1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年06月30日

イタリアーノ④:イタリアンのメニュー構成

テーマ:イタリアーノ

無料カウンセリングはこちら


こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


さて、前回は、


「イタリアの飲食店」


についてお話しました。


今回は、いよいよ


「イタリアンのメニュー構成」


についてです。


皆さんは、コース料理」というと何を思い浮かべますか?


おそらく・・・「フランス料理」ではないでしょうか?


いわゆる、レストランでのメニュー構成は・・・「フランス料理」をベースにしているようです。


「イタリア料理」でも例外ではありません。


ただ・・・イタリアとフランスはライバル(?)関係にあることもあり・・・メニュー構成が少し違います。


もちろん・・・イタリア語での表記です!


それでは具体的に見ていきましょう。



・Antipasto(前菜)


まずは、


「前菜」


ですね。


イタリアでは、主に、


「ハム・サラミ類」「チーズ」


が出されます。


かなりの分量なので、皆で食べるにはもってこいですね。


イタリアで「ハム」といえばやはり・・・


「パルマ産生ハム」


ですよね。


そして、「サラミ類」はというと・・・


オーストリアや旧ユーゴスラビアとの国境地帯


のものが有名です。


トリエステあたりですね。


チーズは・・・やはり、


ナポリ地域の「モッツアレッラ」


でしょうね。


塩とオリーブオイルを少しふって食べます。



・Primo piatto(第一皿)


第一皿目は、


パスタかリゾット


などを取ります。


イタリアのパスタの種類は豊富で・・・いろいろな形があります!


ソースが味の決め手で、地方によって、特色があります。


日本人に馴染みがあるのは・・・


ボローニャの「ミートソース」ローマの「カルボナーラ」


あたりでしょうか?


リゾットは・・・米栽培が盛んな、


ミラノ周辺トリノがあるピエモンテ州


です。


チーズも濃厚で、おいしいですよ。



・Second piatto(第二皿)


第二皿目が、いわゆる、


「メイン」


にあたります。


したがって・・・


肉料理魚料理


を選びます。


肉料理では・・・トスカーナあたりがいいし、


魚料理では・・・ヴェネチアでしょうね。


イタリアでは、他のヨーロッパ諸国と同様、肉料理が主体なので・・・魚料理のほうが値が張ることが多いです。



Dolce(デザート)


女性の皆さん、お待たせいたしました!


「デザート」


です。


イタリアでは、フランスほど、菓子類は洗練されていませんが・・・代表的なものとしては・・・日本でも馴染みがある・・・


「パンナコッタ」「テイラミス」


があります。


私は「パンナコッタ」のまろやかさが好きなのですが・・・イタリア人のほとんどは、テイラミス派です。


また、


「フルーツ」「ジェラート」


もあります。


さて、ここまでが、簡素化した、


「イタリアンのメニュー構成」


ですが・・・


ひとつ、イタリア人に欠かせないものがあります。


何だと思いますか??


イタリアを代表する飲み物といえば・・・そう、


「エスプレッソ」


ですね。


イタリアでは、消化の助けをするということで・・・食後にも、この「エスプレッソ」を飲みます。


私はあまり、好きではないのですが・・・ほぼ”強制的”に、飲まされています。(笑)


ちなみに、イタリア語では・・・エスプレッソのことを・・・単に


"caffè"


と言います。


*”e”の上の記号は、「アクセント」の位置を示します。英語でも、こんな親切さがあったらいいですね。

皆さんが学んでいる英語の発音は、ヨーロッパ言語の中でも難しい方です。



         Buon appetito!



Venezia, Italia(Venice, Italy)


英語は、’にほんじん’に習う。大田区の英語学習専門校(英会話学校) KEN-ELT



無料カウンセリングはこちら









AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年06月28日

*新着情報*:「携帯サイト」オープン!

テーマ:**新着情報**

      **新着情報**


このたび、「KEN-ELT携帯サイト」がオープンいたしましたので、お知らせいたします。


PCサイトと連動させていますので、これにより、どこにいても、KEN-ELTの最新情報をお知りいただくことができるようになりました。


また、携帯サイトには、無料カウンセリング予約専用フォーム も設置しておりますので、携帯から直接予約いただくことができるようになります。



携帯サイトへのアクセス方法は、以下の3つがあります。


① QRコードを読み取る



英語は、’にほんじん’に習う。大田区の英語学習専門校(英会話学校) KEN-ELT


3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のほとんどの機種に対応しています。


② URLを直接入力する


http://ken-elt.jp/i/


QRコード対応の携帯でない方は、上のURLを直接入力してください。


③ URLを自分の携帯に送る


ステップ1


KEN-ELTのPCサイト

(http://www.ken-elt.jp/ ) へ移動する。


ステップ2


PCサイトの左サイドバー([Home] [カリキュラム・料金]等のメニュー欄)にある、QRコードの下にある

URL(http://ken-elt.jp/i/ ) をクリックする。


ステップ3


URLをクリックしますと、「メール送信」画面が表示されますので、

送信先メール欄に、「ご自分の携帯メールアドレス」を入力し、送信してください。

(*このメールは、KEN-ELTの方には届きません。)


以上、お好きな方法でぜひ、アクセスしてみてください!



