• 22 May
    • 同時進行

      ● 同時進行 私の性格的なことですが、 一つをもくもくやっていると 飽きてしまいます。 どうせやるなら、同時にいろんなことが 進んでいる方が楽しいと思うようになりました。 なので、今では、仕事もプライベートも、 ボランティアなどなど、 いろんなことが同時に進んでいます。 学生のころと違って、 一つのことに集中したくても 1日中そのことだけに没頭してていい という贅沢な時間はなくなってしまったので 仕方ありません。 一つのことに集中したくてもできないのなら、 考え方を変えて、同時にいろんなことが 進んでいる状態なら、今までより楽しくなります。 中には進まないこともあるかもしれないですが、 それでも、少しずつでも何かしら進みます。 たとえば、勉強を進めるにしても、 勉強のことだけ考えていればいいという 時間は1日のうちでなかなか取れません。 ならば、細切れ時間を活用してでも、 少しずつ進めることです。 同時進行の一つに組み込んでしまえば、 自然と勉強も進みます。 1日まとまった時間が取れないと 頭をかかえる前に、 そもそもそんな時間は取れないと 開き直ってしまうことです。 そして、ときには1日かけて じっくり勉強してもいいので、 一気にやってしまおうと思わすに、 少しずつ進めて行きましょう! 少しずつの継続がうまくいくコツです。

      5
      テーマ:
  • 04 Apr
    • たくさんのことを短期間で記憶する方法

      ● たくさんのことを短期間で記憶する方法 こんにちは、酒井です。 一級建築士試験では、覚えることがたくさんあって、 きっと嫌になっている人もいることでしょう(笑) わたしも嫌になった一人だったのでよく分かります。 でも覚えないと合格出来ないし、 今までやって来たことが無駄になってしまうので、 できるだけ無駄なエネルギーをかけずに 覚えてしまいたいですね。 では、短期間でたくさんのことを覚えるために どんなことをするか? 簡単ですが、 注意事項が一つあります。 暗記に頼ると失敗します(笑) 暗記しようとしても覚えられる 「限界」 というのはあるので無理が来ますよね。 ではどうするか? 答えは、 「正攻法で行く」です。 とにかく当たり前のことですが、 正攻法です。 私がお伝えしている正攻法という答えは、 暗記ではなくて、ひとつひとつ理解しながら進む。 です。 どうです、当たり前すぎるでしょう。 暗記しようとしているから 無駄な時間を過ごすことになるのです。 ですから、覚えるというより ちゃんと理解しようとすることです。 頭を使わないで、テクニックに走ろうとすると 失敗するパターンにはまってしまうんですね。 頭を使うところはちゃんと使って、 一級建築士としてのトレーニングをしましょう!

      14
      テーマ:
  • 20 Mar
    • スケジュールどおりにできない2つの理由とは?

      ● スケジュールどおりにできない2つの理由とは? こんにちは、酒井です。 試験まで残された時間は限られています。 時間を有効に活用するためには、 スケジュールを立てることだと思ってませんか? 半分は正解です。 スケジュールを立てる前に、 あることを知っておく必要があります。 それは、ただ日程表を作り勉強スケジュールを立てても うまくいかないということです。 なぜなら試験までは期間がありませんが、 残されたわずかな時間でも 試験力が伸びる時期でもあるからです。 試験力がついてくるので、 作業効率が飛躍的に増えて行きます。 やることがたくさんあるのに、 計画を細かく作ってしまったら 日程表とにらめっこになってしまって、 スケジュール通りに進まないものです。 スケジュール管理で動くのが好きな人は、 おおいにやるべきだと思いますが たいていの人はスケジュール通りに出来ません。 苦しくなるだけで時間が過ぎてしまいます。 なぜうまくいかないことが多いかというとスケジュールには、 人の感情を記入する項目がないからですね。 感情に左右されてしまう、 そして 試験直前まで試験力はどんどん伸びていくからです。 成長率が計算しにくいからです。 スケジュールを立てるな! と言ってるわけではなくて、 やり方を見直してみて欲しいから言ってるんですね。 もちろん解決方法はあります。 試験まで時間がないときには 「やることリスト」だけを作成します。 これから何をするのか? という具体的な行動リストを作り、 やれるところをコツコツやります。 そして、試験前は質も重要ですが、 直前期には数多くの問題に当たる量をこなすことです。 試験が直前に迫っているときは、 小さいところにこだわりすぎると 全体を見失ってしまうおそれがあるので、 量をこなしながら全体を総括するつもりで取り組みます。 小さい2割に集中するのではなく、 大きな8割の部分に焦点を当てることで 得られる成果が大きくなるんですね。 やることリストを作り、 コツコツ量をこなすようにしてみましょう。 ポイントは、 ◯月◯日◯◯をやる というスケジュールを立ててはダメです。 いつぐらいまでに、 この問題集を3回とくとか、 参考書を2回読むとか 具体的な量で目標を立てると 日々のプレッシャーにやかれることなく 勉強に集中できます。 逆に調子の良いときは、 どんどん進んでいいわけです。 でさまた!

