京都で逢う日 ~おもろいやっちゃ~

       京都のけんはなこと☆すぎえ じゅんこ☆と、たのしいほうへ。


手主宰 白川とも子さん
Rabing ハンドリーディング メソッドとは?
現在募集中、進行中の講座等

・10/9 出雲 「ベーシックセミナー+ランチ会」 「初級講座」


ハート けんはなお誘い (リンク→r★★

 
おすすめ けんはなチョイス

---------------------------------------
  次回、そして今後、ますます楽しいプランを考え中音譜 お問い合わせ歓迎 音譜

  リンク→r プロフィールページ




おもろいやっちゃと感じる
ヒトやモノやデキゴトに出逢うと、ワクワクと嬉しい。
そしてなによりも、
おもろい けんはなさん自身 をもっとも近くで見る者として、
忘れたくないことを、記しておきたくて。



テーマ:

image


リンク→r 明日からちょっと越の国
リンク→r こしのくに 〜 家族編
 こしのくに 私自身編 ① 〜 能登半島の先へ
リンク→r こしのくに 私自身編 ② ~ すずの音


自分にとっての覚書きだけど
誰かの何かの刺激のひとつになっていたりすると嬉しいな。


ここまで書いてきて、
その次に向かったところのことも、、、
と思っていたのだけれど、


そんな折、ふと、こんなサイトに目が留まり。
http://www.suzu.co.jp/heike/index.html#yoshitune



はてなマーク



なに!?



前もって予定していたわけじゃ全然なく、
流れのままに訪れて、
なおかつ妙に氣持ちにひっかかったところ、



曽々木海岸にしても、
山伏山にしても、
須須神社にしても、



どれも
義経に関係したところだったのはてなマーク


ということを初めて知り、
なんだかビックリしたのだった。えっ



・曽々木海岸の窓岩は、義経が弓で射た穴とお!?

・氣になってしょうがなかった狼煙の
山伏山の山伏というのも、義経つながり!?

・須須神社には、
義経が奉納した蝉折れの笛と弁慶が奉納した守刀
があるって!?
なんか、宝物館の姿、インパクトあったんだよな、
あそこにあったのか。。。




なんやよお。ショック!
そんなん全然知らなかったやん。



えーと、、そこなの、そっちなの?
義経??? 
はあ?? はあ。
となんだか戸惑う。



確かに、まあ、たしかに
何かしら、遠くはなく
ずっと氣配はある氣はする、しますよ。



まあ、京都に居ますんでね。。。
京都に居る人にとっては
誰でもそうかと思うけれど。。。



そう、、、ま、先日も、
リンク→r鞍馬行ったとこだしな。。。



とか、やたらにブツブツと考えていたら、
リンク→r昨日、引いたカードにもまんまと天狗出てくるにひひ
image



なんだろう。

なにが言いたい?



