久しぶりに雑誌掲載!!


サラブレ9月号。


独り言・・・。ダビつく/ダビスタからダビマスへ

世界に羽ばたくサンデーサイレンス系、です。

なんか読みたくなってきたでしょ?



先日、メールを送ってみたことは書きましたが、なんと誌上での対戦開催、決定です!


その栄えある第1回開催で・・・3位ですよ!!(見えるかなあ・・)


独り言・・・。ダビつく/ダビスタからダビマスへ

ヒドゥラジャグラー。

確か、初めて99に辿り着いた、今となっては懐かしい馬。

さらに僕にとって、思い出深い馬になりました。


昔の人たちがどれだけサラブレを見ているか、というと言葉に詰まるけど、

でもここに名を残せて光栄だ。



でも・・・

生産者「ヒドゥラ」って・・・w


今までは雑誌はずっと本名で通してきたのだけど。

もうそうゆう時代じゃないのね。


次回(今月末に締め切りだそうです)は、HNで出すかな。

AD

G1グランプリ その13

テーマ:

ライフオブヒドゥラ、結果出しました!

やれば出来ると信じていました!!


http://g1grandprixbc.blog.shinobi.jp/
上記の僕が知っている唯一、かつ、最も熱いG1グランプリの交流レース。

無差別級「CSマイル」京都芝1600にて・・・


準優勝!!です


これまで予選落ちとかそんな流れを断ち切って。
なんとライフオブヒドゥラが通用したのです!!


2位 76p 3着4着2着3着3着 ライフオブヒドゥラ


うむ、準優勝したのは、ある意味安定していたからだねw
1位が一度もない準優勝、ってのも微妙だよねww・・・


動画は全て見ました。
ほとんどのレース、先に抜け出して・・ゴール前寸前で勝ち馬に差される・・というパターン。まあ、このゲーム、同じメンツでレースしていると、展開はほぼ一緒になるのだけど。

この馬、先行気味の差しでして・・

で、持っているスピードは一枚上手で、かなりの確立で先に抜け出してしまう。
馬の脚質は、「もって生まれたもの」が大きいので、育成による矯正は難しいんですよね・・。
ここはこれまでの競馬ゲームと大きく違うところ。


まあ、幾つかのレースでは一番人気だったし、大満足な結果です。


生産の方向は間違えていない。
後は、更に上回る馬を出すだけ! だな。


そんなパターンはこれまで沢山沢山見てきたけどw


AD

G1グランプリ その12

テーマ:

こうゆう競馬ゲームには、当然、「育成」というターンがある。


生産して、これぞという馬を手繰り寄せたら、その馬の能力を最大限発揮できるように、心と時間を込めて育て上げるのだ。いわゆる「戦績積み」という底上げだ。


僕は元来、このターンが苦手。

いや、結論を言えば、根性が足りないのだが。

また、戦績を積んだからと言って、馬の能力そのものは一緒だろ、という思いもある。

時間的に言って、1日、2日ならかけてもいいけど、1週間は無理、という感じ。


さて、D1グランプリ。

王道は3才牝馬。これは自身でも検証済み。

この3才秋のパス取りに向けて、初めて「多少」本気で戦績を積むことになった。

もちろん、これは、「これぞ」という馬が出てきたからだが。


と言っても・・・

3歳秋に23戦23勝・・が関の山だったがw

でも、この経験は良かった。

調子を落とさず戦績を積むコツ、調子が上がりそうになったときの対処、放牧のタイミング。

いろいろ想像しながらやってみて、ノウハウが蓄積された。


ネットも含め、ほとんど情報は無いからなあ。

逆にそうゆう状況下、一喜一憂しながら、無事最高の調子でパスを取れたときは・・

「パスをとった」という行為だけで、なんか満ち足りたモノを感じたw

こうゆう感覚が好きなんだな、きっと。


独り言・・・。ダビつく/ダビスタからダビマスへ

今回の馬が、この「ライフオブヒドゥラ」。

世の中には同じ3歳牝馬で40戦40勝などがいるから・・決して自慢できる戦績でもないけど。


でも、前に僕が惨敗したBC(対戦)大会で、圧倒的勝利を飾った、あのハードロックバンドを彷彿させる馬から・・・一番人気を取るんだ。


初めて一線級と渡り合える・・

そんな予感がする馬。



もちろん甘い気がするのも、いつものことw

AD

G1グランプリ その11

テーマ:

G1グランプリ、変わらずのめり込んでいます。
通勤電車、週末、空き時間はたいてい触っています。


いくら時間があってもキリがないし、やればやるだけ進展し嬉しくなるようなコトが起こるので飽きさせない。
インターフェースの面で課題はあるものの、競馬ゲームの新境地を拓いたんじゃないか。

自分のはまり具合に驚いている始末。


さて。
このゲーム、「レベル」という数値化されたものが、最初から表示されていて。
これが基本的な馬の強さを示すものだとは分かっているけど、具体的に何かはよく分からない。
同じレベルでも強さは全然違うし、逆転現象も頻繁に起こる。
ウチに、育成に届かなかったレベル97と、パス取りに失敗した98がいるのだけど、並み居る99より全然強い。

強い馬、というのは直線の抜けだし方が違うので、見ていて一目瞭然なのだけど。


結果として、レベル99に届く馬は「育てて見なきゃ強いか分からない」状態。
手探りで、結果として強かった馬を見て、なんで強いのか、と逆追いで考察している段階。
前は適正なのかと思っていたけど、それが全ての応えじゃなさそう。
パワーなのかな・・と思っているけど、よく分からない。


ということで、ここんとこは、牝馬構築・種牡馬構築はほぼ終了し、ひらすら締めている状況。

生産し、何頭も育成しては、対戦(BC)して強さを確認している。


今最強と噂されている馬より強い馬を目指して。

G1グランプリ その10

テーマ:

このゲーム、何気に奥深く楽しいです。

何が強いんだかよく分からないのもいい。


対戦(BC)成績は散々ですが、まあボチボチとすすめています。

たぶん、こんなサブパラの馬が強いんだと思います。


独り言・・・。ダビつく/ダビスタからダビマスへ


まあ、スピードが足りないのはご愛嬌・・w

って致命的ですけど。


レベル70以下戦なんかあればなあと思いつつ。


さあて、そろそろ一発、ホントに強いのを。
(対戦で予選を通るくらいの馬を)