「基礎能力は跳ねたけど、根性、気性がついてない」(ダビスタ)
「SP、STYは跳ねたけど、PWはむしろマイナス」(ダビつく)


そんな感じで、最強馬生産というのは、幾つものスロットルを揃えていくほどに凶悪度は増すワケです。それはG1グランプリも例外ではなく。


話はちょっと変わり・・
少し前に、ファミ通.comの「G1グランプリ通信」で、サラブレ編集部がソフト開発者である元気が対決する記事が出ました。
http://www.famitsu.com/news/201206/22016740.html
(G1グランプリのコトをよく知らなくても、競馬ゲームを知っていれば楽しめる内容ですので、未読の方はぜひ。)
サラブレ編集部で凶悪な馬を出走させるのが、タッチ編集部員。
あのタッチさんですよ。・・ってあんまりエピソード覚えていないけどw
ダビスタではずいぶんお世話になったような気がします。


で、彼の馬が結構衝撃的で。(自分的に)
レベル99はもちろん、スキルを揃えている(韋駄天:スタートスキルレベル3、精密機械:折合スキルレベル3、ロックオン:虎視眈々スキルレベル2)のだ。
正直、自分はまだスキルは二の次で、レベル99だけを意識していたので、更に上の世界を垣間見た・・感じがした。


タッチさんに出来て自分に出来ないハズがない。


そんな(意味不明なw)モチベーションが燃え上がり、今度はスキルパネルを揃えたレベル99を目指して、繁殖構築に勤しむ日々です。
すなわち、冒頭に書いたとおり、基礎能力とスキルパネルを同時に揃えるという行為を指しているわけです。まあその先に何があるかは分かりませんがw


取り敢えず、3つのスキルパネルを全て埋める・・ことから始めよう。(←ちょっと弱気)

AD

世間の風はともかく、ますますG1グランプリにのめり込んでいます。
メモとって生産している様子・・なんて、懐かしくも楽しい。


独り言・・・。ダビつく/ダビスタからダビマスへ

このひとつひとつの情報が、自分の糧になっている・・ハズ!


このゲーム、セーブデータは一個だけど、何気に種付けの週・順番で再現性がある。
昔でいうところの名前変え、ならぬ週・種付け順変え、だ。
1セーブデータで、5週×5順で25通り。
一度に5頭だから、125頭で1セット。
馬はカードで歳を取らないから、気に入らなかったら、セットを1年先送り。

これで産み分け可能である。


たぶん、生産者側が残してくれたやりこみ要素。
後で生み直せるので、「アア」「イイ」と名前を付けていくのは、なんかノスタルジックでいい。


だいたい、普通型で入厩時52を越えると、99達成なのだけど・・
先日は、普通型(に見えた)で入厩時60あった!


独り言・・・。ダビつく/ダビスタからダビマスへ

これは超へビュー級だ!!と思ったのだけど・・

成長型「段」のワナだった・・!
成長が衰えても90ちょっとしかいかない!


なんだ「段」ってw


持続と普通の間みたいだけど、持続より使えない?
それとも、一度成長が止まったように見えた後で、また伸びる?のか?


なんか新しい発見が日々あって楽しい。
仮説を少しずつ立てながら、手ごたえを探っています。

AD

かなりなハマリ具合です。D1グランプリ。

最近は、電車内でDSしていても何の違和感も無いのが嬉しい。

堂々とDS広げて生産しています。

・・・

このゲーム、タッチペン必須なのがちょっと辛いけどw


さて、生産しているうちに、ようやくめぐり合いました。

レベル99。


独り言・・・。ダビつく/ダビスタからダビマスへ


■キリハレルヒドゥラ 牝4 自家×自家

(成長普通、入厩時52)



噂によると、これが見える数値的には上限らしい。

ならば、表示は99でも実際はもっといっているのか・・?

分からない。

もし、能力値もこれでストップだったら・・寂しい話です。


ウチの馬は、ギリ99くらいなので、もっと余裕で突き抜ける馬は生産してみて、比べれば分かること。

次は、普通成長で入厩時50台後半くらいの馬を目指すのかな。

それで全て分かると思います。

せっかくだから、自分で検証して確かめたいと思います。


一応目標達成で、記念にパスアップ。

やっぱりウチではいまのところ最強です。


独り言・・・。ダビつく/ダビスタからダビマスへ

AD


毎晩、深夜・明け方までやっているので寝不足気味です。
昨日は女子サッカーの深夜放送を見ながら頑張っていました。
このゲーム、こうゆう「ながらプレイ」がハマります。ちょうど良い感じに進められます。

生産活動、楽しいです。


先日にも書いたとおり、新たな種牡馬づくりのために初期配合に戻りました。

そこで興味が出てくるのが、「初期配合で何処まで出るのか」ではないでしょうか。

そこで出たのが、下記の馬。


■ヒドゥラウィークス 牡4  LV77

独り言・・・。ダビつく/ダビスタからダビマスへ

配合は、スペシャルウイーク×Serena's Song(セレナーズソング)

独り言・・・。ダビつく/ダビスタからダビマスへ

高額同士の配合、弱ニックス、Halo、NorthenDancerのクロス。相性度84%。
(↓配合テスター利用)
独り言・・・。ダビつく/ダビスタからダビマスへ

韋駄天ついたので、まあ強い。たまに掛かりますけどw


数頭レベルの産み分けで妥協したので、それほど粘ったワケではありません。もっと上が出る可能性もあります。
そう考えると、初期配合での最強馬、っていう線も十分あるような。


高額同士でも、跳ねやすいのと跳ねにくいのがあるのも実感します。何が原因かよく分からないのですけどw、そこに未知の配合理論があるのかもしれません。ゲームをしているだけでは全然気がつかないのはどうかと思いますが・・(配合テスターも万能ではない)


さて、このウィークスを掛けて、〆用種牡馬をつくる予定です。
〆種牡馬の目標はLV90前後、韋駄天スキル残し。

このウィークスでも十分な気もしますが、合わせる予定の繁殖も用意しているので、頑張ってみます。

G1グランプリ その3

テーマ:

まだまだG1グランプリしています。

先日の馬の他に数頭、レベル90や80後半を出しました。
が、そこで一旦先に進めなくなりました。
そう、自家種間で血が濃くなり過ぎて、自家配合できなくなったのです。

配合は計画的に・・!です。
ここらへんはダビつくで経験した・・かな。


今は回り道をして、サンデー系の自家種をつくる予定。
レベル80以上の自家種を組み合わせれば、99は拝める・・ハズ!


それが僕にとっての〆配合。


早く〆に移行したくて、でも途中で妥協も出来なくて・・。

そんないつものパターンです。