池田健三郎の公式ブログにようこそ!


いけだけんざぶろう=経済アナリスト、ビジネス・コンサルタント

経済や政治の難しいニュースや情報を、迅速に分析し、正確かつ誰にでも分かりやすく、丁寧に解説します。また、企業団体経営や地方創生、まちづくりに関する豊富な講演実績を有します。

これまで、TBS「ひるおび!」(不定期)、TBS「朝ズバッ!」(毎週月曜日レギュラー)、YTV「情報ライブ ミヤネ屋」(月1回)などのコメンテーターを担当しています。

他にも複数の企業団体の顧問を務めるほか、数々の選挙において公開討論会の進行役を務めています。

■講演・セミナー・シンポジウムなど、お仕事のご依頼は

所属プロダクション: 株式会社三桂  

電話 03-5485-0303(担当マネージャー 溝部) または

電子メール web@sankeipro.co.jp までお願いいたします。

(JCの皆さんからの各種ご相談、急ぎの案件、あるいは予算制約が厳しい案件については、FBメッセージ または公式ウェブサイト からメールをお送りください)



■池田健三郎の新刊『金融政策プロセス論~日銀の金融政策決定に政治・行政はどう関与したのか』(日本公法刊)ぜひお読みください!



【お願い】


池田健三郎は、仕事の傍ら、郵便切手評論家の顔も持ち、自身が代表をつとめるNPOにおいて、郵便文化の振興活動や使用済切手の回収を通じたボランティア団体・非営利組織の助成に力を注いでいます。そこで皆様にお願いです。


使用済切手(古切手)の回収ボランティアにご協力ください!


あなたの家やオフィスにきた郵便物から切手部分を1cm余白を残して切り抜き(剥がさずに)下記宛にお送りください。使用済切手は、福祉・教育の充実、子育て支援、災害復旧、国際協力、文化振興等あらゆる分野に役立てられます。ボランティア団体の皆様には助成金の交付制度があります。


〒158-0098東京都世田谷区上用賀6-33-16 ファミリーパーク上用賀402
NPO法人日本郵便文化振興機構 共同代表・使用済切手慈善運動本部長 池田健三郎あて

※ 恐れ入りますが郵送料はご負担ください

参考ウェブサイト http://www.jipp.jp/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

トランプ政権誕生

2017-01-21 15:09:11
テーマ:国際

日本時間本日(1月21日)未明のトランプ米大統領就任演説は、NHKを録画して今朝観ようと思っていたのですが、結局、そのまま夜更かししてリアルタイムで観てしまいました。

 

さっそく様々なメディアがその内容に言及していますが、全体でいえば「米国第一」(America first)、経済(通商)政策関連でいうと、彼の演説の中でもとりわけ分かりやすかった

「保護主義は(米国の)偉大なる繁栄と力に通ず」(Protection will lead to great prosperity and strength)

というフレーズは、任期中変わらない、彼の精神的かつ政策的支柱になるでしょう。

 

前者の「国益最優先」それ自体を総論として咎めだてする人はいないでしょうが、後者の保護主義への転換についてはいろいろと議論を呼びそうです。

 

いずれにせよ、わが国はじめ各国は、これを前提に新政権に対峙していくことを余儀なくされます。

 

その良し悪しは別として、今のところ方向性は非常に鮮明な政権なので、そうした直球ストレート型の政治スタンスが不変である限り、かえって対策は立てやすいと捉えるべきかもしれませんね。

 

こう考えるとむしろリスクになるのは、ビジネスマン出身の彼が、大統領としても非常に柔軟な思想の持ち主へと変貌し、状況に応じて政策や立ち位置を巧みに変化させることができる、掴みどころのない政治家になってしまうことでしょう。

 

なお、わが国についていえば、安倍政権が推進してきたTPPは、これをもって暗礁に乗り上げましたので、それはそれとしつつも、他のチャンネルでの自由貿易体制の維持拡張を模索する(この点は既に政府は織り込み済みでしょう)ことにならざるを得ません。

 

【参考】 邦訳はこちらをお奨めします

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38702737

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

メディア掲載のお知らせ【産経新聞1月13日朝刊 オピニオン面】

2017-01-12 11:51:38
テーマ:メディア

明日1月13日付 産経新聞朝刊オピニオン面に池田健三郎が登場します。

 

お題は政府が推奨する「プレミアム・フライデー」の政策的有効性について。

 

よろしければ是非ご一読ください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

トランプ次期大統領記者会見

2017-01-12 11:41:39
テーマ:メディア

1月12日未明の「トランプ会見」を聴いてから就寝したので今日は寝不足気味ですが、会見内容は想定内でサプライズはありませんでした。

 

特徴としては、トランプ氏個人の既存マスメディアに対する強い不信感は十分に伝わる会見だったことが挙げられましょう。

 

もっとも、彼の苛立ちの一端は分からなくはないにせよ、報道機関を通じた情報発信がうまくいかないからといって、端からこれを排除して自身のツイッターだけの「直接話法」を押し通すという手法はいただけません。

 

これは企業広報などにも通じることですが、報道機関を通じた広報がきちんとできないと、一人前の情報発信とはいえません。自分が言いたいことだけをツイッターやSNSで述べ立てることは中学生にもできることなので、それでは誰にも相手にされなくなるリスクが高いですから。他方で報道サイドにも、プロのジャーナリストとして、その質を維持・向上させる責務があることは言うまでもないことです。