考えたら、
義経に関することなんて
詳しく知ってるわけじゃない。



いったい、どういう人だった?
少し調べてみる。。。うーん。ムムム。



この能登半島のそこかしこに由来があるのは、
頼朝の追っ手から逃れ奥州へ逃げる途中だから
ってこと・・・か、



そして平家の郷でもある、て。。。目



壇ノ浦で捕虜になった平時忠が義経に娘を嫁がせたとか、
その平時忠の配流先、そして亡くなった場所が能登だった
ってこととか。



いや、なんかすごい場所やね、能登。改めて。
全然知らなかった。
(いつもびっくりするほどなんにも知らない。にひひ



源平の争い、
その光と闇。
その生々流転。



やって、やられて
やって、やられて
やって、やられて、、、



別に源平に限らないけど
なんや、もー、、、
はあ~~~って思う。



みんな、その時その時を
必死でやっているんだよね。
そんな当たり前のことを
また思う。


四角02   四角02   四角02


そんなこんななのだが、、、
あらためて、当日のことの続き。



帰る前に、
この能登半島の中のもう1か所、
行ってみたいかなーと思った場所
走ってもらったこと。



その
ひとときに感じた、
また、あらためて後で感じた
こと、は、またもや



義経というキーワード
無関係でもなかったなと
今になると感じられ、



なんだかそうやて、
日本列島の地図を眺めてしまったり
する私なのだった。目



それはまた次に。。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


右上矢印出雲開催の主催者さまのFacebookイベントページよりお借りしました画像です。キレイですね。ラブラブ



出雲の地での、
開催が決定いたしました。



Rabing ハンドリーディング メソッド 
主宰
白川とも子さん による
ベーシックセミナー+ランチ会 初級講座 
のご案内です。





手Rabing ハンドリーディング メソッド手

  「ベーシックセミナー+ランチ会」・「初級講座 」 in 出雲



■ 講 師
Rabing ハンドリーディング メソッド 

主宰 白川とも子



■ 日 時 と 受講費


10月9日(日) 


9:30〜12:30頃
ベーシックセミナー+ランチ会 
¥8,000

13:00〜18:00  
初級講座 
¥20,000(+テキスト代¥1,200)


■ 会 場

Cafe Shimmer
島根県松江市宍道町上来待127-1
 


■ 詳細・お問合せ・お申込

リンク ハンドリーディング 〜自分の手を眺めてみよう〜





きらーん初級講座までを受講されると、
講師養成講座(第8期) RHRハンドリーダー養成講座(第7期) (10月より開講)
の受講資格が得られます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

image
このパッケージラベルは、
御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)ですね。
何種類かのラベルがあったのだけど、思わずこれをチョイス。

たいこの発表会の時のゲスト演奏で来られてて
拝見したことがあります。
すごい迫力。

石川県、輪島市、の指定無形文化財です。
保存していかれるのは、本当に大変だろうけれど。
歴史と文化の継承。
その中にとても大きなメッセージが凝縮されてるんだろうな。



リンク→r 明日からちょっと越の国
リンク→r こしのくに 〜 家族編
 こしのくに 私自身編 ① 〜 能登半島の先へ


そうそう、ここは前にやってた朝ドラの「まれ」の舞台のあたりでもあって、
塩田がいくつかあった。


塩を買ってみたりもしました。
塩。
大事なものだからなあ。


さて、
なんで、
「須須神社 5km」が氣になったのか。

image

ただ、見たら氣になったというのが本音で
うまく言えないのだけど、
ネーミングというか、
音がまず氣になったというのがちょっとあった。


私は「すすじんじゃ」と読んでいたんだけど、
帰ってきてから改めて調べてみたら、
読み方は「すす」と書いてあるのもあるし、
「すず」と書いてあるのもある。


そして、ここは、すず市。
「珠洲市」と書きます。


市の名前を知ったのは、実際、車で走っている最中だった。
(ほんと何もわかっとらんなあ、私は。)


神社に行く前だったか、後だったか、家族の誰かが、
「すず市って書いてあるね。。。」
と車内で外の道路のサインを見ながら呟いていたのが聞こえ、


な、なにい~!?  今なんて言うたはてなマーク
と、
すごく氣になったのだった。


その一連の氣になりにひひ、ってのは、
私がちょうど最近、の本を読んでいたから
そこからきてるのに
他ならなかった。
{237B16FA-375D-4D78-965B-5B4D07DCDFEA}

すす、、、、っていうか、
すず、、、、!?
鈴、、、やよね。


それって、例の、鉄のことなんじゃないの??
と思ってしまったからなのだった。
っていう字もなんかピッタリな氣もする。


これについて詳しくは書いてられないんで、べーっだ!
もしも氣になった人は
「褐鉄鉱  製鉄」
とかで検索してみてください。音譜


なんだかそれで氣になって、
そうか、ここは、すず市なんや、
で、すす(すず)神社なんや、、、
と思ったら、ドキドキしてしまったのであった。


それが合ってるのかどうかも
そんなことよくわからないけど。


もちろん、
たしかに古代の有名な産鉄地の中に能登半島も挙げられる
ってことは、間違いじゃないみたい。


とにかく氣になったから
行ってみたいなーと言って向かってもらった。


image

写真とか、ほとんど撮っていなくて。
ま、普通に、到着して、
家族でさくっとおまいりしただけである。


そこで驚くような何かがあったわけでも、
鉄に関する何かを発見したわけでも
別にない。
(蚊に刺されて痒かった。^ ^)


