2010年07月14日

KEN-ELT図書室:ビルバオ(スペイン)

テーマ:KEN-ELT図書室

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。



さて、梅雨明けも間近に迫っていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?


ワールドカップも終わってしまいましたが・・・


今回も引き続き、


「ワールドカップ南アフリカ大会記念」


といたしまして・・・


「KEN-ELT図書室」ではずばり・・・


今大会優勝国・


スペインのビルバオ


を特集いたします。



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)


*この飾り皿は、KEN-ELT図書室の本棚の左上にあります。生徒さんがイスに座ると、すぐ目の前に見える位置にあります。これは、スベインのバスク地方の中心都市ビルバオの、キリスト教グッズの専門店のようなところで購入しました。



さて、まずはいつもどおり、



*第一印象:☆☆☆☆(5つ星が最高)


皆さん、スペインというと・・・


闘牛、フラメンコ・・・


を思いつくと思いますが・・・


私が訪れたスペインのバスク地方はというと・・・


実は、これらとは”無関係”なところです。


バスク地方は、スペインの北東部の、フランスとの国境に近いところ


にあるのですが・・・


スペインの中でも、かなり特殊な地域です。


正式には、


「バスク自治国(The Basque Country)」


と呼ばれ、スペインという国家の中にある自治地域なのです。


私がここを訪れたのは・・・


中心都市であるビルバオの旧市街の建築


に興味があったためです。


「出窓」が特徴で、色とりどりの枠で縁取られています。


建築のためにわざわざ?


と思われる方もいらっしゃると思いますが・・・


私にとって、「建築」は旅先を決める最重要項目なのです!


それゆえ、予想通り、訪れたビルバオは、大変美しい街でした。



*交通の便:☆☆☆☆


バスク地方へのアクセスですが・・・


私の場合、丁度ヨーロッパ周遊をしていた時だったので、


飛行機で、ドイツのフランフルトから入りました。


ドイツやフランス、イギリスからのフライト


は多いようですね。


陸路で行くのであれば・・・


フランスからになります。


フランスのボルドーから車か鉄道


ということになるでしょう。


実は、フランスの北西部も合わせて、「バスク地方」と呼ばれており、


バスク地方で話されるバスク語はというと・・・


フランス語とスペイン語


にかなりの影響を受けているそうです。


確かに、聞いた限りでは、私にはスペイン語にしか聞こえませんでしたね。


ただ、言語学的には・・・


日本語と同じく、”系統不明”だそうです。



*英語通用度:☆


英語ですが・・・


予想されうるように、正直ほとんど通じません。。。


バスク地方自体、観光で行く方はあまりいないので(笑)、英語が通じないのも無理はないと思います。


英語表記があるバル(スペインのバー)に行きましたが・・・


誰も英語を話せませんでした。(笑)


確かに、その英語表記には、英語教師という立場から見て、明らかに「誤り」があったのですが。。。


なので、少しのスペイン語を学ばれていくことをおススメします!


中心都市ビルバオは、スペイン語を話す人が多いようです。


ただし、さらに田舎に行くに従い、スペインの旗は減り、バスクの旗とバスク語表記が多くなります。


例えば、海岸沿いのリゾート地である


サン・セバスチャン


はバルの多さでも有名ですが、バスク率が高いですね。



*文化:☆☆☆☆


文化レベルは・・・


かなり高い


といえると思います。


実際、ビルバオは、スペインの芸術都市として、


ニューヨークのグッゲンハイム美術館の分館がありますし、


街並みをみても、いたるところに芸術的な香りがします。


歴史保存された「旧市街」と


現代文化を象徴する「新市街」


が絶妙にマッチしたこれからのヨーロッパの代表都市になりえる素質をもっていると思います。



また、この地方で忘れてはならないのが・・・


「ピンチョス」と呼ばれる小皿料理


ですね。


スペインの小皿料理として有名な「タパス」


と違うのは、


このピンチョスは、


小さいパンの上に具をのせて食べる(なぜ、ここだけ赤字?(笑))


点です。

バルによって、種類も豊富で、かなりおいしいです!


