ボイストレーニングブログ

ボイストレーナー吉田研吾による、ボイトレに関するブログです。

ボイストレーナーの吉田研吾(Kengo)です!

ボイストレーニングレッスンご希望の方はホームページ をご覧ください。


読者になる

ブログランキングに参加しています。こちらをクリックお願いします!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ にほんブログ村

テーマ:
今日、東京カラオケグランプリ2016というイベントで、審査員を務めさせていただきました。

たくさんの応募の中から音源審査を通過して選ばれた100組の方々が出場されました。


会場はこんな感じでした。


{D317EE5C-B3E8-4287-A1D8-EA601D049FB6}




本番では、236席ある客席が埋まってしまうほどの大盛況。

この大会の人気ぶりがうかがえます。


僕がまず驚いたのは、出演者の皆さんのクオリティの高さ。


よく巷では、あまり上手ではない歌のことを


「カラオケレベル」


とか言ったりしますが、

いやいやいや、あなどるなかれ。

カラオケなめんなよと。



プロのアーティストを発掘するオーディションかと見まがうくらい、


「え…?これ…カラオケの大会…ですよね…?」


って感じで、ものすごい迫力でした。


プロのアーティストのライブさながらのパフォーマンスをする方も結構いらっしゃいました。



今回は一人あたり1コーラスのみということで大体1分半~2分以内くらいの歌唱でした。

正直、審査をするのは1コーラスもあれば十分なんですが、

気持ちとしては本当は全員フルコーラス聴いていたい気分でした。


100組も審査したとは思えないくらいあっという間に終わってしまいました。



で、これだけたくさんの人の歌を聴いて、色々と感じたことや気付いたことがありました。

歌を学ばれている方にもお役立ち情報になると思いますので、色々と列挙していきます。



●歌声の響きが良い人は、話している声からして良い響きをしている


大会では、歌う前に名前と曲名を自分で紹介してもらってました。

その時の話し声を聞いただけで、

「あ、この人きっと良い声で歌うな」

っていうのが分かるんです。

というか実際、話し声が良かった人は歌ってる声も良かったです。


僕自身の考えとしても、歌声と話し声はリンクする部分があると思っています。


歌の発声が上達すると話し声も良くなる、

普段の話し声(の響き)を意識すると歌声も良くなる、


といった具合に。

それを今日改めて再確認しました。



●立ち振る舞いで歌の安定感が分かる


自己紹介の時や歌っている時の立ち振る舞いが安定している人は、

歌自体にも安定感がありました。

体の動きに無駄がない人は、歌にも無駄がないという印象です。


プロのシンガーが歌っている映像を見てみると分かると思いますが、

手や指先の動き、足元の動き、目線の動き、顔の表情など、

一挙一動がとても安定していますよね。


これも、話し声と歌声の関係のように、

「立ち振る舞い」と「歌声」というのもリンクするものだと感じました。


歌を学んでいる方は、プロのシンガーの動きをよく見て研究して、

それを真似てみるのも歌の上達につながるかもしれませんよ。



●歌い出しがもったいない人が多い


出演者の多くに共通していた「ここもったいないなー!」と思うところ。

それは「歌い出し」です。


入りは不安な部分が多いのも分かるんですが、その不安の影響か、


イントロから歌に入る時にタイミングが合わない、

リズムが崩れてしまう、

音を探り探り入ってしまう、

言葉がハッキリしない、

声が極端に小さい、

ピッチや声がブレる、


などなど。

歌の入りは聴き手の印象にとても残りやすいですし、

その人の歌を一番ジャッジされる部分です。

しっかり自信を持って入れるように、出だしだけでも何度も練習しましょう!



●マイクの使い方をもっと学んでほしい


マイクの位置が遠すぎたり角度が悪くて声が聞こえにくくなってしまっている方や、

マイクのスクリーン(頭の丸い部分)を手でつかんでしまって音がこもってしまった方など、

基本的なマイクの使い方が出来ていなくて、もったいないと思うことが多かったです。


また、歌にいわゆる抑揚やダイナミクスと言われるもの(メリハリ・強弱など)を使うのはとても大事なことです。

ただ、声を抑える部分でマイクの位置が遠すぎたり、

逆に声を張る部分なのにマイクの位置が近すぎたりすると、

曲全体を通しての音量バランスが悪くなってしまうので、

マイクと口の距離感を声の強弱に合わせて調整することも大切です。


そして特に気になったのはやはり歌い出し。

大体Aメロなどは声を抑えめにすることが多いと思いますが、

その時の声がマイクに乗っていなくてちゃんと聞こえなかったりするんです。

サビになるとしっかり聞こえて来るんですが、

出だしが何言ってるか分からない…ということが多かったです。

これもやはり距離感でしっかり調節してください。




他の審査員の先生方とも色々とお話しさせていただきましたが、

大体歌の評価は共通している部分が多かったです。


審査員によって、それぞれ目の付け所や重視する所、

個人の感性などももちろんありますが、

やはり要となる部分は共通しているんだなと思いました。


以前、「お願いランキング」に出演した時も審査員3人の意見はほぼ一致していたので、

歌を客観的に見て評価する感性や感覚というのは基本同じなんですね。



本日の審査員はこちらの3人でした。

写真左から、中村先生、相田先生、僕です。(楽屋にて)


{E19A7191-03FC-496F-845C-7613AB695850}




ということで、僕自身もたくさん勉強させていただいた一日でした!


