1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年03月16日

英語学習の落とし穴24:『英語は私には必要ない?』

テーマ:英語学習の落とし穴
こんにちは!東京・大田区にある
個人英語・英会話教室
『KEN-ELT英語学習専門校』
http://www.ken-elt.jp/ )の代表兼
日本人講師のKenです!

まだ寒さが

続く

毎日ではありますが・・・

皆さん、

いかがお過ごしでしょうか?

さて、

今回はというと・・・

『英語学習の落とし穴24』

シリーズの最新作としまして・・・

『英語は私には必要ない?』

についてです!

皆さん、

ご存じのように、

英語は、

今や、

世界の共通語

の地位を

確立しております。

海外に旅行をすれば

すぐに

わかることですが・・・

英語圏だけでなく、

英語を母国語

としない国でも、

英語は・・・

”必須”

であります。


いくら英語が

通じにくい国

でも、

探せば

簡単に

英語を話せる人

を見つけること

ができますね。

私の経験上、

英語が通じにくかった

国とは・・・

フランス、

ウズベキスタン、

キューバ

などですが・・・

英語を話せる人は

簡単に

見つかりました!

現地の人達も

外国人と

コミュニケーションをとる

場合・・・

”まずは英語”

というのが

「世界の常識」

であります。


この

「世界の常識」

がいまだに

共有されていないのが・・・

残念ながら

「日本」

なのですね。。。

教育レベルが

まだ高くない

国では・・・

まだ英語が

話せない人

が多いですが・・・

今や

”先進国で”

”教育レベルの高い”

日本で

英語が通じない

というのは・・・

日本に来たことがない

外国人が

”驚く!”

事実

なのであります。



これは、

正直な話、

恥ずかしいこと、、、

であります。。。


さて、

昨年

ラグビーで有名になった

五郎丸選手の

英語に関する記事

がここにあります。

ずばり、

タイトルは・・・


『課題浮き彫りに…五郎丸、英語力不足でスタメン落ち』

http://www.sanspo.com/rugby/news/20160311/wld16031105020001-n2.html

ここで

書かれていますのが、

オーストラリアの

リーグへ行かれた

五郎丸選手が

『英語力』不足

のため、

スタメン落ちした

ということです。。。

もう一つ

最新の記事では・・・

『一流アスリートほど「英語力」が不可欠なワケ』

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160318-00109849-toyo-bus_all

今や、

スポーツの世界

では、

テニスであれ、

野球であれ、

本場で

勝負をするのであれば・・・

”英語が必須”

なのは

知られてきております。

それでも、、、

英語を

急に始めたから

といって・・・

”簡単に”

”短期間で”

できるようにはなりません。


この事実は・・・

やってみれば

すぐにわかります。(笑)

日本人の場合・・・

英語の勉強の仕方

を知らない方が

ほとんどなので、

仕方ないのですが・・・

それがゆえに、

最近はやりの

「オンライン英会話で簡単に!」

とか

「聞くだけで英語が話せる!」

とか

いわゆる

「ネイティブに習う英会話学校!」

とかの

殺し文句に

引っかかってしまう

わけであります。。。(笑)



KEN-ELTに

来られる方の

多くが・・・

こうした

上記のような

英会話学習経験者

であります。

また、

最近、

海外からの観光客

が増加しており、

東京都内でも

かなり多くの方を

みかけます。

それゆえに・・・

今まで

”英語と無縁”

だった

あらゆる店で

働く方たちも

英語をある程度

話せる必要性

が出てきました。


『英語は私には関係ない』

といってきた人達にとっても・・・

すぐそこに、

英語は迫ってきている

のですね。

海外に行くなら

もちろん、

日本にいても

英語が必要であるという

国際化が

ようやく

この日本でも、

始まりつつあるのを

英語を教える身である

私自身

ひしひしと

感じております!


『KEN-ELT英語学習専門校』公式Facebookを始めました!



健一鈴木 | バナーを作成










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年12月24日

英語学習の落とし穴23:『英語を話すとき、頭が真っ白になってしまう。』

テーマ:英語学習の落とし穴

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

個人英語・英会話教室

『KEN-ELT英語学習専門校』

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表兼

日本人講師のKenです。


いよいよ


2013年も


あと少しで終わりですが、


皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


さて、


今回は・・・


私がたまに投稿している、


『みんなの英会話奮闘記』

(http://www.eigobegin.com/index.php )


での質問と私の回答を


ご紹介したいと思います。



****************************************************



Q:(質問)



英会話で言葉が出てきません。


よく、

「間違えてもいい」「恥ずかしがらないで」と言われますが、
間違えてもいいと思っているし、恥ずかしがっているわけでもなく、
英語を話そうとすると、頭の中が真っ白になってしまいます。

この現象を抜け出す方法はないでしょうか???
皆さんがどうやって会話ができるようになったのか
そのプロセスを知りたいです。

(質問者の原文を尊重し、そのまま掲載しています。)



A: (回答)



はじめまして。

東京・大田区で「KEN-ELT英語学習専門校」を主催しておりますKenと申します。


まず、英語を話す際には、最低「基礎的な文法」と「基礎的な語彙」が必要となります。この二つがなければ、自分が考えていることを表現することができません。

よく「単語」さえ知っていれば何とかなる、と言われていますが、それはその場しのぎの解決法でしかありません。。。

自分の伝えたいことを”適確に”表現するには、やはり「文法」が必要となるのです。

これは、大人になってから外国語を学習する際には避けては通れない道なのです。

だからといって、学校英語や受験英語で習った英文法でよいのでしょうか?

