京都で逢う日 ~おもろいやっちゃ~

       京都のけんはなこと☆すぎえ じゅんこ☆と、たのしいほうへ。


手主宰 白川とも子さん
Rabing ハンドリーディング メソッドとは?
現在募集中、進行中の講座等

・10/9 出雲 「ベーシックセミナー+ランチ会」 「初級講座」

10~12月
第8期講師養成講座
第7期RHRハンドリーダー養成講座  
お問合せお申込歓迎 rhandr33@gmail.com


ハート けんはなお誘い (リンク→r★★

 
おすすめ けんはなチョイス


---------------------------------------
  次回、そして今後、ますます楽しいプランを考え中音譜 お問い合わせ歓迎 音譜

  リンク→r プロフィールページ




おもろいやっちゃと感じる
ヒトやモノやデキゴトに出逢うと、ワクワクと嬉しい。
そしてなによりも、
おもろい けんはなさん自身 をもっとも近くで見る者として、
忘れたくないことを、記しておきたくて。


NEW !
テーマ:
{29FC382D-97D5-4EDC-92A4-CFF7F6458528}

 

今日はまた、
わけあって家族と奈良に。
 
 
 
メインの目的は
娘のも出品されてる展覧会に
ということだったのだけど
ま、それはそれで
義父母ともどもじっくりと楽しみ。
{E959F44E-5D3F-4A09-811D-004728B27849}

 

その後、

少し氣になっていた場所などに。
なぜ氣になってたかは
よくわからないけれど。
 
{89590185-6765-47D8-8CCD-CAAF644E65C2}
空が秋らしい今日だった。
本堂は国宝なんですね。。。。

 
秋篠寺に伺ってました。
 
{3F18EC8E-F170-45C2-A4AF-D5CE25F500EE}

有名だという
伎芸天
 
 
web上で前もって画像を見てたのより
もう断然
本当に美しいお顔なんやなあと。
 
 
私は別に
仏像にすごく興味ありでも詳しいのでもないはずが
あの微笑みの口元には
見惚れてしまうものがあったです。
 
 
指も綺麗だった。。。
 
 
けっこうな間近で拝見できるところに
なんだか凄さを感じた。
 
{DA957D1F-2F23-47AF-BC00-31FE9C6D1A38}

いちばん上の写真と同じ場所から
空でなくお堂の方に明るさを合わせるとコチラ。
 
 
大元堂(たいげんどう)
 
 
実は本当は
コチラが氣になっていて行ってみたかったのも。
 
 
6月6日にしか拝見できないそうなのだが
 
 
大元帥明王(たいげんみょうおう)
 
 
という彫像が安置されているとのことで。
 
 
なぜ氣になるのかは
これまたあまりよくわからない
けど、ここんとこずっと。
(そんなのが多い。てへぺろ)
 
 
 
すごく蚊がいっぱいで
刺されちゃって
じっくりと佇むことができなかった。びっくり
 
 
 
また伺うことが
あるのかな(6/6?)と思いつつ。
 
 
{4A7C7B32-BD67-41E0-9E0C-974EE774E963}

苔のなめらかさ。
 
{D840EF9F-7158-479F-9A4D-12C100E79BA6}
静かな空間。
 
 
 
鎮守の
八所御霊神社にもおまいり。
 
 
 
考えたら
ずいぶんディープなような。キョロキョロ
まあ・・・ね。
{489368B3-7E8A-439D-B414-59AFE0C4809F}

 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
{C2C93FFF-55E2-4D0B-9259-050AA2E9553D}


死と再生。

おわりとはじまり。

おわりに

憂うこと要らず。

しがみつく指。

揺らめく翼。

艶めく肌。

眉間の光。




権威の逆転。

プライドの喪失。

頑なに組まなくても

ガードしなくても大丈夫だよ。

ありがとう。




浮かぶ掌。

根元から吸い上げる。

休息と俯瞰。




グリーン。グリーン。



軽く透き通る鮮やかさなり。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


右上矢印出雲開催の主催者さまのFacebookイベントページよりお借りしました画像です。キレイですね。ラブラブ



島根、出雲地方の皆様、
そして、それだけでなく、全国のみなさま、
出雲へこの時期にお出かけになる
というのは、またとない機会になりますね~。




四角03     四角03     四角03



出雲の地での、
開催が決定いたしました。



Rabing ハンドリーディング メソッド 
主宰
白川とも子さんによる
ベーシックセミナー+ランチ会 初級講座 
のご案内です。





手Rabing ハンドリーディング メソッド手

  「ベーシックセミナー+ランチ会」・「初級講座 」 in 出雲



■ 講 師
Rabing ハンドリーディング メソッド 

主宰 白川とも子



■ 日 時 と 受講費


10月9日(日) 