----------------------------------------------------
東京でボイストレーニングなら、個人レッスンのワイドボイス

読者になる
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
生徒さんが、バンド大会でベストプレイヤー賞を受賞しました!


{D34F7189-9221-4BCF-9B57-2C4EE38D9A12}




賞状と記念品をいただいたそうです。

レッスンの時に持ってきて見せてくれたので、思わず写メりました。


やっぱりこういうのは嬉しいですね~。

受賞した本人より僕の方が興奮して大騒ぎしちゃいましたw



そして今週の土曜日は、東京カラオケグランプリというイベントで、僕が審査員をやらせていただきます。

100組以上の出演者がいらっしゃるということで、一人一人の歌声を聴けるのが今から楽しみです!

100人を超える人数の歌声を生で聴ける機会ってなかなかないですからねー。


また、僕以外の審査員の先生方のお話を聞けるのも楽しみです。

自分自身の見聞を広める、すごく貴重な経験になると思います。



基本的に僕は、


「みんなちがって、みんないい」


と思ってるんですが、

この時ばかりは審査員としてちゃんとジャッジしないとですね。


それでも、一人一人の良さをちゃんと味わってきたいと思ってます!


----------------------------------------------------
東京でボイストレーニングなら、個人レッスンのワイドボイス

読者になる
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
頑張ってるアーティストを紹介します。

亀田大】くんです。





空間を大きく包み込むような、優しく温かい歌声の持ち主です。



2002年に、アコースティックユニット「ワカバ」としてメジャーデビュー。

数々の名曲を世に残し、今年の春、惜しまれつつもワカバが活動休止。


その後ソロアーティストとして活動を始めました。

自身で作詞作曲をし、アコギ弾き語りスタイルで歌っています。


現在は、楽曲制作をしつつ、初のソロライブの準備している真っ最中。

声作りもしっかり頑張ってます!


そんな彼のソロワンマンライブがもうすぐあります。

チケットもまだ間に合うようなので、ご興味ある方は遊びに行ってみてはいかがでしょうか?


《ライブ情報》

亀田大 ワンマンライブ2016
~カメダマン大爆発~

【日程】
2016年7月2日(土)

【open/start】
18:00/19:00

【場所】
下北沢GARDEN
http://gar-den.in/

【チケット代金】
前売り¥4,000- 当日¥4,500- (1ドリンク代別途)


・LAWSONチケット 【Lコード:77118】
http://l-tike.com/

・チケットぴあ 【Pコード:299-982】
http://t.pia.jp/

・イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002191194P0030001

各プレイガイドにて好評発売中です!



詳細は、亀田大オフィシャルブログをご参照ください。

http://ameblo.jp/kamedaman/


----------------------------------------------------
東京でボイストレーニングなら、個人レッスンのワイドボイス

読者になる
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
人前で歌ったり音楽活動をしたりしていると、

