を行いますニヤリキラキラタケキャブ錠はプロトンポンプ阻害薬の中で最も新しい薬であり、他院からの持ち込みが多いため、今回の勉強会を開催しましたおーっ!虫めがね

 

タケキャブ錠は従来の薬に比べて、最大効果を発揮するまでの時間が1日と非常に短く、さらに夜間の胃酸分泌をしっかりと抑制できる特徴がありますくすりくすり当院では同種同効薬としてランソプラゾールOD錠を採用しており、その使い分けや切り替え時の注意点等を学ぶ事ができましたほっこりキラキラ

 

患者さんが安全・安心なお薬を飲んで頂くために、花川病院薬局は、採用薬品の選別をしっかり行い、これからも薬物治療の一端を担っていこうと思いますにやり(や)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

花川病院では実は初めましての献立「牛丼牛を提供しました。

北海道は豚肉文化が根強いこともあり「豚丼」は提供していましたが

牛丼も美味しいし、外食産業でも牛丼は定番ナイフとフォーク

美味しい牛丼提供を目指し献立をたて、発注パソコンFAX

牛ごはんに合う甘いたれが食欲をアップさせる

美味しい味付けに出来上がりウインク

 

 

 牛丼を食べられた患者さまからも「もう一杯!!爆  笑おかわり!」

「甘じょっぱい味付けでOK

「外食の吉○家さんと同じくらい美味しいよハート

などもったいないくらいの言葉をたくさんいただきました。

牛さんから栄養をいただき、リハビリももうひと頑張りできそうかしら100点

 

副菜は口の中をすっきりとさせてくれる、郷土料理のさわやか一品

「冷奴のだしかけ」 だしは山形の料理でお野菜を細かく切ってあじつけ。

夏の食欲がない時にもご飯にかけて食べると食欲アップするとのこと。

お野菜もとれる冷奴です。

 

「おいしい~」の声をたくさんいただいたので、またまた美味しい食事を目指して頑張っていこうと思う栄養科一同ですおねがい

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

68日~10日に岡山にて開催された第54回日本リハビリテーション医学会学術集会で、花川病院の医師とセラピストが発表をさせていただきました。!!

 

 

この学会は医師を中心に、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・管理栄養士などリハビリテーションに携わる医療スタッフが集まり、リハビリテーションに関する最新知見や研究成果を発表する学会です。ベル

 

 

急性期・回復期・生活期といった全ての時期、骨折や脳卒中といった様々な疾患について幅広い内容が扱われ、最新のリハビリテーション機器や、リハビリテーションの効果を高めるための工夫などを学んでくることができました。メモ

 

 

院長の憲医師、理学療法士の森谷・丸谷が発表をさせていただき、花川病院で集めた研究データを発信してきました。ウインク

 

 

花川病院はこれからもリハビリテーションについての研究成果を全国に発表していくと共に、最新の知見を学び、患者様の医療に活かしていきます。アップキラキラキラキラキラキラニコニコ

 

リハビリテーション部

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月16日の昼食をご紹介しますひまわり

 

・野沢菜と卵の混ぜご飯

・清し汁

・擬製豆腐のかにあんかけ

・茄子の味噌炒め

・カレー風味サラダ

  

 

 

混ぜご飯はお粥の方にも同じ具材で作りました。

お茶碗の蓋を取った瞬間喜びの声が上がるくらいニコニコ混ぜご飯というだけで嬉しいものですよねルンルン

 

 

擬製豆腐(ぎせいどうふは、くずした豆腐に卵や野菜、調味料を混ぜ、形を整え焼いたり蒸したりした料理です。

今回は人参といんげんを混ぜてみました。なめらかな仕上がりで、硬いものは食べにくいといった方でも食べやすい一品ですOK

 

栄養科(は)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

61011日に札幌で開催された第48回北海道作業療法学会で、当院の作業療法士4人が発表をさせていただきました。!!

この学会では道内から多くの作業療法士が集まり、日頃の成果を発表します。脳血管障害、骨折、高齢者、発達、地域など多くの分野や領域での報告が行われ、多くの新しい知見を得ることができ、患者様のリハビリに役立つ内容でした。メモ

発表者のOT石島「作業バランス導入により、入院中の生活から退院後の生活を見通した一症例」OT玉川「身体識別と実動作反復に着目した訓練により、更衣・トイレ動作が改善した一症例」OT久保「やりたい作業の共有が、なりたい自分への再認識に繋がり、前向きな退院後の生活イメージに結びついた症例」OT斉藤「目標の見える化により円滑な自宅復帰に繋がった一事例」の演題を発表致しました。活発な討論やアドバイスなどの意見交換ができ、非常に有意義な発表となりました。ベル

 花川病院は日々の臨床の成果を院外に発表していくとともに、最新の知見を学び、患者様に質の高いリハビリを提供できるようこれからも努めていきます。アップキラキラキラキラキラキラウインク

 

リハビリテーション部

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

6月17日、花川病院のお隣の花川南コミュニティセンターにて「第12回健育会グループ チーム医療症例検討会in花川」を開催しました!!

チーム医療症例検討会は今回で第12回目の開催となり、グループ各病院・施設の医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・社会福祉士・管理栄養士・介護福祉士など様々な職種が集まり、現代の医学の常識を超えて奇跡の回復を成し遂げた「キラキラ介護賞・ミラクル賞」を受賞した症例を発表し、共有することが主旨の発表会です。

 

昨年の幹事病院であるいわき湯本病院からバトンを引き継ぎ、花川病院が健育会グループの仲間入りをしてから2度目の北海道開催となりました音譜

 

会のはじめに、竹川理事長より挨拶をいただきました。

毎月選んでいるミラクル賞・キラキラ介護賞を通して、各病院・施設の特色が見えてくる。今日の各病院・施設の発表を楽しみにしています。とのお言葉をいただきましたニコ

 

はじめに、市立函館病院の長谷川千恵子先生より「院内から地域に拡げる嚥下リハビリテーション」と題して講演をいただきました!!