伺ったそこは、高座宮というところで、
他に、金分宮奥宮の場所もあったのだったということは、
ちょっと後で知った。


たしかにちょっと、これでよかったのかな、、、
っていう物足りなさみたいなのがあって、
なんだかスッキリしなかったのは、
だからかもしれない、わからない。


金分宮の御祭神は、木花咲耶姫命だという。
へー。。。。
(でもこれもけっこう諸説あるみたいである。行ってないしなおさらわからん。)


奥宮というのは、
近くの、山伏山
(やまぶし、て、にひひもー。。。しかも、鈴ケ嶽とも書いてあるとこあり。やっぱ鈴なんやん。にひひ
の頂上にあるという。



にしても、
おまいりしてきた、高座宮に書いてある御祭神のひとつ
美穂須須美命
というのがずっとずっと(今も)氣になっていた。。。


みほすすみのみこと


美穂っていうのも、御穂とか、三穂とか、
漢字はいろいろ別名あるようだ。

、とか、、とか、ってやっぱり
なんじゃないの、違うの? 
とか思う私なのだった。。。



で、
後で調べたら、
御祭神には、他に、
建御名方命の名も書いてあるサイトなども発見。


!?


それに、
そもそも、美穂須須美命と建御名方命は同神
などと書いてあるものもある。。。


なんじゃそりゃ。
あいたた、、、ここでまた、タケミナカタですか。


もー、ビックリするなあ。


両方ともおかあさんはヌナカワヒメで同じ
ってことのようだけど。
はい、それは、ここは、こしのくにだから。。。


ぐぐぐ。
なんか頭がグルグルしてくるのだった。



そんなこんなも、
結局、後になって、
調べてみて知ったり氣づいたりすることばかり。


四角02   四角02   四角02


「須須神社5km」の字を見て、
なんでふと氣になったのかなんて、
別にわからへんよね、
それってただ神社好きってことだけなんじゃないの、
たまたまなんとなくやよね、
と言ってしまっても全然いいのだけど。


っていうか、
神社好きなのかどうかもよくわからない。

そういえば、最近、
「神社好きなんだよね」と人から言われて、
いや、別にそうかなあ、べ、べ、別に。。。
と思ってしまった。

好きって、、えーっと、
なんか行ってしまうことになることがある
だけだから、どうだろう。


今日、娘と喋ってたら、
「おかーさんは、歴史が好きなん?」
と言われた。

んん??
いや、別に歴史て、
学生時代は歴史の勉強は好きでもなかった。
今も別に。
ただ、なんか氣になるのだ。
それだけだ。


なんだか
どうでもいいいことで
誰に言っているのだか(自分にか。。。)
やたら言い訳をしているなあ。
へんなの。
キョロキョロ



もとい。


昔のことっていうか、
いちおうベクトル的には過ぎ去った時代のいろいろについて
いろんな説や意見があって


それは、一般的にどうかとか

なにが合ってる間違ってるとかもあんまりわからなく、
詳しくなく、


あくまでも、
自分の中で
自分が、
こっちだ、とか、あっちだ、とか
言うような
そんな感じなんだもんな。


正解なんてない。
理論的な説明もできない。


ほんとにあったかどうかも
まるでわからないような出来事や、誰か、何かの意思。


でも、
多くの人が言い伝えてきたこととか
研究して調べてきたことを
見聞きさせてもらって、
少し近くに感じに行ったりして、


ふーん、そうなんだあ。。。とか
ああ、そうかもしれない。。。とか


妙に近しく肉薄するように感じたり

時に大きく揺れたり
でもそれも、、、「うん、わかったよ」、とグッと来て、
そうなんやね、、、と、ただ眺めたり、


そんなふうに腑に落ちることがある


かもしれない、
ないかもしれない。


なんだろう、、、
そんなようなこと。


むちゃくちゃ支離滅裂になってきた、私自身編。爆笑



           


