池田健三郎の公式ブログにようこそ!


いけだけんざぶろう=経済アナリスト、ビジネス・コンサルタント

経済や政治の難しいニュースや情報を、迅速に分析し、正確かつ誰にでも分かりやすく、丁寧に解説します。また、企業団体経営や地方創生、まちづくりに関する豊富な講演実績を有します。

これまで、TBS「ひるおび!」(不定期)、TBS「朝ズバッ!」(毎週月曜日レギュラー)、YTV「情報ライブ ミヤネ屋」(月1回)などのコメンテーターを担当しています。

他にも複数の企業団体の顧問を務めるほか、数々の選挙において公開討論会の進行役を務めています。

■講演・セミナー・シンポジウムなど、お仕事のご依頼は

所属プロダクション: 株式会社三桂  

電話 03-5485-0303(担当マネージャー 溝部) または

電子メール web@sankeipro.co.jp までお願いいたします。

(JCの皆さんからの各種ご相談、急ぎの案件、あるいは予算制約が厳しい案件については、FBメッセージ または公式ウェブサイト からメールをお送りください)



■池田健三郎の新刊『金融政策プロセス論~日銀の金融政策決定に政治・行政はどう関与したのか』(日本公法刊)ぜひお読みください!



【お願い】


池田健三郎は、仕事の傍ら、郵便切手評論家の顔も持ち、自身が代表をつとめるNPOにおいて、郵便文化の振興活動や使用済切手の回収を通じたボランティア団体・非営利組織の助成に力を注いでいます。そこで皆様にお願いです。


使用済切手(古切手)の回収ボランティアにご協力ください!


あなたの家やオフィスにきた郵便物から切手部分を1cm余白を残して切り抜き(剥がさずに)下記宛にお送りください。使用済切手は、福祉・教育の充実、子育て支援、災害復旧、国際協力、文化振興等あらゆる分野に役立てられます。ボランティア団体の皆様には助成金の交付制度があります。


〒158-0098東京都世田谷区上用賀6-33-16 ファミリーパーク上用賀402
NPO法人日本郵便文化振興機構 共同代表・使用済切手慈善運動本部長 池田健三郎あて

※ 恐れ入りますが郵送料はご負担ください

参考ウェブサイト http://www.jipp.jp/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

浅草寺仲見世の激安家賃問題を考える

2017-10-28 14:43:13
テーマ:ニュース

東京観光のメッカといえば、スカイツリーと並んで人気の浅草・浅草寺を挙げないわけにはいかないだろう。

 

年間の観光客数はいまや3000万人を超え、外国人観光客も大勢訪れる江戸情緒溢れるスポットである。その浅草のシンボルである雷門をくぐり、本堂に参拝しようとすれば必ず通るのが「仲見世」。250mにわたって左右に90もの土産物店などが並び賑わっている。


観光客が浅草で飲食や買い物などに使う消費額は1人当たり2900円余りで、年間の観光消費額は958億円に上り、これまで浅草寺と仲見世商店街は二人三脚でやってきたが、本年9月にこの商店街の地主である浅草寺が店の賃料を大幅(従来比16倍程度)に値上げすると通告して騒動になっている。

 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171026/k10011197591000.html

 

報道によれば、商店街の土地は浅草寺所有で、建物は東京都が所有、東京都はこの土地をこれまで無償で浅草寺から借り受けていたため、賃借人の商店側はこれまで、賃料を都に支払っていたが、その額は「最大で4万円程度」という信じられない安値であった。

 

つまり「地代はタダ、家賃は激安」という状況が継続しており、仲見世により浅草寺じたいも集客ができていたため「WIN-WIN」の関係で問題なかったということであろう。


ところが6年ほど前から、固定資産税の課税の見直しを背景に、この契約を見直す動きが出てきた。浅草寺、商店街組合、そして東京都の三者間で協議の結果、本年7月、都が寺側に商店街の建物を2000万円で売却することになった(売却に際し仲見世通り商店街の景観やにぎわいを維持することが条件)。

 

つまりこれを契機に東京都は、これまでの三者の枠組みからは外れ、浅草寺が地主・大家となって、店子の商店側と契約する形になるわけである。

 

当然、浅草寺には建物の所有者としての維持管理費用が生ずるので、これまでのように商店の賃料は激安というわけにはいかず、値上げを提示することになったわけだが、商店街の代表者は、「家賃が現行水準でいいとは思っていないが、現状だと家賃が16倍になる計算で、飲めない。寺側はこちらの事情を理解していないのでは」と話している由。

他方で浅草寺側は、「商店街の建物は経年による修繕費用も必要。都への固定資産税の支払いもあり、家賃の見直しは必要」と主張。

 

