2013年12月24日

英語学習の落とし穴23:『英語を話すとき、頭が真っ白になってしまう。』

テーマ:英語学習の落とし穴

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

個人英語・英会話教室

『KEN-ELT英語学習専門校』

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表兼

日本人講師のKenです。


いよいよ


2013年も


あと少しで終わりですが、


皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


さて、


今回は・・・


私がたまに投稿している、


『みんなの英会話奮闘記』

(http://www.eigobegin.com/index.php )


での質問と私の回答を


ご紹介したいと思います。



****************************************************



Q:(質問)



英会話で言葉が出てきません。


よく、

「間違えてもいい」「恥ずかしがらないで」と言われますが、
間違えてもいいと思っているし、恥ずかしがっているわけでもなく、
英語を話そうとすると、頭の中が真っ白になってしまいます。

この現象を抜け出す方法はないでしょうか???
皆さんがどうやって会話ができるようになったのか
そのプロセスを知りたいです。

(質問者の原文を尊重し、そのまま掲載しています。)



A: (回答)



はじめまして。

東京・大田区で「KEN-ELT英語学習専門校」を主催しておりますKenと申します。


まず、英語を話す際には、最低「基礎的な文法」と「基礎的な語彙」が必要となります。この二つがなければ、自分が考えていることを表現することができません。

よく「単語」さえ知っていれば何とかなる、と言われていますが、それはその場しのぎの解決法でしかありません。。。

自分の伝えたいことを”適確に”表現するには、やはり「文法」が必要となるのです。

これは、大人になってから外国語を学習する際には避けては通れない道なのです。

だからといって、学校英語や受験英語で習った英文法でよいのでしょうか?

ここで注意しなければならないのは、そこで学んだものは、「文法の”知識”」でしかない、ということですね。

つまり、「知識」としていくら文法を知っていても、それを会話という現場で使えなければ全く意味がないということです。

せっかく学んだ知識を、実践的な会話力に変えるには、”方法”があり、その方法を私の学校では、英語入門者・初心者の方を中心に、実践しております。



****************************************************


さて、


2013年も世界では、


いろいろなことがありました。


大災害が多くなった印象があり、


異常気象も進行しているようですね。


我々の暮らす先進国での生活が、


他の世界へ影響を与えていることを


忘れてはならないでしょう。


これからも日々、


世界情勢は変化していきます。


我々も、


他人事ではなく、


自分の事として、


世界の関わっていく視点を


持っていきたいものです。


さて最後になりますが、


今年も、英語入門者・初心者の方を中心に役立つ英語学習かつ海外情報をお届けしてきました。



支えてきていただいた読者の方達にここで感謝の意を表したいと思います。


そして、何よりもこのブログを見て日々支えていただいているKEN-ELTの生徒の皆さんに感謝いたします。

また、これからKEN-ELTでの受講をお考えの方達に感謝いたします。



来年も引き続き、対象を変えずに、”ゆっくり”ではありますが、英語学習・海外情報を提供していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!














AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。