虹配合構築し直しへ・・・

テーマ:

相変わらず週末は引っ越しの余波続き。
そんな中、火、水、木と2泊3日で出張してきました。
もうここしかない!ってな感じで、夜はホテルで一人合宿生産状態へ。
錦3丁目という歓楽街ど真ん中に居ながらして、ホテルでこつこつとダビP。
他人に理解して貰いたいとは思いません。
しかし、今の僕はそうゆう価値観(ダビP生産 > 夜の歓楽街)なのだ。


このプチ生産合宿で取り組んだのは、前から考えていた配合構築の見直し。
世間はニトロ、ニトロと騒がしくなってきたワケです。
僕もここでニトロを前提にした配合を考えるべきだと、攻略本片手に新幹線の中で悩み抜きました。


コンセプトは、究極の虹(Rainbow Quest)配合、です。
今作の虹は、僕の取り組んでいた母父Unbridled配合のほか、様々な配合で活躍馬を出しています。ここは「虹の使い手」と呼ばれた(←誰も呼んでいません)僕が黙っているワケにはいきません。
ここで、「虹最強」の馬を目指せる配合にモデルチェンジしたかったのです。
軍団戦でも、虹は僕担当になっているワケで(なっているよねっ?)、
虹が弱点だよね、なんて他から言われるワケにはいきません!


この虹締めで、SPニトロを出来る限り詰め込みつつ、出来ればクロスも入れて、ニックスも盛り込んだ配合・・・となるように、Danzigから構築しなおしです。


そして、現在は締め母生産中です。
巷で噂されるサムに到達している牝馬をなんとか確保する・・・予定。


さて、今晩も頑張るぞ、と。


※未だ自宅はネット回帰出来ていません。

AD

近況。

テーマ:

引っ越しはもちろん終わりましたが・・・。
まだ膨大な後処理が残っています。
段ボールが全て無くなるのは果たして何時のコトやら・・。

今回の引っ越しで改めて気付いたのが、
「家族の中で一番整頓好きが自分」
という事実。

と言っても、僕自身、たいした整頓好きじゃないですよ?
会社の机の上は自慢じゃないけど、決して綺麗な方じゃ、ない。
そんな僕が、一番整頓好き・・・とは。
どおりでなかなか片づかないワケです。

で、ネット環境も未だ整いません。
あと1週間はかかる見込み。それほど困っていないので放置です。
しばらく音信不通状態ですが・・・ここのブログは見ているので、何かあればコメント欄にお願いします。



■ ダビP


引っ越しの方に没頭していて、ほとんど生産できていません。
くりの為に少し生産する程度です。

ただ、新配合の構想は練っています。
明日から2泊3日の出張なので(名古屋)、その夜にたっぷり生産することとします。
締め牝くらいまではいきたいものです。

AD

引っ越しは日曜日。

テーマ:

■ 引っ越し


一部の人には引っ越しするよ、と伝えていましたが、いよいよ今週末に決行します。

僕の荷物はガラクタばかりですがかなりあるので、荷造りがまず大変。
「自分の分は自分で」
当たり前ですが、家族間でそうゆう約束になっている・・・手前、頑張って整理しないと。


で、昨日の夜溜まった雑誌を整理して捨てようとしたら・・・
ご想像のとおり、ワナにハマりましたw。
「捨てていいかどうか読んでみよう」
「捨てる前に読んでみよう」
気がついたら、数時間も本箱の前で読みふけっていました。
まあ、引っ越しなんてそうゆうもんだ!


「片づいていないじゃん!」
次の朝に早速突っ込まれました。



■ 引っ越しの影響


引っ越しの際は、今のプロバイダは解約になると言われ、改めて契約・工事をしなければいけないことになりました。
と言いつつ、まだ申し込みしていません・・。
ケーブルTVか、ADSLか、その絶妙な価格設定に悩んでしまって。
ライバルの価格をよく研究していると思います。それぞれのメリット・デメリットは五分五分で、違いと言えば、最初の2カ月が無料になるか否か、くらい。


ということで、この場から少し連絡。

1. 僕のPCメアドが来週から替わります。
2. メールのやりとりをしたことのある方にはこちらから連絡します。
3. ただし、申し込みが遅れている為、1~2週間後になる恐れがあります。


また、くりの処理も家から確認やアップが出来ない分、若干遅くなると思います。
(←くりでまた処理になっちゃいました・・弱いナ・・・)
ちなみに僕の新作はSPイレではないと思います。
暖かいフォローありがとうございました。


あと、もうひとつの影響について。

「ちくオフ行ってもいいかな・・?」

「荷物片づいたらね」

すいません、いけない予感がしてきました。


■ BC録画方法


コメント欄に録画方法を教えて欲しいとのコメントがありました。
・・・拍子抜けしますよ?