本件は著名な観光地で発生した問題だけに、世間の関心も高く、ネット上でも関心を集めている。

 

外野の意見は賛否両論といったところで、「最高の立地条件に対する従来の賃料が低すぎ」という意見がある一方、「破格ではあるが、いきなり16倍の値上げは気の毒だ」と商店側に同情的な声も上がっている。

 

また、「家賃は安すぎる気はするものの、退去後に免税店などが来れば周辺店舗への影響は甚大」とか、「仲見世通りがチェーン店だらけになったら風情が失われ観光地としての魅力を喪失する」などと懸念する声も見受けられる。

因みに、全国の著名神社仏閣門前の商店街でも、地代・家賃の値上げが行われたケースがあり、例えば、長野市にある善光寺の門前にある商店街では、10年ほど前に地価下落に伴う寺院の時代収入減少に対応して地代が1%値上げされたケースがあるほか、奈良県の東大寺門前にある奈良公園の商店街の地代も平城遷都1300年祭を契機に、他所の実態調査を踏まえ1.5倍に引き上げられている(激変緩和のため7年間かけて値上げ)。

いずれにせよ、本件は寺と商店街側がよく話し合って、円満解決を図り、日本を代表する観光スポットとしての価値を損なうことなく維持向上させる契機にしていただくことが先決であることは言うまでもないが、ここで私の考えを述べてみたいと思う。

 

まず、基本的な考え方が重要だが、やはり「本件は第一義的にはビジネス案件である。よって、判断は市場原理に立脚してなされるべきであり、その枠外で考えなければならない事柄があれば、それは例外として考え適切な解決策を探るべき」というのが基礎になると思われる。そのうえで第二義的には「都政マター」でもある。「税金で運営される地方公共団体の活動として、本件をどのように取り扱い、都民全体の利益に資するのか」ということも勘案されなければならない。

 

上記の原則に立ってみると、そもそもこれまでの東京都=浅草寺=商店街の三者間での契約が適正だったのかという点については、

(1)都有物件ゆえ固定資産税の負担を免れ、その分安値で店舗が安値で賃借できていたというのはアンフェアである

(2)ゆえに従来の賃料は不当に安かったことになる

(3)この物件に破格の安値に賃料を設定しなければならない、特別な理由は見当たらない

ということになる。

 

とすれば従来の賃料設定はフェアではなかったのだから、早期に是正されるべきであることは自明であろう。適正価格と実際の賃料との差額に件数と年数をかけた莫大な金額が、都民(納税者)全体の負担になっていたことは動かしがたい事実であり、それを正当化するならば相応の材料が必要だ。

 

そのうえで今後、この商店街を世間相場に適合した賃料設定へと見直を図った場合に、どのような「不都合」が起こる可能性あるのか、その「不都合」を排除しようとした場合に別の「アンフェア」が発生しないかをよく検討する必要があるということだろう。

 

なお、付言すれば、東京都も「単に物件を浅草寺に売り渡して、すべて終了。あとは民間で勝手に話し合え」というスタンスではなく、これまでアンフェアな状況を放置してきた責任からも、事態の推移を見守り、必要に応じ円満解決に向けた適切な行動をとるべきであろう。小池都知事のお手並みを拝見したいところである。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

政策論争なき衆議院総選挙を終えて

2017-10-27 12:59:42
テーマ:政治

衆議院総選挙は結局、「野党の分裂がどうの、不倫がどうの、ハゲ発言がどうの・・・」と言っている間に与党圧勝で終わった。


もとより現下のわが国の政策課題は極めて多岐にわたるが、今次選挙で選出される衆議院議員任期は2021年秋までなので、2020年の東京五輪・パラリンピック後に来るであろう経済の閉塞感や、人口減少・高齢化問題にどう対処し、成長を確保しつつ国民全体の幸福度を増進していくかが重要テーマとなる筈であった。


よって、選挙ではこの点についての各党・各候補者による活発な論戦が期待されたところであり、本来ならば各党は、各々明確なビジョンの下で練りに練った政策パッケージ(政権公約やマニフェスト)を掲げ活発な政策論争を展開すべきであった。しかし残念なことに実際の選挙戦は期待とは真逆であった。真っ当な政策論争は殆どなく、野党政治家が生き残りをかけ新党を舞台に右往左往する姿だけが印象に残ることとなった。


衆議院総選挙は、「政権選択の選挙」といわれ、選挙結果が首班指名及びその後の行政のあり方に直結する。それだけに、選挙では単に候補者の資質が問われるのみならず、各党がどのような具体的政策を掲げ、政権取得後にいかなる優先順位でこれを実行に移すのかという、政党政治に立脚した具体的な政策論争が重要になるのである。


