埼玉県の注文住宅 新築 リフォームなら「原価で建てる自然素材の家」 「外断熱の家」 (有)埼玉建築職人会

埼玉県の注文住宅 新築 リフォームなら「原価で建てる自然素材の家」 「外断熱の家」 (有)埼玉建築職人会にお任せ下さい。こだわりの家を腕の良い職人が工事します・・・・・・


テーマ:

こんにちは。

埼玉県の注文住宅 新築 リフォームなら「原価で建てる自然素材の家」「外断熱の家」(有)埼玉建築職人会 にお任せ下さい。


昔は水道配管に鉄管を使用していました。鉄管は20年もすると中がサビだらけになってしまい、水道の出が悪くなると同時に、少しずつサビが食卓まで運ばれるのです。


今日は朝から再生紙をメモ帳として生き返られていました。
050912-1

050912-2

勤めていた頃はアシスタントが作ってくれましたが、今では経費削減のために自分でつくってます。
もっとも勤めていた会社の社長は、経費削減だ!環境問題だ!・・・などといいながら最高級のセルシオに乗っていました。私にはそんな高価な車は必要ありませんので、その時点でとても大きな経費削減に成功しています。


おっとまた話しがそれる(汗”)・・・そうだ、今は水道管の話ですよね!


メモ帳を作ったあとは、水道管を取り替えている現場確認。
この現場は、築30年以上経つお宅ですが、愛情がいっぱいつまったお宅なので、長く住みたいものですよね!
しかし今回は、水道から水が出る勢いが極端に悪くなってしまい、切断してみると・・・
なんと!見てください。下の写真のように配管の中身はサビがギッシリとつまってしまっています。

Before
050912-3

そして古くなった配管は、新しいポリエチレン管(さびない)に交換し、一安心です。

After
050912-4

このお宅はタンクの手洗い部分から水がまったくでなかったのが、下の写真のようにしっかりと出るようになりました
050912-5


水道の配管が老朽化するのはよくあることなので、他の現場も参考に載せておきます。
下の写真は他の現場のものですが、この現場はまだ築15年程度なのにもかかわらず、写真のように既に腐食が進行しています。
050912-6

そしてなんと!築15年しか経っていないのに既に配管の内部にはサビがこびりついているのです。

このサビた配管内を生活用上水道に使っていると思うとゾッとしますよね。

↓ボロボロの給水管↓
050912-7

平成26年8月25日再チェック済み。

今でも古い住宅では水道管に鉄管が使われて、その後何もメンテナンスをされていないケースが多々あります。何かあったときにいきなり水道が使えなくなると非常に困るので、事前にメンテナンスされることをお勧め致します。

AD
いいね!した人

家造り職人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。