先生は院内で看護補助者の研修会や看護師と連携し飲み込みのプロトコールを作成、道南摂食嚥下研究会の定期的開催など実践されています。そして口から食べにくくなった患者の外来での検査や、在宅、施設など地域での支援を積極的に関わっています。
急性期病院は摂食嚥下の体制は整っているが、地域はまだ不十分とのことで院内から地域へと私達も参考にしたいと思いましたチョキ

症例発表は介護の部と医療の部の2部構成で行われましたメモ

介護の部の座長を元淑徳大学短期大学部 健康福祉学科 学科長・特任教授 亀山幸吉先生にお願いしましたニコ

【介護の部】※敬称略

①ひまわり訪問看護ステーション 理学療法士 菊地教美

『悪性リンパ腫再発後の抗がん剤治療・放射線治療後に要介護状態で自宅退院し訪問看護・リハビリの介入にてADLが改善した症例』

②介護老人保健施設 しおん ケアワーカー 竹内美咲

『元気な頃の自分に戻りたい』

③ケアセンターけやき 作業療法士 吉田卓

『覚醒レベルの変動が激しい症例に対し、けやき一丸となってアプローチした一例」

④ライフケアガーデン熱川 看護師 土屋直美

『口から食べたい!』

⑤ケアポート板橋 介護福祉士 トレドマリーゼル

『思いが実現する場所~ケアポート板橋で良かった~』

⑥介護老人保健施設 しおさい 介護福祉士 柴崎徹

『「しおさいで最期をむかえたい」-難病により余命宣告を受けたご利用者と過ごした3か月-』

⑦ライフケアガーデン湘南 ココタウン訪問看護ステーション 看護師 原田美香

『心地よいケアの提供をめざして~アロマセラピーを用いた症例報告~』

⑧介護老人保健施設 ライフサポートひなた 介護福祉士 佐々木淳

『再び生きがいのある生活へ』

⑨訪問看護ステーション ポプラ 理学療法士 寒澤圭介

『大好きだったパークゴルフをもう一度行うためのチームアプローチ』

 

介護の症例発表ではがん末期やALSなど難病の方やADLの低下した利用者さんに対して、生きがい、希望、寄り添うことで利用者さんの力を引き出した症例であり、「かがやく一日」「きらきら介護」に相応しいものと改めて感じました!!

 

続いて医療の部の座長は当院院長の憲先生にお願いしましたラブラブ

【医療の部】※敬称略

①茅ヶ崎セントラルクリニック 看護師 三輪山明香

『患者さんと歩む透析導入年数最長記録への道』

②西伊豆健育会病院 医師 吉田正

『「コードレッド」~『コードレッド』ってなに?『コードブルー』じゃないの?!~』

③熱川温泉病院 作業療法士 横田光雄

『交通外傷により外傷性くも膜下出血を受傷し、高次脳機能障害を呈した一例~コミュニティや笑顔などの快刺激に着目して~』

④石巻健育会病院 看護師 星亜紀

『大腿骨頸部骨折高齢患者へのチームアプローチ-安静を守るための認知症ケア』

⑤竹川病院 看護師 郡司麻恵子

『予後6ヵ月療養入院患者のしているADLをできるADLに近づけ実現した早期退院』

⑥石川島記念病院 医師 片岡喜直

『術前・術後の介入で在宅復帰できた高齢者肺癌手術症例』

⑦いわき湯本病院 理学療法士 小野雄太郎

『急性大動脈解離術後に対麻痺症状と膀胱直腸障害を呈した症例~歩行動作・トイレ動作自立して自宅退院に至った事例~』

⑧花川病院 理学療法士 山本恭央

『橋出血後患者に対し部分免荷トレッドミルを使用した事で独歩での自宅退院が可能となった症例』

 

医療の症例発表から重症であってもチームであきらめずに取り組むことの大切さを改めて感じました。30年にわたる透析、コードレッド、バイク事故からの社会復帰、独居であっても自宅への退院などチームで取り組んだ症例発表がありました。
当院でも「最後まであきらめない」を今後も取り組んでいきますニコ

医療、介護あわせて17演題の症例を共有し、フロアから活発な質疑がありましたチョキ

 

症例発表のあとはお待ちかねの懇親会ひらめき電球

前回はホテルでの開催でしたが今回はオアシス21を懇親会場としてスタッフの総力を合わせておもてなしをさせていただきましたラブラブ

花川病院・オアシス21の調理長、花ぴりか調理主任それぞれが北海道石狩の食材を活かした料理を提供ナイフとフォーク

また、今回地元花川のすし店「鮨爽醇鳥 ひだか (すしそうじゅんちょう ひだか) 」さんにもお願いし、出張で特別に握っていただきました寿司

ジンギスカンは札幌の名店のお肉とタレを使用焼肉

「今までで一番美味しかった!」「お酒もお料理も両方うまい!」などの声が聴かれましたラブラブ

日ごろ応援しているレバンガ北海道のチアダンスユニット「パシスタスピリッツ」のダンスを披露につづき

折茂選手からご挨拶をいただきましたチョキ

 

幹事病院の院長から次期幹事病院の院長へ「成功の鍵」の授与が行われました!!

今回幹事病院の憲院長より次期幹事病院の西伊豆健育会病院 仲田院長へクラッカー

西伊豆健育会病院の職員の皆さん来年の症例検討会楽しみにしております!応援しています音譜

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)