例えば、今次総選挙においては、政権政党である自民党は政権公約において、従来の「消費税率の引き上げは8%から10%へと実施するものの、引き上げによる増収分を全額財政再建資金とする」旨の主張を変更し、「増税分の半分は教育投資に回す」という具体的な政策を有権者に提示した。


これに対し、多くの野党は「消費増税に反対」するのみで、説得力ある有効な対案を提示できていなかったように思われる。無論、「〇〇に反対します」、「△△を許しません」だけでは何の政策にもならないのだが、候補者にしてみれば「自分の所属政党すら未確定のなかで、政策どころではない」事情があったのであろう。とはいえ、政権選択を突き付けられた国民からすれば、これは甚だ迷惑な話としか言いようがなく、本来あるべき政権選択選挙の姿と現実とのギャップは、当初から絶望的なほどに大きかった。


加えて、今回の低調な政策論争の一要因として、「野党系有力議員の無所属出馬」が多数あったことも付言しておかねばならない。上述の通り、政権選択選挙の基本は政党政治にあり、各党の政策パッケージを掲げて戦う公認候補者を各選挙区に配置し、そこに候補者の人格識見や実績が加味されて有権者に訴求するのが基本形である。

 

しかし今回は、野党の混乱によって、総理や閣僚経験者で、相応の当選回数を重ねて選挙区に支持基盤を構築している野党議員の多くは「無所属」出馬を余儀なくされた。彼らは個人的に「理想の政策」を語りはしたが、政党として実現したい政策パッケージを一斉に掲げたわけでもなく、政策としての現実味に乏しい主張にならざるを得なかった。これが結果として低調な政策論争に拍車をかけたことは否めないところであろう。


このように政権党側からすれば、「野党が混乱しているうちに国民の審判を仰いでしまう」ことは戦略として正当であり、これが奏功したのが今回の選挙であった。

 

さはさりながら、余りに政策論争がなさすぎて、不完全燃焼のまま終わってしまったのは、やはり残念なことであったといえよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

2017秋 衆議院解散総選挙で問われるもの

2017-09-26 04:23:40
テーマ:政治

早いもので2017年も第四四半期を迎えたが、今年初においてはとても衆議院解散総選挙が行われるとは想像し難い状況であったことを思うと、10月下旬に衆議院総選挙が行われるのはかなり驚くべき事態といえなくもない。まったく「政界は一寸先は闇」とはよく言ったものだとつくづく思う。


今回の総選挙に際し、マスコミや野党の主張は当初、「今回の衆議院解散に大義はあるのか」に集中しており、総じて「大義がない」、あるいは「森友・加計問題隠しの為の目眩まし」といったものであった。


しかし過去何回かの解散総選挙を顧みて、そもそも明確に「大義のある解散」などあったのだろうか。


敢えて「大義」らしきものが掲げられた事例といえば、小泉内閣の際の「郵政解散」くらいしか思いつかない。ただ、これとても「郵政民営化法案をねじれ国会における参議院が否決したこと」が嚆矢であり、衆議院に端を発したものではなかった。


また、総選挙となれば、本来は各党が政権公約やマニフェストを掲げて総合的な政策論争を展開するのが当然であり、実際のところわが国には、少子高齢化、経済財政、外交、安全保障、社会保障、農林漁政、教育・子育て、地方再生、防災、政治改革等々のあまたの重要課題がずっと横たわっている。にもかかわらず、敢えて「郵政」という特定分野のみに関し民意を問うとした解散は、やはり特異であって、これが「大義」といえるか否かについては疑問視する声が大勢であった。


いずれにせよ解散権は、「前回選挙で国民の負託を受けた政権を持つ側が、諸条件を勘案してもっとも有利と判断した結果、行使する」ということに尽きており、そこに大義の有無などという答えの出ない概念を持ち込むことは時間の空費にしかなるまい。


もとより衆議院は、「常在戦場」であり、政権を持たない野党は、何をおいても「一日も早い解散を求める」が常套句であって、いざ解散となれば日頃の主張が実現し、政権奪還の機会が訪れたとして、これをポジティブに受け止めるのが当然であろう。


野党として、表向き「政権交代」を標榜しながら、いざとなると解散の大義の有無を持ち出し批判するという姿勢が有権者に与える違和感は決して軽視すべきものではなく、寧ろ野党側に不利に働く可能性が高いかも知れない。


さてそれでは、今回の解散総選挙における争点は何か、である。


わが国の課題は上述の通り、総花的に各分野に存在し、きわめて多岐にわたることは言うまでもない。ただ、2017年秋という点を踏まえてやや中期的に眺めれば、次の選出される衆議院議員の任期は2021年秋までということになるので、2020年の東京五輪・パラリンピック後に来るであろう経済の閉塞感や人口減少・高齢化問題にどう対処し、成長を確保しつつ国民の幸福度を増進していくかがより切迫した課題として問われて来よう。


