1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-10-23 22:20:45

馬券は散ったが・・・

テーマ:回顧&気付いた事

自分は時に、ホステスに貢ぐかのような買い方をすることがある。
サイレンススズカ、テイエムオペラオー、アクティブバイオ、古くはファビラスラフィンなど・・・。
そういった馬は本当に好きだから冷静に予想できない。
予想できたとして、無理を承知で貢いでしまうのだ。

今回もまさにそう。
準メインのマイル戦で猛時計が出たときに、「明らかにオペラハウス向きの馬場じゃないじゃん」と思ったけど、当然不安に感じながらも本命を変えるハズもなく。
実際の敗因はよくわからないけれど、救いは当初5万入れるつもり(明らかに雰囲気に酔ってた。自分の経済力ではアリエナイ)だったところを2万とレートを下げたこと。

                 06-10-23_22-13.jpg

内容は完敗だったけれど、それでも先行集団の中では最初に動いていっての敗戦だから、しょうがない。
さすがに負けたときは落胆したが、ある意味納得。
なによりも、自分が応援している馬が「あわや三冠」なんてところまで来てくれて、今年のクラシックは非常に興奮できたし楽しかった。
これからは古馬と当たっていくなかで苦戦するかもしれないが、これからもサムソンと石橋Jのコンビを熱狂的に応援していきたい!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-21 11:04:07

富士S予想

テーマ:中央予想
予想は外れてしまったが、今の府中芝はSS向きという傾向は間違っていなかった。
今週も捻り無くサンデーを狙う。

富士S
◎1メテオバースト
○9ヴリル
▲16エアシェイディ
△13スズカフェニックス
△8・18

内からロスなく進んでシュッと抜け出すイメージの藤田本命。
SS勢が相手本線も、三複狙いでちょっと手を広げる。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-20 00:26:54

枠順発表で・・・

テーマ:競馬ネタ

いよいよ今年のイチオシ馬、メイショウサムソン号が三冠制覇に出陣。
その他のイチオシ馬が全く持って冴えない中、今年の馬券収支の大幅な黒字はサムソンのおかげだし、ここは本命で揺るがない。
それにしてもメイショウのオーナーは懐が深いというか、転んでもただで起きないというか、ドトウで苦杯をなめさせられたオペラハウス産駒を自分で持ちダービー勝っちゃうんだからスゴイよな。
オペラオー産駒(メイショウトッパー)も持ってるし。

問題は対抗、ドリームパスポートで仕方ない!と思っていたら乗り替わり。
二冠馬を下してトライアル勝っても乗り替わり・・・これってナリタセンチュリーにおける田島裕Jの乗り替わりよりも酷いことだよ。
結果出して降ろされるなんて騎手は拠り所なくすんでないかい。
たぶんオーナーサイドからの要望だったんだろうけど、あえてGⅠで2着とり行くこともないだろうに。
GⅠなんだから三振かホームランの騎乗してほしい。
とりあえず対抗評価からは外し、三連単2着固定以外では買わないつもり。

枠順発表後に気になったのがトーホウアラン。
ぶっつけ本番は気になるところも、牝馬路線は休み明けが1・2着。
当日の馬体重が極端に増えてなければ狙いは立つ。
しかし何よりも購買意欲がそそられるのが「内枠の藤田」!
男藤田がインベタで回ってきて、直線一泡吹かすシーンもあるかも。

あと人気が予想されるアドマイヤメインは前走にガックリ。
今のバイオリズムを考えると、先生が乗ってくれた方が幾分買いやすい。
単騎逃げの公算が大きいと考えられるためノーマークにはできないが、騎手で人気を被ってしまうことを考えると買いづらいなあ。


こういう比較は当たり外れがあるものだが、同じGⅠ馬のオペラオーにおいては連対数20回のうち相手がSS産駒だったのがたったの2回(しかも新馬のクラシックステージとステイヤーズSのペインティドブラック)しかない。
GⅠにいたっては1回もSSとの組み合わせの馬連はなかったことになる。
すでにサムソンはダービーでアドマイヤメインと馬券になってしまっているから怪しい理論ではあるけど、オペラハウスとSSではレースの質の適正では真逆にあるようなイメージはできる。
そういうことで、対抗予定のトーホウアランを含め、SS以外でスタミナ色が濃い馬をサムソンの相手に買おうかとは思っている。
このメンバーだと・・・アペリティフ、インテレット、ネヴァブション、ミストラルクルーズ、ソングオブウインドあたりか。
関西馬に限定するとアペリティフにソングオブウインド、かなりオッズはつきそうだ♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-15 02:26:46

秋華賞展望ほか

テーマ:中央予想

土曜最終レースは東西ともマイ格言である「最終のアフリート」で決着。
しかも関西の最終は和田騎手が勝ったというのに恩恵に与れず・・・。
けっこう悔しい!のでこの悔しさを日曜晴らしたい。

