公式大会、始まりました。

しっかりしたシステムで、きちんと運営されている・・・ように思います。

とりあえず、3回戦までは突破!!

 

 

さて、緊張しながら、4回戦の結果をまっていました。

4回戦出馬表・・・

 

 

SP入れかな・・・(笑

いやあ、見事に印なしです。

 

結果は人気通りの15着、でした。

 

それでも、何度か勝てたので、楽しむことが出来ました。

最終順位は「1860位」だそうです。

まあ妥当・・でしょうか?

目指せ3ケタってのを次の目標にしましょうか。

 

 

ヒドゥラストリーム 牡3

タニノギムレット×ヴィクトワールピサ

能力:A-D-C-Cって感じだったと思います。

 

一応、出した3頭ともにスピードはAです。

あまり納得いかないスピード感ではありますが・・・

 

AD

また時間が空きました。

ゲームは継続しているのですが、これといった産駒は出ません。

 

・メゾドリ配合

⇒名牝復活を受けて、もう1セットやりましたが全滅です。

 カレイナヒドゥラは相当の引きであったことを自覚します。

 B-AどころかB-Bすら拝めませんね・・。

⇒次のメゾでは違う種牡馬で行こうかな・・でも種牡馬もういないなあ・・

 

・ウォーウォー配合

⇒こちらは見事で試してみました。B-Dの繁殖が出来たので、それで1セット。

 まあ、スピードはそろって「B」で安定。

 もう僕としては、スピードはAでないと意味がないので、ここも空振りに終わり・・

 

という感じで、あとは自家を時々つけてみたり、いろいろ試してはいますが、一時のスピードA祭りが終わって、ここ2週間くらいはスピードAは見ていません。

そもそも、全頭診断しているので、お金を稼ぐために走るしかなく、日送りに時間がかかります・・でも診断しないと先に進めないし・・うーんという感じでだんだんと作業ゲームになってきました。金杯とか何度勝ったか分かりません・・

 

そういえば、先日のスピードAでこのゲームで初めて手動調教しました。

これはこれで、感覚がかなりわかったので意味がありました。

まあ、強かったので楽しかったです。

 

あとは公式ですね。

一応、3頭は出しますが、最近の対戦BC結果から見ても厳しい感じだと思います・・

強いのが何頭もいますよね・・憧れます。

公式で、ヒドゥラの冠見かけたら、まあそっと見届けてくださいませ。

 

AD

今もドリメゾ(と略するのですね!)から繋がる牝系をずーっとやっています。

牝系、牡系分かれて・・また配合(見事)とか。

 

自家種は正直、使えないような手応えしか感じませんが、自家種に答えがあるかもしれないので、何より「ただ」なので、毎春4頭種付のうち、1~2頭は自家にしています。

 

そう、牧場はあまり拡張せず、繁殖4頭体制で進めています。

管理しきれないし、運営費もかかるので・・これがいいか分かりませんが、これまでの競馬ゲームで培ったカンがそう思わせました(笑

 

さて、ここ数日で、スピードAが立て続けに産まれてきました。

サブパラ含め似たような感じですが、ひとまずスピードは強化されつつあります。

これも、「スピードC以下切り」で進めたからだと思います。

正直、何が答えかよくわかりません。

配合理論なくても、アウトでも出ました。

 

このゲームって、締め配合で粘れないので(せいぜい7~8頭しか生産できない)、こんな感じでゆるく牝系を伸ばしていく・・中で、アタリを待つのがいいような気がします。

それじゃダビスタじゃない、という気もしますが、だって締めで粘れないのに締め配合を作り込むなんて、ありえない気がするのですよ・・

いつか、スピードB、スタミナB以上の繁殖が複数うようよ牧場にいるようになれば、アタリを引けるのではないかなあ・・

でも、最近種牡馬のストックがほとんどなくなりました・・・

課金しなきゃすすめられないなあ・・こうゆうことか・・

 

<今のスピードA>

■ヒドゥラディライト 牡(先日の馬:基準)

リオンディーズ☓ドリームジャーニー

A-C-D-C-C

 

■ストライクヒドゥラ 牝(育成中)

ヴィクトワールピサ☓リオンディーズ

A-D-C-B-D *スタミナ減って根性・気性が上がった!

 

■ヒドゥラクオリティ 牡(育成中)

ハービンジャー☓リオンディーズ(アウト配合)

A-C-D-C-A *体質だけ上がった!

 

■ヒカリノヒドゥラ 牝(育成中)

スズカフェニックス☓リオンディーズ

A-C-C-B-C *根性・気性が上がった!