だとすれば、今回の選挙戦を通じて、各党が明確なビジョンの下で練りに練った政策パッケージ(政権公約やマニフェスト)を素材として、活発な政策論争を展開することが今回の解散総選挙を意義あるものとするためにどうしても必要であることは論を待たない。


もはや抽象的で噛み合わない議論に国民は飽き飽きしている。今回こそ、正面からの政策論争をみたいものである。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

一律の定員増では解決できない「獣医師問題」へのアプローチ

2017-08-22 15:59:31
テーマ:政策一般

学校法人加計学園の獣医学部新設が計画されている愛媛県で、日本獣医師会の政治団体「日本獣医師連盟」傘下の「愛媛県獣医師連盟」(県連)への会費支払いを拒否する獣医師が相次いでいることが報じられています。

 

この会費支払い拒否をしている多くは公務員獣医師だそうで、恒常的な人手不足など現場の待遇改善が実現されない状況で、日本獣医師連盟が学部新設阻止に動いたことへの強い不満が背景にあるとメディアは解説しているのですが、本当にそうでしょうか。

 

これは、どうもよくわからないロジックです。

 

「公務員獣医師の待遇改善を図ること=獣医学部新設による獣医師増を図ること」とは限らないと思われます。仮に大学学部新設や定員増によって新規に育成される獣医師数が増えたとしても、彼らが志願して「公務員」にならなければ、何ら問題は解決しないのですから。

 

そればかりか、無用に「非公務員」の獣医師相互間の競争激化を生みかねず、自縄自縛の事態も起こりかねません。

 

一般的に言えば、供給が増えることは、既存の獣医師にとっては不利(競争激化や待遇悪化など)になりやすい面が多いでしょう。

 

巷間いわれている現下の「事実」を順不同に整理してみると

・全国的にみて、獣医師数それ自体は不足しているわけではない

・ただし、獣医師の所在にはかなりバラツキがあり、都市圏には多く、非都市圏には少ない

・獣医師の多くは、自らの裁量で稼ぐことができる開業医への志向が強く、給与所得条件が相対的に劣る公務員にはなりたがらない

・以上から、獣医師資格を要する公務員の確保が困難な自治体がみられる

ということでしょう。

 

この整理が正しいとすれば、この問題の解決策は、一律単純なものではすまないことは容易に想像ができるでしょう。

 

上記を踏まえれば、やはり獣医師問題は、公務員と非公務員とに分けて議論されるべきで、両者間に利害対立があるために、一律に方向性を求めてもこのような纏まらない結果になってしまうのでしょう。

 

仮にこの問題を政治運動によって動かそうとするのであれば(それが奏功するかどうかは別として)、いっそのこと、公務員の獣医師さんたちは別の組織を立ち上げたほうが、より運動がしやすいのではないかと思います。

 

http://www.sankei.com/politics/news/170821/plt1708210004-n1.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

蓮舫 民進党代表辞任へ

2017-07-27 18:54:26
テーマ:政治

蓮舫 民進党代表が辞意を表明しました。遅きに失したとはいえ、代表辞任という結論自体は間違っていないと思います。この結論だけが重要であって、その背景についての彼女の弁解がましい説明など最早どうでもよいのです。


いま国民が望んでいるのは、自公政権にきちんと対峙することができ、政治に緊張感を付与できるような、「真っ当な野党」に他ならないのですから。


当然、与党に対し透明性確保と説明責任の履行をひたすら求め続ける仕事を担う野党の党首たる政治家には「一点の曇り」も許されません。


その観点から、今度こそ野党第一党党首に相応しい方が選任され、党勢回復に邁進されるよう願っています。私個人は現状の民進党のあり方自体はまったく支持も共感もできません(個人的に立派だと思う議員やスタッフは少なからずおられます)が、健全な野党第一党は絶対に必要な社会装置だと考えていますので。


また、今回残念なのは、彼女が衆議院への鞍替えをも白紙に戻してしまったことです。


国会が定めた日本の法律が認めていない「二重国籍」のまま参議院議員の地位を得た状態を解消し、単一国籍の日本人として選挙を勝ち抜いてこそ、彼女の言動が一致するものと考えており、いますぐ参議院議員を辞して衆院に鞍替えし、「村田蓮舫」として再チャレンジすることがもっとも適切だと思っていただけに残念です。

 

http://www.asahi.com/articles/ASK7W4HC9K7WUTFK02V.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr01

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース