間が空いてしまい申し訳ありません。

時系列的にようやく今に追いつきそうです。

 

「見事」配合で行くことを決めた僕は、とある配合ツールサイトを見つけ、いろいろと試行錯誤し、見事に至る道筋を考えて、改めて初期牝馬からやり直すことにしました。

時が同じころ・・年末・年始にかけて、「名牝セール」のイベントがありました。

これはちょうどいい、と出てきた名牝に対し、配合ツールと掛け合わせて見事や完璧配合となる組み合わせ・代重ねをノートに書いては検証していました。

こうゆう時間もダビスタの楽しみのひとつです。

 

そんなおり、「メゾンフォルティー」と巡り合いました。

調べると、初代配合でドリームジャーニーと完璧配合です。

なんという・・・更に、ドリームジャーニーのあとにも見事になる代重ねがあります。

これは・・・!

ドリームジャーニーの権利もあるし、種付して生まれた最初の1頭が、今のエースです。

 

カレイナヒドゥラ 牝 

ドリームジャーニー☓メゾンフォルティー

B-A-B-C-C

初めてみたときは、今までのレベルを遥かに凌ぐ能力に驚きました・・

調教さえ上手くいけば・・上手くいかなくて3冠ムリでした(笑

スタミナAってたぶん5耐えクラスだと思われます。

 

対戦BCでも、非常に強く素晴らしい馬でした。

逃げて、早めに抜け出し、垂れないスタミナと根性で頑張る馬でした。

更に上のSP馬にやられることもありますが、安定した結果を残しました。

 

このあと、ずーっとこの配合を続け、もう一度牝馬を買うチャンスもあって、計10頭ほど生産しましたが(産み分けというレベルじゃないけど)、最初に出たこれを上回る産駒はいませんでした。

 

この結果を目の前にして、更に代重ねする見事に向かいましたが・・

これ以上の産駒(スピBスタA)には巡り合わず・・見事も基礎能力に対しては万能ではないことを思い知りました。

 

なお、このカレイナヒドゥラに、よく出来た配合のドゥラメンテをたまたまかけたところ、下記の馬が誕生。

 

クルオシクヒドゥラ 牝

ドゥラメンテ☓ドリームジャーニー

B-A-B-C-C

 

ほぼ同じ能力で、距離適性が違う・・!

でも、なぜか強さではカレイナの方が上でした。でもほぼ同格の強さ。

 

この2頭が現在のツートップですね。

ちなみに、彼女たちをもってして、ようやくゲーム内無敵モードです。

今回のライバル馬たちは本当に強い・・・

 

今後はこの子孫たちで、何とかスピードAを拝みたい。

これがなかなか難関で、スピードBを超えるところに大きな壁がある今日このごろです。

 

感じているのは、見事・完璧も特に基礎能力に対しては効果が約束されているわけでなく、跳ねるためにはかなりの牝馬と運が必要だということです・・。跳ねたときのサブパラ保険として有効ということでしょうか。

 

あと、高額種牡馬はやっぱり安定しています。

そういうことなのか・・・という感じです。

 

AD

コメント(2)