 

ということで、一番下のスズカフェニックス産駒に期待です!

距離適性範囲狭いけどね!早熟だし!!

 

 

よく整理したら、みんな同じ繁殖から生まれているなあ・・

繁殖のスピードが一番大事なのかも!!

 

ということは次世代に期待ですね。

 

 

AD

現在、基本的に生まれたらすぐに能力判定し、スピード「B」以上のみを育成対象にしています。

だいたい、4頭に1頭くらいが残り、その1頭が8億円(=能力判定代)稼ぐ!ことで、何とか持続可能な牧場経営としています。

苦しいですけどね・・でも、能力知らないと効率悪すぎてどうしようもない。

金塊は種牡馬購入に充てたい。

このルールでなんとか30億~50億の資金をキープしています。

 

で、ようやく、ようやく、スピードAを出しました!

 

ヒドゥラディライト 牡

リオンディーズ☓ドリームジャーニー

 

他のパラメータ(特に根性)が残念ですが、Aが出たのは朗報です!

配合は、例のドリームジャーニー締め牝馬(確かBCCくらい)からリオンディーズです。

さすが、☆☆☆☆配合は違います!

 

強さ的には、正直微妙・・です。

カレイナの方が強い気がします・・が、タイプが違うのでなんとも。

 

これで、あとは、スピードAで如何に他を乗せるか、ですね。

もう少し、この系統で粘ってみます。

 

 

 

間が空いてしまい申し訳ありません。

時系列的にようやく今に追いつきそうです。

 

「見事」配合で行くことを決めた僕は、とある配合ツールサイトを見つけ、いろいろと試行錯誤し、見事に至る道筋を考えて、改めて初期牝馬からやり直すことにしました。

時が同じころ・・年末・年始にかけて、「名牝セール」のイベントがありました。

これはちょうどいい、と出てきた名牝に対し、配合ツールと掛け合わせて見事や完璧配合となる組み合わせ・代重ねをノートに書いては検証していました。

こうゆう時間もダビスタの楽しみのひとつです。

 

そんなおり、「メゾンフォルティー」と巡り合いました。

調べると、初代配合でドリームジャーニーと完璧配合です。

なんという・・・更に、ドリームジャーニーのあとにも見事になる代重ねがあります。

これは・・・!

ドリームジャーニーの権利もあるし、種付して生まれた最初の1頭が、今のエースです。

 

カレイナヒドゥラ 牝 

ドリームジャーニー☓メゾンフォルティー

B-A-B-C-C

初めてみたときは、今までのレベルを遥かに凌ぐ能力に驚きました・・

調教さえ上手くいけば・・上手くいかなくて3冠ムリでした(笑

スタミナAってたぶん5耐えクラスだと思われます。

 

対戦BCでも、非常に強く素晴らしい馬でした。

逃げて、早めに抜け出し、垂れないスタミナと根性で頑張る馬でした。

更に上のSP馬にやられることもありますが、安定した結果を残しました。

 

このあと、ずーっとこの配合を続け、もう一度牝馬を買うチャンスもあって、計10頭ほど生産しましたが(産み分けというレベルじゃないけど)、最初に出たこれを上回る産駒はいませんでした。

 

この結果を目の前にして、更に代重ねする見事に向かいましたが・・

これ以上の産駒(スピBスタA)には巡り合わず・・見事も基礎能力に対しては万能ではないことを思い知りました。

 

なお、このカレイナヒドゥラに、よく出来た配合のドゥラメンテをたまたまかけたところ、下記の馬が誕生。

 

クルオシクヒドゥラ 牝

ドゥラメンテ☓ドリームジャーニー

B-A-B-C-C

 

ほぼ同じ能力で、距離適性が違う・・!

でも、なぜか強さではカレイナの方が上でした。でもほぼ同格の強さ。

 

この2頭が現在のツートップですね。

ちなみに、彼女たちをもってして、ようやくゲーム内無敵モードです。

今回のライバル馬たちは本当に強い・・・

 

今後はこの子孫たちで、何とかスピードAを拝みたい。

これがなかなか難関で、スピードBを超えるところに大きな壁がある今日このごろです。

 

感じているのは、見事・完璧も特に基礎能力に対しては効果が約束されているわけでなく、跳ねるためにはかなりの牝馬と運が必要だということです・・。跳ねたときのサブパラ保険として有効ということでしょうか。

 

あと、高額種牡馬はやっぱり安定しています。

そういうことなのか・・・という感じです。