みんなといっしょに日本一周

応援してくれるみんなといっしょに、
自転車で日本一周する緑の人の物語。


テーマ:
前半では浮御堂や堅田の学校エリアをご紹介してきた。
後半では町の中心部をじっくり見に行くことにしよう(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-1
おばけやなぎが連なるニューロードのアパートには、
そのとき旬なタレントの交通看板がある。スギちゃんもどっかで見かけた。


みんなといっしょに日本一周-2
堅田は模型オタの心も満たしてくれる。
ミニ四駆やガンプラ、軍事系のプラモのお店。
入ったことないけどファンは多いらしい。


みんなといっしょに日本一周-3
駅前に向かう途中のマンションには自衛隊の案内所。
中学の頃から180cmあった俺様も勧誘を受けたぞ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-4
同じマンションの違う側面。
20年前は鈴鹿屋というおしゃれ雑貨屋さんがあって、
男子はエスパークス、女子はかわいい系のを買って学校で自慢するのが楽しみだった。
ねりけし、バトルえんぴつ、マンガつきのノート...
大人が見たらなんでもないものでも、子どもにとっては楽しみで仕方なかった。


みんなといっしょに日本一周-5
堅田の人口増加の象徴(だと思っている)、ラヴェスト大津。
マンション群が5番館くらいまである。
ここに越してきた子とは隣の公園でよくケンカしていたが、
その後はみんな仲良くなって一緒に家に行ったりしていた。



みんなといっしょに日本一周-6
堅田でいちばんうまい中華料理といえば『宗八』。
安くてボリュームがあってびっくりするほどうまい。
改装される前は店内を犬がうろつくオゲレツスポットだった。
それでもうまいから客足が絶えなかったが、きれいになってカップルも良く入る。

デートで中華や定食屋を嫌う奴は帰れと思う(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-7
父がやってたやきとり大吉。今は辞めて違う仕事をしている。
大阪で5年、それから堅田に越して20年、膳所に移転して4年。
当時は堅田はスーパーや飲食店など何もない場所で、
今ほど人がいない、片田舎の平凡な町だった。

人口増加に伴い人が増え、駅前の好立地ということもあり
仕事帰りや休日の語らいに利用していただけることが増えた。
堅田駅近隣には他の居酒屋が皆無で、現在は違う方が引き継いで店をやっている。


みんなといっしょに日本一周-8
そのお店のはす向かいは、今は自転車屋、昔は本屋さん(扶桑書店)だった。
建物自体は昔のままでけっこう広く、ここで参考書やマンガをよく買っていた。
本の注文をした際「絶版したけど中古ならどこかにあるかもしれない...」と言われ
当時は悔しい思いをしていたが、その後ブックオフやヤフオクの登場により、
絶版本や希少本を手軽に入手できるようになった喜びは計り知れない。



みんなといっしょに日本一周-10
グループや家族連れ、ちょっと豪勢に中華を食べたい場合は王将へ。
といっても安いし大衆向けだからじゃんじゃん来いよ(*´v`*)
不定期で餃子半額デーがあり、天外で特設テントが立てられ
持ち帰りの生餃子を買うための行列が駅まで続く。
その日は堅田中の家から餃子のにおいがしてくるからもはや祭りのよう。



みんなといっしょに日本一周-11
堅田のおばはん御用達のおしゃれスポットしまむー(*´v`*)
お向かいにはライトオンがあり、ここの通りは堅田の原宿と言ってもよい(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-12
昔住んでたアパート(*´v`*)
今の実家(戸建て)に越してくる前、2,3年の間だけこちらのアパートに住んでいた。
当時まだ幼稚園の年少年長だったから仕方ないとはいえ、
隣に住んでいた犬のお姉さん(お姉さんは人間だが犬を飼っている)の
年齢も顔も何も覚えておらず、犬を飼ってたことしか記憶にない(・`д・´;)


その割に部屋の間取りや調度品などは詳しく覚えているし、
庭にザリガニや金魚の死骸埋めたこともくっきりと思い出せるw


みんなといっしょに日本一周-13
アパートの真ん前に老人福祉センターがあり、
家の前で遊んでたらジジババによく声をかけられた。
駐車場でおかんと野球して何度もボールを屋根に乗せて無くした。
さすがに今は残ってなかった。


