みんなといっしょに日本一周

応援してくれるみんなといっしょに、
自転車で日本一周する緑の人の物語。


テーマ:
【天気】くもりときどき雨
【走路】---
【現在地】沖縄県那覇市
【宿泊地】ゲストハウス「アーマン」

【走行距離】---
【総走行距離】---

【話しかけてくれた人】---
【総計】---

【出費】0円
【内訳】---

【特記事項】車に跳ね飛ばされる
【走破地図】---

+-+-+-+-+

昨日深夜に交通事故に遭ったことは速報でお伝えしましたが、
振り返って詳細を記録しておこうと思います。

現在は退院しゲストハウスに戻っています。
ただし、ケガや打撲、頭痛は完治しておらず、痛みに耐えている状況です。


T字路での事故で、自分は当時2車線の本道の広い路側帯を直進、
脇道からノーブレーキで左折してきた車に接触した。

左後方からぶつかられ、右に大きく転倒し10mほど転がる。
肩、肘、頭、腰を強打し、車道に投げ出された。
転倒直後にチャリの荷物が飛び散るのは見えたが、
自分が転がってからはチャリどころではなかった。
とにかく頭を守ることだけに意識を向けて転がる。


加害者と後続の目撃者の通報により、10~15分ほどして救急車が到着。
頭部・体をストレッチャーに固定される。
意識はあり、質問への受け答えもできるがレベルはI-2くらいとややぼんやり。
頭痛と右半身の痛みが強く、たんこぶのあたりから出血があった。


車内から実家に連絡が行ったが、応対した母は一報を聞いて卒倒しそうだったらしい。
俺の携帯の履歴から直接隊員がかけたため、混乱に拍車をかけただろう。


事故から30分ほど経った23時40分頃、大浜第一病院に到着。
すぐに点滴が開始されるはずが、寒さと事故のショックで血管が奥に引っ込み
針を刺せない看護師泣かせの状態が続いた。

先にレントゲン、CTをあちこちから撮る。
このとき、頭がぼーーーっとして眠気を感じるが、寝たら死ぬと言い聞かせた。


1時頃、ドクターから検査結果の説明。
肩、肘、腰、頭すべて擦り傷と打撲で、骨折はなく経過観察とのこと。
傷口の処置をしてもらう。
心電図異常とASTの上昇があり、ドクターから心疾患を何度も疑われたが、
既往歴にもなく全く心当たりがない。とりあえずこれも経過観察。
なお、病院到着時に服は脱がされパンツ丸見え、病衣に着替えてもはだけまくり。
いちごパンツ履いてなくて本当によかった(*´v`*)



1時半頃だろうか、加害者本人と父親が来室。
頭が痛くてぼんやりしているし、その状態で何か話してもだめだと思い
連絡先の交換だけで済ませておいた。


救急外来での受診も一段落し、病室への移動が始まる。
交通事故で緊急入院、付き添いもいない状態なのに、
案内のおっさんが「タオルのご準備は...」とか、「持ち物は...」とか、
配慮に欠けている気がするが、そこで怒っても頭に血がのぼって死んでしまう。


みんなといっしょに日本一周-4
2時過ぎには病室(個室)に到着し、担当ナースに入院案内を受ける。
沖縄の車は乱暴で、人や自転車を見てないことが多いとアドバイスをもらう。
バイタルはかって傷口の確認。部屋に時計がないのが苦しい。


ひとりになってようやく自分から実家に連絡。
母は泣いてるし、父も不安でうわずった感じで話してるし、
心配をかけた分、きちんと病状を説明しておいた。
そのときは、頭の痛みが強いこと、右肩の動きが悪いことが不安材料。


ショックから落ち着いて、とりあえず自分の現状認識をちゃんとしておこうと
部屋の鏡で自分の姿を見てみることにした。


みんなといっしょに日本一周-1
笑顔で写真撮ってるけど、頭ぼーーーっとするし足ふらつくし大変です(´;ω;`)
鏡向かいだから、実際には右頭部と右腰部にキズがある。
病衣の右下腹部の血は、まるで盲腸のようw


みんなといっしょに日本一周-2
笑顔だけじゃなくて、顔をしかめたり口を開け閉めしたり、
顔の皮膚を動かすとひきつれて頭も痛くなる。


みんなといっしょに日本一周-3
腰は10cm大の擦り傷で、地味にじわじわとダメージがある。
そこそこの量出血しているので、服も多少汚れた。赤に黒線のはパンツ。


みんなといっしょに日本一周-5
ショックから立ち直って3時頃からうとうとするが、まだ寝るわけにはいかない。
5時頃まで、交通事故の損害賠償について必死にネットで調べた。
頭ぼんやりなりに、戦う道筋が見えてきたような気がする。



みんなといっしょに日本一周-6
軽傷かどうか、今の時点ではなんとも言えない。
しばらく経って後遺症が出てくる可能性もあるから、交渉は慎重にしていかないと。


みんなといっしょに日本一周-7
トイレは、初回のみナース付き添いで入る。
といっても、目の前でおちんちんびろーん( ^ω^)するわけではなく、
ひとりで個室に入った後はナースは退室、終わればコールしてベッドまで戻る。