 

ただ、いずれにせよトランプ氏も「経営者」ですので、さすがに大統領就任後は、記者会見拒否というわけにもいかないことは織り込んでいるとみるべきで、徐々にメディア戦略を立て直してくることでしょう。そのあたりにも注目していきたいと思っています。

 

なお、各種メディアは「トランプ氏、米国の国益最優先を強調」と報じていますが、これは一国のリーダーならば当たり前のことで、何ら驚くに値しません。安倍首相であっても日本の国益最優先でないと困ります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

2017年 新春にあたり

2017-01-01 00:00:00
テーマ:雑記

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

本年も引き続き、宜しくご指導ご鞭撻の程、心よりお願い申し上げます。

 

昨年も変化に富み、充実した一年間でした。

私事では、お陰様にて家族・親族ともに特段変わりなく、まことに有難いことと感謝しております。

 

まずTVコメンテーターのお仕事では、TBS「ひるおび!」、ANB「ワイドスクランブル」等に出演させていただき、主に経済ニュースの解説を担当しました。

 

次にビジネス分野では、社外役員を務める(株)WEIC(ビッグデータ解析によるビジネス・マッチング最適化により企業の生産性最大化を支援するITベンチャー企業)が将来的なIPOを視野に入れ業績を急伸中であるほか、池田健三郎が関係する他の企業団体も、所長をつとめる大樹総研をはじめいずれも順調に推移しております。

 

また、全国各地の青年会議所(JC)で活動する若いみなさんの手で行われた、候補予定者による「公開討論会」のお手伝いをさせていただき、このうち熊本県知事選と四日市市長選ではコーディネーターを担当いたしました。

 

この間、郵便史・切手研究関係では、ライフワークとして「日本の急速郵便史」の実証研究を続けており、コミッショナーとして参画した5月の世界切手展(於ニューヨーク)では、昨年のシンガポールに続きその研究成果が金賞を獲得しました。また国際切手展(於台湾)でも別のプレゼンで好成績を収めることができました。

 

友人2人とともに共同代表を務めるNPO法人日本郵便文化振興機構の事業も順調で、使用済切手回収による慈善活動や郵便文化の振興を通じた、ささやかな社会貢献を行うことができました。私が主宰するスターオークション(郵便切手類)は8周年を超えて堅調に推移しております。また、7月には新たにNPO郵趣振興協会を立ち上げ、本年4月より郵政博物館(東京スカイツリー・ソラマチ)において同館と共催事業を実施することが決まり、順調な滑り出しとなりました。

 

本年もこうした各分野において、昨年以上のパフォーマンスを実現すべく、努力を続ける所存でございます。

 

さて、2017年は、国際情勢が依然として不透明な下で、新しいリーダーを選出し金融引締め局面に転じた米国経済が世界経済をどれだけ牽引していくことができるのか、昨年に英国がEU離脱を決める一方、金融不安が燻る欧州の不安定要素がどこまで顕在化するのか、はたまた中国の下振れリスクの影響がどの程度のものとなるのか、その中で日本は、衆議院の解散総選挙が取り沙汰され黒田日銀総裁の任期が最後の1年に差し掛かる中で財政・金融政策を有効に発動して、デフレ脱却に繋げることができうるか否かの正念場となるような気がいたします。

 

金融緩和・金利誘導と財政出動により緩やかな回復過程を辛うじて維持する日本経済ですが、構造改革を伴った、健全かつ持続可能性が担保されるような成長戦略という面では、相変わらず心許ない面があり、将来を見据えた改革への道筋は依然、不透明となっていることは気がかりです。

 

財政規律なき金融緩和と必要以上の中央銀行への圧力に加えて、米トランプ次期大統領への過剰ともいえる期待感によりもたらされた為替円高是正により、一部の企業セクターの収益向上と株価による資産効果というプラス要因はあるものの、多くの構造問題を棚上げにし、企業セクター(とくに非製造業)の低生産性向上のための打開策が実行されないままでは、日本経済全体の先行きに大きなリスクを惹起しかねないという、これまでの状況には変化がありません。

 

よって、日本経済の持続的・安定的な成長に向けた、多面的かつ実際的な議論が、今年こそ、整斉と行われることが必要であろうと感じます。

 

こうした状況を踏まえ、これから1年間、池田健三郎は、各種メディアにおいて、どのような情報発信をしていくべきか、みなさまのご意見も参考にさせていただきながら考えを深めてまいります。

 

このように、2017年も引き続き多くの不確定要素を抱えての船出といった情勢ではありますが、わたくしは引き続き、ブレることなく、各種の活動をしっかりと継続してまいります。

 

末筆ながら、本年が皆様にとりまして素晴らしいものとなりますよう祈念申し上げ、新春のご挨拶といたします。

 

平成29(2017)年1月1日

池田 健三郎

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

出演のお知らせ

2016-12-14 13:27:10
テーマ:メディア

本日12月14日、20時10分あたりから、フジテレビのインターネット放送「ホウドウキョク」の「あしたのコンパス」生電話インタビューに池田健三郎が出演いたします。

 

話題は「プレミアム・フライデーの経済効果について」の予定です。よろしければご覧ください。

https://www.houdoukyoku.jp/archives/0004

 

なお、情報番組の性質上、内容変更により予定が変更になる可能性もございますのでお含みおきください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み