2013年07月30日

KEN-ELTエッセイ: 『ヨルダン』 前編

テーマ:KEN-ELTエッセイ

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

個人英語・英会話教室

『KEN-ELT英語学習専門校』

(http://www.ken-elt.jp/ ) の代表兼

日本人講師のKenです


セミも鳴き始め、


本格的な夏が始まりましたが、、


皆さんいかがお過ごしでしょうか?


去年の8月は、


ロンドンでオリンピックが


開催されていましたね。


あれからもう1年です。


さて、先月は


ウズベキスタン


を取り上げましたが、


今回は、


『ヨルダン』


です。


W杯出場をかけて、


9月に対戦する二カ国を


連続して


取り上げています。


長いエッセイなので、


二部に分け、


今回は、


『前編』


となります。






****************************************************



Title: Amman Queen Alia



雪の多い冬から


ようやく


暖かい日差しを


感じられるようになった


東京を後にし、


私は、


中東アブダビ経由で、


ヨルダンの首都アンマンへと


向かった。


「アラブの春」


と呼ばれた


中東地域の民主化運動


から時は経つものの、


日本からの旅行者は


ほとんど見かけなかった


のを覚えている。


アラビア半島の西部に位置する


ヨルダンは、


国土の8割を砂漠が占める


べドウイン(アラブ遊牧民)の伝統


が色濃く残る国である。


また人口の7割を


パレスチナ人(イスラエルからの難民)


が占める国でもある。


ヨルダン最大の古代遺跡である


ぺトラは、


「バラの都市」


とも呼ばれ、


微妙な光の差込み方により、


その岩の色を変える。


巨大な岩の隙間から


かすかに入り込む太陽の光が、


旅人に


宝のありかを教えているか


のようである。


朝方、


日陰を作っていた


無色の岩が、


時間が経過するにつれ、


赤みを帯びてくる。


自然が作り出した


動物のような形をした岩が、


遺跡内で


人を運ぶロバやラクダと


共存しているかのようである。


(後編へとつづく・・・)




Petra,Jordan


英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区でマンツーマン英会話。KEN-ELT英語学習専門校(個人英会話教室)


****************************************************


中東のヨルダンは、


去年の春ごろ


訪れたのですが、


今回取り上げた


ぺトラや


次回取り上げる


砂漠地帯は


既に30度近くあったかと思います。


中東の日差しは


正直強烈です!


ただ、


ヨルダンは、


岩場が多いので、


日陰に入れば


かなり涼しいのです。


日本の夏はというと・・・


日差しはそこまでではない


のですが、


何しろ、


湿度が高すぎますね。。。


それで汗をかくので


夏バテしやすくなるんですね。


昨年の記事で取り上げましたが、


中東では、


ナツメヤシを食べて


暑いお茶を飲むのが


良いとされています。


ただ、今はラマダン中なので、


イスラム教徒の方達は


暑さと空腹で


かなり大変かと思います。


皆さんの夏バテ対策は


何ですか?


















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。