それでは最後に、ビルバオを紹介したビデオクリップをご覧ください。



Title: Bilbao Turismo

Bilbo, Euskadi(バスク語) /

Bilbao, Pais Vasco(スペイン語)



http://www.youtube.com/watch?v=_d_ntgLNjoI&feature=related


*クリックしますと、YouTube動画につながり、映像と音楽が流れます。





無料カウンセリングはこちら

















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2010年06月16日

KEN-ELT図書室:ハーグ(オランダ)「ワールドカップ南アフリカ大会記念?」

テーマ:KEN-ELT図書室

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。



さて、ついに東京も梅雨に入りましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?


今回は、


「ワールドカップ南アフリカ大会記念」


といたしまして・・・


「KEN-ELT図書室」ではずばり・・・


オランダのハーグ


を特集いたします。



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)
*この壁掛けアイテムは、オランダの政治都市ハーグで購入しました。実はこの絵は、タイルでできています。なので、かなり重いです。。。

今は、待合室ともなっている「KEN-ELT図書室」の左手の壁中央にあります。



さて、まずはいつもどおり、



*第一印象:☆☆☆☆(5つ星が最高)


皆さん、オランダというと・・・


「アムステルダム」は聞いたことがあると思いますが、


「ハーグ」はいかがでしょうか?


おそらく、あまり多くの方が知らないか、実際に行ったことがある方となると少ないと思われます。


私は、この町に知人がいたので、訪れました。


つまり、観光目的で行ったわけではなかったのです。


オランダの政治都市


であることは知っていたので、イメージとしては「お堅い」と思っていました。


都市は、オランダの地方都市という感じで、私としては、一番お気に入りの街でしたね。


アムステルダムは運河がいっぱいですが、街はかなり汚れている印象がありましたが・・・


ここハーグは、対照的に、運河はなく、建物も綺麗で、整然とした印象がありました。(昔、運河はあったらしいですが、ごみを捨てる人が多かったため、閉鎖したそうです。)



*交通の便:☆☆☆☆


ハーグは小さい街なので、徒歩で散策できます。


オランダ自体、小さい国で、鉄道が発達しているので・・・


オランダ国内のどの都市(アムステルダム・ユトレヒト・ロッテルダム等)からも電車でアクセスができます。


私の場合は、その時、ドイツのフランクフルトに滞在していて、そこからハーグまで行ったので・・・電車では4時間ぐらいかかりましたね(笑)。


本当のことを言うと、ドイツからベルギーの大学街である「ルーベン」を訪ねる予定だったのですが・・・


その前にフランスのリヨンでストライキにあい、足止めをされたので、予定変更となりました。。。(それから、ルーベンにはまだ行ってませんね。)


オランダは、ゲルマンの国でしっかりした国なので、イタリアやフランスとは違って、ストライキはほとんどないと思います!



*英語通用度:☆☆☆☆


オランダは、おそらくヨーロッパで最も英語が通じる国のひとつであると思います。


最初は、英語が通じるのはアムステルダムだけかと思っていましたが・・・


実際、どこでも通じるようです。


ここハーグでももちろん通じました。


オランダのように小さい国は、自国の言語だけでは、ビジネスが成り立たないため、英語を話さざるを得ないという事情があります。


また、オランダでは、テレビの洋画の英語字幕はあるのですが、「吹き替え」はないため、日常生活で、英語の音に触れる機会があるといえます。


それに加え、オランダ語と英語は、ゲルマンの兄弟なので、習得も早いのです。


ただ、どちらかというと、洋画の影響もあってか、アメリカ英語が主流のようですね。


*文化:☆☆☆☆


文化レベルは・・・


オランダ絵画の伝統


があるため、非常に高いと思います。


私は、あまり美術館とかに行く方ではないので、なんともいえませんが(笑)。。。


とにかく、ゴッホやフェルメールがいますよね?(あえて疑問型にしています。。。)


光に敏感な画家が多いのは、オランダを訪れると理由がわかります。


ここは、平らな国なので、空が広く、イギリスと同様、雲の流れが速いのです。


それゆえ、光が出たと思ったら、雲に隠れたり・・・。


生活は大変そうですが、ぜひ一度訪れてみてください!


