ギャラリーけむりのき

明治20年築の、先祖の暮らした古民家と蔵を移築再生。
 

ここを手仕事作家の方々の作品を展示・販売する場として使って頂き、また新たな人と人の出会いが生まれる場になれたら幸いです。

けむりのきトップページ | はじめに | 企画展・ 個展 | 日記 | 場所


ホームページ公開しました

ギャラリーけむりのきのオープンは2012年5月 です

                                

開廊  月・水・木・金・土      


閉廊  日・火


時間  12:30~18:00


NEW !
テーマ:

ジャワ更紗展も残すところあと1日間のみになりました。


下の紺色の渦巻の様な服は梶原さんが自分で描き、オーバーブラウスに仕立てた

作品です。


本日は同じデザインの服を何点かご紹介します。





後ろ姿と前が全く違うデザインと同じデザインの柄がありますが、ジャワ更紗は

もともとジャワの民族衣装の腰巻用に作られた布で、正装用と普段着用でデザ

インが違い、右端の後ろ姿は



前を向くとこういうデザイン。こちらが正装用だそうです。

全体が同じ柄は普段着用の腰巻だそうです。


しっかりした布のこのデザインの服は、今回「古更紗」と言われる古い布で作られた

梶原さんのコレクションの中からも何点か出されています。


一目ぼれして、他には目もくれず「こちらを!」と選ばれた方も。

何とも言ない赤が心惹かれる1点でした。




さてさて、このインドネシア在住のオランダ人が作った可愛らしいバックが何日か

前のブログ写真にちょっと写っていたのを覚えていらっしゃいますか?

嬉しい事にその写真をしっかり見て下さって、お出かけ下さった方です。


オランダの植民地だったインドネシアにはオランダの影響を受けたデザインのジャ

ワ更紗の柄があったりと長くその地に暮らした梶原さんならではのお話も沢山聞け

て、お客様と共ににわかインドネシアについての勉強タイムです。



昨日土曜日はポツリポツリのお客様だったのですが、誰もが知っているあるミュージ

シャンと小学生の時席を並べていたという梶原さんからは面白い話も聞け、お客様と

して来てくれた息子の同級生と共に大笑い。


中学生の時からお母さんを通して知っていた彼女も様々な社会勉強をしていて、これ

まで想像すら出来なかったであろう社会に接してその成長ぶりにこちらまで教えられ

ることが多かったです。


周り道したように思える時間は長い人生のほんの一時。試練は大きく成長の糧にな

るのだなとの思いを新たにしました。




明日27日は最終日です。

いいね!した人  |  リブログ(0)