      12
      テーマ:
  • 07 Mar
    • 今からはじめよう!

      ● 今からはじめよう! こんにちは、酒井です。 3月は一級建築士試験でいうと 勉強のスタートの時期としては、 はっきりいって遅いです。 まだはじめてない人は、 少し焦った方がいいかもしれません。 でも、安心してください。 受験生当時の私は、 まだ勉強をはじめてませんでした。 いえ、参考書を買ったりしていましたが、 実際の勉強はというとはじめていませんでした。 問題文を読んでもチンプンカンウンでしたから。 そろそろはじめようかなと思っている人は 少し遅いかもしれないですが、 試験に対する感度がいい人ですね。 この時期で、まだ大丈夫だ! と思ってる人がいるとしたら、 スタートするなら1日でも早い方がいいということを お伝えしておきましょう。 今日から、今からはじめよう! と思った人は、 ちゃんと勉強をスタートできるので、 これから順調に勉強を進めていくことができるでしょう。 いや、もう少ししてからでも大丈夫と思った人は、 後ろの方に大事なことを持ってくるタイプですね。 それだと今年の試験に間に合わなくなります。 とにかく、はじめる「きっかけ」を見つけて 少しでもいいので手を付けることが大切です。 この記事を見て、そうかよしこれからはじめよう! と思った人は、今すぐ小さな一歩をしてみましょう。 ではまた!

      6
      テーマ:
  • 24 Feb
    • 2割8割の法則

      ● 2割8割の法則 ある本で読んだお話です。 タイトルは忘れてしまいましたが、 大きな8割を取れば、 残りの2割もカバーできるというもの。 それは、一級建築士試験の話ではなくて ビジネスでの話でしたが、 試験勉強も同じことが当てはまると思ったので 今回お伝えすることにしました。 私は、いつも過去問をできるだけ早い段階で 攻略してしまおうとお伝えしています。 あれもこれもと問題集や参考書に手を出して勉強するよりは、 過去問を先に勉強してしまった方が 結果として効率が良いからですね。 過去問では、試験全体の8割の領域を カバーできるわけではありませんが、 一番手っ取り早く結果が出やすいのが 過去問題を攻略することです。 他の参考書や問題集をやるよりは、 今まで出題された問題を攻略することで、 ほぼ試験範囲のおよそ60%から70%をカバーできます。 全部ではなくても全体的にカバー出来るということですね。 中には、過去問だけでは足りないという方もいらっしゃるでしょう。 それはよく分かります。 しかし、過去問すら出来ていないと 試験の基礎を勉強していないことにもなります。 試験全体をカバーするためには、 まず底辺となる基礎を固めることですね。 それには、とにかく過去問題を 早い段階で攻略してしまいましょう。 ● 一級建築士試験合格のためのワーク あなたはどの程度、過去問を理解していますか? 「○月○日現在、過去問達成率○○%」と書いておきましょう。

      11
      テーマ:
  • 17 Feb
    • どこから勉強をはじめるか?

      ● どこから勉強をはじめるか? こんにちは、酒井です。 一級建築士試験において、 どこから勉強を始めたら良いのでしょう? 試験勉強にターゲットを絞って考えると、 まずは 「目標設定をする」 ことから始めることをお勧めしています。 いきなりテキストを読んでもダメです。 一級建築士試験は、 近年になってさらに難関試験となって来ました。 合格するためには、 ちゃんとした知識の積み重ねが 必要になります。 ここでいう「ちゃんとした」とは、 「点数の取れる」ということです。もちろん。 ここできちんと目標を設定することで、 あらためてやることが明確になります。 ・あなたは、なぜ一級建築士になりたいのですか? ・あなたは、今年一級建築士を取得する必要がありますか? ・一級建築士に合格したら何をしたいのですか? 一生懸命勉強していると、 いつも「なぜ?」という言葉が浮かびます。 試験勉強をする理由を明確にすると この「なぜ?」という疑問に答えることが 出来るようになります。 何も考えず勉強をたんたんと継続して 勉強するのは難しいものです。 きっと辛いと感じる方もいるかもしれません。 勉強が好きなら問題ありませんが、 仕事やプライベートが忙しくて、 じっくりと時間が取れない受験生もいると思います。 時間があってきちんと勉強すれば、 満足のいく結果を出せる 実力を持っている方人は多くいます。 だいたいの人は、じっくりと時間をかけて勉強すれば 誰でも点数が取れるようになるでしょう。 でも、一級建築士試験を受験しようとする人は、 何かと忙しくて試験勉強に集中して 取り組めない人が多いのも事実です。 これから勉強するのに大切なことは、 目標設定を明確にすることです。 ではまた! 酒井

      5
      テーマ:
  • 16 Feb
    • 不合格になる人の共通点

      ● 不合格になる人の共通点 こんにちは、酒井です。 不合格になる人は、 簡単にいうと合格することを 「決めていない人」です。 当たり前のことですが、 合格すると本気で決めていない人は、 不合格になってしまいます。 合格する意識が低くて、 何となく勉強しているので 「不合格」という結果を作ってしまいます。 合格するというセルフイメージが出来ていないので、 集中して勉強することもなく受験を終えてしまいます。 また、決めていないので 自分自身を客観的に判断することが出来ません。 自分はこんなに頑張って勉強しているのに、 何で点数が取れないんだろう? (ほとんど勉強してないのに 不満ばかり言っている状態・・・) となるわけです。 こんなときこそ 自分に問いかけてみるとよいでしょう。 本気で合格すると決めてますか? あなたは、どうですか? 先が見えないのに決めるのは、 不安なものですが、 とにかく「やる」と決めないでいるのもいけません。 やることがすべて中途半端になってしまいます。 とにかく、今日から今から合格すると決めてみましょう。 ではまた! 酒井

      5
      テーマ:
    • 一級建築士とコミュニケーションスキル

      ● 一級建築士とコミュニケーションスキル 酒井です 一級建築士試験に最短で合格して、 一級建築士、建築家として活躍している人の多くは、 コミュニケーション・スキルが高いです。 頭が硬くて、頑固な人って合格が難しいです。 何だか近寄りたくないですよね。 そいう人って、見た目として好きになれません。 性格も頑固だと嫌になってしまいます。 優しく声をかけても、 かみついてきたりするので ガッカリします。 人と接するのが嫌いなのか、 一人が好きなのか、 建築家はこうだ! みたいなカッコつけてるのか 良くわかりませんが、 とにかく話しも出来ません。 なので、人と接することが苦手なので、 結果として損をしていることが多いです。 それは自分勝手な解釈をしていて、 要領が悪いからです。 人の意見を聞かないので、 成長することが出来ません。 コミュニケーションスキルがないと、 一級建築士になってもうまくいきません。 すごい有名な建築家になればなるほど、 人格がすばらしくて応援したくなります。 どこか頭のネジがズレていて、 カッコつけている人は、 すぐにバレてしまいますよね。 表面的なものでは隠せません。 それに、ついて行きたくないです。 では、コミュニケーションスキルが高くて 嫌われない建築士になるにはどうするか? コミュニケーションスキルを高める基本は、 「人の話に耳を傾ける」です。 自分勝手は良くありません。 空気の読める人になる必要があります。 あなたは話の分かる人だ! あなたに相談したい! と言われるのが理想です。 あとイライラしたり、 ガティブな人も嫌われるので ご注意くださいね。 ではまた! 酒井利美

      4
      テーマ:
  • 10 Feb
    • 基礎トレーニング

      ● 基礎トレーニング こんにちは、酒井です。 一つのことで大きな成果を上げ続けるには、 楽しいことばかりではありません。 ときには苦しいこともあります。 楽しいときも苦しいときも含めて 試験勉強を楽しめるかどうかです。 苦しくて険しい、 または退屈なこともあります。 楽しい分だけ、 楽しくないことの反動も大きいということです。 しかし、継続してやり続けないと 大きな成果を得ることはできません。 成果を得るために必要なことは、 勉強テクニック と 基礎トレーニングです。 ほとんどが基礎トレーニングと言っても 過言ではありません。 基礎ができていないと伸びるものも伸びません。 建物の基礎がしっかりしていなければ、 大きな建物が建たないのと同じことです。 基礎トレーニングというのは、 退屈であきてしまうこともあります。 ですが、そのおもしろくない基礎トレーニングを 嫌々ではなくやれたらどうでしょう? 楽しく継続して取り組めるかどうかが、 その後に大きな成果をもたらします。 基礎トレーニングを、辛いものと決めつけずに 将来につながる一歩になると信じて取り組んでみることです。 基礎トレーニングを続けると、 個人差がありますが、 あるとき霧が晴れたように伸びる時期がやって来ます。 そのときまで我慢強く 基礎トレーニングを続けることができるか? ということが成果の分かれ目になります。 一級建築士試験での勉強が、 おもしろくない、辛い、と感じるなら 一級建築士に向いてないかもしれません。 嫌いなことに時間を費やすのは もったいないことですね。 また、嫌いなことを強制的にやる 義務もありません。 おもしろいな! と思える瞬間まで、 とにかくやり続けてみることです。 あきらめずに歩き続けたら 人生を大きく変えてしまうような 新たな流れがやって来るかもしれません。 もう少しだけ頑張ってみましょう。

      5
      テーマ:
  • 25 Jan
    • ニューヨーク歴史的豪雪で雪かき姿がカッコいい【画像付】

      ニューヨーク歴史的豪雪で雪かき姿がカッコいい【画像付】 こんにちは、酒井です。 日本も大寒波ですが、ニューヨークでも大雪らしい。 ニュースを見ていたら同じ雪かきでも、 ニューヨーカーがしてるとカッコいい! ディザスター映画を見てるみたいです。 山間部なので当たり前ですが、 裏磐梯もかなり雪が積もりました(^^) スキーに来るみなさんは楽しそう!

      10
      テーマ:
    • 1日のノルマを決めずにトコトンやってみる!

      ● 1日のノルマを決めずにトコトンやってみる! こんにちは、酒井です。 一般的に今日は○○ページやるぞ! とスケジュール通りに勉強をはじめるそうです。 スケジュールを立てるときは、 無謀にも1日20ページとかで計算してしまいます(笑) 1冊の参考書が1週間で終わってしまう。 そんな計算どおりに勉強が進んだら問題ありませんが、 だいたい予定通り進むことがあるでしょうか? 問題が難しくてつまずいたり、 理解できなかったり、 疲れていたりする。 はじめに立てた予定通りには 行かないことが多いのではないでしょうか。 もちろん私も予定通り進まないタイプの一人です。 自慢しても意味がないですが、 だからこそ言えることがあります。 予定通り勉強するな!ということです。 一般的な勉強法と真逆のことを言ってます。 凡人の勉強法は、予定通り勉強してはいけないのです。 そういうことは、 いつもまじめでマシーンのようにスケジュール通り ちゃんとこなせる人に任せておきましょう。 凡人の勉強は、勉強したいだけすればいいということ。 最初から制限なんてないですし、 やりたいだけやるんです。 だいたい勉強が楽しくなってくると、 途中で止める方がもったいなくなります。 ただ勉強している1時間と、 夢中になって勉強している1時間は、 クオリティが全く異なる1時間です。 勉強したくなるスイッチが入るまでは、 最低限の勉強ですませておいて、 勉強のスイッチが入ったらどんどん勉強をしてしまいましょう。 最初から1日のノルマを決めないでトコトンやってみることです! 勉強をトコトンやった1日を どんどん積み重ねていったら、、、 すごいことになります。

      4
      2
      テーマ:
  • 22 Jan
    • ベッキーと川谷のLINEがまた流出?? センテンススプリング!って何?

      ● ベッキーと川谷のLINEがまた流出?? センテンススプリング!って何? こんにちは、酒井です。 ニュースを見ていたら気になる記事が。 ベッキーの記事です。 子どもたちも私もですがベッキーは好きです。 ニュースが出るまでは・・・ ニュースが出ても嫌いにはなりませんが、 いろんなニュースがとびかってすごいことになってます。 個人的に、本人たち次第だと思うのですが、 しばらく続くんだと思いますが。 とりあえず、ラインの記事が流出するってどういうことって思います。 誰かが故意に作っているのかもしれないです。 いずれにしても不明ですが。 センテンススプリングって意味が分かりました。 雑誌の文春のことだったと。 文ってセンテンス、春ってスプリング。 なるほど!

      6
      テーマ:
    • どこで勉強するかで合否が変わる

      ● 「どこで」勉強するかで合否が変わる こんにちは、酒井です。 一級建築士試験を勉強するために、 あなたはいつもどこで勉強してますか? 少し時間をとって考えてみてください。 どこで、勉強すると効果があがりますか? どこで、勉強すると集中出来ますか? どこで、やると一番勉強ができますか? どこで、勉強すると落ち着きますか? どこで、勉強するのが居心地がいいですか? さあ、あなたは「どこで」勉強しているでしょう? みなさんは、これから建築士になろうという人ですから、 勉強する環境のことも知っておかなければいけないでしょう。 どこで、勉強すると合格できるのか? 頭が良くなる勉強場所と言ってもいいかもしれませんね。 ただ、みなさんは仕事をしている人がほとんどだと思います。 中には休業中の人もいるかもしれないですが、 とにかく忙しい人が多いと思います。 その中で勉強する時間を確保シなければならないとしたら、 睡眠時間をけずらないとダメなのででしょうか・・・ 睡眠時間を削り過ぎると勉強する前に 集中力がなくなったり、 やる気がおきないのでオススメできません。 ではどうするか?ということですが、 「どこで」イコール「どこでも」 を習慣づけるといいです。 1日のうちで勉強する机にどのくらいの時間 座っているでしょうか? だったら、座っている時間は少ないと思います。 すると、勉強机に座らないと、 いつまでたっても合格できないです。 仕事は忙しい、机に座れないとなると いつまでたっても合格出来ません。 ここで、発想の転換が必要です。 机に座って勉強するということから、 どこでも勉強できるように変更することです。 外に出ている時間で、あいた時間を勉強に当てます。 外出するときに、参考書や問題集を持って行って、 時間があれば見て問題を解くようにします。 細切れの時間を活用してみてください。 おどろくほど勉強時間が増えて効果が上がります。 家でしか勉強してない人は、 一度やってみてください。

      3
      テーマ:
  • 21 Jan
    • 効果のある学習とムダな学習の違いとは?

      ● 効果のある学習とムダな学習の違いとは? こんにちは、一級建築士の酒井利美です。 最初に大切なことをお話ししますが、 効果のある学習は、何度も反復して学習を進める方法です。 何度も同じことを繰り返して覚えてしまう学習方法です。 おそろしいのは何度も繰り返していると、 勉強とは関係のない無意味なことや興味のないことまで 覚えてしまえることです。 そして、記憶を積み上げていくことは大切なことです。 しかし、ただ単純な反復学習をしているだけでは、 集中力がなくなり、反復学習しているようでも 頭にぜんぜん入っていなかったということがあります。 たんに記憶するだけという状態になると、 集中力や注意力も散漫になってしまいます。 興味がないことは覚えることには 限界があるということですね。 私たちが勉強しているのは建築です。 一級建築士になるための勉強をしています。 建築に興味がない人がいるでしょうか? 建築に興味があったとしても、 苦手だなと感じる人がいるかもしれません。 試験の一部に理解しにくい難解な部分が含まれていると 試験全体が難しいものという認識になってしまいます。 ほんの少し苦手なところ、 不得意なところがあるだけで、 試験は全体的に難しいとなってはいないでしょうか? そこで必要になるのは、好奇心です。 興味を持って勉強すること、 そして、反復学習をすることです。 何度も反復すると自然と覚えてしまいますが、 単調なことになると飽きてしまうので、 常に興味を持って勉強に取り組めるように 工夫するのがポイントです。

      4
      テーマ:
    • 新国立競技場・隈研吾氏がザハ・ハディド氏からパクリ騒動

      ● 新国立競技場・隈研吾氏がザハ・ハディド氏からパクリ騒動 A案を設計した隈研吾氏の案がザハ氏側から似ていると言われているという。 私は詳しくはわかりませんが、ザハさんとしては何かしら物申したいというところでしょう。 これからも見守りたいですね。

      1
      テーマ:
  • 20 Jan
    • 「住宅を所有したい」が4.1%低下している

      ■ 「住宅を所有したい」が4.1%低下している こんにちは、酒井です。 先日の政府の世論調査が気になります。 家づくりに携わる者ですから、 住宅に対する意識について興味があります。 「住生活に関する世論調査」はこちら http://survey.gov-online.go.jp/h27/h27-juuseikatsu/index.html とくに、 住宅を所有したい意識が 79.0%→74.9%とする者の割合が4.1%低下・・・ では、なぜ所有したいとする割合が減ったのでしょう。 よく読んでみると、 所有する必要はないという理由で最も多いのが 「多額のローンを抱えたくないから」20.9% でした。 それで、 「中古がよい」と答えた人が 戸建てとマンションを合わせて9.9%になっています。 04年調査での3.4%と比べると約3倍近く増加したようです。 個人的な感想としては、、、 車の感覚と似てるなと。 中古車と中古住宅。 車の場合でいうと、私はどちらの車も好きです。 基本的には新車で購入して メンテナンスをしながら長く車に乗るのが好きです。 ですが、状況によって使い分けて乗っています。 住宅も同じような感覚になるのかなと。

      1
      テーマ:
    • 日本は、ザハ・ハディドへの「支払い」を拒否した・・・

      ■ 日本は、ザハ・ハディドへの「支払い」を拒否した・・・ こんにちは、酒井です。 先日こんなニュースが。 2020年の東京オリンピックで使用される予定の 新国立競技場のニュースが気になります。 ザハ・ハディドさん考案のデザインについての記事でした。 こちら http://wired.jp/2016/01/16/japan-refuses-to-pay-zaha-hadid/ 規模も動くお金が大きいと 何かと問題はつきないようですね。 個人的な感想としては、 日本人の設計者で良かったと思ってますが、、、 ひとりごとです。

      2
      テーマ:
  • 19 Jan
    • 自動的に勉強する

      ● 自動的に勉強する こんにちは、酒井です。 勉強するのが好きな人は問題ありませんから、 続きを読まないでください。 私は資格試験の勉強するのが嫌いでした。 建築は好きでしたが、 資格試験のための勉強をするのが嫌でした。 でも、資格を持っていないと建築の仕事が出来ません。 資格一つで人生が大きく変わってしまうと言っても 過言ではありません。 なのでできるだけ苦痛を感じないで 勉強すればいいと思うようになりました。 好きだ、嫌いだと言ってると 勉強が進みません。 ですから、深く考えなくても 自動的に勉強ができればいいのです。 人は自動的になっていると 行動しやすくなります。 できるだけ頭を使わないでいる方が ラクですから。 無理に勉強するなら、 ヤル気がなくなります。 ですが、自動的に勉強ができるなら、 話は変わります。 自動的に勉強することができたら 自然に点数が上がって、 簡単に合格できてしまいます。 頑張る! とか、 無理してやる! という要素がなくなるのです。 自動的に勉強できたら何も言うことはありません。 自動的にするにはどうするかというと、 いつでも自動化してしまう仕組みをつくることです。 一度、自動的に勉強してしまうと仕組みを作ってしまえば、 苦しくもなく、辛くもなく、 勉強できます。 頭にどんどん知識が入ってきて、 楽しくなって来ることでしょう。 それから勉強するのが嫌だったのに 好きになってくるかもしれません。 ですから、今すぐにでも自動化する仕組みを 作っておきたいものです。 自動化する仕組み作りのポイントは、 いつでもすぐに勉強できることです。 いつでも気軽に勉強ができればいいのです。 勉強をはじめるのに手間取ると はじめる前に嫌になってしまいます。 ですからできるだけすぐに勉強をはじめるというか 前回の続きから再開できれば良いのです。 前のところのつながりから再開すれば、 前のことを思い出すことなく すんなりと勉強ができます。 今日は3時間勉強するぞ! 今日は1日中ずっと勉強するぞ! というように意気込んでも 集中力が続かないものです。 それに意気込みがある分だけ、 できなかったときは、かなりヘコみます。 頑張って勉強しようとしても、 仕事の電話が来たりして、 自分の意志とは関係なしに勉強に集中して 取り組むことができません。 なので、今すべきことは、 自動的に勉強できる仕組みを作っておくことです。 私も同時にいくつもの仕事を進めながら、 図面を描いたり、読書をしたり、 このように記事を書いたり、 ときには息抜きをしたりしています。 同時に少しずつ進めるのです。

