花粉症からの

テーマ:
こんにちは、研(けん)整骨院の平川です。

岡山県井原市にて、鍼灸師、柔道整復師の国家資格をもって仕事をしております。

先日、患者さんと話をしていて、花粉症の話からお灸の話になりました。
花粉症にはお灸がけっこう良いかも!なんて話だったんですが。

そこで、患者さんから「ここはお灸もするんですか?」とご質問いただいたんですね。

当院は、整骨院でありますが、僕自身鍼灸師の資格をもってますので、お灸もしています。

こういった治療院って、どんなときにいったらいいの?
どんなことをするの?とよく聞かれます。

鍼やお灸が含まれる東洋医学では、未病という考え方があり、これにはいろいろな解釈の仕方があるんですが

僕は、強い自覚症状は出てなく、普通に生活はできるけど病気の状態に近づいていってる状態、と考えてます。
ちょっとした体の不調、例えば腰の違和感や頭痛や肩凝り、足のむくみ、便秘、目や首の疲れなどは鍼灸の分野で対応させていただいてます。

体調維持のために、定期的に鍼とお灸をされる方もいらっしゃいます。

今は昔ながらの熱いお灸とは違い

こんな感じのほんのり温かくなる程度で気持ちの良い刺激になってます。自律神経の調整にも良いと思います。

これから暖かくなったり、寒くなったり、そうこうしてると梅雨になり、、、

と何かと身体に変化が起きやすい時期になります。

体調を崩してしまう前に、不調を感じたらお近くの鍼灸院に相談されてみては、と思います。

風邪やインフルエンザと同じで、痛みなどもなる前に予防する!というのが健康を保つ近道ではないでしょうか(^^)

研整骨院ホームページ
http://www.ken-seikotu.com/







AD