とは言え牝馬限定レースってテンションがあがらん。
ここを勝っても、その後牡馬に跳ね返される馬が多いからかもしれない。
レース映像は見るだろうけど、個人的には明日行われる相馬野馬追い秋競馬のほうに興味があるくらいで、気分は来週に向かってしまっているなあ。
それでも来週の勝負資金をつくるつもりで、気合いれて予想したい。

秋華賞
 ◎12カワカミプリンセス
 ○16アサヒライジング
 ▲6ブルーメンブラッド
 △9アドマイヤキッス
   1キストゥヘブン


ただでさえ今年の牝馬はレベルが低くて団子状態のような気がするのに、その上フルゲートで難解。
伏兵陣も多彩で、かなり目移りする。
それでも無敗カワカミプリンセスでここは堅いように思う。

相手はアサヒライジング。
この馬が勝つシーンはなかなか想像できないが、かといって大敗もしないんじゃないか。
展開を考えたときにシェルズレイが大きな敵ではあるが、逆にスローにならなければこの馬のスタミナを生かすことができそうな気がする。

春勢力を破る可能性を秘めた馬としたら、古馬混合1000万下で勝ち上がってきた馬というのがセオリー。
ブルーメンブラッドは札幌で一皮剥けた可能性がある。

連下は春の上位勢力の2頭。
両頭とも小足が使えるのがここでは強みか。

マーメイドSで単を獲らせていただいたソリッドプラチナムには恩義はあるが、終い一手では・・・。
鞍上が追えるJに替わったのはいいが、そうそう追い込みは決まらない。
シェルズレイ、ニシノフジムスメ以下手を広げたい馬は多々いるが、それではとてもじゃないが収拾しなくなってしまうので思い切ってキリ。

カイメは上位三頭を中心にした三複を厚めに。
オッズにも寄るけど、単勝で攻めても面白いかも。


府中牝馬S
 ◎8ディアデラノビア
 ○3デアリングハート
 ▲7マドモアゼルドパリ
 △5レクレドール
   9ロフティーエイム
   2リボンアート
   1ヤマニンメルベイユ


こちらも難解。
力上位は男馬相手に互角の勝負を繰り広げてきた3・5・8・16あたりだろうが、その4頭BOXを自信をもって買えるほど自分はお人よしではない。
かといって展開すら読むのが難しい現状、先週の毎日王冠を参考にSSを上位に考えてみる。

本命はディアデラノビア。
脚の使いどころが難しい馬で乗り替わりは微妙なような気がするが、より難しいダンスを乗りこなせている北村Jなら案外うまくいくかも。
敵はスローペースだけ。

相手はSS産駒だが、穴にヤマニンメルベイユ。
ここ最近復調気味の勝浦J、「内枠の勝浦」は怖い。
内に入った時には信じられないほどの人気薄を連れてくることもあるだけに(ここ3週くらいは相当きている印象)狙ってみる。

あとはズラズラとSS産駒を並べただけである意味予想を放棄してしまっているが、それほど取っ掛かりがないのがこのレース。
サンレイジャスパーが来たら素直にあきらめる。

カイメは8からの馬連(○▲に厚く)、三複フォーメーション8-3・7・5-3・7・5・9・2・1。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-14 12:03:24

デイリー杯予想

テーマ:中央予想

オッズを見るとオースミダイドウが断然の感があるデイリー杯。
レースをじっくり見たわけではないので説得力はないけれど、馬柱からはそこまでの絶対的な強さは感じられないように思う。
ここ2年は差し決着だがデイリー杯は逃げ馬頑張っている印象が強いので、騎手を含めて逃げられそうな馬を思い切って狙ってみたいが。

デイリー杯2歳S
 ◎8スナークトモクン
 △4オースミダイドウ
   5ローレルゲレイロ
   7キングスデライト
   9アルシラート
   10メイショウバルドル


このメンバーで逃げそうなのは、和田騎手か小池騎手。
前走1800をかかりながら押し切った和田鞍上のスナークトモクンが距離短縮で主導権を握りにいくとみた。
スイスイ逃げると予想して本命。

オッズはついているので手広く流したい。


エニフS
 ◎ジョイフルハート
 △4ミリオンベル
   10シルヴァーゼット
   11ニシノコンサフォス
   13エイシンボーダン
   14カフェオリンポス


重賞常連クラスが揃ったこのレース。
ジョイフルハートの人気がこんなにかぶるとは・・・。
武騎手の凱旋門賞以来の不調は気になるところだが、スタートをしっかり決めて逃げるだけだったら簡単にできるはず。
逆にここで後手を踏んだりするならかなり深刻ですが。
ジョイフルの速力ならあっさりクリアできると見る。

相手はこれまた手広く。
ハンデは重いがオープンでこの距離の立ち回りがうまいカフェオリンポスと、ジョイフルを破っているニシノは要注意。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。