9:30〜12:30頃
ベーシックセミナー+ランチ会 
¥8,000

13:00〜18:00  
初級講座 
¥20,000(+テキスト代¥1,200)


■ 会 場

Cafe Shimmer
島根県松江市宍道町上来待127-1
 


■ 詳細・お問合せ・お申込

リンク ハンドリーディング 〜自分の手を眺めてみよう〜





きらーん初級講座までを受講されると、
講師養成講座(第8期) RHRハンドリーダー養成講座(第7期) (10月より開講)
の受講資格が得られます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{377F8C49-8342-4608-9B08-ABCBBC5130F3}

銀行ついでの
散歩。



同じボーッとするのでも
外の好きなとこで
するのも
やはりいいかなと。



やっと涼しくなってきて
雨もあがった。
すこーしだけ赤くなった葉っぱがあるのが
いいなあと思う。


{449FCB09-6BED-4EFA-841C-A39806D77CF2}

手が動かしづらいので
ぼちぼちだけど
家の中を整理するのが
今いちばん必要なことみたいなんだな。

{2CAA79D1-D74C-4780-A1A4-F7C9936A42C6}

そんな感じ。
秋の日。

{9BE44F93-8CAF-40F0-B5C8-4DF20413DDEF}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

{F97CAB39-E0E3-4A66-A248-683F8826F9DB} 

 

 

なんだか世界は宇宙は激動なようなんである。

激流なようなんであるらしいし、

覚悟が試される流れ、、、とか?

 

覚悟ってなんやよ、、、と思う。

 

 

 

 

星のことも天体のことも暦のことも

 

勉強したことがないからよく知らない。

 

知らないけど

 

たぶんよく知っていた時もある氣もするのと

 

なんだかザワザワと氣配がするというだけのこと。

 

 



この世界に生きる誰もが間違いなく

影響を受けるんだと思う。

だってそりゃまあやっぱりそういうことでしょう。

 

ここに居るのなら。

 

それにあそこから来たでしょ、重~くなってさ。

 

 

 


だとしたら、どうなんだろうと。

 

 

 

 

木星が天秤座?

 

などとやたらいろんな人が言っている。

 

 

 

 

なんやよ、知らないよ、

 

と思いながら。

 

 

 

 

破壊と再生。

 

 

 

 

ちょっと破壊キョロキョロしたのは、木星の指だったよ。

 

 

 

 

キョロキョロ  うっそ、おもしろ〜びっくり

 

とか思いながらも

 

ガックリきた時にショボーン

 

 

 

 

ガックリしてる自分に伝えられてくるものは

 

アノネソンナンダイジョウブヤネン

 

っていうか

 

それはサインだけどそういうふうなフォーカスじゃない


それどころかそんなこと意に介さない

 

みたいなものばかりで

 

 

 

 

ナニヲガックリトカシテルバアイデモナイ、

マアソレモイイケドアホチャウ
はてなマークダースベイダー


シテンガチカイネンダースベイダー

 

スベテノナガレハツナガッテツヅイテイル

 

magic stream ワキツヅケル

 

シズカナルsacredプールノカガミニジコヲウツセ

 

ココニアルjoy  タメラウヒツヨウナシ
 

みたいなものばかりだった。

 

 

 

 

現実は淡々と動いていく。

 

ふんそうかと思ってそれを受け入れ

 

然るべき動きをして

 

舵を切り臨む。

 

 


 

再生の渦と波は激しいようで静かなようで。




やっぱり、この激流の中で、

あえて、何故か爆  笑

凪の中をゆく。

 

そう、流れでもあるはずでいて、

 

鏡のように凪いでいるんだ。




 

大いなる遊びをしてゆく。

 


 

目

 

 

 

まだよくわからないことだらけだ。


 

 

{7F4BC336-A50D-47D9-AD94-860C09D05AE0}

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)