ここで注意しなければならないのは、そこで学んだものは、「文法の”知識”」でしかない、ということですね。

つまり、「知識」としていくら文法を知っていても、それを会話という現場で使えなければ全く意味がないということです。

せっかく学んだ知識を、実践的な会話力に変えるには、”方法”があり、その方法を私の学校では、英語入門者・初心者の方を中心に、実践しております。



****************************************************


さて、


2013年も世界では、


いろいろなことがありました。


大災害が多くなった印象があり、


異常気象も進行しているようですね。


我々の暮らす先進国での生活が、


他の世界へ影響を与えていることを


忘れてはならないでしょう。


これからも日々、


世界情勢は変化していきます。


我々も、


他人事ではなく、


自分の事として、


世界の関わっていく視点を


持っていきたいものです。


さて最後になりますが、


今年も、英語入門者・初心者の方を中心に役立つ英語学習かつ海外情報をお届けしてきました。



支えてきていただいた読者の方達にここで感謝の意を表したいと思います。


そして、何よりもこのブログを見て日々支えていただいているKEN-ELTの生徒の皆さんに感謝いたします。

また、これからKEN-ELTでの受講をお考えの方達に感謝いたします。



来年も引き続き、対象を変えずに、”ゆっくり”ではありますが、英語学習・海外情報を提供していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!














AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年09月24日

英語学習の落とし穴㉒:伸び悩みスランプから脱出する方法&ロシア研修

テーマ:英語学習の落とし穴

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

個人英語・英会話教室

『KEN-ELT英語学習専門校』

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表兼

日本人講師のKenです。


長かった夏も終わり、


やっと秋の到来ですね。


季節は巡るものですね。


気温の変化が激しいですが、


皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


さて、


今回は・・・


私がたまに投稿している、


『みんなの英会話奮闘記』

(http://www.eigobegin.com/index.php )


での質問と私の回答を


ご紹介したいと思います。



****************************************************



Q:(質問)


英語の勉強を本格的にはじめて半年が経ちました。


これまでの勉強内容は、単語を覚える、文法を一からやり直す、
本についていたCDを聞く、といったことです。


英会話スクールにも通っていますが、
思うように話せるようにならず、
最初のやる気を維持できるかどうか・・・・
このままだと心が折れてしまいそうです。


この状況を脱するために、私は何をすれば良いのでしょうか?
または、どんな心持ちで臨めばよいのでしょうか?
同じようなスランプを経験された方がいらっしゃいましたら
アドバイスをよろしくお願いいたします。


(質問者の原文を尊重し、そのまま掲載しています。)



A: (回答)


はじめまして。

東京・大田区で「KEN-ELT英語学習専門校」を主催しておりますKenと申します。

まず、ほとんどの「英会話学校」というところは、「英語を学ぶ」ところというより、「英語を試す」ところです。

もしネイテイブスピーカーに習っていて、英語で質問ができ、その回答を理解できるのであれば、英語の訓練にはなります。つまりは、英語上級者には、英語のブラッシュアップとなるわけです。

しかし、英語を「無意識に」話してきたネイテイブ教師からは、おそらく納得のいく回答は得られることは少ないと思います。理由は簡単です。英語を外国語として学んできたわけではないので、外国語を習得するプロセスも経験していないからです。

日本人だからといって、外国人に日本語を教えられますか?おそらく適切に説明できる方はそう多くはないはずです。

私の学校に来られる生徒さんも、英語学習に行き詰まりを感じていらっしゃいます。


特に、英語入門者・初心者の方の場合は、「基礎的な文法と単語を実際の会話の中で使っていける」ようにうちでは指導しております。知識として文法や単語を暗記しても何も意味はないからです。

また、合わせて「効果的な英語学習法」を指導し、それぞれの生徒さんへアドバイスをさせていただいております。

「英語学習法」を教えられるのは、自らが英語学習を経験した人のみです。もし可能であれば、お近くの、英語を苦労して習得された日本人の方に習うこともひとつの解決となると思います。

私のブログでは、英語入門者・初心者限定の英語学習情報を発信しておりますので、ぜひ一度お立ち寄りになり、何かお役に立てることができれば幸いです。

あきらめずに、がんばってください。


****************************************************


さて、


今月の初めに、


研修で、


「ロシア」


という国へ行っておりました。


私が行ったのは、


ヨーロッパ・ロシア


ともいわれる、


首都モスクワ、


サンクト・ペテルブルク


といった都市周辺ですね。


日本では、


サンクト・ペテルブルクの


「エルミタージュ美術館」


が有名かと思います。


ここは、


ロシアではなく、


ヨーロッパ美術が集められた


世界でも最大規模の


美術館です。


個人的には、


ロシア建築に興味があったので、


ペテルブルク市内の教会の装飾


が良かったですね。


玉ねぎ型の教会も


たくさん見ることができました!


ロシアは、


モスクワを中心に発展する


新興国のひとつで、


今や、


ヨーロッパの都市と


そんなに変わらなくなっている


印象を受けましたね。


ただ、


英語の通用度は依然低く・・・


新しいターミナルが出来た


あのCIA元職員スノーデン氏で有名になった


モスクワ・シェレメチェボ空港でも、


ルーブル支払の店では、


英語が通じませんでした。。。


ガイドの人に聞くと、


若者も英語をやる気がない・・・


ということで、


今後、国際化の波にのれるのか?


注目が集まりそうですね。


ただ、


来年の「ソチオリンピック」


に向けて、


ロシア全体で盛り上がっているようだったので、


英語の必要性は、


ますます高まっていくことでしょう。






St.Petersburg, Russia



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)













AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。