みんなといっしょに日本一周-14
みにちゃんの臨終の際にお世話になった動物病院。
心臓の鼓動がおかしくなり、呼吸も怪しい状態にもかかわらず、
呼んだらしっぽ振ってくれるしトイレも最後までおりこうにしていたみにちゃん。


一度入院したがもはや寿命で延命は望めず、最期はおうちで看取った。
亡くなったときの顔が安らかな笑顔で、家族一同ほっこりした涙でお空に見送った。
うちの子に生まれてきてくれて本当にありがとう(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-15
30分でサーキットトレーニング(おばはん向けのゆるいやつ)するとこ。
全国各地にある。うちのおかんが運動に興味を持ち出したきっかけになった。


みんなといっしょに日本一周-16
数少ない駄菓子屋。こぎれいで大人もよく来ている。

昔は小学校近くの裏道(というか人の家の脇をどんどんすり抜けるような場所)に
『きんごろう』という駄菓子屋があった。たぶん名前は誰かの後付けだろう。
6畳くらいの汚い和室の奥に妖怪のようなおばあちゃんが座っていて、
前にずらっと5円や10円の駄菓子が並んでいる不思議な空間。
今もあれは夢だったんじゃないかと思うほど。
堅田に住んでても行ったことある人はあまりいないと思う。



みんなといっしょに日本一周-17
通称『ババ公園』。犬のうんちがよく落ちていることから。
人間も犬もうんちは持って帰れよ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-18
堅田の中にはいくつか『内湖』という小さな池がある。
場所によっては釣りをしている人もいる。
柵みたいにしてあるのは、びわ湖特有のえり漁(定置網漁)で淡水魚漁を
しているのかな?と思うが、えりにしては形が不自然だから明言は避けておく。


みんなといっしょに日本一周-19
駅から琵琶湖大橋寄りに向かうと、大観覧車が大きく目立つようになってくる。


みんなといっしょに日本一周-20
びわ湖ではマリンスポーツが盛んで、ジェットスキーやモーターボートなど
夏場は県外からも多く観光客が来るが、地元ではマナーの悪さが問題視されている。
禁止エリア侵入による遊泳者に衝突しての死亡事故、
海難事故、水上バイク同士の衝突、水質汚濁...etc。

くれぐれもルールを守って利用してください。
じゃないと禁止になって自分の首を締めるだけです。


みんなといっしょに日本一周-21
びわ湖タワーの観覧車の大きさがよく伝わるかな?
右隣の緑の網がゴルフの打ちっぱなしのもので、単純に見て3倍以上ある。


みんなといっしょに日本一周-22
琵琶湖大橋のふもとにある道の駅。裏道から橋に出るときには必ず通るが
中に入ったのは初めて。意外におもしろかった。


みんなといっしょに日本一周-23
武将おかしもあるけど、激しすぎて買う気がしない...w


みんなといっしょに日本一周-24
滋賀のおみやげといえばひこにゃんですよ(*´v`*)
県下全域の平和堂や雑貨屋さんにも売ってるし、割引になってる場合もある。
ちなみに、依頼者の市と作者が権利関係で訴訟にまで発展した問題も県内では有名。
足掛け4年にわたった泥沼の争いだったが、今日和解案が出て収束しそう。



みんなといっしょに日本一周-25
ひこにゃんって同じポーズしかないの?と思った方、そこが争点だったんです。
詳しくは...調べないでください(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-26
ここ2,3年でびわいち(びわ湖一周)する人がものすごく増えた。
歩く人、チャリの人、泳ぐ人やドリブルしてまわる人...。
それに反応して、県や市からはマップや各種案内が激増。
おおまかなルートはマップで決めて、あとは湖岸の景色を楽しもう。
なんとかスポット以外の無名の場所でも、ものすごく眺めがいいぞ!!!



みんなといっしょに日本一周-27
滋賀県を代表するアーティストと言えばTMRの西川貴教さん。
昔はWHITE BREATHやHOT LIMITなど、きわどい衣装で角がたった印象だった。
しかし近年はどこで見かけても(テレビだが)穏やかな雰囲気になっていて、
消臭力のCMでの仏様のようなたたずまいはみなさんの記憶にも新しいだろう。
滋賀の観光大使としても尽力してくださり、感謝の一言につきる(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-28
ブラックバスやブルーギルといった外来魚が、
びわ湖に古来からいる魚を食い尽くして深刻な問題になっている。
また、路上に放置した死骸でひどい悪臭やカラスの害がある。

