1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年09月25日

KEN-ELTエッセイ:語学と完璧主義

テーマ:KEN-ELTエッセイ

無料カウンセリングはこちら




こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Ken,です。


以前、「語学における性格」についてエッセイを書きましたが・・・


今回は、「KEN-ELTエッセイ」シリーズとして、


「語学と完璧主義の関係」


についてです。


お楽しみください!


****************************************************


Title: 語学と完璧主義の関係



「何をやるにしても完璧を目指したい」


と思い、


自分の目標


に向かって


ひたすら


走りつづける。


これは


確かに


素晴らしい


ことだ。


「完全なものなどこの世にない」


とわかっていても、


人は


自らの脳


のなかに


理想像


を作り出し、


それ


に向かって


生きていく


運命


を背負った


生き物


である


のかもしれない。
             


言葉


を学ぶ


場合も


同じこと


が言えよう。


やるからには


完全に


語学を


マスターしたい


と思う。


しかし、


外国語


を学ぶこと


自体は


「非日常的」


なことである。


人が


ある場所で


この世に


生を受け、


ある価値観


をもつ


社会


の中で


育てられる中で、


人は


他人との


コミュニケーションの手段


として、


自らが


無意識


操れる言葉

(母語)


を身につけていく。


その言葉を


使う


ことは


人にとって


ごく日常的


なこと


である。


しかし、


人は


そこでは


満足できずに、


好奇心


というものを


武器


外国語


に興味を


持ちはじめる。


人が


あるもの


を手に入れたあとも、


次から次へと


またあるものを


求めていく


欲望


が絶えない


動物である


と考えるなら、


この場合


外国語


に魅かれる


のは


不思議なこと


ではあるまい。


しかし、


いくら完璧に


文法なり、


語彙なり


をマスターした


と自分では


思っていても、


いざ


それを使用する


ときになると


戸惑ってしまう


ということは、


誰もが


一度は


経験する


ことだろう。
              


言葉


には


それを


話す人々


のもつ


様様な


歴史


生活


価値観


が刻み込まれている。


それゆえ、


語学


において


完全


を目指す


ということは


そうしたもの全て


を理解しよう


という試み


である。


その意味で


完全を目指す


ということ、


それ自体は


現実的な発想


ではない。


むしろ、


自分にとって


必要な程度のこと


を表現できること


を自らの達成目標


にすること


が重要である。


したがって、


人それぞれ


語学の習得


にかける時間


には



が生じてくる。


他人


がどうであれ、


自分


を基準


にして


語学


に取り組む


ことが


語学


における


最も賢明な選択


のように


自分は


考えている。



KEN-ELT英語学習専門校 東京・大田区


英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区で個人英会話レッスン。KEN-ELT英語学習専門校(英会話学校)


****************************************************


語学を学びたいという方は、特に日本人の方で、真摯に語学に向き合っている方ほど完璧を目指すと思われます。


もちろん、


真剣に学ぶ時期がなければ、語学は習得できません。


ただ、短期に集中的に学べばよいというものではありません。


継続して効果を上げていくためには、時間がかかります。


続けていく中では、行き詰ることもあるでしょう。


そんな時に、


自分で小さな目標をたて、そんなに、追い込まずに、学習を続けられるか


がその後のあなたの語学習得に大きな影響を与えるのです。


*KEN-ELTでは、真剣に英語を学びたい方を中心に、効果的に英語力を高めていくプログラムを提供し、それぞれのレベルや目標に合った英語学習アドバイス生徒さんをサポートしております。




無料カウンセリングはこちら








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年09月18日

英語学習の落とし穴⑩:あなたの英語を学ぶ動機は何ですか?

