ギャラリーけむりのき

明治20年築の、先祖の暮らした古民家と蔵を移築再生。
 

ここを手仕事作家の方々の作品を展示・販売する場として使って頂き、また新たな人と人の出会いが生まれる場になれたら幸いです。

けむりのきトップページ | はじめに | 企画展・ 個展 | 日記 | 場所


ホームページ公開しました

ギャラリーけむりのきのオープンは2012年5月 です

                                

開廊  月・水・木・金・土      


閉廊  日・火


時間  12:30~18:00



テーマ:

コットンの生なり、紺、黒の3色で展開しています山梨のkayaの服。

美しいピンタックが施された長袖もそろそろお出ましかもしれない夏の終盤です。





洗濯するたびに柔らかい風合いになって、風のように空気のように纏いたい普段着の

魅力が詰まっています。

けむりのきの展示は少しづつ夏から秋模様に変わりつつありますが、まだまだ活躍する

夏のものと秋のものとが混在です。




シュウメイギク(秋明菊)、シュウカイドウ(秋海どう)など夏の終わりから初秋にかけて

咲く花も見頃です。






日陰の庭を好むこの花は渋い花器に活けてもなかなか素敵です。



そしてまだまだ青い柿は、今回の暴風雨を伴う台風にもそれほど痛めつけられず

しっかり枝にしがみついて鈴なりです。


あと2カ月ぐらい先に楽しみが待っていますと、柿大好き人間は黄色くなるのを待ち

切れずにカメラでパチッり!



こちらは畑からの恵み。

左からかぼちゃ、本田(ほんでん)うり、冬瓜(とうがん)です。


本田うりは銀マクワとも呼ばれて、懐かしい夏の果物。冷蔵庫で冷やしてサラダ感覚

で食べていますが、種は売っていないらしいです。

と知ると切った際捨ててしまう種さえ貴重ですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>