風邪予防に

テーマ:
こんにちは、岡山県井原、笠岡地区で活動している、鍼灸師・柔道整復師の平川です。

寒い日が続き、冬本番といったところでしょうか。

昨夜は、とある用事で屋外にいたのですが、、、

夜は極寒ですね>_<

昔に比べれば暖かいとか、去年よりは寒くないとか言われますが

寒いのが苦手な僕にとってはとにかく寒い!

こんなときに気をつけなければいけないのが風邪やインフルエンザのウイルス感染ですね!

予防としては、当然手洗いうがい、マスクなんてのが効果的ですが、そこにプラスα


体にはいくつものツボがありますが、そのツボの中に名前に「風」が付いているツボがいくつかあります。

風府、風門、風池、、、などなど他にもまだあります

これらのツボは東洋医学でいう風邪(この場合は「ふうじゃ」と読みます)というものが体の中に入ってきたり集まってくる場所とされてます。

この風邪(ふうじゃ)が体内に進入するとカゼの症状を引き起こすと考えられてます。

では、この風がつくツボはどこにあるのか?

これらは頭部から背中にかけての身体上部にあります。

風邪(ふうじゃ)の進入を防ぐにはこれらの場所を温めてあげるのが効果的です!

ツボの細かい位置は分かりにくいと思うので、簡単に大まかに首周りや背中を温めてあげると考えてください^_^

なので、マフラーで首を温めるというのは東洋医学的にも理にかなってますよね^_^

あとはお風呂上がりに頭を乾かすついでにドライヤーで肩甲骨(けんこうこつ)の間を温めるなんてのも良いと思います!

日常のちょっとしたところに東洋医学を取り入れるのも体調管理には良いのではないでしょうか^_^

岡山県井原市 鍼灸 スポーツ鍼灸 整骨院
研(けん)整骨院
TEL0866-63-0776
mail info@ken-seikotu.com

AD