      5
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 重要事項を簡単にインプットする方法

      ● 重要事項を簡単にインプットする方法 こんにちは、酒井です。 いかがお過ごしですか? 建築関係のお仕事をされている方の多くは いつも忙しいという方が多いと思います。 ですが、忙しいからといって勉強があろそかになると 夢を実現することはできません。 忙しい時こそ勉強時間を大切にしたいものです。 そこで、重要なところがすぐにインプットできたら 無駄な時間を過ごさなくても良くなります。 ではどうするか? ということになりますが、 私がしている方法をご紹介しましょう。 テキストや問題集を「マーキングしながら読む」です。 かなり一般的で当たり前のことですね(笑) でも、1回目から新しくを勉強するときも マーキングしながら読みます。 中には1回目からマーキングすると 全部重要だからと言って1行目から全部に マーキングしてしまう人もいますが、 それはダメです。 文章ではなくてキーワードを中心にマークします。 マーキングは2回目からという人もいるようですが 私の場合は1回目からマーキングします。 1回読んだだけでも重要なところってわかるものです。 マーキングするのは、読みながら手を動かすことになるので 頭に入りやすいので積極的に手を動かします。 マーキングをしすぎて気になるという人は、 私も気になるタイプなので、 1回目は薄い色のマーキングをします。 2回目以降に読んだ時に重要なところに 重ねてマーキングしたり、 アンダーラインをするようにしています。 するとどうでしょう、 1回目でもすぐに重要なところが頭に入って来て、 2回以上読むとさらに頭に入るようになります。 時間がないという人はとくに、 手を動かしながら勉強すると良いでしょう。 酒井

      3
      テーマ:
  • 14 Jan
    • 過去問の論点を理解する

      こんにちは!酒井です。 いかがお過ごしですか? 今日は、晴れて冬ですが 日差しが暖かいです。 さて、一級建築士試験での勉強のポイントとなるのが 過去問題の攻略です。 過去に出題された問題の論点をおさえることは、 たいせつな勉強の一つです。 過去の論点を理解することは、 合格に近づきます。 ですが、いつまで過去問をやればいいのか? というのは難しいもの。 およそ目標にしたいのは、 過去問の論点を90%理解することです。 100%ではなくていいんですね。 100%を目指す勉強をすると 膨大な時間がかかってしまいます。 短期間で合格を目指しているみなさんは、 90%を目標にしてください。 そして、いつまでやるのか?という時期です。 目標とするのは、5月のゴールデンウィークです。 5月までに過去問をクリアしているかどうかで 本番の試験で違いが出ます。 頑張って行きましょう! 酒井

      2
      テーマ:

プロフィール

酒井@建築士

性別:
男性
お住まいの地域:
福島県
自己紹介:
【一級建築士講座】へご訪問いただきまして、ありがとうございます! 一級建築士講座の記事はこちら...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
280517 位
総合月間
217334 位
資格・キャリア
1570 位
学び・教育
3667 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。