いろんな人からのアドバイスを受けることがありますよね。

「そんなんじゃダメだ」

「もっとこうした方がいいよ」

とか。


ありがたいものもあれば、大きなお世話だなと感じるものもあったり(笑)。

アドバイスというのは、極端に言ってしまえば今自分がやっていることを否定されるっていうことなんです。

だから傷ついたり、イラっとしたり、素直に受け入れるのが難しかったりすることもありますよね。


人によって違うことを言ってきたりもするから、全部を受け入れることもできないし、

かといって全く聞き入れないのも自分にとってプラスにならなそうだし・・・。


僕自身も、他人からのアドバイスに悩まされることもあれば、助けられたこともありました。


そんな感じで、アドバイスって自分の中でどう落とし込めばいいか迷うこともあると思います。

そこで、僕なりのアドバイスの処理の仕方を考えてみました。



まずズバっと言っちゃいますが、


【他人からのアドバイスの大半は聞かなくていい】


です。


その理由を書いていきます。



理由その1: アドバイスをしたがる人は「自分に自信がない人」


頼んでもいないのにやたらと人にアドバイスをしたり、

人のことをジャッジしたがる人っていますよね。

その根底にあるもの(心理)は「自信のなさ」なんです。

自分に自信がないから、人にアドバイスをすることで

「自分には知識や経験があるんだ」、「自分はこの人より上だ」

って優位性を感じて、自分の劣等感を解消したいんです。


よく「あなたのことを思って」、「あなたのために」とか言ったりしますが、

それは劣等感の解消だということを見せないための聞こえのいい建前、

もしくは「自分は人の役に立ってる」という実感を得たい承認欲求の表れです。

自分に自信がない人ほど、

自分は役に立たない、

劣っている、

価値がないと思ってしまいがちで、

自分を認められないんです。

だから人にアドバイスをするということが、自己肯定のツールになってしまっているんですよね。


本当に他人のことを思っている人というのは、

相手に対する「尊重」があります。

だから、一方的に自分の意見を押し付けるのではなく、

まずは相手のことをちゃんと知ろうとするはずなんです。

そのために相手の話を聞こうとするはずなんです。

そうしないと本当にその人に必要なことは提示できませんからね。


その人が何を求めていて、何を必要としていて、

どういうタイミングでどう言えば一番伝わるか、理解してもらえるか。

その上で、

自分の意見にはきちんと根拠があるものなのか、

否定するだけではなく適切な具体案が出せるのか、

本当にその人が望んでいることのためになるのか、

そういうのをちゃんと考えてくれるはずなんです。

それが本当に「相手のことを思う」ということであり、

いわゆる「愛のあるアドバイス」ということになります。

いいアドバイスかそうでないかを見分ける時にもこのポイントが役立つと思います。


もし誰かに意見やアドバイスをもらいたいと思ったら、

自分のことをよく理解してくれている人、

よく見てくれている人、

きちんと自分の話を聞いてくれる人、

自分が心から信頼している人、尊敬している人

に求めるといいと思います。



理由その2: 人の意見はあくまでその人の「一意見」でしかない


人はそれぞれ、自分の考え方や意見や好みがあります。

それは一人一人、全く違うものです。

ある人が「黒」と言っていたことを、別の人は「白」ということもあります。


よく言われるパターンとしては、

「そんなんじゃ成功しないよ。もっとこうした方がいいよ」

みたいなのが多いんじゃないかと思います。

それが実際に成功して結果を残している人だったり、

その業界で仕事をしている人から言われたら確かに説得力ありますよね。


でも、例えそういう人の意見だったとしても、

それもその人の「一意見」なんです。

あくまでも、その人が経験したり、感じたり、見てきたものを、

その人なりに解釈してできた思考から生まれた意見。

同じ立場の人でも別の人は別のことを言うこともあるかもしれない。

もしくは、今まではそれが常識だとされて多くの人がそう思っていたことが、

覆ってしまうことだってあるかもしれない。


そもそもその人とあなたは別の人間。

同じことが当てはまるとも限らないし、

同じことをして成功するとも言い切れないわけです。

もちろん、それがあなたにとって有効的な場合もあると思います。

でも、"あなたが"どうすれば成功するかっていう絶対的なものは、

誰にも分からないし、誰も正解を持ってないんです。



理由その3: 正解を持っているのは自分


やたらといろんなアドバイスを受けると、戸惑ってしまったりしますよね。

人から「こうした方がいいよ」と言われても何か腑に落ちなかったり。

結局のところ、自分にとっての正解を持っているのは自分しかいないんです。

逆に言えば、他人はあなたの正解を持っていないんです。

あなたが「どうあるべき」かは、あなたにしか決められないんです。

だから一番大切なのは、しっかり自分の頭で考えること。

そして、自分の意見や自分のやりたいことを持つことです。


他人の意見を聞きすぎると、比較をしすぎてしまって自分がブレます。

自分の思っていたことと違ったりすると、不安になったり戸惑ったりします。

また、他人の意見をただ聞いて「そういうものか」と鵜呑みにするだけでは、

自分の中で落とし込めないし、納得も出来ないし、身に付かないので、

そもそもあまり意味がないです。

「どうしたらいいか」ではなく、「どうしたいか」を優先してみてください。


自分にとっての正解は、

自分が「楽しい」と思うこと、

魅力を感じること、

やってみたいと思うこと、

ウキウキ・ワクワクすること、

それでいいと思います。

そうすると自分を信じられるので自信も持てるようになってきます。

自信が持てると余裕が出てくるので、

本当に他人の意見が必要な時にも冷静に受け止められます。




・・と、色々と書いてみましたが、

言ってしまえばこれも僕の一意見です。

ここに書いたアドバイスを受けるか受けないかは、あなた次第です(笑)。


----------------------------------------------------
東京でボイストレーニングなら、個人レッスンのワイドボイス

読者になる
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
このたび、「東京カラオケグランプリ2016」という大会で、

審査員をさせていただくことになりました!


この大会は、カラオケ評論家の唯野奈津実さんが総合プロデュースをされています。


唯野さんとは以前「お願いランキング」の撮影の時に審査員でご一緒したつながりで、

今回僕の方にお声をかけていただきました。


新宿にある区民ホールで、100組が出場する大会です。

賞が20賞以上も用意されていて、優勝者などには賞金も出るそうです!


6月からエントリー開始になりました。

歌が好き、カラオケが好きという方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。



募集要項の詳細は、以下の公式サイトをご参照ください。

http://karaokeboxaward.com/


----------------------------------------------------
東京でボイストレーニングなら、個人レッスンのワイドボイス

読者になる
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。