子どもの頃から繰り返し外来魚による被害を教育され続けてきた。
だからか『バス釣りが好きです』という言葉を聞くと殺意を覚える。
バスに限ったことではないけど、釣ったら全部食え。

まー、嗜好に関してはタバコや酒同様、水掛け論になるのがオチで
個々のマナーの問題になってくるが、何十年も改善されないのは当事者の問題。
リリース禁止で生きたまま魚を捨てる用のゴミ箱まで設置されているのに。


みんなといっしょに日本一周-29
びわ湖の環境悪化は京阪神の飲み水事情にも直結するから熱くなってしまった(*´v`*)
道の駅では婚活パーティーもあるらしい。ちょっと道の駅行ってくるわ!!!


みんなといっしょに日本一周-30
展望台からの眺めもすばらしい。琵琶湖大橋の堅田から3本目の柱のところに、
毎年キムタクがクルージングに来るという都市伝説がある。


みんなといっしょに日本一周-31
道の駅からすぐ近くに真野浜水泳場がある。泳いでいる人はいなかった(´;ω;`)
ちなみにびわ湖は大津市や草津市側の南湖は生活排水で泳ぐにはあまり適さない。
人口が少なく、湖の広さも南湖の数十倍ある北湖は水が驚くほどきれい。


みんなといっしょに日本一周-32
湖が淡水で塩辛くないという点以外は海と全く同じ。
お店もあるし遊具もあるしバーベキュー可のところもある。


みんなといっしょに日本一周-33
水平線が見える壮大な景色も楽しめる。


みんなといっしょに日本一周-34
肌が弱い人にもやさしいし、遠浅で波も小さいからお子さんも安心。
ただし北湖はいきなり深くなる水泳場もあるから、事前の下調べをよろしく(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-35
九十九里浜にも引けを取らないビーチ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-36
町に戻ってみる。ここイズミヤはびわ湖タワーという遊園地の跡地。
平和堂と町内の大型スーパー戦争を二分している。


みんなといっしょに日本一周-37
スーパー裏にどどーんと構える大観覧車『イーゴス108』。
108mあるスゴーイ観覧車という意味合いで公募から名前が決まった。

閉園後に跡地を買い取った企業が運転させるか、というのが町民の間で議論になった。
取り壊されずに残った観覧車に安堵するも運転はされていない。
(ただし2ヶ月に1回、点検と試運転されるらしい)


みんなといっしょに日本一周-38
入園料無料で、アトラクションはチケット制。
もともとはほのぼの系お子様遊園地だった。
増設に次ぐ増設で絶叫系が急増し、バンジー、逆バンジー、
横バンジー(振り子のような形でピーターパンのように空を飛べる)、
スカッドダイビング(紐なしで高所から飛び降りる)の4つが絶叫ファンに人気。



みんなといっしょに日本一周-39
閉園した今でも、観覧車を見に来る廃墟マニアもいるんだとか。
"廃墟"というほど草を踏み分けて入るような場所でもないし、
真ん前10mくらいまではヤマダ電機の駐車場があるから、気軽にどうぞ。
びわ湖タワーに行こう!!!とにかく行こう!!!(CMのキャッチフレーズがこれだったw)


みんなといっしょに日本一周-40
イズミヤの前には大型のブックオフとジョーシン。
関西の電気屋といえばジョーシンで、阪神の選手を起用したCMでおなじみ。


みんなといっしょに日本一周-41
旧ダイエーの跡地は大型アミューズメント施設になった。
ダイエー時代、4階か5階の駐車場から車が転落するという事故があった。
どうやってコンクリの壁をぶち抜いて落ちたのか。死者は出ていない。


みんなといっしょに日本一周-42
母が現在通っているイトマンスポーツクラブ。プールの水質がきれいなんだそうだ。
運動嫌いだったが、ちょっとずつ上達したり、友達ができたりで継続している。
痩せるとか動きがよくなるとかそういう実利よりも、楽しむのが大事だと思う。


みんなといっしょに日本一周-43
堅田は国道沿いや駅前は20年前から持続的に発展して栄えている。
しかしちょっと離れると一気に田園風景が広がる。
基本的な滋賀の街並みは、線路を挟んでびわ湖側は栄えて、山側はこんな感じ。
駅前風景も駅・平和堂・161・びわ湖の法則がある。そのうち紹介したい。


