ダービーマスター その12

テーマ:

その後年月は過ぎて・・現在ヒドゥラストリームは5歳1月。
そこまでの経過をご報告。


4歳春のドバイシーマC(G1)は、結局2着・・。
コロネーションC(G1)は快勝するも、満を持して望んだ一流どころが揃う宝塚記念(G1)は10着惨敗、キングジョージ(G1)も同様に10着。

体調を立て直して臨んだ4歳秋。
バーデン大賞(G1)を快勝も、オールカマー2着。
相手が揃っていないカナダ国際S(G1)は1着、しかしながら力勝負に臨んだBCターフ(G1)、ジャパンカップ(G1)はそれぞれ10着・。。


やはりこの馬は「超1流」ではないのだな、と実感したレースにもなりました。
ダビスタ風に言うと、Sクラスだけど下の方。Xクラスには届かない、みたいな。
(分かりにくいよねw)
肝心要の、その世代の頂点を決めるG1で凡走(どれも10着というのが笑えます)するという不甲斐なさ。
可愛い、と言えば可愛いw。
この子にぜひ頂点を味合わせてあげたい、と次の5歳春のG1シーズンを目指します。
普通馬なんですが、能力が落ちてきませんように・・!



さて、ゲームで幾つかの仕様変更があった模様。


アグネスタキオンが種牡馬から引退したのは、大きな変換点になりそう。
僕の代表馬ヒドゥラストリームもタキオン産駒だし、ライバルとなる超一流馬もほとんどタキオン産駒だったのだから。いわば、「タキオンを使わないと強い馬は望めない」状況だったのが、一変した状況です。
でも、これは悪いことではないと思います。
競馬ゲームの面白さは多種多様な配合であることは誰もが認めるところ。
今後、いろんな種牡馬に可能性が出てきたのは良い方向。
タキオンに種付けするための繁殖牝馬を揃えていた人間にとっては、多少痛いけど。
まあ僕もそのウチの一人で・・いたたw。
でも、これで状況はリセットされて、また新規の人たちも含めて同じ土俵でヨーイドンが出来る、と思います。



ヒドゥラストリーム 牡5(1/2週)
アグネスタキオン×モンジュー(自家牧場生産馬)
34戦13勝、加国際S、パリ大賞典、アーリントンM、川崎記念、バーデン大賞、コロネーションC
SP53、ST64(現在最大値)←低くない?よくこれだけ走ったなあ・・

AD

ダービーマスター その11

テーマ:

需要があるような無いようなそんな日記。

めげずに書き続けてみよう。


さて、ヒドゥラストリーム。

あれから1年弱経ちました。

ダービー2着のあと、海外G1を見事2連覇。

その後、菊花賞を目指すも・・・4着。


同じ世代に3冠馬が出ました・・印もぐりぐりで、全て1人気での圧勝。

同じ時代に生まれた不幸・・なんて言ってられないのですが、上の世代にも実は化け物がいまして・・

その年、11戦10勝なんですよ。凱旋門とかBCターフとか含め。化けもんです。


果敢にそんな彼らに挑んだ、ジャパンカップ3着、有馬記念4着。

善戦はするんだけど、ね。


気を取り直して、4歳の最初は敢えて彼らから外れたローテーション。

逃げたワケではないのだよ、少し賞金を加算したかっただけ。

川崎記念1着、佐賀記念2着、中山記念1着。


そして迎えるのが、ドバイシーマカップ。

11戦9勝の昨年3冠馬にもう一度、挑むのだ。

もう今までのストリームじゃない。

その力を見せてやるのだ・・!

(出走は明日の朝10時予定)


ちなみに中山記念ではまさとしさんちの馬とワンツーだった。

いつか重賞でワンツーを、と思っていたのだけど、こんな早く実現するとは思わなかった。


ヒドゥラストリーム 牡4(3/4週)

アグネスタキオン×モンジュー(自家牧場生産馬)

23戦10勝、パリ大章典、アーリントンM、川崎記念、スプリングステークス、中山記念





AD

ダービーマスター その10

テーマ:

直線で失速した皐月賞・・・


騎手のコメント

「9着 ヒドゥラストリーム 豊田 武志騎手
残念だった。先行して抜け出すというレースはこの馬には不向きかもしれない。」


だって・・「差し」指示したじゃないですか!