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2009年06月26日

学校情報:一レッスン「75分」&「マンツーマン」

テーマ:学校情報

無料カウンセリングはこちら



こんにちは!東京・大田区にある

KEN-ELT英語学習専門校

(http://www.ken-elt.jp/ )の代表Kenです。


前回は、


大人の言語習得には・・・


インプット(リスニング・リーデイング)アウトプット(スピーキング・ライテイング)で、’質’が大切だというお話をしました。


それでは、この「質」とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?


まずは・・・


インプット


についてですが・・・


これまた言語学者のクラッシェンという方が、次の公式を提示してくれています。


*”i”+1=適切なインプット*


さて、この”i"とは、一体何のことでしょう?


「私」ですか?


ここでは、


”i”=interlanguage


のことです。


この"interlanguage"は、


「中間言語」


という言語習得の専門用語です。


難しくはありませんので、ご心配なく!



・「中間言語」とは・・・


言語を学び始め(最初の段階)と


言語を習得した時点(最終の段階)の


「中間」に使用する言語です。


つまりは・・・


言語学習者が使っている言語


ですね。


皆さんは、今、英語を学ばれていると思いますが・・・


皆さんがまさに格闘している英語


のことですね。


それは、まだ完成されてはいないわけです。


それでは、”i”+1の、「+1」とは何でしょう?


これは単純に・・・


「中間言語」より”少し上”


という意味です。


つまり・・・


現在の英語レベルより、少し上のインプット


を行うと良いということですね。


言い換えれば・・・取り組む英語が、難しすぎても、簡単すぎても、良くないということです。


しかし、ひとつ問題が・・・


どうやって、難易度がわかるのでしょうか?


これは、学習者には正直難しいと思います。


それゆえに、ここで、適切なインプットを与える存在である、


”教師”


が必要になるのです。


ただ・・・教師と一口にいっても・・・学習者のレベル判定はというと・・・


専門的に


「テステイング(テスト理論)」


という分野を学んでいないと、難しいです。。。


それゆえに、あらゆる英会話学校海外の語学学校などで、


レベルの’ミスマッチ’


が起こっているわけです。


私は、カナダで、この「テステイング」を学びました。


*KEN-ELTでは、特典の一つとして、「レベル判定テスト」を行い、適切なレベルを判定した上で、それぞれのレベルとニーズにあった”あなただけの”カリキュラムをお作りいたします。


実際に、私が生徒さんをレベル判定し、ニーズをお聞きした上で、お作りしたカリキュラムに興味がおありの方は、当校ホームページのカリキュラムページ内「生徒さんの声」をご覧ください。


「生徒さんの声」はこちらから




さて、次に・・・



アウトプット


ですが、


日本という言語環境


を考えてみてください。


一歩外に出れば、当然ですが・・・


日本語が使われている


わけですね。


つまりは・・・


一レッスンの’質’を重視しなければ、英語の上達はありません。


そのためには・・・


マンツーマン


がベストです。


ただ・・・マンツーマンといっても・・・


Q:たった40分や60分で果たして身になるのでしょうか?


私の英語学習経験英語教師経験と照らし合わせても・・・


正直、この時間を、一週間に1回または2回受けたところで、学習量として、少なすぎますし、効果のほどは、はなはだ疑問です。。。


*KEN-ELTでは、こうした事情を踏まえ、一レッスン75分制を採用しています。実際に通われている生徒さんにお聞きしても、’ちょうど良い’学習時間だと好評をいただいております。

もちろん、’長く’感じさせないのが、プロの英語教師の役目ですので、毎レッスンで用いる手法も変えて、「たのしんで」学んでいただいております。





特典の詳細につきましては、当校ホームページのトップページをご覧ください。

特典詳細はこちらから












KEN-ELT英語学習専門校 東京・大田区



英語は、’にほんじん’に習う。大田区の英語学習専門校(英会話学校) KEN-ELT



無料カウンセリングはこちら







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。