さて、最後に、オランダのハーグという街をイメージしやすいよう、動画を見つけましたので、ぜひご覧ください。



Title: Den Haag(The Hague), The Netherlands(Holland)


http://www.youtube.com/watch?v=HlSfe7ouCR0


*クリックしますと、YouTube動画につながり、映像と音楽が流れます。




無料カウンセリングはこちら









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年11月17日

KEN-ELT図書室:ヴィチェンツア(イタリア)

テーマ:KEN-ELT図書室

無料カウンセリングはこちら

こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


さて、芸術の秋「第二弾」は・・・


イタリア


です!


そこで、今回の「KEN-ELT図書室」では、


イタリアの


「ヴィチェンツア」


を特集します。




英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(英会話教室)

*この時計は、北イタリアの町ヴィチェンツアの雑貨店で購入しました。ウインドウに並んでいたのですが、その時を刻む音とデザインに、一目で魅了されました。

今は、待合室にもなっている「KEN-ELT図書室」の右手本棚の上で、しっかりと時を刻んでいます。ゆっくりとした時とともに、生徒の皆さんに本を選んでいただいております。



さて、まずは・・・



*第一印象:☆☆☆☆(5つ星が最高)


このヴィチェンツアという町は・・・日本人の方にはあまり知られていないと思います。


近くに、ヴェローナという町がありますが・・・


ここは、何よりも、「ロミオとジュリエット」の舞台となり、かつ、毎年夏に開催される野外オペライベントの舞台となるアレーナ(円形闘技場)で有名ですね。


それに比べ、ヴィチェンツアはというと・・・


イタリアの地方都市


としてしかイメージが沸かないかもしれません。


ただ・・・ここを有名にしているのが・・・


建築家アンドレア・パッラーデイオの古典建築群


です。


古典様式とは・・・ギリシャの神殿をベースにして生まれたもので、力強い柱が特徴的です。


この建築を見るために、私はこのヴィチェンツアを訪れました。


圧倒的なスケールで迫る建築群には、目を見張るものがありました。



*交通の便:☆☆☆☆


ヴィチェンツアは小さい町なので・・・徒歩で十分散策することができます。


肝心のヴィチェンツアへのアクセスですが・・・


観光都市ヴェネツイアから、電車でなんと一時間程度


で来れてしまいます!


また、先ほどご紹介した


ヴェローナからは、電車で約30分ぐらい


です。


ただ・・・イタリアなので(笑)・・・列車の遅れやストライキは大目に見てあげてください!



*英語通用度:☆☆


イタリアは、観光国なので、英語が通じると思われるかもしれません。


確かに、観光客が多い都市では、十分、英語が通じます。


ただ・・・やはり、地方都市では、通じにくいです。


これは、日本でも同じことですよね。


なので、多少のイタリア語を学んでいくことをおススメいたします!


イタリアでは、英語に対する嫌悪感はありませんので、ご心配なく!



*文化:☆☆☆☆


文化レベルは・・・先ほどご紹介した


パッラーデイオの建築群


で、


街全体が世界遺産登録


されているので、


高いです。(笑)


イタリアというと・・・建築ですが、


その名に恥じないレベルの建築群


がこのヴィチェンツアにはあります。



さて、最後に、ヴィチェンツアという街のイメージが沸きにくいと思うので、映像を用意いたしました!


お楽しみください!



Title: Vicenza di notte


http://www.youtube.com/watch?v=a-CCx6vca0E


*クリックしますと、YouTubeの動画につながり、映像と音楽が流れます。




無料カウンセリングはこちら

















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。