テーマ:英語学習の落とし穴

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


今回は、


「英語を学ぶ動機」


についてお話していきたいと思います。


大きく分けて、二つあります。



①外的動機


外的動機とは、具体的には・・・


仕事や留学での必要性、昇進や合格といった報酬


など、外から与えられるものを求めて、英語を学ぶということです。


以前、男性の方が、この外的興味が強い傾向にあるとお話しました。


この動機付けは、”必要性””緊急性”からくるものなので、かなり力強いものではあります。



②内的動機


一方、内的動機とは、具体的には・・・


英語圏の文化そのものに興味があるということです。


つまりは、


英語圏の音楽や映画、暮らしぶりや国民


など、英語と直接関係するもの、人に興味が強いということです。


これも以前、女性の方が、この内的興味が強いということをお話しました。


この動機付けは、”長期的”かつ”持続性”があるものなので、この動機を持った学習者は、英語を長く続けられる傾向にあります。



以上、二つの動機付けについて述べましたが・・・


実際は、これらが交差しているのが現状


のようです。


例えば・・・


KEN-ELTに通われている仕事で英語を必要としている方


でも、


英語そのものに興味がある


ゆえ、


長く英語を続ける動機付けを持っている


といえます。


また、


KEN-ELTに通われている趣味で英語を学ばれている方でも、


将来的には、


仕事や留学で活用していけたら


と考えている方も多く見受けられます。



ここからは、


私自らの例


を取って、さらに動機付けについて見ていくことにしたいと思います。


私は現在までに、


3ヶ国語


を学びました。



①英語の場合


英語を学び始めたのは、多くの皆さんと同じように、


中学に入ったとき


です。


最初に英語に興味を持ったのは、


音楽


です。


つまり、


英語圏の音楽に興味がわき、そこから、英語の音に関心を持つようになりました。


これは、


「内的動機」


ですね。


そして、


大学で英語を専攻し、留学を決めた時点では、英語を仕事で生かしたいという目標がありました。


それゆえ、カナダとイギリスで英語教授法を学ぶことにしたのです。


これは、


「外的動機」


ですね。


つまり、英語の場合は、二つの動機が重なって相乗効果があったということです。



②ドイツ語の場合


大学に入学し、第二外国語が必修となりました。


どの言語を取ろうかと迷っていたところ、友達にススメられ、ドイツ語を選びました。


ただ・・・


その当時は、英語をしっかりと習得するのにほとんどのエネルギーを費やしていたので・・・ドイツの文化までは、関心はありませんでした。。。


つまり、


「内的動機」


はありませんでした。


しかし、


”必修科目”でしたので、勉強していたわけですね。


つまり、


「外的動機」


はあったわけですね。



③イタリア語の場合


英語圏での留学を終え、自分がやりたい方向性が見え、英語を教えることに落ち着きました。


そこで、何か新しい言語を学べたらと考えていました。


ヨーロッパを中心に回り、友達を作り、それぞれの国についてより深く知る中で・・・


一番興味をもったのが、


イタリア


でした。


何しろ、デザインが自分好みで、


建築も自分好みだったので、


迷うことなく、


イタリア語を学ぶ


ことになったのです。


つまり、


「内的動機」


があったわけですね。


ただ・・・


イタリアの観光地では、ほとんど、英語で通じます。それゆえ、どうしてもイタリア語が必要ということはありませんでした。


つまり、


「外的動機」


は弱かったということですね。


以上、


私が今までに触れた言語について、動機付けを見てきました。


運用能力順


にすると、


①英語


②イタリア語


③ドイツ語


の順になります。


英語は、自分にとって最重要で、


イタリア語は、自分の趣味を充実させるのに必要で、


ドイツ語は、特に今は、興味も、必要もありません。。。


結果、このような順番になったものと思われます。



Q:皆さんの英語の動機付けは何ですか?





Quebec City, Quebec(Canada)


英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区で個人英会話レッスン。KEN-ELT英語学習専門校(英会話学校)




無料カウンセリングはこちら























AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年09月16日

KEN-ELT教室:ロンドン(イギリス)②

テーマ:KEN-ELT教室

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


前回の続きとして、「KEN-ELT教室」のアイテム紹介です。


またもや、


ロンドン


からです。



英語は、’にほんじん’に習う。英語入門者・初心者限定ブログ。大田区で個人英会話レッスン。KEN-ELT英語学習専門校(英会話学校)

*このアイテムは、以下にご紹介します、ロンドンの「ポートベロー・マーケット」というアンテイーク市で購入したものです。前回ご紹介しました「アンテイーク地図」の右側、つまり、生徒さんが座るイスのすぐ近くにあります。


それでは、今回は、ロンドン二回目となりますので、


「観光スポット」


のご紹介をさせていただきたいと思います。


観光スポットといっても、ロンドンは、


かつての大英帝国の首都


であったこともあり、見所が多すぎます。。。


なので、ここでは、私個人が気に入った場所をピックアップしてお伝えしていきます。



・Portobello Market


先ほどご紹介した、


「ポートベロー・マーケット」


ですね。


ここは、毎週土曜日に、映画でも有名になった


「ノッテイングヒル」


という地区で、開催されます。


約2キロほどに渡って、露店が連なります。


アンテイークをこよなく愛するイギリス人ならではのマーケット


といえるでしょう。


ロンドンのストリート・マーケットの中でも、歴史が長く、最も有名なものであるといえます。


私は、ロンドンに


英語教師セミナー


の一環で、9月ごろ、ここへ行きました。


ただ・・・その当日は、あいにく、


地下鉄のラインの工事


で・・・(ロンドンではよくあることです。。。)


バスで、ここへ向かいました。


バスだと迂回するので、かなり遠く感じました。。。


その後に友達と待ち合わせを約束していたので、正直、時間は、ぎりぎりだったのを覚えています。


アンテイークといっても、その他に、私が買った雑貨なども多く売られているので、時間があれば、会話を楽しみながら、買い物をしてみて下さい。



・Hyde Park/Kensington Palace


ロンドンには多くの公園がありますが・・・


私のお気に入りは、


「ハイド・パーク」


ですね。


整然としていて、すがすがしい


というのが第一印象でした。


故ダイアナ妃


が住まれていたことでも知られています。


今でも、花束を置いていかれる方を多くみかけます。


私は、ここへ、


英語教師仲間


と行ったのですが・・・


イギリス人でもロンドン出身者はいなかったため、道に迷うことになりました。。。


そこで助けてくれたのが、初老の紳士でした。


彼が乗っていた小さい公園用(?)のミニカーケンジントン宮殿まで案内してもらいました。


異国で、こういう親切を受けることは、何にもかえがたい経験です。



・Regent Street


ロンドンにも有名な通りが多くありますが・・・


私のお気に入りは、


「リージェント・ストリート」


ですね。


ここは、有名な待ち合わせ場所ピカデリー・サーカスからショッピングで有名なオックスフォード・ストリートへ続く、約1.6キロに渡る通りです。


をえがいていて、ロンドンという街独特の


「クラシックさ」


を代表する通りです。


ここに、ロンドン名物の


ブラック・キャブ

(黒いタクシー)



ダブル・デッカー

(赤い二階建てバス)


通りかかれば、あなたは、ロンドンにいることを実感されることでしょう。(笑)


さて、今回ご紹介した以外にももちろんたくさんロンドンのみどころはあります。


このような観光都市だからこそ、


「ご自分の」ロンドン


を発見していただけたらと思います。


最後に、ロンドン紹介ビデオクリップをお楽しみください!



Title: London Tourism


http://www.youtube.com/watch?v=WJqgXOjqkuc




無料カウンセリングはこちら





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。