で、この日は、このあと、
もう1か所、
私のリクエストで行ってみたいなと言ったところへ
走ってもらうことになったのです。
が、そのことはまた改めて。


そして、そして、


今回と前回で書いた
この偶然立ち寄って、
自分の心に大きく留まった場所やそのあたりが、


実は、

全然知らなかったけど、
同じ人物に関連のある場所だったと
知ったのは、昨日のことで、


そのことが
なんだかとてもビックリして、
なんじゃこりゃと思ったのだけど、


そのことも
また改めて。


やたらにとりとめのない文になってしまった。
まあそういうのもいいか、、、。あせる
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 


Rabing ハンドリーディング メソッド
Rabing handreadhing method


☆ ハンドリーディング <新しい時代の手相術>

2010年京都にて、東洋手相、西洋手相を融合したオリジナルの手の読み方を、
白川とも子が考案しました。

思い込みや、先入観を手放して、手をありのままに受け止める「自我の放擲」をモットーに
軽やかに手を読んでいくメソッド。

従来の手相にこだわることなく、感性のままに、自分の波動で読む方法を伝えています。

自由であり、自立した人々へハンドリーディングを伝えるべく、全国で講座を展開し、
講師養成、RHRハンドリーダー養成をしています。


<お伝えしていること>

・手のひらは意識の地図である
・手は宇宙とつながる
・手のひらは豊かな大地
・手は変化する
・ありのままの手を慈しむ


手相の本に載っていないという方も、ご自分の手を読めるようになります。

ひととき、手と向き合うことで、自由で、豊かなご自身の本質に気がついていきます。

手の中に、豊かな風景を感じ、そして、心のままに楽しむなかで、
本来の自分を祝い、寿ぐことで、
自分の人生を切り拓くハンドリーディングを身につけていくことができる!
ことをお伝えしています。

実績
岡山・京都・東京・大阪・富山・名古屋・北海道・カナダ
ホームページ
Facebook : Rabing ハンドリーディング メソッド


Rabing handreading method  主宰 白川とも子

<プロフィール>
小学校校長の父、公立幼稚園園長の母のもと、厳格な家柄ながらも、のびのびと育つ。
大学卒業後、都市銀行に就職。渉外業務を担当し、支店長表彰、営業で評価を受ける。
小学3年生より空手を始め、空手道歴は19年。全日本空手道連盟公認段位 四段位を持つ。
現在は地域のスポーツ少年団の指導員
日本体育協会 スポーツ指導員(専門科目空手道)
応急手当普及員(普通救命講習講師)として活動中。
2級ファイナンシャル・プランニング技能士
銀行印時代に得た、金融の知識、体験をもとに、お金のレッスンの講座をひらいている。
京都にて学習塾 2カ所運営。


Facebook:白川とも子
ブログ:らびの京都ミラクルワールド






現在とこれまでの歩み



四角02 現在募集中、進行中の講座等


四角02 これまでの講座の様子

**認定講座(3ケ月間連続)**


【講師養成講座】

・第7期 ・第6期 ・第5期 ・第4期 ・第3期 ・第2期 ・第1期
【RHRハンドリーダー養成講座
・第6期 ・第5期 ・第4期 ・第3期 ・第2期 ・第1期 in神戸 / in京都 / in福岡

**単発ワンデイ講座**


【ベーシックセミナー】 テーマ├Rハンド ベーシックセミナー
【初級講座】 テーマ├Rハンド 初級講座

【京都での2013.3月以前のイベント】
・お披露目ベーシックセミナー  番外編
・ハンドリーディング講座 


四角02 認定講座修了の方 リンク集

四角02 Rハンドリーディング ご感想







セミナー・講座の流れ

右上矢印クリックすると画像が拡大できます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)