立ち上がったり、立ったまましばらくいたりすると頭が痛くなる。
右半身が痛いため、ちゃんとした姿勢が取れないのも不安定。


みんなといっしょに日本一周-8
心電図異常があったこと、交通事故の高エネルギー外傷も考えられることから、
夜間は簡易心電図モニターとSATモニターをつけることになった。
おっぱい丸見えですまん(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-9
自分が看護師の頃、子どもがよく外すので困っていたが、
いざ自分が装着してみると邪魔で邪魔で仕方ない(´;ω;`)



みんなといっしょに日本一周-10
クリニカルパスや看護目標など、患者が治療の流れを理解しながら
医療を受けるというのはここ10年前くらいからの新しい流れ。
電子カルテ化もされているし、近代的な病院だった。


みんなといっしょに日本一周-11
5時になってようやく就寝したものの、鈍痛でうまく寝付けない。
うとうとしたと思ったら、事故の夢を見たりと不快極まりなかった。
(事故そのものは見ないが、夢のなかでも体が痛いなど)


みんなといっしょに日本一周-12
それでも、トータル1時間半くらいはうとうとできただろうか。
痛みを引きずったまま8時の朝食。あったかい食パンがおいしくて完食。
今日からバイトするはずだったお店に連絡を入れておいた。
事故ということで心配されていたが、今後の様子次第で復帰することを伝える。



みんなといっしょに日本一周-13
擦り傷からの感染防止のための抗生剤、痛み止め、胃薬の種類の薬をもらう。
痛み止めを飲めばある程度頭痛はおさまるが、ぼんやりはそのまま続いた。


みんなといっしょに日本一周-14
お風呂にも入っていない、着替えもしていない、
ちょっとした浮浪者状態でナースと話すのに抵抗を感じるお年頃。
病衣がはだけて毎回パンツ見えた状態で応対するなんて変態紳士( ^ω^)


みんなといっしょに日本一周-15
58号線沿いにある病院は、窓からオーシャンビューが一望できる。
個室入院料が1泊21000円と高額なのもうなずける。ちなみにルカは3万円!!!


みんなといっしょに日本一周-16
窓は自殺・転落防止のため10cmくらいしか開かない。


みんなといっしょに日本一周-17
眼下には病院の施設一部である人工の滝が音をたてていてきれい。


みんなといっしょに日本一周-18
整形外科のドクターの診察。右肩の痛みを診てもらった。
骨折はないけど、痛みが続くようなら退院後も外来受診するようにとの指示。

その後、警察と保険会社の人が来て、事故当時の状況確認。
相手が一時停止や安全確認をしていないことが原因で、
こちらは走行車線・ライト灯火など全く非がないから、その点はちゃんと主張した。



みんなといっしょに日本一周-19
腰の傷も、止血剤入りのガーゼ・テープのおかげでだいぶマシになった。
服に擦れたり、座って圧がかかったりするとまだ痛いけど。


みんなといっしょに日本一周-20
退院するかしないかは自分で決めていいとのことだったので、
悩んだ末退院することに決めた。自宅でのんびり療養したい。


みんなといっしょに日本一周-21
薬剤師さんから退院薬(さっきの薬)の飲み方の詳しい説明があった。
沖縄はおくすり手帳に首里城が載ってる!!!


みんなといっしょに日本一周-22
退院手続きに時間がかかるため、お昼ごはんは食べて帰ることにした。
筑前煮とみそ汁、白身魚の何かだった。
白身魚とホタテと鳥の胸肉をまぜたような不思議な食感(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-23
退院後警察署に戻って大破した自転車を受け取る。
ブレーキやホイール、サドル、バッグなど至る所に不具合がある。早く修理に出したい。

ここが事故現場。血や破片などはなかった。
何気ない景色のはずなのに、事故当事者にとっては地獄のように見える。


みんなといっしょに日本一周-24
その後、バイト先に顔を出して少し話をしたり、
チャリの修理見積もりで東奔西走したり。
ゲストハウスに帰宅後、オーナーさんがみんなに特製おじやをふるまってくれた。

修理見積もりがなかなかうまくいかない。
チャリ本体にもいくつか損傷はあるのに、そのチャリのメーカーがマイナーなため
沖縄県内では取り扱いがなく、見積もりに組み込めないという。

土日は保険会社が休みだから、週明けに改めて相談する形になるが、
代替の新車購入か、現状の打開案かを提示してみるつもり。



+-+-+-+-+

幸か不幸か骨折や脳・内臓の異常は今のところなさそう。
今後、肩の痛みや頭痛はどうなってくるかはわからないが、
可能な限り正当な補償を受けられるよう勉強したいと思う。
旅の継続、そして自分の将来的な健康のために。
AD
コメント(6)  |  リブログ(0)

けんちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。