悟り

テーマ:

J132節 東京V - 名古屋

 スタジアムに響き渡る東京ヴェルディを呼ぶ声。j1の舞台でしばらく聞くことができないと思うと涙が滲む。

 後半の笛が鳴ったらもう後戻りできない。自分との闘いだ。

 22分を過ぎた。ここから本当にきつい。走れ、ヤナギ。

 

 この時期にこんな切羽詰った戦いをしている。気持ちを強く持って果敢に攻めた。

どうしても遠いゴ-ル。

終了とともに降格を覚悟していたことがわかった。


選手が引き揚げて見えなくなっても、ずっとチ-ムの名を連呼するサポ-タ-の声が胸に沁みる。


誰が初冬のスタジアムでこんな場面を予想しただろう。

どんなことになろうともサッカ-をできる喜びがあることを忘れてはならない。


AD

カズの魂

テーマ:

9/25、台風の影響による強風の中、横浜FCとの練習試合をランドで観ました。

試合中、黙々と周りをランニングするカズがいました。沈滞する古巣に無言の

エ-ルを送っているとうでした。

AD

J2への道

テーマ:

9/17 川崎戦


今年4戦して川崎に1勝もできない。

川崎サポ-タ-の勝どきの歌がスタジアムに虚しく

響きわたりました。


リ-グ戦で長らく勝てないチ-ムがたくさんあります。

相手にとって勝点の確実に取れるカモとみなされても

致し方ありません。


今日の失点は、1人少なくなってバランスを失った

矢先の気の毒なところもありましたが、あと1点で追い

つき、あと2点で勝ち越すことのできないチ-ムは、

勝点を積み上げていくことはできません。


ナビスコで要警戒とわかっているはずの寺田にまたし

ても空中戦で失点。学習していません。


観る者に感動を与えられないチ-ムは、名門復活どころか、

J2でもまれた方がよいでしょう。

AD

自信

テーマ:

東京Vは、残留争いをするようなチ-ムではありません。

闘う強い意志さえあれば、きっと大丈夫。

F川崎は決して易しい相手ではありませんが、選手に自信に溢

れたプレ-を期待します。

サポ-タ-も、もうすぐ訪れる秋晴れのような清清しい応援

で選手を激励しませう。

痛恨のバックパス

テーマ:

ガンバ戦、久場の痛恨のバックパスで敗戦。

誰だってミスはある。前を向く大切さを知った

はず。これからどう挽回していくかが本人に

とって大事です。


昨日は慶行がいなかったのが痛かった。


後ろの席で家族みんなで応援していたFORZA立川

の会長も残念がってました。今度は勝利の歓声

を一緒にあげたいですね。

      9/3 味スタ バックスタンドにて

再出発へ

テーマ:

富山合宿から帰還後の8/12、東京Vの夕刻の練習を見ました。

紅白戦、選手の気力は充実しているように見えました。

守備崩壊、監督交代、欧州チ-ムとの対戦といろいろのことがあった

7月を乗り越えて、再出発してほしいものです。サポ-タ-はずっと

見守っています。