それが先行したのは納得いきません。


でもリセットが効くゲームではないので、ありのまま受け入れるしかないのです。

気を取り直して、ダービーに目標を切り替え。


京都新聞杯G2を圧勝し(初めての1番人気!)、万全の体調でダービーへ。

16S、このゲームで16頭目のダービー馬が生まれるわけです。

僕にとっては、はじめての晴れ舞台。


ヒドゥラストリームは3番人気。

「-△▲▲▲」と印はいまひとつだけど状態は万全。

新聞の評価

「(6)ヒドゥラストリーム (上位進出)
【伊勢井 益男師】調教では動いてるし、いい状態を維持しているよ。さすがに楽な相手ではないけど力は上位。流れに乗れれば楽しみも。
【評価】成長の兆しがみえ、力強さが増した。相変わらず好調のようで、素軽い脚さばき。魅力あり。 」


過去のダービーも3人気が勝つことが多く、これは期待かかるところ。


いつものように正座してPC前に座る。

レースをロード。


・・・

なぜか先行する我が馬。

差しを指示したハズ。鞍上はリーディングジョッキーの豊田 武志なのだが・・・

やがて直線へ向くと・・

好位から抜け出し、早めに先頭へたつストリーム。

だけど・・だけど・・後ろから猛烈な脚で上がってくる馬がいる!

一番人気のグリグリ馬だ!


残り50で交わされて・・・・残念な2着。

初めてのダービーはほろ苦くも思い出に残りそうなレースになった。


騎手のコメント、聞いて上げてください。

「2着 ヒドゥラストリーム 豊田 武志騎手
もうちょいだったね。脚質的にはもう少し別の選択肢もあるかもしれない。」


・・・

もう騎手交代だっ!



ダービーマスター、こんなゲームです。
僕は「シンザン鯖」で「けんどりーむ」として参加中。

実にリアルでほろ苦くて、でもどっぷりと浸かってしまっています・・




AD

ダービーマスター その9

テーマ:

ようやく、ようやく重賞初制覇!です。

すごく時間がかかりました。だけに、感無量です・・!


初重賞はきさらぎ賞。

レコード勝ちのオマケつき。実際、レースリプレイ見てもスピードが一枚抜けていました。

印は必ずしも厚くないのですが・・

逆に、印は厚くてもいつまでも未勝利な馬もいます・・


印と強さは一致していないのですね。

ダビスタでいうところの97に凄く似ている気がします。


スピード至上主義で競い合ったあの頃・・。


さて、その馬は続くスプリングステークスもなんと制覇!重賞2連勝です。

一気にこの年のクラシック中心に躍り出ました!

ホント、ここまで時間がかかりました・・


あとはこの馬にG1をひとつでも取らせてあげられるか、ですね。

成長は普通(4歳ピーク)なんで、まだまだ。

お楽しみはこれからです。



ヒドゥラストリーム 牡3(4/1週)

アグネスタキオン×モンジュー(自家牧場生産馬)

10戦5勝、スプリングステークスG2、きさらぎ賞G3、萩S




ダービーマスター その8

テーマ:

低迷したS13(シーズン13)を抜け、S14の春が来ました。


引退を我慢していた馬たちがぽつぽつと勝って、4月段階で4-3-4-19、総合54位。
うーん、凄く地味ですねw


まだ重賞勝ちもなく、ましてG1なんて夢のような舞台。
新馬勝ちすると心躍り、未勝利や限定戦でもがく。
なんか凄くリアリティある馬主生活ですw


先日、画面にある「今週のニュース(ゲーム内)」で、まさとしさんの馬が紹介され、ちょっとジェラシーを感じましたw

そんな強い馬に巡り会いたい。
そんな強い馬はどんな走りをするのかな。


まあ、相変わらず負けず嫌いなワケです。


きっと来シーズンの新馬たちは期待できる。
と信じています。