○用意するもの。
動画録画可能カメラ(デジカメ、ビデオカメラ等)
カメラを固定するもの(3脚、なければ台などでOK)


○ 方 法
(1) 机の上に、PSPを立てかけます。このとき、照明などが映り込まないように工夫してください。
(2) PSPの前に、近写モードにしてデジカメ(又はビデオカメラ)を準備
(3) カメラは手ぶれを防ぐために固定。また、撮影範囲にも気をつけてください。
(4) あとは、レース場面を録画するだけ!


キャプチャーで取り込んで録画・・・とかに比べると、実にアナログ的です。
でも、これで十分観賞に耐えうるモノが出来るんですよね。
って言うか、これ以外はPSP本体にメスを入れないとムリ。


ちなみに僕はデジカメの動画録画モードで撮影しており、機種はソニーサイバーショット。
2年以上前の型遅れ的な機種です。


注意点は・・・
廻りの音も一緒に拾うので、家族が寝静まってからやるのが吉。
自分や部屋の中も画面に映り込むので、角度や部屋の照明、背景などを何パターンか試してみるのが吉。


では、トライする方、頑張ってみてください!

AD

こんなBCの在り方。

テーマ:

■BC処理


久しぶりに「くり」でBC処理担当。

昔は、日本一のBC処理を目指していたコトもありました(内緒ですが)。

そんな血がうずうず騒ぎ、本来は罰であるBC処理に拘りたくなってしまいました。

こうゆうのを「本末転倒」というw。



ダビつくでは、動画処理、が流れになっています。

公式や一部大会は動画処理になっていましたし。

これからのBC処理は、動画ではないかというのが今回のこだわり。


自分の馬がなぜ負けたのか、どう勝ったのか、どんな展開だったのか・・。

それが伝わるBCこそ、僕が求めるBCですし、動画がそれを伝えるのに適しているコトは明白です。


時代は流れ、このアメブロでも動画投稿制度が出来ました。

これを機に、一度動画処理したい、とここんとこ、考えていたのです。



■動画処理BC(見本、くり処理より)


くり内では、既に処理・公開は終わっていますが、改めてどんな動画かここにアップしてみます。

ちなみに「くり」とは、旧アドバンス時代からの流れを汲む仲間内で行われている週一BC大会です。

今回、僕が処理を担当しました。(←前週にビリだった為)


□見本BC(くりBC処理より)



これに、出馬表やパドックを加えたものが、動画処理BCの基本になります。

僕自身、本格的にBC処理する余裕はないものの、処理そのものは好きです。

今回も苦労はいろいろしたものの(夜中の1時から準備を始めて、4時ごろまでかかりました・・・)、楽しく処理できました。

参加したみんなも楽しんで貰えた・・と思います。


ね、動画処理って可能性を感じるでしょ?



いずれ機会を見て、くり以外でもBC募集したいと思いますので、その際は宜しくお願いします。

(ってニーズが無かったりして・・)


週明けの報告

テーマ:

■ダビP


繁殖牝馬揃えは終了。
競馬凹のチームに貢献することを考え、識別とれる虹配合に移行しました。
先月チーム編成する際に、自分の駒の薄さにちょっと悲しくなったので。
出すからには、チーム員に「お荷物」と思われたくないし、エースとまではいかなくても「必要だ」と感じて貰える存在でいたいのだ。

と、同時に、クリスフィヒドゥラを繁殖に回し(これは識別なし扱い)ていろいろと試しに種付けしています。
現在、虹配合6頭、その他配合2頭の組み合わせで1セット。


で、昨日の夜、サッカー(日本×サウジ)が開始されるちょっと前くらいに、虹配合で種牡馬にして1000~3400、気B、根Bってのを引きました。
SPはそんなに無くて60台前半ってとこ。世間的には微妙レベルな気がしますが、「くり」的には全然使える駒!(特に僕にとって)。



■ サッカー(日本×サウジ)


サウジ強い。さすが中東の雄。日本とがっぷり4つな展開。
その中で、サウジは日本のミスから数少ないチャンスをモノに。
日本は、何度か訪れた決定機を活かしきれない。


日本は確かにゴール前での細かなパス廻しが増えたし、人も動くようになったと思う。
また、無意味なバックパスが減り、チャレンジするプレイが増加しているとも感じた。
まだまだ全体の連繋が足らず、ミスも多かったが、そんなに悲観的な気にならなかった。勝負のアヤが向こうに落ちただけ。
サウジはそれだけの強豪だと思う。


前任者からオシムに代わって何が良かったって、そのベンチワーク。
僕が精神的に落ち着いて見られるコトかな。
とにかく前任者は理不尽なコトが多く、後手の采配ばかりで、勝っていても負けていても采配で不満が溜まっていた。
それがオシムに代わって、納得して見られるようになった。その采配は積極的にゲームを動かす意志を感じる。僕と考えが違っても、納得が出来るのだ。
そう、少なくとも敗因に「采配が悪かった」と僕が悔やむことはなく、精神衛生上非常に良い。
それだけでも、代わって良かったなあ、と思うのだけど。