みんなといっしょに日本一周-44
ついでにみにちゃんのお墓参り(*´v`*)
半年前までこのペット霊園にまるまる太ったデブねこちゃんがいた。
来る人来る人に癒しを与えてくれ、うちもみにちゃん亡くした当初大いに癒された。
その子自身も高齢でゼイゼイ言っていたが、
最近うちの家族もみんな見かけなくなったというから、
とうとうここのお友達のところに召されたんだろうか。


みんなといっしょに日本一周-45
堅田のとびだし人形はこの左側のものが標準。PTAが作っているらしい。


みんなといっしょに日本一周-46
駅前にあったパン屋さん兼カフェも子どもの頃につぶれてしまった。
そんなに行った覚えないからどういうパンがあったか思い出せない。


みんなといっしょに日本一周-47
堅田駅は快速が停まる(*´v`*)
京都まで20分で行けるが、電車は20分に1回しかない。
東京で、3分に1本の電車にダッシュで乗るとか信じられない(・`д・´;)
都市伝説だと思うんですがどうなんでしょうか。


みんなといっしょに日本一周-48
堅田駅前のお買い物は平和堂でどうぞ。
改築を重ねて今は巨大になってしまった今でも地元の人は平和堂が好き。


みんなといっしょに日本一周-49
滋賀県民はこのハトのマークを見ると安心するという(*´v`*)
どの駅にも平和堂や系列のフレンドマートがある。
地域展開で他府県にはなかったが、最近は岐阜や愛知、中国への海外進出も果たした。


みんなといっしょに日本一周-50
駐車場と建物の間のドブ川は平和堂堅田店の象徴として残っている。
ザリガニ見たさに手すりの甘い橋でのぞきこみ、落ちる子どもも多数いた。


みんなといっしょに日本一周-51
滋賀県の名産である鮎やモロコなどの佃煮・昆布巻きなどを扱う『鮎家』。
ふと見たらけいおんのお菓子売られててがっかりw


みんなといっしょに日本一周-52
平和堂の横っちょにはライブハウスもあり、不良や悪ガキも大喜び(*´v`*)
意外に文化的な町だということがわかってもらえるだろう。


みんなといっしょに日本一周-53
ちょっとおしゃれに茶したいわー、ええケーキ食べたいわー、
そんなときは小川珈琲へ。シャトレやコメダでもいいw


みんなといっしょに日本一周-54
以前ご紹介した地元スーパー、ジャンボなかむら。ジャンなかの愛称で親しまれている。


みんなといっしょに日本一周-55
堅田で、いや県内で、いやいや日本でも有数の和菓子屋さん『嶋屋』の本店。
ここのいちご大福は絶品で、一度食べたら他のはもう口にはできない(*´v`*)
今年は11月中旬に解禁されるとのことだから楽しみで楽しみで(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-56
学校が終わったら、校庭はもちろん、お寺や神社、公園で
体力の限界突破するまで遊んだものです(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-57
そのひとつ、天満神社。学問の神様、菅原道真を祀る神社。


みんなといっしょに日本一周-58
あれっ、こんな小綺麗な感じやったっけ?
もっと殺風景な場所で遊んでた記憶があるぞ?


みんなといっしょに日本一周-59
ここやーーー(・∀・)ーーー!!!
小山の中にある神社で、竹やぶ生い茂る坂で遊びまくったわーーー。
今見たら、こんな暗くて転落の危険もあるとこでよく遊んでたな...(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-60
当時『毒キノコが生えてる!!!』とキャッキャしたものだが、
今でもそこらじゅうにキノコ生えててワロタw



みんなといっしょに日本一周-61
天神川沿いの遊歩道を通って自宅に戻る。
ここも走る人や散歩する人で今でこそ賑わっているが、
できた当初は街頭も未整備だから木々で昼間でも真っ暗、
変態が出るから子どもは絶対通ってはいけない道だった(・`д・´;)



みんなといっしょに日本一周-62
この川でしょっちゅう泳いでザリガニ捕まえて食べてたとか信じられん(´・*・)


みんなといっしょに日本一周-63
5時間ほどで堅田をまわり終え、嶋屋のようかんと三色団子でほっと一息。


+-+-+-+-+

自分に馴染みのある場所をメインで紹介していったから割愛した部分もあるけど、
ざっくり説明するとおおむねこんな感じの町ですw
カラオケやダーツ、しゃれおつレストランやファミレスなども多数あり、
ここで一生を終えることも決して難しくない町ですので、ぜひいらしてください。
AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

けんちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。