2013年11月26日

KEN-ELTエッセイ: 『 ベルギー 』

テーマ:KEN-ELTエッセイ

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

個人英語・英会話教室

『KEN-ELT英語学習専門校』

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表兼

日本人講師のKenです。


さて、


今年もあと1か月となり、


本格的な冬が到来しましたが、


皆さん、いかがお過ごしでしょうか?


先週ですが、


オランダとベルギーで、


サッカー日本代表の


強化試合が開かれ、


オランダには引き分けましたが、


ベルギーには勝利しました!


ベルギーの世界ランクが、


第5位


だとは私も知りませんでした。(笑)


ただ、


このベルギーという国自体、


ヨーロッパ人の間でも


あまりイメージがありません。。。



ということで、


今回は・・・


「KEN-ELTエッセイ」シリーズ



『 ベルギー 』



を特集いたします。




**********************************************


Bruxelles / Brussel



オランダから


ベルギーへ


と入るにつれ、


建物が


より装飾性が高く


なっていくことに気づく。


その日は


朝から



立ち込めていたが、


それが一層、


ベルギー


という国の


中世の幻想的な街並み


を引き立てているようだった。


フランス、ドイツ


といった大国


に囲まれ、


複雑な歴史


を抱えた国だが、


今や


各々の国の


魅力的な部分


を取り入れ、


ベルギー独自の文化


を作り上げている。


街中では、


ドイツ風のクリスマス市


が立ち並び、


オランダ風の破風屋根の建物


が広場を取り囲む。


そして、


フランスの美食の伝統


を基盤に、


ベルギー独自の食文化


を作り上げている。


中世の雰囲気


が色濃く残る


ブルージュでは、


馬車が


石畳の街並み


をゆっくりと駆け抜け、


鐘楼の軽やかな音が


夕暮れの街に


一日の終わりを告げる。


暗黒の時代



と言われた中世


が軽やかに


親しみやすい魔法


に包まれて、


現代を生きる自分


に語りかけているかのようだった。




英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)




**********************************************


ベルギーへは、


オランダのアムステルダムから


電車で入り、


ゲントやブルージュといった街を


回りました。


隣国オランダとは、


違いを感じましたね。


まず、


建物が違います。


ベルギーの方が、


どっしりした


装飾性のあるものが


多かったですね。


また、


食事の種類も豊富


でした。


日帰りで行ったのですが、


クリスマス市などもやっていて、


かなり楽しめました。


小さい街なので、


静かで、


癒されましたね。


何という見所がある


わけではないですが、


ヨーロッパの小さい街を


見て見たければ、


ベルギーのブルージュなどが


いいかもしれません。











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。